東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

光安:伺う度に満足感があるお気に入り店。 

京都に旅するたびに伺うお気に入りのお店です。
町屋を改装されたお店は風情ある佇まい・・

昼夜共に2組だけの完全予約制ですので、こちらも予約が取りずらいかと。
何時もと同じお庭に面したお部屋に案内していただきました。

◆前回いただいた「善知鳥(うとう)」がとても美味しくお願いしたのですが、入手が困難だったとか。
今回お勧め頂いたのは「醴泉 蘭奢待(らんじゃたい)」、岐阜県:玉泉堂酒造の大吟醸です。
お酒は甘口が好きですので、これも好み。

何時もと同じくお昼の利用ですが、お料理は今回も夜の15000円コースでお願いしています。

◆うすい豆と淡路のワカメの葛挽き・・うすい豆タップリですし、いつもながらお出汁が美味しいこと。
実山椒が入っていまして、いいアクセントです。

◆鱧の焼き霜・・丁寧に包丁が入った鱧が柔らかくとても美味しく、タレもいいお味。
此方で頂く「焼き霜」は素材が変わっても毎回外れがありません。

◆舞鶴の天然鳥貝・・立派な「鳥貝」ですよ。肝も入りとても美味しい。

◆初夏の野菜の八寸・・この器もステキ。
フルーツトマト・ほうづき・百合根・コーン・そら豆・オクラなど。
どの品もひと手間加えてありますが、本来の旨みも感じます。
百合根が特に美味しかったですね。

◆アブラメのお椀・・こちらは毎回塗り物を変えて出してくださるのですけれど、このお椀もいいですね。
美しい器を見ると嬉しくなるのです。

アブラメは切り身も大きく、上質な脂を感じて美味しい。
上にはズイキと梅がのせられていまして、梅風味がよく合います。

◆定番「卵黄の味噌漬け」お出汁のジュレ添え。
毎回頂くのですが「黄身ってこんなに美味しいのね」と思いますね。

◆滋賀県の若鮎、塩焼き・・数年前初めてこちらで「鮎」を頂いたとき、
美味しいのは勿論ですが、泳いでいるような躍動感ある盛り付けに感心しました。

*大きさも丁度いいですし、塩加減・焼き加減も絶妙です。

◆雲丹・・粒も大きく甘みのある、美味しい雲丹です。
かなりの高級品だと思いますが、それを2段重ねで出してくださるとは、、心意気が嬉しいですね。

◆定番「そばがきの白味噌仕立て」、白みその味わいが何とも言えず滋味で・・
添えられた辛子もいいアクセントです。
この塗り物も素晴らしい。

◆この日の炊き込みご飯は「対馬の穴子」、いわゆるゴールデン穴子ですね。
それにしても立派な大きさですこと。実山椒と葱が入っています。

*こちらの「炊き込みご飯」、毎回絶品で・・
これ以上の品を他店で頂いたことがないと思える程美味しいのです。
今回の品も、いつにも増して美味しく頂きました。

◆抹茶寒天・・寒天の方に少し甘みが加えられていて、いいお味ですこと。

◆春雪糖(しゅんせつとう)の葛寄せ・・春雪糖母ひめていただきましたが、優しい甘みで美味しい。

全体的にいつにも増して美味しく思えました。
最後の〆まで手抜き無い品を頂けるのは嬉しいですよ。

また秋に伺いますね。^^

光安
075-366-3138 完全予約制
京都市上京区千本通丸太町上ル東入る
関連記事
2016-07-07
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター