東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

食堂セゾンドール:和の要素を感じる優しい味わいのフレンチ。 

呼子の人気フレンチが福岡でオープンされたと聞き、伺いました。
高宮通りに面した瀟洒な外観。

通路の向こうにドアがあり、店内は明るくオープンキッチンが目を引きます。
ランチは5000円(外税)のみ、ディナーは10000円~
予約時にアレルギーや苦手食材を尋ねられます。
今回は「ランチ」で利用しました。

外の通路にメニューが張り出されていますので、事前確認できますよ。

◆車で行きましたので主人は「梅酢ソーダ(800円:外税)」
私はフレンチですので「シャンパン(1800円:外税)」を頂くことにしました。(^^;)

◆牡蠣55度蒸し冷製 舞い水ジュレがけ
牡蠣は2粒入り、絶妙の火入れで牡蠣の旨みを感じますね。
エスプーマで作られた「泡」はほんのり塩味、下の海苔と共に頂くとより美味しい。

◆ごぼうポタージュ・・ごぼうの旨みが凝縮されています。
量が少ないので、もう少し頂きたいような・・

◆パンは3種出されましたが、どれも美味しい。なくなれば言わなくても追加してくださいますよ。

◆鹿児島鰹冷製パスタ 大根とビーツ・・2層になったビジュアルもステキ。

*上には鰹と大根などのお野菜が盛られ、下にはかつおだし風味のビーツのソース。

*混ぜていただくと彩もキレイですし、ソースは鰹の風味をよく感じます。
見た目はキレイですが、お味としては普通に美味しい印象かしら。

◆呼子 甲烏賊バター焼き、ナージェ野菜と共に。・・ナージェとは「泳ぐ」と言う意味だそう。
上には「イカスミのぺースト」がのせられ、ソースは軽くカレー風味がしますね。
烏賊の甘みとペーストやソースの味が重なり、これも好みの品でした。

◆鰯の炙り 押し麦 トマトサラダ
お洒落な盛り付けですが、お皿が大きすぎる様な・・苦笑。
鰯の下には押し麦がありトマト風味で頂く、優しい味わいの品。

◆対馬穴子ムニエル 山菜もろみバター
下には「蕗の薹味噌」。
筍はこの時期美味しい鹿児島産。

*穴子もカリッと焼かれ、もろみソースがよく合い美味しい。
土筆が盛られているのは春を感じますね。

次にお魚料理が出されたのですが、写真を撮り忘れたようですので、概要だけご紹介しますね。m(__)m
◆本日の鮮魚は「アラカブ」でした。皮目はカリッと焼かれ身もプリプリ感があります。
ソースは魚介から撮られたそうで、旨みのあるおお味でした。

◆佐賀牛イチボ肉 炭火焼

お肉が美しい・・柔らかい仕上がりで噛むと旨みが口に中に広がりますね。
椎茸ベースの和風ソースもいいお味ですこと。

◆デザートは「ミルクのアイス」と「紫芋のパイ」
パイ生地はサクサクで美味しいですよ。アイスと共に頂くとより美味しい・
◆珈琲

◆入り口手前に掲示されたランチメニュー

◆ランチメニー(内容は同じです)

◆ドリンクメニュー

食材にも拘られ5000円でこの内容は素晴らしいですね、大満足のランチでした。
どれも創意工夫を感じられ楽しみながら頂けますし、一皿のポーションは少ないのですが、
これだけの品数を頂くとお腹一杯になりましたよ。

フロア担当の女性スタッフさんのサービスも心地いいですし・・
ただオーナーシェフさん、客には笑顔で丁寧な対応をされるのですが、
スタッフさんへ声を荒げられることがあり、オープンキッチンなだけに気になったのが残念かしら。

次回は夜に再訪したいですね。

食堂セゾンドール
092-524-0432
福岡市南区高宮1-3-32 高宮第2オークマンション 1F
関連記事
2016-03-07
ランチ(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター