東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡メインの外食日記です。ただ東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

游來 :お洒落空間で美味しいお肉を・・ 

西中洲にあるお洒落な焼き肉店。
2週間ぶりの外食は、
夏風邪で若干痩せましたので栄養をつけねばと「お肉」を頂きにこちらへ・・
お店の前はよく通りますしお兄様のお店は利用したことがあるのですが、なぜかこれまで未訪問。

店内はカウンター席と個室があり、落ち着いたお洒落な空間。
予約時にカウンター席でお願いしました。

◆主人は「生ビール(600円)」私は「ウーロン茶(500円)」を。

アラカルトも豊富ですがコースを頂くことに。
コースは6000円、8000円、10000円の3種類。コース金額の違いは量ではなくお肉の“質”が違うとのことでしたので、
10000円コースを頂きました。
◆和牛ローストビーフ レモンジュレがけ
ローストビーフは柔らかく味わいもいいですが、レモンジュレがサッパリしていて食後感がいいですね。

◆舞茸と松茸のスープ

*カナにすると1文字しか違わないキノコ。マイタケは食感を楽しみ、マツタケは食感と味わいを愉しめる。
コンソメスープの味わいも濃厚で美味。

◆名物的お料理の「牛テールの塩焼き」
お兄様のお店でも頂いたことが・・

*お箸でホロッと身が外れ柔らかい。塩加減もよくコラーゲンたっぷりなのも嬉しい。

◆虎ふぐの炙り焼き

*骨付きの部分は時間をかけて丁寧に焼かれていました。

*3種類の部位(カマトロなど)を頂きましたが、少しピリ辛のタレの味わいがよく美味しい。

◆塩焼きタン+韓国サラダ・・キレイなタン。

*サラダと共に・・

*軽く炙ったタンは美味しいですし、お野菜と共に頂くとサッパリしていいですね。

◆シャトーブリアンとヒレオビ

*シャトーブリアンは言わずもがなで美味しい。

*ヒレオビは初めて口にしますが、筋などの処理が大変なので出すお店は殆どないとのこと。
噛むと甘みを感じてとても美味しい。

◆ウデの部分のお肉2種類・・ウワミスジとクリミ、好みでニンニクチップと共に。

*どちらも噛むと甘みを感じ、良い味わい。

◆薩摩六白黒豚の焼しゃぶ・・サラダ・ゴマダレで。

*豚肉の脂身は得意ではないので一瞬「頂けるかしら・・」と思ったのですが、
薄いですしお野菜やゴマダレと共に頂くと大丈夫でした。(^^;)

◆ハラミ・・ポン酢を吸わせた大根おろしで。

*時間をかけて丁寧に焼かれていますし、上質な品ですので独特のクセを感じず美味。

◆ナムル盛り合わせ・・どれも箸休めに最適。

霜降りと赤身どちらがいいですか?と尋ねられましたので「赤身」を。
◆シンタマとランプ

*ランプは普通に美味しい。

*シンタマ・・赤身らしい旨みを感じて、好み。

◆トモサンカク

*一口大のご飯と共に頂きますが、程よい脂と旨みを感じる品。

◆ミスジ

*お肉が美味しいのは勿論のこと、香味野菜や香辛料が入ったタレで頂きますが、このタレが秀逸。

◆香味野菜の冷たいとろみそば・・オクラや韮、お葱など数種類の香味野菜が入りドロッとしたスープで初めて頂く味わいなのですがこれクセになりそうな。
冷たい麺の食感もいいですね。

◆杏仁豆腐・・カボスを絞って頂くのは初めてですが、さっぱりします。

虎ふぐはスタッフさんが焼いてくださり、それ以外は全てオーナーさんが焼いてくださいましたので
どれも焼き加減が絶妙で、美味しかったですね。
初めて頂いた「オビ」、主人はとても気に入ったようです。
こちらはまた伺います。次回はビールを呑まないと・・

游來
050-5590-6651
福岡市中央区西中洲5-6
関連記事
2018-09-20
ディナー(韓国料理・焼肉) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩きというか外食記録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター