東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

寿し処 一福:大将のお人柄がよく愉しくお食事できる鮨店。 

前回飛び込み利用した折の印象がよかったので再訪しました。
店内はカウンター席8席ほどと、奥に個室があり明るい雰囲気。
ご主人が笑顔で迎えてくださいます。

◆ビールや日本酒、芋焼酎などを頂きながら・・

今回はコースでお願いしました。
コースは7000円からだそうですので、10000円(外税)でお願いしています。

◆みな貝・・初めて見ました。薄味で煮こまれていますが、ふたの部分が硬くて取り出すずらいですね。
楊枝では中々蓋が取れなくて諦めてしまい、半分も頂けず勿体ないような・・
蓋を取って出されるか、もしくは他の品に変えられた方がいいかと。

◆お刺身3種。
「愛媛の鮪」「コチ」「細魚の昆布〆」など。
鮪は少し淡白な味わい、コチは噛みごたえがあり、細魚の昆布〆がいいお味でした。

◆銀鱈の西京焼き・・お味噌がよく浸みていていいお味。

◆鮎の煮びたし・・産地は不明ですが、この時期としては大きいですね。
焼き物で頂くことが多いのですが、こういう調理もあるのですね。
お味としては薄味。

◆焼きそら豆・・居酒屋で時々いただきますが、ツマミにいいかな。

◆渡り蟹・・丁寧に身をほぐして出してくださるので、食べやすい。
蟹自体の甘みを感じますし、卵も入り美味しい。

ここから握り。シャリは一般的な品で、ネタは屋や大き目。
◆スミイカ・・丁寧に包丁が入り食べやすいですし、烏賊自体のねっとり感もいいですね。

◆上:中トロと大トロの間の鮪・・上品な脂を感じ美味しい。
◆下:コチ・・お刺身でも頂きましたが弾力のある身です。

◆上:車海老・・前回は活けの品でしたが、今回は茹で海老でした。
◆下:黒鮑・・やわらかく美味しい。

◆上:コハダ・・軽めの〆加減ですね。
◆下:穴子・・薄味で煮た穴子を出す直前に軽く炙って出されます。

◆上:玉子焼き。
◆下:山芋と梅の細巻き・・最後に頂くにはサッパリしていいですね。

◆上:デザートは「柑橘のゼリー」
◆下:赤だし・・わかめ・しじみ・お豆腐入り。お味噌のせいか赤だしとしては少し変わった味わいで、初めてのテイストでした。

握りに関しては前回の方がネタがよかったような気がしますが、
お魚は時期や天候に左右されますから仕方ないですね。
お料理は創作系ではなくオーソドックスな品々ですので、安定感がありますね。
大将はお話が上手で明るい方ですので、とても居心地がよく愉しくいただけました。

寿し処 一福
092-215-3154
福岡市博多区古門戸町7-27
関連記事
2017-05-22
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター