東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

洗心:確かな技を感じる美味しい創作和食。 

以前から気になっていたのですが、中々伺う機会がなく・・
店内はカウンター席とテーブル席(2卓)があります。
カウンターは凛とした雰囲気ですね。

夜のコースは5000円と10000円。初めてですので5000円コースを予約時にお願いしました。
最初の「ビール(700円)」と「伯楽星(1合:1300円)を頂きながらお料理を待ちます。
酒器が素敵ですよ。

◆白キクラゲ・カマス・コーン・巨峰の胡瓜酢かけ。
暑い日には最初に冷たい味わいの品を出されるのは嬉しいですね。
胡瓜酢は優しい味わいです。軽く炙った「カマス」がいいお味です。

◆鱧・糸瓜のお椀・・丁寧にひかれたお出汁が美味しいこと。
それに鱧の旨みが加わっています。

◆鰆の藁焼き・辛子醤油添え

*軽くわらの香りがする鰆もいいお味。生の「黄にら」の食感もいいですよ。
辛子醤油でいただくのですが、合いますね。

◆八寸・・見た目も美しくどの品も丁寧に作られています。
イサキの付け焼き・鰯鮨・モモ・アナゴ・オチコの天ぷら・烏賊とむかご(だったような)の酢味噌和え・トマトジュレなど。

*左上:桃の天ぷら・アナゴ・オチコの揚げ物)・・桃の天ぷらは初めて頂きますが甘くておいしい。
*右上:烏賊とむかごの酢味噌和え(だったようなm(__)m)・・優しい味わいの酢味噌です。
*左下:ミニトマトの中にはクリームチーズが入っています。
*右下:鰯鮨・・今の時期の鰯は美味しいですね。
他に「イサキの付け焼き」もいいお味でした。

◆賀茂ナスと秋茗荷の炊き合わせ・・このお出汁何で取られているのかしら。
濃厚ですが、とてもいいお味です。
よく煮こまれた「賀茂茄子」と「茗荷」はお味が浸みていて美味しいですね。

◆この日のご飯ものは「新丸十の餡かけご飯」
丸十とは「サツマイモ」のことです。薩摩藩島津氏の家紋が丸に十字だという事が由来のようです。
ご飯は量を選べましたので、私は少なめにして頂きました。
軽く丸めたご飯に「白みそと枝豆ペースト」の餡がかけられています。
ご飯を崩しながら頂きますが、枝豆の味わいが何とも言えず美味しい。

◆デザートは「春菊のゼリー」カスタードとラム酒で作ったソースがかけられています。
ごぼうの甘露煮もソースの下にあるのですが、食感お味ともにいいアクセントになりますね。

ドリンクメニューの一部


お料理6品+デザートで5000円は内容からしても満足度が高いですよ。
どれも美味しく頂けましたし・・

惜しむらくは、ご主人お一人で調理されているのでお料理の間が空くことでしょうか。
最初のお料理提供もお時間がかかりましたし、全体的に間が空きすぎでした。
八寸が出されるまで30分以上かかりましたので、さすがに少々待ちくたびれました。
丁寧に作ってくださるのは嬉しいですが、伺った日も5名ほどの客でしたので、
できればもう少しテンポよく出されると尚印象がいいと思います。

加えて折角のカウンターですのに、
殆ど厨房に入られお料理についてお尋ねしたくてもお話もできなのが勿体ないと思います。
実直そうなご主人と可愛らしい)奥さまも感じのいい方ですし
お料理も美味しいので、次回は1万円コースを頂きたいですね。

洗心
092-738-1910
福岡市中央区薬院2-13-20
関連記事
2015-09-06
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター