東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

飯田:器も素晴らしい人気店。 

お料理写真撮影不可ですので、お写真は外観のみです。


◆最初に「レモン炭酸水」が出されました。
今年の京都は例年よりも涼しかったのですが、最初に頂くとさっぱりします。

◆振る舞い酒は「梅酒」・・濃厚な味わい。

◆アルコールは最初に瓶ビール、その後鳳凰美田(1合)、前回美味しかった「英勲」を頂きました。

お料理は時価。カード不可。
◆水無月豆腐、淡路の雲丹、オクラのすり流し添え。土佐酢の煮凝りがかけられています。
この時期の京都の料亭では「水無月豆腐」を出すお店が多いですが、お店により個性があり楽しめますね。

◆鱧と青梅のお椀・・前回も出されましたが、この器が素晴らしい。
丁寧に引かれたお出汁の風味と、鱧から出た旨みが合わさり美味しい。

◆明石のアマテ鰈(他の地域でいうマコ鰈)・・前回同様「明石の鯛よりも高級」という説明がありました。
甘みを感じる美味しい鰈で、エンガワも脂がのり美味しい。
肝ポン酢と土佐醤油でいただきますが、「肝ポン酢」が美味しいこと。

◆鳥貝・・鳥貝は軽くあぶって出され、塩と巣立ちで頂きます。
肝は薄くお醤油を塗り炙ってあります。

◆柿の葉寿司・・「鰻のお鮨」が入り、柿の葉で包むのではなく巻いて出されます。
山椒が効いた鰻も美味しい。

◆賀茂茄子、胡麻味噌掛け・・大きな賀茂茄子で、今では生産される農家さんが1軒だけと言う首の太い貴重な品。
茄子自体を揚げて煮含めるなど手間をかけた品。
白味噌を使用した「胡麻味噌」が滑らかで美味しいですね。

◆福井・足羽川の鮎・・目の前で焼かれます。
3000度の備長炭で丁寧に焼かれた鮎は、身もふっくらして美味しい。
「蓼酢」もいいお味ですよ。

◆キスのおかき揚げとアスパラの素揚げ・・身に厚みがあるキスを使用されています。
おかきを細かく砕き衣にしてあり、衣自体の食感も面白い。

◆トウモロコシの玉〆・・冷たい茶碗蒸しです。
滑らかな食感と共にトウモロコシの甘みだけではなく、他の旨みも感じ美味しいですね。

◆夏野菜の炊き合わせ
「焼きナス」「小芋」「茗荷(揚げ煮)」「万願寺唐辛子」「かぼちゃ」など。

◆土鍋ご飯・・ツヤツヤで美味しい。お代わり可能、持ち帰り不可。
副菜は
◆鮪の胡麻醤油かけ・・これご飯がすすみます。
◆お漬物数種類
◆スグキの赤だし。

◆デザートは「マンゴ」「スイカ」「グレープフルーツのシャーベット」
◆紫陽花に見立てた「和菓子」とお抹茶。

昨年と同じ時期に伺いましたので、内容がほぼ同じでした。
どれも美味しく頂きましたが、季節を変えたほうがより楽しめそうですね。

*お会計は、ビール1本とお酒を2合いただいて、二人で64000円弱。

飯田
075-231-6355
京都市中京区姉小路富小路西入ル南側
関連記事
2017-07-07
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター