東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

鮨おかだ:今宵も美味しく愉しいお時間でした。 

以前の印象がよかったので、2ヵ月もあけずに再訪しました。
夜のコースは1万円(税別)のみ。

ご主人は食材だけでなく色々拘られているのですが、
このお箸は「宮内庁御達」の品で、取引が難しい業者さんだそうですよ。
使用されているお米も「宮内庁御用達」だそう。

お鮨には「日本酒」でしょう。
主人は「久保田生原酒(1合:1000円:外税)、スッキリした呑み心地で美味しい。
気に入ったようで追加していましたよ。
私は前回頂いて好みだった「もだん(1合:900円:外税)」を。これ好きですね。^^

◆ドリンクメニュー

◆「春キャベツ」「菜の花」「人参」「えんどう豆」などの、はんなり漬け。
胡麻の風味がよく、優しい味わいで最初に頂く品としてはいいかも。

◆白子様・・伺った日の夕方に到着した新鮮で質のいいタチですよ。
軽く塩を振って出されますが、クリーミーで美味しい。

◆お料理盛り合わせ

*「ふぐ皮ポン酢」「鶏肉の八幡巻」「自家製カラスミ」「煮蛸の酢味噌掛け」「自家製ごま豆腐」など。
どれもいいお味ですけれど「カラスミ」が美味しいこと。

◆上:天然鮃(福岡)・・シャリとの間に「穂紫蘇」が挟んであります。甘みを感じます。
◆下:鯛(福岡)・・ゴマダレに漬けた鯛の握りは、初めていただきました。
胡麻の風味もよく美味しいこと。

◆上:甘鯛(福岡産)・・2週間熟成させた品ですが、熟成することで旨みが増しています。
◆下:ノドグロ肝のせ・・前回も頂きましたが、脂が乗り美味しいこと。肝ももいいお味。

◆ぶり大根・・鰤は煮込むのはなく焼いてたれを絡めてあり、大根は別で煮て併せてあります。
甘辛い濃いめのタレが合いますね。

◆のれそれ(高知)・・この時期が旬なのでしょうね。
あちらこちらで頂きますが、タレのお味で印象が異なりますね。少しポン酢のお味が好みではなかったような。

◆上:赤貝(大分)・・生臭みもなく美味しい。
◆下:つぶ貝(北海道)・・前回も頂きましたが、立派な品。噛むほど旨みを感じます。

◆上:北寄貝(北海道)・・赤北寄ですね。普通に美味しいかしら。
◆下:コハダ(天草)・・〆加減もよく、これも美味しい

◆上:鯵(長崎)・・上に新生姜が少しのせられています。身も厚く美味しい鯵でした。
◆下:穴子・・軽くあぶり「タレ」と「塩」で頂きます。穴子もフワッとした食感で好み。

◆茶碗蒸し・・上の餡は「金華豚」で出しをとられたそうですので、旨みがあります。
小さめですが「フカヒレ」も入り、その上「干し貝柱」の旨みも加わり美味しいこと。

◆雲丹登場
前回と同じく「雲丹」タップリで絶品。
ご飯に混ぜた分と合わせ、通常の4貫分の雲丹を使用されているとか。
ご主人は相変わらずのキップがいいこと。

◆アオサのお味噌汁・・アオサがタップリ入っていますし、お味噌汁自体もタップリ。

◆わらび餅・・こちらのわらび餅、好きですね。
きな粉・黒蜜ともに質のいいものを使用されています。

お鮨も好みですが、陽気なご主人との会話も楽しくいいお時間を過ごさせていただきました。
また、伺いますね。

鮨おかだ
092-534-1888
福岡市中央区薬院4-8-3 ARTK'S浄水1F
関連記事
2017-02-22
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター