東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

鮨巳之七:お酒がすすむ珠玉のツマミ・・  

訪問回数:7回。3か月ぶりの訪問。
fc2blog_20180527144554f0f_20180528133316457.jpg

何時ものようにご主人と妹さんが迎えてくださいます。
お任せは10000円(外税)
◆ホタルイカと式部草、しげますの酒粕で作ったソース掛け。
この酒粕ソースは何度も頂いていますが、酒粕の味わいがとても美味しい。
蛍烏賊に合います。

◆お刺身2種
*真鯛(姪浜)・・プリプリ感が残り、噛むと旨みを感じます。
*イサキ(宗像市鐘崎)・・旬ですのでいい味わい。

◆活け穴子(宗像市鐘崎)・・〆られてから時間が経っていないので、身に弾力がありこれも噛むと甘みを感じます。
コノワタや黄身などで作られれたタレも何度も頂いていますが、美味しいですねぇ。
日本酒がすすみます。

◆じゅんさい、ボタン海老、ツブ貝、生アオサの三杯酢がけ
こちらの酢の物は甘目ですので、酸味が苦手な私には嬉しい。
生アオサや魚介の味わいもいい品。

◆しま鯵・ゴマダレがけ・・しま鯵は上品な脂がのり美味しいですが、白胡麻を黒くなるまで擂った胡麻ダレが
いつ頂いても美味しい。

◆イサキの肝と真子・・甘目のタレと唐辛子のピリカラ感が良いですね。お酒泥棒な品。

◆鱧(豊後)、鱧の卵の塩辛、大分・塩娘トマトジュレがけ。

◆あげまき貝、渡り蟹の味噌と卵を併せ「リゾット風」に。
あげまき貝からいいお出汁が出ていますね。お代わりしたい美味しさです。

◆鮎の揚げ物、肝ソース添え
肝ソースの苦みがいい塩梅。

◆定番・・すじ肉入りの茶碗蒸し。
毎回頂きますが、すじ肉がトロトロ。

◆ヤリ烏賊・炭塩のせ
烏賊の身だけではなくすべての部分を頂けます。食感も面白く烏賊が甘いこと。

◆白キス・・これ美味しい。キスってこんなに美味しかったのですね。

◆赤貝(豊後)

◆中トロ(ボストン)・・程よく上品な脂を感じます。

◆ヅケ・・赤身らしい旨みを感じる品。

◆赤雲丹(唐津)、イクラと共に

赤雲丹が甘くなりましたね、美味しい。
◆赤ムツ、肝乗せ
軽く炙ってありますので、より旨みを感じます。
肝と共に頂くのは初めてですが、とても美味しい。

◆赤だし・・賽の目に切ったお豆腐入り。こちらの赤みそは辛くなく甘目で良い味わい。

◆車海老・・活けの品を目の前で茹でられるので、味噌まで美味しい。

◆煮穴子・・フワフワ、ツメもいい味わい。

◆車海老の頭・・丁寧に焼かれているので香ばしくて美味しい。

◆玉子焼き・・甘目で主人好み。

追加で
◆鉄火巻

◆頂いたお酒
ビール(通常サイズ&小サイズ)、雁木(日本酒)、鍋島(日本酒)、黒蜻蛉など。



鉄火巻を追加して、二人で28400円(税込)でした。
何時もながらにお酒がすすむ美味しいツマミでした。
以前よりは品数が少なくなったとはいえ、
こちらほどツマミが充実していて美味しいお店は少ないですね。
楽しくいいお時間を過ごさせていただきました。

鮨 巳之七
092-716-2520
福岡市中央区薬院2-18-13 1F
関連記事
2018-06-07
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター