東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

レザンドール:目でも舌でも楽しめるお料理。 

今回のメイン会場はコチラです。
日曜定休日のお店が多く、グルメな方々ばかりですので、迷いに迷って決めました。
こちらも本来は定休日なのですが、翌日が祝日ということで快く受けてくださいました、有難うございます。m(__)m

先ずは「シャンパン」で乾杯です!高級グラスでので、近づけるだけにしました。

今回は遠来の素敵なご夫妻といつもお酒を差し入れてくれる優しい友人との集まりでしたので、、何か歓迎の品をと、、
お酒を用意させて頂きました。(私がドンペリを飲みたかっただけとも言えます・苦笑)
主人ともども人付き合いも贈り物をするのも好き。とにかく、、人が喜ぶ顔を見るのが嬉しいのです^^
去年久しぶりに「ドンペリ」を飲む機会があり、それが美味しかったので、評判のいい「ドンペリ2003」と、手頃ですけれども好きなワイン「カノン」を持ち込みさせて頂きました(持ち込み料は1本3150円です)
ドンペリは「まろやかな辛口」で美味しい。。
ただ、有名なソムリエさんがいらっしゃるお店ですので、、こちらの好みを押しつけてしまったかな、、と反省><

15750円のコースです(サービス料10%加算されます)
◆最初に「生のカリフラワーと昆布森のウニ」・・最近生のカリフラワーを出されるお店が増えましたが、甘みがあり美味しいですね、この時期としては最高だと言われる「昆布森」のウニも上品な甘さで美味しい。

◆パン

◆軽くマリネされ炙った「鰤」とこちらの隠れた名物「苺のスモーク」や糸島野菜など。
鰤はそのまま頂いても美味しいですが、スモークした苺と共に口に入れると鰤自体が燻製されたような別物になりますよ。

◆フォアグラのポアレ・・フォアグラ自体も上質ですけれど、焼き加減が絶妙で秀逸でした。
サツマイモのソースで頂きますが、フォアグラはこういう甘めのソースが合いますね。

◆カノンは、日本人の方がフランスで作られています。
年により味わいが違うようですが、、チェリーやラズベリー、白胡椒のスパイシーな香りがして飲みやすいワインです。
2本飲み終えた後は、皆さま「ブルゴーニュの赤」を楽しまれていました。

◆玄海産黒鮑の白ワイン蒸しのロースト 鮑の肝のソースを添えて・・下には人参のピューレが敷かれています。上の黒い点は「肝」です。鮑は柔らかく蒸されていますね。ほんのり甘いピューレで頂くと楽しめますヨ。 

◆蕪のスープ・・ブイヨンを加えることなく、蕪本来の旨みだけで作られています。口に入れた瞬間「アッ蕪!」でした。。滑らかで美味しい。

◆カナダ産活オマール海老のロースト 菜の花のソース・・菜の花って苦みを感じることが多いのですが、このソースは苦みが全くありません。そのお料理もお野菜たっぷりでいいですね。^^

メインは「大和牛(奈良牛)のフィレ」「仔羊」「青首鴨」などから選べました。2+1+2でそれぞれチョイス。
◆大和牛は肉質も軟らかく甘みも感じられ美味しいですよ。トリュフもタップリですね^^

*こちらは友人オーダーの「仔羊」・・感想聞くのを忘れました。><

◆デザート・・チュイール・青リンゴのジェラート・アーモンドプラリネのケーキ。
美しいですね。どれも手の込んだ品ですが、、この時点でお腹がいっぱいで・・主人へと。m(__)m
50代に入ってから、、ドンドン「食」が細くなるのですよ。主人いわく嗜好も変化しているようです><

◆コーヒーと小菓子(柚子のマカロンと生チョコ)


この日のお料理はいつにもまして、美味しかったですよ。
お話しも弾み楽しいお時間でした。
いつもながら、こちらのサービスは素晴らしいですね。^^
オーナー様やスタッフの皆さま色々とお気遣い下さり有難うござました。また、伺います。

レザン ドール (Raisin d'Or)
092-724-6500
福岡市中央区西中洲2-25 STAGE1西中洲 1F
関連記事
2014-01-21
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター