東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

未在:予約困難なのも納得できる素晴らしいお料理。 

京都の未在さん、言わずと知れた有名人気店。
以前から伺いたいお店でしたがこれまで予約が取れず・・
今回コチラの予約が取れましたので京都グルメ旅を決めました。
予約したのが1月ですから半年待ち。

18時から一斉スタートですので17:45にはお店にお着き下さいとのご案内があり、遅れてはいけないと早く着き過ぎて・・
円山公園を散策。写真は円山公園にある坂本龍馬と中岡慎太郎像です。

待合室で「梅酒」が振る舞われます。

お弟子さんたちの「おいでやす」の声で迎えられ・・席へと案内されます。
カウンターは14席。
お料理は「35000円」のコースのみ。多分ですがお会計からすると「税・サービス料」込みではないでしょうか。
主人は日本酒、私は梅酒を頂きます。

最初にご主人のご挨拶から始まります。物腰の柔らかい素敵な方です。
ご主人のプロフールは多くの方がご紹介されていますので、ご遠慮させていただきます。
お料理はご主人独自の茶会席だそうです。
写真撮影禁止ですしメモもとれませんのでお料理内容はうろ覚え。間違っていたらゴメンナサイ。
◆先付け・・焼き茄子の上にウニがのせられ冷たいジュレがかけられた品。上品な味わいで美味しい。
青トウガラシ(万願寺かしら)の煮付。
八丁味噌を使用した味噌汁。中には蓮根饅頭が入っています。
ご主人のご出身地のお米を使用したご飯。
最初に汁ものとご飯を交互に召し上がってくださいとのこと。
食べ終えた後、振る舞い酒がだされ、その後他の二品を頂きました。

◆向付
鱧の3種盛・・肝のせ・梅肉・ちり酢で頂きます。アオサも添えられていました。
ただ鱧は少し水っぽいような気がしましたけれど。
この次に出されたお刺身が素晴らしいですね。お写真が無いのが勿体無いくらい・・
本マグロ(産地は忘れました)のトロと中トロ佐渡のヨコワが盛りつけられた皿と
もう一皿は「明石の鯛・対馬の烏賊・烏賊の耳の胡麻和え」などが盛りつけられています。
どちらも二人分とは思えないボリューム。勿論どの品も美味しいですよ。

◆椀物
汲み上げ湯葉とぐじ(甘鯛)のシンジョウ。蓬麺入り。
丁寧にひかれたおお出汁も美味しいですが、シンジョウの滑らかなこと。
蓬麺の味わいもいいですね。

◆焼き物
黒毛和牛のステーキ、日本蜜蜂のソース添え。
お肉に蜂蜜の甘さが合います。
少し辛みのあるお野菜を添えているとのことでしたが、どれも美味しい。

◆箸休め
北海道のコーンのすりながし、中には蛤と車エビが入っています。上にはジュンサイがのせられていました。
コーンの甘いこと、冷たくて美味しい。

◆八寸・・団扇を模った器に14種類のお料理が盛られている素晴らしい品でした。とても全ては覚えられず・・・
鮎・鰻の筒煮・ムラサキウニ・コハダの酢のもの・粽の中には鯛の押しずし・小海老・サツマイモの甘露煮
枝豆・・他は忘れました・・m(__)m どれも美味しかったですよ。
これだけの品々をいただける八寸、写真でご紹介できないのが残念です。

◆揚げもの
賀茂なすの揚げ煮・・茄子の皮を使用した味噌(これが美味しいのです)
鱧の玄米あられ揚げ。
この時点でお腹がいっぱいでして・・

◆強肴
鮑肝添え(柔らかく美味しい鮑です)・琵琶湖の鱒、もう一品出されましたが忘れました。

◆ご飯もの
塩だけでお味付けしたお焦げと出しが入った器が出されます。一つが4名用です。
少量のご飯と共にその出しをかけて頂きますが、香ばしい味わいでした。
少量の塩でお味付されているだけですので、香の物と一緒に頂くとまた美味しい。
お代りもできますが、、とてもとても・・><

◆デザート一品目
水菓子(水無月)の上からジュンサイと黒蜜がかけられています。
後日伺った他店でも水菓子の上にジュンサイがのせられていましたが、意外に合うのですね。

◆お抹茶
ご主人のお点前で。
ここで終わりかと思いましたら、デザートの用意を始められました。

◆デザート二品め・・37種類の果実の盛り合わせ。
少量ずつでもこれだけの種類が入りますとボリュームがあります。
半分頂くのがやっとでした。
唐津の幻の柑橘「ゲンコウ」のジュレ・・程良い酸味が食後にぴったり。

この後「ご希望があればシャーベットも用意しています」とのご案内がありましたが、
ご同席した皆さま、お腹が一杯だと誰一人として頂かれず・・

お料理は品数も多いですし素材もいい物を使用されかなりのボリュームです。
お食事を終えての感想は、一人35000円という価格が決して高いとは思えないほどの満足度がございました。
ドリンク類は別料金ですが、他店と比べても良心的な価格だと思います。
カウンターの端でしたのでご主人とお話しできる機会にも恵まれましたが、
器のお話は興味深いものでした。
来年は3月まで満席でしたので、次回はそれ以降で予約してまいりました。
できれば季節ごとに訪問したいお店ですが、人気店ですので予約がとりずらいのが残念です。

2014年7月現在で「食べログ」日本料理部門で1位、4.70の高得点です。
ネットでの評価は「これで・・なぜこんなに高評価」と疑問に思うお店に遭遇することもありますが、
こちらは評価が高いのも納得できるお店でした。
関連記事
2014-08-12
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター