東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

Cucina Italiana 東洞 :古民家で頂くお洒落イタリアン。 

以前「光安」さんがあったお店(現在は樋渡さんが営まれています)のお隣のイタリアン。
随分前から気になりながら、中々利用機会がなくようやく伺えました。

古民家を利用した風情ある佇まい。
1階はカウンター、2階にテーブル席があり、2階に案内されました。
店外に「予約で満席」と言う表示がありましたので、利用される際は予約されることをお勧めします。

ランチメニューは3種類。オーダーは当日でOK。
◎ランチセット(2100円)
◎シェフお任せパスタコース(2900円)
◎ランチフルコース(3800円)

◆主人は「ビール(700円:税込)」、私は「ブラッドオレンジジュース(700円:税込)を頂きながら・・

フルコースを頂くつもりでしたけれど、主人が「パスタ」を食べたいと。
パスタコースは2人からオーダー可能ですので、合わせました。(^^;)

◆白ゴマのパンナコッタ・・白ゴマの優しい味わいで、冷たい食感も心地いい品。

◆パルマ産生ハムとインサラータミスタ

*生ハムは塩加減もよく美味しい。下には「カボナータ」も入っています。
◆パンも美味しい。追加は料金がかかります。

パスタは3種類出され、どれも少量。
◆自家製オレキエッテ ブロッコリーのプリエーゼ
「オレキエッテ」はパスタの一種で「小さな耳という意味合いだとか、例えるとニョッキのような食感かしら。
ソースは優しい味わいで、ブロッコリーは秋から春にかけてが旬ですので甘みを感じますね。
主人はお味が薄いと言ってましたけれど、私は好きかも。

◆クレスペッレのラザニエッタ
「パスタ生地」の代わりに「クレープ」で仕上げたラザニア。
クレープですので食感は柔らかいのですが、
挽肉やトマトソースも少な目で、インパクトに欠ける印象でした。

◆リングイネ 柿のアマトリチャーナ
アマトチャリーナは「パンチェッタ」などを使用したトマトソースですが、
「柿」が入ることで甘みが増し優しい味わいになりますね。

◆デザートは「シュー皮の中に「セミフレッド」が入っているボリュームある品。

*甘さが強くないですし、セミフレッドの冷たい食感もよく美味しいですよ。

全体的に優しい味わいのお料理で、男性よりも女性好みのテイストのような。
お食事ちゅうのサービスは普通でしたが、
帰りはオーナーさん(だと思います)とスタッフさんが丁寧にお見送りして下さいました。

Cucina Italiana 東洞
075-212-5207
京都市中京区東洞院通竹屋町下ル三本木五丁目496-3
関連記事
2016-12-02
京都グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター