東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

千松しま:優しい味わいのお料理。 

宮城県塩釜市にある日本料理店。
食べログでは宮城で唯一「4」点超えのお店ですので、期待が膨らみます。

駅から遠いのでタクシー利用が便利ですね。8分程度で着きました。
以前は「松島」で営業され、この場所に移転して20年だとか。
ご年配のご夫婦で営まれています。

四季の松島吟醸を頂きたかったのですが、生憎品切れだそうで
◆浦霞を頂きます。(1合:1000円)
日本酒らしい味わいのお酒です。


お料理はお昼は10000円のみ(外税)、他にサービス料2000円)とレシートに記載がありました。
◆一品目は「鯨」・・軽く焼いてありますね。上には実山椒がのせられています。
他店で大きな切り身を頂いていますので、小さな切り身で驚きました。お味は普通。

◆筍とキンキの味噌焼き・・キンキがお味噌の風味もよく美味しいですね。これも一口サイズでしたけれど。

◆蛤の卵豆腐仕立て・・蛤は少し入っていまして、お出汁は薄味。卵豆腐は滑らかな食感。

◆「サクラマスの麹漬け」と「白魚のたまり漬け」
この2品は好きですね、「白魚」が気に入りました。お酒に合います。

◆お刺身盛り合わせ。
「鮪」「金頭(かながしら)」「ボタン海老」「水蛸」
金頭(かながしら)は『カサゴ目・ホウボウ科に分類される魚。
頭部は硬い骨板におおわれており、「カナガシラ」の和名もここに由来』するとか。

*ボタン海老は、甘くて美味しい。
*鮪&水蛸・・普通。
*金頭は「梅」をはさみ海苔で巻いてあります。白身ですので少し「梅」が強すぎるように感じました。

◆「牡蠣のスモーク(牡蠣半分)」「アスパラ白和え」「烏賊飯」「焼き葱酢味噌掛け」「椎茸の豆の煮もの」「蕾菜の辛し和え」

*どの品も少量ずつですし「八寸」にしては数が合わないような。椎茸と豆は別で数えるのかしら。
牡蠣のスモークは美味しいですが、せめて1個は頂きたいですね。

◆揚げ物・・塩と大根おろしで頂きますが、塩が合います。

*「ふぐの天ぷら」「お刺身で出されたボタン海老の頭」「白魚と蕗の薹のかき揚げ」
塩と大根おろしで頂きますが、塩が合います。

◆ごま豆腐・・ごまの風味がよく美味しい。

◆鰊とジャガイモの炊き合わせ・・これもやさしい味わいですが、鰊が脂がのっていますね。

◆ご飯のおとも・・「セリ」「海苔」「糠漬け」

◆この日のご飯は「ホッキ貝」の混ぜご飯、ホッキをこんな風に頂くのは初めて・・
ホッキ自体のお味は淡白ですけれど、ご飯にお味がついていますので丁度いい塩梅でした。

◆お味噌汁・・これいいお味ですね。
中に入っている「松藻」は初めて食しますけれど、プチプチとした食感が面白いこと。

◆お抹茶と桜餅

どれも丁寧に作られ優しい味わいのお料理ですし、少量ずつ出されますのでいろいろ愉しめます。
東北の食材を多く使用されていますので、幸を味わえたのもよかったですね。
滋味という表現が合う品々でございました。
ただ、正直なところどれも無難に美味しいのですが、
「すごく美味しい」と思えるお料理がなかったのが残念でしょうか。
伺う時期によっても印象が変わるでしょうが、期待しすぎたのかもしれません。

千松しま
022-362-8771
宮城県塩釜市長沢町15-1
関連記事
2016-05-05
宮城県グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター