東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

鮨 巳之七 :今宵も美味しく愉しいお時間でした。^^ 

訪問回数4回。
3か月ぶりの訪問です。今宵は何を頂けるのか愉しみ・・

◆まずは「ビール」その後は「芋焼酎」、日本酒など。

何時もと同じ10000円(税別)コース。
◆愛宕浜のあさり、澄まし仕立て。
あさりのお出汁がよく出ていて、美味しい。

お刺身2種。わさびと煎り酒で・・
◆相島の鱸・・これ美味しい。とてもいい甘みと旨みを感じます。
◆能古島のイサキ・・旬ですね。皮目は霜降りにしてあります。。これもいいお味。

◆活穴子、自家製塩辛のせ・・穴子も美味しいですが、このわたと卵黄で作られた自家製塩辛は
何時もながら美味しいですね。

◆愛知のアオヤギ、ジュンサイ添え。
アオヤギを頂くのは久しぶり、甘みを感じます。三杯酢の味わいも好み。

アンキモ好きの私のためにわざわざ用意して下さったそうですが、嬉しいですね。
◆アンキモ・・前回も頂きましたが甘辛く煮られていてとても美味しい。
食感も滑らかで絶品。

◆八女の花わさびとコハダの酢の物・・・こちらの酢物は酢が強くないのでいいですね。
花わさびのピリッとした風味と軽く〆たコハダ、甘酢がよく合います。

白子好きの私のために色々白子を探して用意してくださったそうで、有難うございます。m(__)m
◆イサキの白子と卵を甘酢に漬けた品。
珍味ですねぇ。イサキの白子、卵ともに初めて頂きます.
白子は根間らか食感で甘みを感じますし、卵の食感&

◆鯛の白子のフライと肝のソテー。
鯛の白子は以前も頂いたことがありますけれど、これも食感・お味ともにいいですね。
肝の味わいもよく、どちらも美味しい。

◆ホタルイカ、自家製酒粕ソースで・・
ホタルイカは丁寧にした処理されていて、美味しい。
上には「日本酒・しげますの酒粕」で作ったソースもいつもながらいいお味。

◆つぶ貝・・甘辛いお味付です。つぶ貝は生で頂くと硬い場合もありますが、これはコリコリ感が程よく食べやすい。

◆あげまき貝、あげまき貝の出汁でシャリをお味付したリゾット。
あげまき貝も旬ですね。薄味ですので食材の旨みを感じます。
その出汁でお味付したリゾットはバターの風味も感じ秀逸。

◆卵を持った渡り蟹と菜の花。
渡り蟹は卵もいいお味で甘味を感じます、蟹好きですので好み。

◆ヒラス、胡麻だれがけ・・ヒラスも旬ですね。胡麻ダレは濃厚な味わいでよく合います。

◆潮際河豚(しょうさいふぐ)のから揚げ・・・生でいただけるふぐですし、お味付もよく美味しい。

◆茶碗蒸し・・定番ですが、美味しいのですよ。
茶碗蒸し自体も美味しいですが、柔らかく煮こんだ「肉」の甘めのお味つけも加味されてよりいいお味に。

ここから「にぎり」
◆上:ヤリ烏賊・・身と軟骨・ゲソ・エンペラなど烏賊のいろんな部位を味わえますので、烏賊の旨みが凝縮されています。
◆下:ガリ

◆上:細魚・・美しいですね。
◆下:赤貝・ひものせ・・ひもも一緒に頂けるので、より美味しい。

◆上:鯵・・肉厚で美味しい品。
◆下:大トロに近い中トロ・・上品な脂を感じ美味しい。

◆阿久根の雲丹といくら・・阿久根の雲丹は独特の味わいで美味しいですね。

◆上:生きている車海老を出す直前にボイルされますので、茹で置きの品とは旨みが違い美味しい。
◆左下:づけ・・これもいいお味。
◆右下:車海老の頭の塩焼き・・香ばしいこと。

◆上:」焼き穴子・・フワフワ。
◆左下:赤だし。アオサとお豆腐が入っています。
◆右下:玉子焼き。

親方は優しい方ですけれど、いつもお気遣いも素晴らしい・・
今宵も美味しく愉しいお時間でした。
また伺いますね。

鮨 巳之七
092-716-2520
福岡市中央区薬院2-18-13 1F
関連記事
2017-05-10
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター