東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

飯田:静寂の中で頂く繊細なお料理。 

予約困難な人気店。
夏に訪問し印象がよかったので、秋に再訪しました。
たまたまお店の前の道路に「灯篭」が灯されていました。何の行事かは??

お料理の撮影はNGですので、お写真は外観のみです。m(__)m


お店に入ると女将さんが丁寧に出迎えてくださいます。
今回も予約時にカウンターでお願いしました。

お料理価格はお尋ねしませんでしたので、不明。
お料理が抜けたり記憶違いがあるかもしれませんので、お許しくださいね。m(__)m

◆最初に「生姜湯」が出されます。

◆「甘口の日本酒を・・」とお願いしましたら、「英勲」を勧めてくださいました。
「純米大吟醸」で口当たりもよく、好みのテイスト。酒器・ぐい飲みともにオールドバカラで素晴らしい。

◆振る舞い酒を頂きます。

◆丸穴子の焼き霜・・滋賀産だそう。
葛と土佐酢を併せたタレで頂きますが、フワッとした食感で美味しい。

◆お椀・・「銀杏餅」と「うずら」のたたき寄せ。
秋らしい器で、素晴らしい塗り物ですよ。大正時代の品だそう。
うずらの下に「銀杏餅」があるのですが、どちらも丁寧に作られていて美味しいこと。
丁寧に引かれたお出汁もいいお味。

◆お刺身
「愛媛の白甘鯛」「北海道・浜中の雲丹」「うろこ揚げ」など。
お醤油ではなく「お醤油に浸した海苔」と「山葵」で頂きます。
「白甘鯛」は普通の「甘鯛」に比べかなり高級品で、甘みを感じ美味しいこと。
お醤油に浸した海苔で頂くのも、趣向がかわっていいですよ。

◆主人には「関サバの燻製」の鮨。
◆私には「明石の鯛」の鮨。・・鯛は程よい熟成でねっとり感があり、シャリは赤酢を使用されていました。

◆「鰆」と「カラスミ」、「とんぶり」の蒸し物。
「鰆」2切れの間に「カラスミ」を挟み、上に「とんぶり」が盛られています。
「つくね芋」の餡がかけられ、いろんなお味のハーモニーを感じる品。

◆島根の笹鰈・焼きで・・特注の拘りの鰈だそう。炭火で丁寧に焼かれますので、身がフックラ。
骨は「骨せんべい」で出されますが、どちらもいい鰈のいい旨みを感じますこと。

この辺りお料理の順序が違うかもしれません。m(__)m
◆牡蠣・・大きく立派な牡蠣です。
薄衣でお醤油を付け焼いた品で、牡蠣自体もクリーミーでとても美味しいですが、
お醤油の味わいが秀逸ですね。これ絶品でした。

◆蟹と山芋の和え物・・蟹は身だけでなく「内子」「外子」も入っています。

◆「富田林の海老芋」と「でんすけ大根」の炊き合わせ。
富田林と言うと「PL」と「花火大会」しか知りませんでしたが、海老芋の質がよく美味しいそうですよ。
薄味ですけれど、海老芋&大根にしっかりお味が浸みていて美味しい。

◆長野・佐久産のお米を使用したご飯。
釜炊きですので、美味しいこと。
◆香の物
◆赤だし

デザートは
◆栗のプリン
◆いのこ餅
◆お抹茶

お会計は、二人でお酒2合頂いて、合計55000円ほど。
今回もお料理が美味しいだけでなく、素晴らしい器での目の保養、明るい女将さんの接客で
楽しくいいお時間を過ごさせていただきました。

勿論、次回も予約しましたよ。^^

飯田
075-231-6355
京都市中京区姉小路富小路西入ル南側
関連記事
2016-12-08
京都グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター