東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

鮨匠のむら:地魚を堪能できる鹿児島を代表する鮨店。 

以前から伺いたいと思いつつ、鹿児島までは中々行けずにおりました。
今回の主人企画で「カイノヤ」さんと共に予約してくれていたのが「こちら」。
念願が叶い嬉しい・・^^

職人さんらしからぬ、お洒落なご主人が笑顔で迎えてくださいます。
入った瞬間にお店の方の笑顔を見ると、ホッとしますよ。

店内では「薩摩切子」のグラスが目を引きまして・・
高級品ですから目の保養になりますワ。

◆主人はお勧めの「酔ふよう」、私は「梅酒のソーダ割」を。
屋久島のお水が最初から用意されていますが、これ美味しい。

お料理はお任せのみで、その時の食材により金額は変動するとか・・
◆席には「酢味噌」「こだわりのお醤油」「梅干し」「塩」「ポン酢」などが用意されていました。
◆ワカメ、酢味噌で頂くと美味しいのですが、後を考えると食べ過ぎ注意だそう。
ただ無くなれば追加して下さいます。

◆上:天草のところてん・・拘りの品だそうですが、最初に頂くにはサッパリしていいかと。
◆下:出来立ての「玉子焼き」
◆玉子焼きに添えられているのは「屋久島の味わいのさつま揚げ」
トビウオともう一品(忘れました)で作られているそうですが、美味しい。

◆マダコの卵・・クセもなく食べやすい。
◆葉山葵・・辛味を強く感じますが、お料理の合間につまむと美味しい。
これも無くなれば追加してくださいます。

◆茹でたての真蛸・・湯気が出ている状態で切って出されます。
柔らかいですし、蛸自体も甘味を感じます。
普段「蛸」は好まないのですけれど、これは美味しいと思えました。

ここから「お刺身」が出されまして・・
◆眼一鯛昆布〆・・フエダイの一種で、上品な甘みを感じますね、〆も軽めですので魚の旨みを感じますよ。

◆上:ハラマサ・・香りと食感がいい品。
◆下:ハラマサの腹身・・脂を感じ好み。

◆真鯵(白鯵)・・会話に夢中でお写真撮り忘れたようです、スミマセンm(__)m
鯵の旨みを感じる品。
◆80kgの本マグロ・づけ・・きれいな赤身で、もちろん美味しい。

◆茶碗蒸し・・これ美味しい。具だくさんで「サツマイモ」も入っていました。
のせられた「唐津の赤うに」もいいお味。

ここから「にぎり」。シャリはかなり小さ目です(普段小さいと思っている鮨おさむさんの2/3程度かしら)ので、
私でも最後まで頂けます。
◆アオリイカ・・4日寝かしたと言われたような。ねっとり感があり美味しい。
◆フエダイ・・シロホシとクロホシでお味が違うそうですが、シロホシが美味しいとか。
此方の品は勿論「シロホシ」でございます。身は透明感があり、しっとりしていてコレもいいお味。

◆汐っこ(カンパチの子供)・・食感もよく、旨みもあります。
◆本鰆・・これは普通かしら。

◆ナミクダヒゲエビ・・錦江湾で獲れる希少な海老。とんとこ網漁と言われたような。
通常の海老より甘く感じました。
◆本車海老・・出す直前に茹でられます。ですので「味噌」まで美味しい。

◆赤カマス(本カマス)・・カマスの中では高級品だそう。美味しい「白身」ですよ。
◆鯵

◆雲丹・・唐津の赤雲丹。ミョウバンを使用されていないので「雲丹」本来の旨みを味わえます。
◆天然シマアジ・・幻の魚だそう。しっとり感もありますし脂ものり美味しい。

◆筋子・・サッと熱湯にくぐらせただけだそうですが、臭みもなく旨みだけを感じます。
◆鮑・・6時間かけて仕上げた品。柔らかい・・

◆歯鰹・・カツオに似た大きな歯をもつ魚。何度か頂いたことがありますけれど、柔らかい食感で旨みを感じます。
◆芽ショウガ・・この時点でガリが出されるのは珍しい・・

◆バショウカジキ(秋太郎)・・大きな背鰭が特徴で鹿児島では「秋太郎」と呼称されるそう。
主人は一度い頂きたかった品らしく、喜んでおりました。
9月~10月にかけて一番脂がのるそうですが、美味しいですねぇ。
◆本マグロ(50kg)中トロ・・上品な脂を感じ好み。

◆最初にお刺身で頂いた「づけ」・・良いお味です。
◆太刀魚・・親方の一押しだそうですよ。
「にぎり」で頂いたことは少ないのですけれど、上品な旨みを感じる品。

◆秋刀魚・・軽く〆て炙った品。秋刀魚は旬ですので脂がのっていますよ。
◆対馬の穴子・・コレも自信作だそう。煮切りを付けず「穴子」の旨みを味わえます。

◆唐津の赤うにと筋子の小丼風仕立て。
筋子と雲丹はもう終わりだからと、キップのいい出し方ですこと。
何とも贅沢な組み合わせで、幸せな気分に・・

◆なめこのお味噌汁・・量もタップリ。

◆最初に出された「こだわりのお醤油」をお土産に頂きました。

地方で頂く際は、その地ならではの食材を頂くのが愉しみですけれど
鹿児島ならではの食材、中でも「白身」を堪能できました。
「にぎり」は小ぶりですが、ネタの厚みと酢有の大きさのバランスがいいと主人が誉めていましたよ。

お魚の説明はiPadを使用されるので、わかり易いですね。
ご主人との会話も楽しくいいお時間を過ごさせていただきました。
二人で「ビール」「梅酒ソーダ割り」「焼酎」それぞれ1杯(計3杯)頂いて
お会計は50000円。
こちらも主人が支払ってくれましたので、美味しく頂きましたよ。ご馳走様。m(__)m
鹿児島は遠いですけれど、再訪したいお店です。

鮨匠のむら
099-226-1210
鹿児島市松原町6-2 松原ハイツ 1F
関連記事
2016-11-18
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター