東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

焼き鳥とワイン 萬鳥 :お洒落空間で頂く創作焼き鳥。 

焼き鳥店「鳥次」と日本料理店「しらに田」で修業された方のお店で、
焼き鳥とワインのマリアージュを愉しめるお店だそう。

呉服町駅から徒歩3~4分でしょうか。
店内はカウンター席6席とテーブル3卓でお洒落な空間。小さなお子様連れもOKのようです。

メニュー写真どれもに、何故か一部光が入ってしまい見ずらくてごめんなない。m(__)m

アラカルトもありますが、基本的に
「焼き豆腐」「鶏刺し」「小鉢」が付き、串の本数でお値段が変わる「お任せコース」が主体のようですね。

◆ワインお頂くべきなのでしょうけれど、焼き鳥にはビールと言う無粋者二人ですので
「ビール」と「梅酒のソーダ割り」を。

7串で十分でしたが、希少部位を頂けると記載されていましたので9串コースを(3300円)
◆焼き豆腐・・修業先の「しらにた」さん名物。
ごま豆腐を焼き、しょうゆだれ、わさびで頂きます。

◆鶏刺し・・鶏むね肉と刻んだ山芋などを梅肉ソースで頂きますが、これ美味しい。
鶏肉はレアに仕上げてありますので柔らかいですし、梅肉がよく合います。

◆さび焼き・・塩でお味を付けた「鶏むね肉」に山葵が添えられています。
美味しいのですが山葵のツンツン度が強くて、半分取り除くと丁度いい味わいになりました。
◆下:口直しの「鬼おろし」・・ポン酢でお味付されています。

◆砂肝・鶏スープで・・焼いた「砂肝」を器に入れ、鶏スープで頂きます。
お葱もタップリですし「砂肝」自体も柔らかく美味しい。

◆上:胸肉&ネギ・・巻くのではなく、葱の上に「胸肉」をのせて焼かれています。
葱の香ばしさも感じ、これも好み。でもここまで「胸肉」の比率が高いような・・(^^;)
◆下:うずらの卵・・タレに漬けながら焼かれていましたが、お味は薄め。
卵は好きなのですが「茹でうずら」は好まなくて・・m(__)m
お任せなので串を選べないのは仕方がないですけれど、
できれば最初に苦手食材を尋ねてくださると、嬉しいですね。

◆ポンジリ、モズクのせ・・焼いた「ポンジリ」の上にタップリのモズクがかけられています。
モズクの量が多すぎて、ポンジリの美味しさがよくわかりませんでした。
◆下:トマトのシャーベット。一口量ですけれど、口の中がサッパリします。

◆手羽先・・よく焼いてあるので皮もパリパリで美味しい。
塩加減も丁度よく、これが一番気に入りました。
◆下:水茄子のお漬物。合間合間に一口サイズの口直しが出されますが、それらが美味しかったですよ。

◆モモ肉の銀餡かけ・・よく焼いたモモ肉に薄味の餡がかけられています。
美味しいですが、砂肝と似た味わいですので、
コース内で2品も同じようなテイストはいらないかも。

◆上:皮・・よく焼かれているので食感もいいですね。
◆やっと登場「希少部位」・・「ハツモト」
普通に美味しいかしら。

〆のご飯セットは300円で「鶏そぼろ丼」「スープ」「お新香」
または「鶏茶づけ」「お新香」を選べますので、二人とも「鶏そぼろ丼」を。
量も選べましたので、私は少なめで・・
◆鶏そぼろ丼・・鶏そぼろタップリです。上に「うず卵」がのせられているので、混ぜていただきます。

*上に「うず卵」がのせられているので、混ぜていただきます。
小さな器の方は汁が多く少し塩辛く感じましたが、普通サイズは丁度いいお味だとか。

どの焼き鳥もいいお味ですし、工夫されていて楽しめました。
ただ胸肉や砂ズリなど安価な品が多く、ごま豆腐が付くにしても9本3300円はお高めの印象です。
全てコースにするよりも、5本コース程度にアラカルトで合わせるとより楽しめそうな気がしますヨ。

焼き鳥とワイン 萬鳥
092-262-5515
福岡市博多区祇園町2-21 フェルト 627-1F
関連記事
2016-06-22
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター