東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

旬鮨季酒 赤石:「大穴子」や美味しい魚を楽しめる人気店。 

以前から「お魚が美味しい」と耳にし気になっていたのですが、中々伺う機会がなく・・
ようやく伺えました。

店内はカウンター席や小上がり、個室などがあります。
今回は入り口近くの半個室使用の席を利用しました。
格子戸で区切られるので、落ち着いてお食事できますね。

「お魚料理」「肉料理」「にぎり」までありメニューが豊富です。

◆「ヒレ酒(700円)」と「ビール(550円)」を頂きます。ヒレ酒が700円で頂けるのは安いですね。
久しぶりに飲みましたが、美味しい。^^

◆お通し・・「ワカサギの南蛮漬け」と「オバイケ(さらし鯨)」
ワカサギの南蛮漬けは酸味が強くないので、美味しく頂けます。
さらし鯨の酢味噌は梅味がしました。

メニューには日付が入っていましたので、毎日少し変わるのかもしれませんね。
◆ポテトサラダ(400円)・・量もタップリ。ハムなどが入った家庭的な味わいですが、美味しいですよ。

◆鰯のなめろう(700円)・・丁寧に身をたたき紫蘇や生姜などを混ぜられているのでいいお味です。
お酒に合いますね。

こちらの名物だという「大穴子(刺身・白焼き・天ぷらで出されます)」を頂きます。
価格は仕入れにより変動するとか。
◆伺った日の大穴子様(3500円)、この品は通常より大きいそうです。^^

*最初に「お刺し身」で出されます。噛みごたえのある身ですが、甘さを感じ美味しいこと。
「塩」「醤油」「ポン酢」が出されましたけれど、ポン酢で頂くのが好みでした。

*「肝」と「胃袋」、、初めて口にしますが、珍味ですね。

*白焼き・・フックラ焼かれています。身が厚いので穴子の旨みを感じ、これも美味しい。
「わさび」と「たたき梅」で頂きますけれど、どちらも合います。

*「穴子の骨、天ぷら」・・薄く塩をして片栗粉を付けて揚げてあります。
穴子が大きかったので骨が少し硬く残しましたけれど、好みのお味付です。

*天ぷら・・衣に薄くお醤油味が付いていました。これも美味しい。
福岡のお店らしく天つゆが甘めでしたので、一味が欲しくなりました。(^^;)

◆秋刀魚の肝醤油焼き(900円)・・立派な秋刀魚ですね。
肝醤油もいい味ですが、
薄く感じましたのでもう少しタップリ塗って頂くと嬉しいかも。

◆にぎり5貫(1400円)・・「イカ」「葉鰹」「アコウ」「鮪」「ヒラス」など。
シャリはかなり甘いですね。いわゆる「生寿司」です。
多分ご主人は職人さんではないでしょうから「にぎり」としては普通です。

メニュー

メニュー

メニュー
メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

「秋刀魚」や「なめろう」も美味しいですけれど、
なんといっても「大穴子」が楽しめました。数種類の食べ方で出されるので、いろんな味わいができいいですね。

赤ちゃんを背負いながら接客される奥様がお綺麗で・・
他のスタッフさんの接客も心地よくいいお店でした。

旬鮨季酒 赤石
092-523-6061
福岡市中央区薬院3-7-8 スクエア薬院プレミアム1F
関連記事
2015-10-21
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター