東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

光安:町屋で頂く京の贅。 

お気にいりのお店です。
京都に行くたび立ち寄りますが、今回もこちらから京都旅が始まりました。
昼夜2組限定です。今回も中庭に面するお部屋にご案内頂きました。
この辺りは昔の「平安京」があったらしく歴史のある地域だそうですよ。

お昼の利用ですが、いつもと同じく夜の15000円(多分外税)のコースを頂きました。

◆主人は「ビール」私は「冷酒」を頂きました。少し甘口をとお願いして出されたのが「神雷」。
初めて口にしますが、広島のお酒で「純米吟醸酒」、好みのテイストですね。^^

酒器を選べますが、どれもステキで迷います。

◆山科茄子のいり出汁・・お酒を頂くのに気を取られお写真撮るのを忘れたようですm(__)m
◆鱧の焼き霜、添えられているのは「防風」というお野菜。
何時もながらこちらの「焼き霜」は素材が変わっても美味しいですね。
「鱧」にはかなり丁寧に包丁が入っていますので、とても滑らかな食感で美味しいこと。

◆鳥貝の炙り醤油焼き・・鳥貝は旬ですね。大きな品で肝も入っていました。
生姜の風味がいいアクセントです。

◆初夏の野菜のジュンサイ寄せ・・今が旬のお野菜たち(フルーツほうづき・ずいき・新玉ねぎ・フルーツトマト・コーンなど)
この時期はどのお店でも「ジュンサイ」が出されます(^^;)
ジュレのお味が優しいのでお野菜の旨みを味わえますし、暑い日には冷たい食感も心地いい・・

◆オコゼの骨蒸し椀・・オコゼも美味しい季節です。身がプリプリですし、お出汁も上品でいいお味でした。

◆対馬の穴子・・アナゴは対馬が美味しいですよね。
この品がが出された時点で今回は「鮎の塩焼き」がないのね、と少しがっかりしましたが、
それを補うだけの美味しい品です。

◆黄身の味噌漬け・・定番ですが、黄身が何とも言えず美味しくて日本酒に合います。

◆夏野菜の焼き合わせ・・蒸し黒鮑・蛸の柔らか煮・冬瓜・インカの目覚め・トウモロコシなどが入っています。
蛸は下味がしっかりついていて柔らかく美味しいですね。
どれも優しい味わいでした。

蕎麦がきの入った塗り物ですが、今回も蒔絵が素晴らしい。ここまでの器を置いているお店は少ないでしょう。
毎回、目の保養になります。

◆蕎麦がきの白みそ仕立・・これも定番です。いい白みそを使用されていますので、いつ頂いても美味しい。

◆鮎と茗荷のご飯・・お茶碗もステキですよ。

毎回思うのですが、こちらほど「炊き込みご飯」が上手なお店はないですね。
今回の品も鮎の旨みと茗荷がよく合い絶品でした。

◆デザート一品目・・羊羹のうすどまり。完全に固めないでとろみを残した水羊羹のような味わいです。

◆デザート二品目・・ぶどう(ピノノアール)のとろみジュース。
葡萄の旨みがでていて美味しい。


今回はこれまでとは趣向を変えた品々が出されました。
お刺身も入りませんし、煮物系やお醤油系のお味付が多い印象です。
移転前のお店から伺っていますので、pな字お料理が被さらないように気を遣われたのでしょうね。
こちらの「鮎の塩焼き」はお味・盛り付けともに見事ですので、それが頂けなかったのは残念ですが
満足できるお料理内容で愉しませていただきました。
次回は秋に伺う予定です。^^
関連記事
2015-07-20
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター