東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

酒房しんせん:素材の旨みを生かした丁寧なお料理。 

口コミ評価がよかったので伺いました。
店内は居酒屋風ですね。カウンター席、テーブル席、お座敷がありました。

ご主人の調理が拝見できるカウンター席を利用。
笑顔の素敵な方ですよ。

◆ビールや梅酒、日本酒などを頂きながら・・

今回は15000円(外税)のコースを頂きます。
◆最初に「前菜」盛り合わせ。見た目もキレイで美味しそう。

「茹でしま海老」「帆立スモーク」「カボチャ団子」「松前漬け」「オクラ」「鶏ささみ」「しめじ真丈」「鰊」など。
どの品もひと手間加えられていて美味しいですよ。お酒に合いますし・・^^

◆新物のイクラ・・小鉢で出されますが、いいお味でした。

◆蝦夷鹿・・ブルーベリーソースがけと言われたような。ブランデーで煮込んだ無花果が添えられています。
主人は「蝦夷鹿」好きなのですけれど、私は初めて頂きます。
丁寧に血抜きなどの下処理がされているので、臭みもクセもなく美味しいですね。
今度福岡の「アニオン」で頂いてみようかしら。

◆松茸の土瓶蒸し・・ご主人が手摘みされ品だそうです。
鶏肉や真丈なども入っていますね。
松茸は2切れ+半切れほどですので、欲を言えばもう少し松茸の量があれば嬉しいかも。

◆鯨のほほ肉・・貴重な品だそうですよ。これもクセもなく美味しいこと。生姜がよく合います。

◆らくようキノコとあさりのおろし和え・・サッパリした味わいです。

◆お刺し身盛り合わせ・・北海道の幸が盛られていますね。
「さめがれい」「ぼたん海老」「帆立」「秋刀魚」「赤身」「白魚」など。
どれも質がよく美味しいこと。主人はもう少しお刺し身の量があれば、、と申していましたが。

◆天然マイタケとタラバカニのホイル焼き・・これもご主人自ら獲ってくださったそうです。
天然マイタケを頂くのは初めてですが、スーパーで購入する品よりもシャキシャキとした歯ごたえがありますね。
タラバ蟹も甘みがありました。

◆モロッコインゲンカニみそのせ・毛蟹&イバラガニの内子

*どれもお酒がすすむ品。イバラガニの内子、好きなのです。

◆鶏せせり団子とキノコの煮物。・・煮炊きしたお肉を好みませんので、こういう肉団子、苦手なのです。m(__)m

主人は予約時に「秋刀魚を出します」と聞いていたようで、
この後「秋刀魚の焼き物が出るのかしら」と話していましたら、〆でございました。(^^;)
◆田舎蕎麦・・〆はお蕎麦でした。
「美味しいでしょ」と言われたのですが、モソモソした味わいのお蕎麦で申し訳ないですが苦手ですね。
蕎麦好き主人も好みではなかったそう。

◆プルーン(札幌産)・・サッパリした味わいで食後にいいですね。

〆が残念でしたけれど、
前半~中盤の内容は「八寸」や「蝦夷鹿」など美味しく楽しめました。

女性スタッフの方々(ご家族でしょうか)の接客も感じがいいですし、居心地のいいお店ですね。
お酒も入れて二人で40、000円超えでございました。
主人も同じ感想ですが、
いいしょくざいをしようされていますし品数がある割に
お値段と比較すると、食後充足感にかける(量ではないですよ)印象が残るのはどうしてかしら・・

酒房しんせん
011-512-3721
札幌市中央区南六条西3 秋水ビル 1F
関連記事
2015-10-13
北海道グルメ:居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター