東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

東:もはや芸術のイノベーティブ・フュージョン 。 

平和にある創作料理店。
グルメ雑誌でも何度が取り上げられ以前から気になっておりました。
親しいマイレビ様にお誘い頂き喜んで参加。^^

場所は南区平和の住宅街、西鉄平尾駅からタクシー利用が便利。
タクシーを降りてからも迷いまして、、、急勾配の坂の上にお店(ご自宅)を発見。
佇まいが素敵ですね。

◆趣ある店内。

◆4名で利用。長いお付き合いの親しい方々ですので、会話も弾み・・

お料理の説明はYちゃんレビューを参考にさせていただきました。m(__)m
ディナーは「10,000円と13,000円」
幹事さんが「13000円」のコースを予約してくださいました。

◆まずは「スパークリング」から。この日はワインに詳しいT君が一緒なので、すべてお任せ。^^

◆アミューズ・・最初に「本型の器」が登場。男女で異なります。

*本を開くと「ヤリイカの真空調理ととうもろこしのムース」・・この後のお料理もそうですが、演出がお上手で。
ヤリ烏賊は軽く炙ってあり、コリコリした食感もいい品。トウモロコシの甘みがよく合います。

◆燻・・燻製煙の入ったフタを取ると、鮪が登場。
「鮪」にスモークのいい香りが

*冷燻されたマグロに胡麻のソースと胡麻パウダー
キレイな「鮪」でもちろん美味しい。冷たい食感の胡麻パウダーもいい味わい。

◆鮎のフリットにビーツ(赤)と人参(黄)と抹茶塩・ほうれん草(緑)のソース
ソースの色合いが「絵画」のよう・・

◆鮎のフリット・・鮎はよく揚げてありますので「骨」まで頂けます。

◆白ワイン

◆車エビの春巻き、モルトビネガーと山椒のソースで。
盛り付けが、美しい・・

*中央部・身の部分に「春巻」が添えられていますので、巻いて頂きます。

◆阿蘇の溶岩で作った器。頂く直前にコンソメスープが注がれます。

◆玄海産黒あわびと肝のロワイヤル、すだちの風味。
鮑は柔らかく蒸され美味しいですし、コンソメスープの味わいも好み。

◆金目鯛とフレッシュサマートリュフ。
中央に「金目鯛」から取った濃厚なソースが注がれているのですが、バターを使用されていないのに
濃厚な味わいと金目の旨みを感じ、これ絶品。

*金目はレア感が残る仕上がりで、上品な脂を感じ美味しいこと。
*トリュフもタップリ。
これらを中央のソースに絡めていただくのですが、こんなに美味しい金目を頂いたのは初めてですね。

◆魚介と焼き茄子のパスタ
添えられら魚介とパスタをスープに混ぜていただきますが、これも美味。

◆赤ワイン

◆45分低温調理した八女上陽黒毛牛イチボの寿司スタイル、キャラメルソースで

*黒米をシャリに見たてた上陽黒毛牛は柔らかく口に入れるとトロケマス。

◆八女抹茶のソルベ・パンナコッタ・アイスクリームと宮崎のマンゴーを庭園に見立てて
京都の寺社の庭園を眺めているような・・
庭園部分はお抹茶とホワイトチョコで作られ、ソルベの味わいもいいこと。

◆八女茶・・ドリンクは「珈琲」「紅茶」「八女茶」から選べます。
お茶の旨みを凝縮した品。

最初から最後まで、演出、盛り付け、味わい全てが素晴らしいお料理でした。
次は何かしら、、とワクワク感もあり、久しぶりに感動しましたよ。^^
こちらは是非主人と一緒に再訪したいですね。


092-791-8486
福岡市南区平和1-26-36
関連記事
2017-08-08
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター