東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

井本:優しい味わいの京料理。 

福岡に京料理を頂けるお店がオープンされたと聞き、伺いました。
去年(2015年)8月オープンだそう。
和食のお店は多いですけれど、京料理を頂けるお店は少ないので愉しみです。

KKRホテルから徒歩数分、以前伺った「鮨かず矢」さんのお隣。
この辺りは美味しいお店が多いですね。

店内はカウンター9席のみで落ち着いた雰囲気。
ご主人から丁寧なご挨拶がありました。
元々福岡の方で、
福岡や京都の日本料理店で修業された後、福岡に戻りお店を構えられました。
まだ30歳とお若くイケメンです。
京都の修行時代からご一緒の料理人さんとお二人で営まれています。

今回はお昼の利用ですが、
お料理は昼夜同じ価格設定で、10000円から。

◆車で行きましたので主人は「ノンアルコールビール」、私は最初お茶にしていたのですが、
途中でツイ「梅酒のソーダ割り」を。(^^;)

◆赤貝・菜の花・ホワイトアスパラのてっぱい。簡単に言えば「酢味噌和え」でしょうか。
赤貝が新鮮で臭みもなく美味しいですね。シャキシャキ感を残したホワイトアスパラの食感もいいですし。
酢味噌の味わいも好み。

◆金目の押し鮨、のれそれ、白子など。

*金目は見も厚く美味しいこと、酢飯の加減もいいですね。
*白子は薄味ですが、これも美味しい。

◆お刺身

*平目、エンガワ、コウイカ、赤貝の肝。
エンガワは脂がのり美味しいですよ。
肝好きとしては「赤貝の肝」が嬉しい、、クセもなく美味しい品でした。

◆雲丹真丈、黒メバルのお椀・・一口頂くと丁寧にひかれたお出汁の旨みが広がります。
雲丹真丈は雲丹の風味が弱く感じましたけれど、黒メバルは脂がのり美味しいこと。

◆「もろこ」でございますよ。京都では何度も頂いていますが、福岡で出されるお店は殆どないような気がしますね。
京都から取り寄せた品だそうで、これは嬉しい。

*丁に焼かれていましたので、身がフックラしていますね。
薄くお醤油(かしら)を塗りながら焼いていらしたのですが、美味しい。

*天ぷらでも出されました。この揚げ物お上手ですよ。
軽くふり塩されていますので、そのまま頂きますが美味しい。

◆鮑と筍、蕗の炊き合わせ・・鮑が柔らかいこと。
お出汁がいいので、こういう品は美味しいですね。
筍は鹿児島の朝採りの品ですので、エグミが全くありません。

次は「鍋料理」、具材が「猪肉」、または「のど黒」から選べます。
別々でもいいと言われましたので、それぞれ頂きました。
「酒粕と白味噌」を合わせたベースです。
◆主人は「猪肉」を。「猪肉」旨みに欠けると申していまして、ちょっと好みではなかったらしい・・

◆私は「のど黒」を頂きます。入れる前に焼かれていましたので、香ばしさもあり美味しいですよ。
酒粕と白みそを合わせた出汁も美味しいこと。私は好きな品でした。

◆アサリと筍ご飯

*アサリの旨みも感じますし、筍の食感もよく美味しい。
〆のご飯ものが美味しいと満足感が増します。

*お漬物にも京野菜が使用されています。
*赤だしには「長ネギ」が入っていました。

◆デザートは「手作り苺大福」・・餡には百合根も入っているとか。

◆ご飯の残りは「おにぎり」にして下さいました。何気ないですけれど、こういうサービスは嬉しい。

全体的に優しい味わいのお料理です。

常に笑顔を絶やされないご主人の接客の印象もよく、いいお時間を過ごさせて頂きました。
福岡には好みの日本料理店が少ないので、今後重宝しそうですよ。
鮎の季節にまた伺います。

井本
092-753-7125
福岡市中央区薬院4-15-29 香ビル1-2
関連記事
2016-02-19
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター