東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

西中洲 楽久虎 :落ち着いた雰囲気の焼肉店。 

西中洲にある「焼肉店」。
お店の前はよく通りますが、以前は別の店名だったような・・
お肉気分でしたので、伺ってみました。

店内は少し時の流れを感じますが、テー分感覚も広く落ち着いた雰囲気。
◆焼肉にはビールでしょ。中(680円:外税)と小(500円:外税)、西中洲と言う場所柄かお高めの印象。
私はこのところお酒を控えていますので「小」にしましたが、かなり少量でしたので「中」の方がよかったかも。(^^;)

アラカルトもいろいろありますが、5800円(外税)のコースをお願いしました。
◆上:糸島野菜サラダ(二人分)・・お刺身のツマのような大根と人参のサラダ。
◆下:前菜。前菜としてはサミシイですね。「紅芯大根」と「牛タン味噌」だそう。お味は普通。

◆刺身3種・・ホルモン三昧で、ホルモンを好まない私のテンションが下がりまして・・
「白センマイ」・・センマイって初めて頂きましたが、それ自体はお味がなく塩で頂きます。
「胡麻ハツ」・・ハツも初めて、、ゴマサバを意識した品だそう。特に感想はありません。
「ミノ」・・ボイルしてあるのかしら。わさび醤油でいただきます。

◆タンステーキ(二人分)、タン元(二人分)、インステーキ(二人)、小さなオレンジ色の品は「ウニ」

「タンステーキ」・・ステーキと言うほどの量ではないような、味わいは普通。
「タン元」・・苦手かも。
「インステーキ」・・「ウニ」をのせ韓国海苔で巻いて頂きますが、ウニは小さすぎてお味は感じません。

◆ハラミブロック(二人分)・・50g程度のような(違ったらゴメンナサイ)
これはスタッフの方がテーブルで焼かれます。
「おろしポン酢」と「ガーリック」をのせていただくのですが、結構噛みごたえがある品。

◆15秒ハラミ(二人分)・・片面のみ15秒焼いてくださいとのこと。
ポン酢で頂きますが、肉質は柔らかいですね。ここでようやくお肉が美味しいと思えました。

◆上:バーニャカウダ・・蕪ソースが添えられていますが、これをバーニャカウダと言うのは・・
◆下:トマトキムチ・・程よいピリ辛で食べやすい。

◆自家製ソーセージ(二人分)・・これはいいお味で、チシャに包んでいただきます。

◆ドレス・・これがウリなのかしら。
大きめのリブロースは一人2枚用意されています。

◆スタッフの方が大きくスライスした「リブロース」をバーナーで炙り供されます。
下には一口大の「ご飯」が入り、それを巻くようにしたお肉がドレスのように見えるので、この名称だそう。
ポン酢で頂きますが肉質もいいですし、楽しめる品でしたよ。

◆上カルビ(二人分)・・ここで初めて「タレ」が出されますが、自分で混ぜるのですね。
普通に美味しいカルビでした。
*焼き野菜。

◆焼きしゃぶ(二人分)・・肩ロース。すき焼き風に食べてくださいと、
二人に一つ「黄味」が用意され、先ほどのたれを混ぜていただきます。
これは柔らかく美味しいお肉でした。

〆はビビンバか冷麺から選べましたので「ビビンバ」を。
◆石焼ビビンバ(二人で一つ)・・スタッフの方がまぜて出されます。
辛味が弱いので「辛味噌」が多い方が好み。

正直なところ前半はガッカリしたのですけれど、後半は肉質もよくなりました。
コースがお得かとオーダーしたのですが、アラカルトで愉しんでもよかったような・・

西中洲 楽久虎
092-725-0729
福岡市中央区西中洲3-26 アスコットテラス1F
関連記事
2016-10-30
ディナー(韓国料理・焼肉) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター