東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡メインの外食日記です。ただ東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

鮨 巳之七 :お酒がすすむ珠玉の創作ツマミ。 

少し間が空き、5か月ぶりの訪問になりました。

少し間が空きましたが、
何時ものように店主宮本さんと妹さんが笑顔で迎えてくださるのは嬉しいですね。

温かい品からと、
◆鱈の白子のお椀。
白子好きとしては最初から嬉しいこと。タチも上質ですし、お汁の味わいもよく美味しい。

お刺身3種。
◆天然真鯛(小呂島)・・プリプリした食感もよく、噛むと甘みを感じます。

◆ヤヒロ(ヒラス)と鮃(姪浜)・・どちらも美味しいですが、この時期の鮃は美味しいですね。

◆ヤヒロの白子・・白子好きの私のために用意してくださったそう。いつもながらのお気遣い、有難うございます。
これはお酒に合いますよ。

◆なまこ・・60度で3分火を通した「なまこ」は柔らかく、酢加減もいいですね。
これもお酒がすすみますよ。

◆鮟肝2種・・手前が「長崎産」、奥が「山口産」、、微妙に味わいが違いますので愉しめますね。
どちらも美味しいですが、山口産の方が少し甘いかしら。

◆生穴子、卵黄やコノワタなどを合わせた特製たれで。
毎回頂きますが、美味しい。穴子自体も新鮮ですけれど、タレの味わいが何とも美味しい。

◆白子様登場。嬉しいですね。^^

◆ご飯の上には「渡り蟹」、その上に「焼き白子様」という豪華コラボ。
白子様を崩していただくと贅沢リゾットになるのですが、全部混ぜるのはもったいなくて半分はそのまま頂きました。

◆生牡蠣のなめろう・・牡蠣をなめろうで頂くのは初めてですが、味噌などの味わいもよく美味しい。
これもお酒がすすみますね。

◆河豚(大分)タタキで・・こちらの酢のものは酢が強くなく好みなのですが、これもいい味わい。

◆ヤヒロの肝と胃袋、しげますの酒粕を使用したソースで。
珍味ですね。酒粕ソースは以前も頂きましたが、まろやかで美味しいこと。

◆鰤(長崎)、胡麻ソースで・・鰤は脂がのっています。それを白ごまを丁寧にすったタレで頂くと、
両方の上質な旨みや脂が加わりとても美味しい。

◆あんこうのから揚げ・・お送油とお酒で下味をつけた「あんこう」が美味しいですね。

◆茶碗蒸し・・よく煮こんだ牛すじ肉が入っています。定番ですが好きです。

お刺身を3種と数えると、つまみは「15種」出されました。
どの品も丁寧に作られハズレなく美味しかったですね。お蔭でお酒がすすんで。(^^;)
ここから「にぎり」
◆ガリ・・こちらのガリ好きです。無くなれば言わなくても追加してくださいますよ。

◆烏賊・・身だけでなく耳や何コチも併せてあるので食感も面白く、旨みを感じます。

◆細魚(長崎)・・細魚は美しいですし、食感が好きです。

◆鰯・・骨まで溶けるほどしっかり「酢」で〆てあるのですが、頂くと酢がまろやかで鰯本来の旨みを感じて美味しいですよ。

◆大トロ(ボストン)・・上品な脂を感じ、美味。

◆車海老・・直前まで海老様はご存命で茹でたてですので、海老の甘味をより感じますね。

◆雲丹(呼子)・イクラ

◆赤だし・・賽の目に切ったお豆腐入り。赤味噌の味わいも好み。

◆赤貝・・質が良く美味しい。

◆車海老の頭・・時間をかけて焼かれていますので、香ばしい。

◆穴子・・フワフワ。何時もながら「ツメ」が美味しい。

◆玉子焼き・・主人好みに少し甘めにして下さったそう。これも感謝です。

追加で
◆鉄火巻・シャリ少な目、ほぼマグロの贅沢な品。とても美味しいそう。

ご主人のお気遣いにも感謝していますし、妹さんとお二人の接客もいつもながら心地よく
今宵も愉しく美味しく頂きました。
また伺いますね。^^

鮨 巳之七
092-716-2520
福岡市中央区薬院2-18-13 1F
関連記事
2018-02-22
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩きというか外食記録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター