東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

倉満:愉しくお食事できる、いいお店です。 

Valentineの夜はお鮨を食べたい、と言う主人のリクエスト。
馴染みの「鮨おさむ」さんや「やまぼうし」さんは、2月・3月に予約を取っていますので、
ネットでいろいろ検索し外観の雰囲気がいいこちらに伺うことにしました。
伺う前は殆ど情報がなく不安でしたので、勘だよりかしら・・

以前は他の場所で営業されていて、去年(2015年)7月にこの場所に移転されたとか。
通算で7年目と言われたような(間違っていたらゴメンナサイm(__)m)
外観からお洒落な佇まい。

内観もステキですよ。カウンター8席のほかに個室もいくつかあり、全部で28席だそうです。
ご主人は第一印象からいいですね。老舗鮨店:高玉で長年修業されたそうです。

◆主人は「ノンアルコールビール」、この時私はお酒を控えていましたので「お茶」を。

◆ネタケースを拝見出来るのは嬉しいですね。(撮影許可を得ています)
どれも美味しそう~

夜のコースは「4,000円(税込4,320円)」「5,500円(税込5,940円)」「7,000円(税込7,560円)」と
1万円のコースと言われたように思います。

今回は7000円(外税)の鮨会席を予約時にお願いしました。
◆蟹と菜の花、卵の和え物・・福岡らしく甘めのお味付。

◆鮑の肝を使用した焼き豆腐・・・肝の風味もいいですし、少しわさびを付けていただくと、より美味しい。

◆ワカサギとタラの芽の天ぷら・・衣も薄くカラッと揚がっていて好みです。

◆茶ブリ海鼠とフグの煮凝り。・・ご主人曰く『大村湾の青海鼠が一番美味しい』とか。
そのお言葉通り柔らかくとても美味しい海鼠でした。

◆大分の筍と蕗・・筍はエグミもなくいいお味です。これも少し甘めのお味で福岡仕様。

◆のれそれ昆布〆

ここからお刺身
◆鯛・・熟成加減がよく美味しい。
◆蛸の柔らか煮

◆ブリの腹身・・脂がのり美味しい。
◆鯨のさえずり

◆鯨の百ひろ
◆鯨の畝

◆歯鰹・・鰹らしい旨みを感じて美味しい。

◆そら豆真丈のお椀・・優しい味わいの出汁です。真丈は、ほんのり「そら豆」風味がしますね。

◆のどぐろ・・脂がのり美味しい。塩加減もいいですね。
◆バチコ・・大好きです。多分サービスで出していただいたのじゃないかしら。

◆鯛蕪・・鯛の旨みが出汁に出ていますし、蕪も柔らかく煮こまれています。

ここから「にぎり」、シャリは小さ目でお願いしました。シャリには「赤酢」が入っています。
◆ガリは3種類・・「金時生姜(独特の辛味がいいですね)」「芽ショウガ(これも生姜の旨みを感じ美味しい)」
「平ガリ(市販品です、と正直なのもいいですね)」

◆鯛・・美味しい。
◆ヤリ烏賊・・ねっとり感もよく美味しい。

◆コハダ
◆中トロ・・上品な脂を感じます。

◆細魚・・小さ目だからと2枚重ねで。
◆赤貝

◆車海老・・甘いですね。
◆車海老・・味噌も美味しい。

◆炙りカマス・・これも脂を感じて美味しい。
◆穴子
◆抹茶アイス

美味しかったですし、満腹になりました。
この内容で7000円は破格でしょう。 

早いお時間に伺いましたので、ご主人といろいろお話でき愉しかったですね。
ご主人は明るく感じのいい方ですので、とても居心地がいいですよ。
それに加えキップもいい方で、客に美味しいものを食べさせたいというお気持ちが伝わりますよ。
近くにあれば間違いなく月に一度は通いますのに、遠くて残念。(-_-;)
でも高速使えば1時間ですから、また伺います。♪

倉満
0940-35-3757
福岡県宗像市土穴2-3-2
関連記事
2016-02-27
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター