東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

銀座 よし澤:こだわりの美味しいご飯。 

何時ものように羽田まで迎えに来てくれた次女と利用しました。
娘にとっては「日本料理店」は敷居が高いらしく、希望を聞くと「和食がいい・・」とのことで
いろんなお店と迷いましたが、こちらに伺うことに。

店内はカウンター席と個室があり、カウンター席に案内されました。
入店時からの笑顔の接客も感じがいいですね。

ランチは「5000円」「8000円」「10000円」コースの3種類。それぞれサービス料込、税別。
10000円コースのみ「八寸」が付くようです。
8000円コースでお願いしました。

◆土佐の初鰹、黄身醤油で。
器もステキですね。鰹は厚めに切られていますので旨みを感じ、黄身醤油で頂くと甘みが加わりより美味しい。

◆九十九島の蛤、潮仕立て。ワカメ真丈入り。
は鮪から出たお出汁が美味しいこと。ワカメ真丈も滑らかでいい味わい。

◆蓋裏の蒔絵が素晴らしい・・

◆鰆の藁焼き・・こちらのスペシャリテだそう。
鰆はレア感が残る仕上がりで上品な脂と旨みを感じますし、藁の香りもいいですね。

◆アンキモの茶碗蒸し・・丁寧に行かれた出汁を感じますね。
アンキモも滑らかで美味しい品。

◆ノドグロ、焼きで。
脂がのった美味しい「ノドグロ」ですね。

◆蕪の煮物。上は「ウニ」苦手な次女用に「カラスミ」が入っています。

私には「ウニ」が。蕪は上品な味わいで「新玉ねぎのすりながし」や「アオサ」と共に頂くといいお味でした。

◆ご飯の友。香の物やちりめん山椒など。
ちりめん山椒はふっくらした仕上がりで美味しい。

◆ご飯は「土鍋」で炊き上げられます。
◆お味噌汁。

4通りの頂きかたをするそうな・・
この日のお米は北海道産「ゆめぴりか」
◆最初に炊き上がる前の、まだ「芯」のある状態。正直なところこれは好みではないですね。
◆次に「蒸らす前」、これまご飯の甘みを感じました。
◆その次に「蒸らした状態」・・やっぱりこれが一番美味しい。
◆最後にお焦げを。少量のお醤油を垂らしていただきますけれど、これも美味しい。

デザートは「桜アイス」と「わらび餅」から選べましたので、二人とも「わらび餅」を。

上品な味わいの美味しいお料理でした。
ご飯をこんな風に頂いたのは初めてでしたので愉しめましたし・・

東京の高級和食の価格基準がよくわからないのですけれど、
失礼ながら京都に比べると8000円としてはお料理の品数に物足りなさを感じました。。
お江戸ではこんな感じなのかしら。

銀座 よし澤
03-6264-4970
東京都中央区銀座1-13-8 ハビウル銀座ビル B1F
関連記事
2017-04-25
東京グルメ(日本料理・和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター