東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

竹屋町 三多:上質なお時間を過ごせる予約困難店 

京都でも予約困難なお店の一つ。
キャンセル待ちをしてから1年半後「キャンセルがでました」とのご連絡を頂いたのですが、
その予約日はお電話からさらに1年後、2年半かかって漸く伺えました。
食べログでも高評価ですので、期待が高まります。^^

店内は余計な装飾などはなく、至ってシンプル。6席のみのプラチナシート。
笑顔の素敵な女将さんが出迎えてくださいます。

◆ビール

◆日本酒

◆お猪口

事前にお料理価格をお尋ねした際には「3万円~3万5千円程度」とのお返事でした。

◆京都上賀茂トマトとジュンサイ
彩も美しく、冷たいジュレの味わいも心地いい品。

◆明石のオコゼ 万願寺唐辛子

*虎魚の季節ですので脂がのりいい味わい。
みぞれ餡にしたお出汁も美味しい。

◆毛蟹 ミョウガ 胡瓜 蟹味噌 胡麻和え
毛蟹が甘いこと。その旨みを壊さない控えめの胡麻の味わい。

◆アマテカレイ 間人の雲丹
アマテカレイは、他の鰈よりもお味が濃厚で食感もいいですね。

*間人は蟹が有名ですが、雲丹は初めて頂きます。これが今まで頂いたことのない味わいで、とても美味しい。

*鰈の肝醤油が美味しいこと。ほかに「お醤油」「塩」も用意されています。
鰈は肝醤油で頂きましたが、雲丹は何も付けなくても美味しいですね。

◆鱧とオクラのお椀
丁寧に引かれた昆布出汁の味わいがいいこと。

*蒔絵のお椀

◆能登の鳥貝・・炙る前に見せてくださいました。

*炭火で軽く炙って供されます。
立派な鳥貝ですので、甘くて美味。

*鳥貝の肝醤油が美味しい。

◆玉蜀黍の白和え

◆京都牛 フィレ 焼き賀茂茄子

*お肉は柔らかいですね。
ここまでは優しい味わいでしたが、このタレはお醤油ベースでお味が濃い目でした。

◆鮑と蓮根餅

*立派な鮑ですよ。柔らかくて美味しい。
蓮根餅はシャキシャキの食感も残り、良い味わい。

◆夏ごぼうの炊き込みごはん

*素朴な味わい。残りは「おにぎり」にして持ち帰りできます。

*香の物

◆宮崎マンゴー オレンジのジュレ
マンゴの味わいが濃厚ですこと。


「間人の雲丹」は今まで味わったことがない雲丹で美味しかったですね。
なるべく余計な手を加えず、食材の旨みを生かすお料理のように思えました。
ご主人も感じのいい方ですが、女将さんの接客がとても心地いいですね。
お料理だけでなく、それも人気の要因かと。
次回はずっと先ですが、季節が変わりますので愉しみです。

二人でビールとお酒1合頂いて、67、500円。

竹屋町 三多
075-231-3556
京都市中京区寺町通竹屋町下ル西側久遠院前町667-1
関連記事
2018-07-11
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター