東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

井本:福岡で頂く京料理。 

再訪したいと思いながら機会がなく、今回は友人と伺いました。
人気店になられたようで、お昼ですのに賑っておりました。

以前は昼夜ともに10000円(税・サ別)でしたが、
現在はお昼利用は、5000円、10000円の2コースがあるようです。
夜は10000円~

友人が10000円(税・サ別)のコースを予約してくれていました。
彼女と会うのはひさしぶり・・
まずは乾杯!
◆彼女は「梅酒ソーダ割」、私は暑い日でしたので「ビール」を頂きます。

◆唐津の赤うに、鮑、オクラのすり流し、鮑出汁のジュレがけ。
夏らしい爽やかな盛り付けも美しく、最初に豪華な食材を出されるのは嬉しいですね。
鮑は柔らかく蒸され美味しいですし、赤うにも旨みを感じます。

◆筑後川の天然鰻、うざく仕立て。
鰻が美味しい季節ですから、脂がのっています。
うざく仕立てでも酢が強くないので、鰻の美味しさを損なわず美味しい品。

◆鱧と蓮根餅のお椀、冬瓜とインゲンが添えられています。
鱧は丁寧に骨切りされ、食感もよく美味しい。
蓮根餅も蓮根風味を残しながらも滑らかな仕上がりです。
お出汁もいいお味でしたよ。

◆鯛のお刺身・・塩・わさび醤油でいただきます。
大きく厚めに切ってありますので、鯛の旨みを感じますね。

◆ヨコワのたたき・・ヨコワですのでお味は淡白ですが、軽く藁の香りがして風味のよい品。

◆「ずいきの湯葉巻」と「賀茂茄子」の煮物。
優しい味わいですが、お味がよく浸みていますね。

◆鮎の春巻き・・鮎は3枚におろし、骨は別調理されたという手の込んだ品。
蓼酢で頂きます。
手間暇かけた品ですし、春巻きの食感もいいのですが「鮎」のお味が前面に出ず勿体ないかと。
「鮎」はシンプルな塩焼きが、焼き・盛り付け共に料理人さんの技を感じられ
美味しいと思うのですけれど。(^^;)

◆無花果の胡麻和え、レモンジュレ添え・・ゴマダレがいいお味でした。

◆鳥取の万葉牛、イチボ部分・・イチボ部分ですので噛みごたえはありますけれど、
赤身の旨みを感じて美味しい。

◆「鱧とコーン」の炊き込みご飯。写真は二人分。
見るからに美味しそうですね。
鱧は一度焼かれていますので旨みが増しますし、コーンの甘みもいいアクセントです。
残りは「おにぎり」にして下さいますよ。

◆デザートは「わらび餅」
◆赤だしもいいお味で「粟麩」が入っていました。

久しぶりに友人との会話も愉しめ、美味しいお料理と共にいいお時間を過ごさせていただきました。
福岡は美味しい日本料理店が少ないので、今後も重宝しそうです。

井本
092-753-7125
福岡市中央区薬院4-15-29 香ビル1-2
関連記事
2016-07-25
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター