東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

Ristorante Stefano e Tomoko:シチリアご出身のシェフが作られる本場イタリアン。 

たまたま用事の前にこちらの前を通りがかりまして、中を覗くと雰囲気もステキ。
所要後立ち寄りました。

4月にオープンされたばかりの新しいお店です。
手頃な定食屋さんが多いこの近辺では珍しいお店ですね。
店内は洒落た雰囲気。

店名にある「Stefano e Tomoko」さんご夫妻が経営され、
シチリアご出身のご主人がシェフを務められ、奥様はフロアを担当されています。
もうお一人スタッフの方がいらっしゃいました。


昼夜ともメニューは1コースのみ。
ランチは3500円、ディナーは6500円(お会計から逆算するとそれぞれ外税だと思います)
◆伺った日のランチメニュー

◆赤ワインとスプマンテを頂きました。
赤ワインは、かなり少量ですのでもう少し注いでくださると嬉しいかも(^^;)

◆自家製フォッカチャ・・塩加減・焼き加減共によく美味しいですよ。

◆前菜盛り合わせ・・盛り付けがキレイですね。

*「サーモンとクリームチーズ」「ブリオッシュに豚のリエットのせ」「野菜サラダ」

*自家製グリッシーニ・生ハム巻」「イタリアの郷土料理(名称忘れました)」
前菜はどれも丁寧に作られていて、いいお味です。

◆リゾット・・海老をハムで巻いて焼いたものがのせられています(これも名称忘れました・多分海老のブランテューレと言われたような)。リゾットには甲殻類で作ったソースがかけられています。
チーズ風味が弱いような気もしますが、ソースと混ぜて頂くと丁度いいですね。
海老がプリプリでハムのお味と相まって美味しいですよ。

◆パスタ・・タリアッテーレ (平麺)が使用されいます。ソースはソーセージのラグー。
パリメザンチーズもタップリかけられていました。
こういうラグー、私は苦手なのです。主人は普通に美味しいと言っていましたが・・

◆メインは「豚のホホ肉の網脂巻」・・網脂は「牛や豚などの内臓の周りについている網状の脂」です。
以前ホテルの料理洋室に通っていた頃たまに使用されましたが「ハンバーグ」や「脂肪の少ないお肉」に使われたと記憶しています。

*このお料理はお肉のパサつき感がありますし、
ソースのお味も薄いので残念ながら二人とも好みではありませんでした。m(__)m

◆デザートは「マスカルポーネとレーズンのセミフレッド」、、甘さも程よくセミフレッドとしては美味しい品です。
ドリンクは選べましたので「カプチーノ」を頂きました。

メインだけが好みではありませんでしたが、
奥様のサービスも丁寧ですしいいお時間を過ごさせていただきました。
雰囲気がいいので「女子会」」や「デート」使いにもいいのじゃないかしら。

Ristorante Stefano e Tomoko
092-738-0025
福岡市中央区大手門3-1-12
関連記事
2015-08-06
ランチ(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター