東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

御料理光安:町屋で頂く京の贅 

京都に行くたび訪問するお気に入り店。
今回の京都旅もこちらから・・
昼夜ともに2組限定、最大6名まで。

◆中庭に面した落ち着いた個室。

お昼の利用ですが、夜の15000円コースを頂きました。
◆まずは「加茂錦(新潟)」・・旨みが口に広がり、美味しいお酒で好み。

HPを拝見すると『加茂錦「荷札酒」は次期蔵主でもある、24歳の「田中悠一氏」が杜氏として酒を醸します』との記載が。
◆素敵な酒器

◆うすいエンドウのすり流し
豆の旨みを感じる品。温かいのでこの後お料理を頂くには、胃が整えられていいですね。

◆鱧の焼き霜
鱧タップリ。鱧は丁寧に骨切りされ、程よいレア感が残り美味しいこと。
こちらの焼き霜、毎回お魚を変えて頂きますが、完璧です。

◆鳥貝(舞鶴・天然物)
軽く炙った鳥貝は甘みを感じて美味しいこと。
今回、数軒で鳥貝を頂きましたがこちらの品が一番好みでした。

*肝も入っています。

◆月光・・フルーティーな香りを感じ、口当たりもよく美味しい。

◆夏野菜の八寸
彩が美しい。

*「賀茂ナス(味噌がかけられているのですが、甘くなく秀逸)」「インカの目覚め」「新玉ねぎ」「玉蜀黍」
「オクラ」「トマト」「酢蓮根」など。
どの品もお野菜の旨みを感じます。

◆アブラメの椀仕立
お出汁の味わいが良いですね。
脂ののったアブラメは大きな切り身ですし、丁寧に包丁が美味しい。

*お椀が美しいですね。

◆鮎の塩焼き
何時もながら鮎が泳いでいるような躍動感ある盛り付け。

振り塩の塩梅もいいですし、大きさもよくとても美味しい。

◆大山 特別純米 夏純米銀河・・山形のお酒で限定品。スッキリした味わいで、これも好み。

◆のどぐろ(能登・七尾) 青ズイキ
のどぐろも脂がのっていて、塩加減も絶妙。

◆紫雲丹(大間) 鰹だしのジュレと共に

*雲丹が甘いこと。ジュレは鰹だしが効いていて爽やかな味わい。

◆そばがき
定番ですが、いつもながらいい味わい。

*素晴らしい塗り椀

◆炊き込みご飯・・若狭のぐじ 茗荷

ぐじは焼いてありますので、香ばしさが加わりとても美味しい。

*こちらほど美味しい「炊き込みご飯」は中々頂けないと、毎回感じさせてくださるのは素晴らしい。

◆おうす寒天

*中には寒天が入り、食感がいいこと。

◆ピオーネ 井戸水のジュレ

今回も全てが美味しく、大満足でした。
ご夫妻との会話も愉しく、癒されるお時間でした。
京都ではこちらは外せないですね。次回も愉しみ・・

御料理 光安
075-366-3138
京都市上京区千本通丸太町上る二筋目東入
関連記事
2018-07-03
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター