東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

光安:ホッと安らぐ洗練された和食。 

好きなお店で、京都に行くたび伺います。

昼夜2組限定。今回も「中庭」に面したお部屋に案内されます。

◆主人は「柚子ジュース」、私は「日本酒」を。
少し甘口をお願いしましたら、出してくださった「善知鳥(うとう)の大吟醸」。
これ好みです、最近頂いた中では一番美味しい。
お歳暮にいいかしらと思いお値段調べましたら、かなり高級品でございました(^^;)

この酒器もステキですね。

お昼の訪問ですが、、いつもと同じく夜の15000円のコースをお願いしています。
◆炙り鱧と松茸 壬生菜
一見「木の器」に見えますけれど「陶器」ですよ。

*鱧は夏だけでなく秋も美味しいですが、塩加減もいいですね。
スライスした「松茸」風味も合います。

◆鯛の昆布〆(明石産)・・鯛は6切れ、上には「ちり酢ジュレ」がかけられています。

*軽い〆加減ですので、鯛の旨みを味わえますね。
鯛は身だけではなく「皮」も盛られていますので、一緒に頂くと食感も愉しめますよ。
ちり酢ジュレも程よい酸味でいいお味。

◆ぼたん海老 炙り醤油焼き・・毎回食材を変えて「炙り焼き」が出されるのですが、好きな品。

*内側には「卵」も入っていますよ。
炙り醤油は香りもよく、海老のお味が引き立ちますね。
何気ない品のようですが、美味しい。

◆秋野菜の葛寄せ・・ヒラタケ・金時人参・安納芋・海老芋・紅芯大根など。
こちらで頂くお野菜は、いつも旨みが凝縮されていて感心しますね。
薄く衣をつけて揚げた「ひらたけ」が秀逸でした。

◆定番・・黄身の味噌漬け
お酒の香りも感じます。他店でも出されますが、こちらの品が好きですね。

◆渡り蟹の菊花仕立て、とんぶり添え。
優しい味わいですので、ワタリガニの甘みも味わえますね。

◆琵琶湖のモロコ。
どうすればこんな風に焼けるのかしら、と思うほどフックラ焼かれていて、
とても美味しい。

◆定番・・そばがきの白みそ仕立て。
上質な白みその旨みを味わえる品。

◆秋の味覚満載の炊き込みご飯・・こちらの「炊き込みご飯」、個人的にはNo1だと思っているのですよ。

*栗・銀杏・オチコ・鰻が入っています。
以前も同じ品を頂きましたが「鰻」のお味がいいアクセントですね。
炊き込みですのに「ご飯」がべたつかず、とても美味しい。

◆つぶ餡入りお薄・・以前はデザートが2品付きましたが、今回は一品でした。
お薄は好きなのですが「つぶ餡」が苦手で残しましたm(__)m

高級食材を多用されるわけでもないですし、お料理自体も派手さはありません。
静寂の中で、じっくり旨みを味わうお料理ですが、
毎回食後に何とも言えない余韻と満足感を感じます。

光安
075-366-3138 完全予約制
京都市上京区千本通丸太町上ル東入る
関連記事
2015-12-06
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター