東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡メインの外食日記です。ただ東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

サン・フカヤ 新天町本店:老舗カフェでモーニング・・ 

天神・新天町商店街にある老舗カフェ。
この日はランチが遅くなりそうでしたので、ブランチ代わりに頂くことに。

◆モーニングは3種類

A(520円)を選びドリンクはホット珈琲にしました。
◆Aセット(520円:税込)・・トースト・ベーコンエッグ・サラダ・ドリンクなどのセット。

◆トーストは丁度いい焼き加減で、マーガリンのほかに苺ジャムも添えられます。

◆ベーコンエッグは思ったよりボリュームがありました。

◆珈琲は軽めの味わいですが、量があるのがいいですね。

モーニングセットと言ってもボリューム的にはランチ代わりになります。
お腹が一杯で、結局ランチは頂きませんでした。(^^;)

サン・フカヤ 新天町本店
092-721-1030
福岡市中央区天神2-8-216
2019-02-18
カフェ・軽食 | トラックバック(-) | コメント(-)

なかがわ 本店:お洒落で美味しいイタリアン・・ 

渡辺通「電気ビル北館」地下にあるイタリアン。
市内で3店舗展開されていますが、現在はこちらが本店。
マイレビ様のご希望で再訪しました。
店内は明るくお洒落な雰囲気で、女性フロアスタッさんもいらっしゃいますけれど
オーナーシェフが接客も担当されています。

ランチは「4000円」「6000円」「8000円」それぞれ税・サ別。

◆スプマンテ(1200円)を。

前回と同じく4000円コースを頂きました。
◆使用されるお野菜の切れ端や皮などで作ったスープ。余計なお味は加えずお野菜の旨みだけで。

◆前菜4種・・どれも目でも舌でも楽しめる品でした。

*いか明太子・・明太味のお煎餅の上に烏賊がのせられています。
*フォアグラと八朔ジャムを挟んだ最中。
*生ハムと白菜をシュー皮で。
*玉蜀黍・チーズ・胡麻で、薄いお煎餅風に。

◆蕪のパンナコッタ、ブリ、キャビア、カラスミ・・パンナコッタは滑らかな食感で良い味わい。
軽くスモークした鰤にもよく合いますし、カラスミがいいアクセントに。

◆自家製フォッカチャ

パスタは2種類から選べますので
◆牡蠣と何とかのパスタ・・マイレビ様のチョイス。お味の感想を聞き忘れたような・・(^^;)

◆ズワイガニ、ボルチーニ茸、ニョッキ・・このニョッキ、美味しい。ニョッキは弾力のある品が殆どですが
口にれると溶ける柔らかさ。小麦粉を使用されていないそうですよ。
ズワイガニとボルチーニ茸のソースもいい味わい。

◆マイレビ様は「白ワイン(1000円)」を追加。

◆イトヨリのグリエ・・テーブルでソースがかけられます。

*聖護院蕪やリゾットと共に頂きますが「和」を感じる優しい味わい。

◆メインは「きなこ豚(宮崎産)」、ゆで卵のカルボナーラ風ソース、マルサラワインのソース添え。

*きな粉豚はハムのように柔らかく上品な味わいですので、豚肉苦手な方でも召し上がれるかと。
カルボナーラ風ソースと共に頂くと美味しい。

◆食後のお茶を選びますが、このほかにコーヒーなども用意されています。

◆お茶は6種類

◆マイレビ様は「レモングラス×釜炒り茶」、私は「ラベンダー紅茶」を。
ラベンダーの香りがほんのりするような気がします。(^^;)

◆苺と練乳アイス・・食後はこういうデザートがサッパリしていいですね。

◆お裁縫箱に入ったミニャㇽディーズ

*くまもんのフィナンシェなど盛り沢山。残れば持ち帰りできます。

お洒落な空間で独創的で美味しいお料理を愉しませていただきました。
マイレビ様もお気に召したようでよかったですし、おしゃべりも愉しかったですね。

4000円コース+ワイン1200円+税・サービス料=5897円。

なかがわ 本店
092-707-3934
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル 北館 B1F
2019-02-17
ランチ(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)

米と葡萄 by SHINGEN:インスタ映えする海鮮丼 

中洲川端駅近くに今年1月にオープンした「変なホテル」1階にあるレストラン。
薬院店は何度か利用したことがありますが、こちらで知っているだけで3店舗とは
ご主人はお若いのにスゴイですね。

店内はカウンター席、テーブル席多数で広いこと。

変なホテルは『世界初のロボットが働くホテルとしてギネス認定』されていて
受付には2体の恐竜。ミーハーですので、お食事よりもこれを見るのが目的でこちらに来たのです。(^^;)
生憎「お昼寝中」でしたけれど、しっかり見れました。

◆店外に置かれたランチメニュー。

◆ランチメニュー

◆竹(1400円:外税)をオーダーし「鯖」は抜いて頂きました。
他に小鉢3種とお漬物、お味噌汁が付きます。
タレは「無添加オリーブオイル醤油」「ワサビ醤油」「胡麻だれ」から選べますので「胡麻ダレ」を。

◆海鮮丼は「ビジュアル」が良いこと。
「カンパチ」が多めで、他に「鯛」「煮穴子」「サーモン」「炙りチーズサーモン」「アボカド」「玉子焼き」など。
ご飯は少なめにして頂きました。
カンパチとサーモンが多いので、このお値段でしたら「鮪」も欲しいところ。
ゴマダレがよく合います。

◆小鉢は3種・うの花・ヒジキの煮物など。

◆食後に珈琲かお茶が付きますので、珈琲を。酸味の強い味わいでした。
◆お味噌汁はワカメ入り。
◆香の物とわさび。

具材の種類がもう少し多いと飽きずに頂けそうですけれど
小鉢3品もいい味わいですし、珈琲も付きますからいいかな。

米と葡萄 by SHINGEN
050-5596-8834
福岡市博多区中洲5丁目4番19号 変なホテル福岡 博多1階
2019-02-16
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

河太郎 中洲本店:観光客気分で・・笑 

所用でキャナルに行った折、なぜか「烏賊の活け造り」が頂きたくなりまして・・
検索するとこちらが近いので伺いました。
元祖イカの活造りとしても有名ですし創業57年の老舗ですが、博多に17年住みながら初訪問。

殆どの方が予約されていたのでお席があるかしらと心配だったのですが、店内は思ったより広くお席がありました。
生簀を囲むカウンター席に案内されましたけれど、他にもテーブル席やお座敷などがあるようです(カウンター席以外は未確認)。
カウンター席は、アジア系の観光客の方々が3/4程度。私も観光客と思われたかも。笑

一人ですので「活け造り(小)」でもよかったのですが、大と400円違いで烏賊が50g増、沖漬けも付きますから
お得なような気がして「いか活け造り定食(大:2800円:税別)」を。
◆最初に「烏賊の沖漬け」と「モズク酢」が出されます。

*沖漬けは日本酒が呑みたくなりますね。(^^;)

◆いか活け造り(大:200g)・・透明で美しい、レモンをかけるとアンヨが動きました。

*大きめの烏賊のようで半身ですけれど、量的には十分。
噛むと甘みを感じて美味しい。

◆後づくりで「天麩羅」がだされますが、衣がサクサクで美味しい。塩または天つゆで。

◆煮物・ご飯・いかシュウマイ・お味噌汁・香の物など。

◆飛竜頭・里芋・生麩などの煮物・・お味が良く浸みていて美味しい。
◆いかシュウマイは酢醤油と辛子で。

◆アオサがタップリ入ったお味噌汁はいい味わい。
◆ご飯の質は普通
◆香の物は少な目

◆デザートは「オレンジのパンナコッタ」

◆ランチメニュー・・いかの活け造り以外にもいろいろありますが、この日のカウンター席の方々は
全員「いかの活け造り」を召し上がっていました。

◆ランチメニュー

老舗らしくどのお料理も待たせることなく出されます。
烏賊も美味しく、このお値段でこの内容でしたら満足ですね。

河太郎 中洲本店
050-5595-3568
福岡市博多区中洲1-6-6
2019-02-15
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

Tapas Go :お野菜たっぷりの「欧風カレー」 

渡辺通、電気ビル近くにあるお店。
この辺りでは洒落た外観ですので、利用しました。
店内はカウンター席のみ。
13時過ぎというランチピーク時間を過ぎていたせいか空いていました。その後後客お一人。
訪問時は、お若く感じのいい男性お二人で営まれていました。

◆ランチメニュー
ランチは「日替わりパスタ」と「日替わりカレー」「ハーフカレーとベーグル」など、

日替わりカレーが「野菜カレー(900円)」でしたので、それをオーダー。
「サラダ」か「スープ」を選べますので「サラダ」を。
◆サラダ・・少量ですけれど、数種類のお野菜が盛合され、ドレッシングはさっぱりした味わい。

◆野菜カレー・・ご飯は少なくしていただきました。

*ジャガイモや鶏肉、ブロッコリー、葉物野菜などが入り、辛味み程よい欧風カレー。
私には丁度いい辛さですし、こういうカレーも好きです。

◆追加で「カプチーノ(200円:セット価格)を。
カップはカプチーノとしては少し小さめですが、珈琲の味わいはいいですね。

欧風カレーとしては好みのテイストでしたので、また頂いてみたいような・・

Tapas Go
092-406-7727
福岡市中央区渡辺通2-9-17 桑田ビル 1F
2019-02-14
ランチ(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)

菊鮨 :鮨はもちろん一品料理も美味しい・・ 

お気に入りのお店ですので、先月に続いて伺いました。

◆蛤のお出汁・・蛤の旨みが凝縮されています。

◆ビールと梅酒

◆虎ふぐのお造り、ポン酢で・・旬ですのでいい味わい。

◆あこや貝の焼き物・・食感と独特の旨みを感じる品。

◆横山五十を・・好きなお酒です。

◆出ました!白子様・・虎河豚の白子様は最高です。一度昆布〆にしてから焼かれているので、美味しいこと。

◆牡蠣(いろは島)の茶碗蒸し・・いろは島の牡蠣は小粒ですが旨みが恐縮していて美味しい。

◆渡り蟹・・色んな調味料で漬けこまれた品。

*身だけでなく内子なども何とも言えず美味しいこと。お酒がすすみます。^^

◆横山五十を追加・・

◆河豚のから揚げ・・この衣が美味しくて。

◆鰆の温かいお鮨・・鰆が肉厚で美味しいのは勿論のこと、とろろとよく合います。

◆シャリは2種類用意されます。

◆ガリ

◆アオリイカ・・甘味とねっとり感が融合しています。

◆甘鯛・・コレも熟成がよく甘みをより感じ美味。

◆春子・・身がしっとりしていて美味しいこと。

◆中トロ・・旨みを感じる品。

◆蛤(九十九里)・・いつもながらに蛤・ツメともにいい味わい。

◆コハダ(天草)・・酢の〆加減が絶妙。

◆伊勢海老様まで登場!

◆伊勢海老はレア感が残る火入れで、味噌も美味しい。

◆主人には「鯖の押し寿司」

◆私には「中落ち巻」、感謝です。m(__)m

◆車海老・・味噌を挟んであるますので甘みと味噌の旨みが重なり美味。

◆雲丹(歯舞)・・これも美味しいですが、前回の「バフンウニ」の方が好みかも。

◆鰤(対馬)・・上品な脂を感じ美味しい。厚みがあるのもいいですね。

◆なめこ入り赤だし

◆穴子(対馬)・・フワフワ。

◆玉

追加で
◆鉄火巻

この日も美味しく頂きましたし、両隣の方々もいい方ばかりで愉しいお時間でした。
では、また来月・・

お任せ×2、ビール、梅酒、日本酒2合、鉄火巻追加して、二人で「39,528円(税込)」
2019-02-13
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

日本料理 TOBIUME :お料理内容もお酒のぺアリングも素晴らしい・・  

北九州市、「折尾」駅からタクシーで10分ほどの人気店。
博多から「折尾」駅まではソニックで30分ほど。
美味しいと聞いていましたし去年マイレビ様にもお誘い頂いたのですが
場所がネックで中々伺えず、、漸く伺うことができました。
洒落た外観・・

◆内観も空間をゆったり取られ、お洒落で落ち着いた雰囲気・・
感じのいい奥様が出迎えてくださいました。

頂いたのは「紅梅(15000円:税別+サービス料10%)コース」、
それに「ハーフペアリング(40cc):5000円:外税」をそれぞれ付けました。
メニューが用意されているのは嬉しいですし、それぞれのタイトルが洒落ています。
◆蘇生「野菜たちのしずく」・・この日使用されるお野菜の切れ端などで作ったスープ。
お野菜の旨みだけだそうですが、サツマイモのお味を強く感じ美味しいこと。

◆お酒は「而今」から。にごりと2種類出されます。どちらも美味しいですけれど「にごり」が好み。

◆開演「始まりは温もりから(若松産:藍の鰆)」

*鰆は厚めに切られているので旨みを感じとても美味しい。
餡の味わいもよく、キクラゲの食感がいいアクセントに。

◆高級酒「新政」・・頒布会限定品。最初は2種出され好きなお酒ですので美味しい。

*続いてもう1本出されたのには驚きました。
金賞受賞の品ですが、これ格別の美味しさですね。

◆伝承「おばあちゃんの杵つき餅(豊前産自家製唐墨)

*お餅は柔らかく、中には「唐墨タップリ。お酒がすすみます。

◆白ワイン(長野産)・・こちらでは国産ワインが主流だそうですが、飲み口のいい品。

◆地産地消「若松北海岸物語(脇田産赤海鼠 若松野菜色々」
赤海鼠のみぞれがけの上に、菜の花、八朔、トマトなどが盛られ美しい。

*赤海鼠は大きく高級品品ですし、この大きさでここまで柔らかい品は滅多に頂けないですね。
最近頂いた中では一番美味しい海鼠です。

◆「鍋島」と「飛露喜」・・どちらも馴染みのあるお酒。飛露喜もすっきりした味わいですがやはり「鍋島」が好きですね。

◆口福「白×白雑煮・・主人と白味噌とお餅のお雑煮かしら、、と話していましたら
何と立派な「白子様」が登場!目がキラキラしましたヨ。笑

*白子様は焼いて出されますが、大きくクリーミーでとても美味しい。
お汁も白味噌の味わいが濃厚で良い味わい。

◆高級酒「十四代」揃い組・・こんな贅沢な飲み方初めて。
どれも貴重な品ですが、中でも左側の「七垂」は入手困難品だそう。
全て美味しいですが「愛山」が素晴らしい・・

◆潮「関門海峡冬景色(南風泊漁港天然虎河豚)」

*虎河豚は皮なども一緒に頂きますが、美味しいこと。
十四代と共に頂くと幸せ・・

◆お刺身3種

*鮃(エンガワのせ)・近目金時(鯛の仲間)・タカバ(マハタ)
どれも熟成度がよく美味しいですが「近目金時」は上品な脂を感じ美味。

◆丈径・・口にした瞬間旨み・甘みを感じ、後から辛味が加わり余韻が広がります。

◆野趣「罠(門司産55kg 王禄酒粕)・・コレも主人と55kgの魚って何かしらと話していましたら「猪」でした。

*猪肉は若いときにいただいたイメージがよくなく避けていたのですが、こちらの品はクセもないので抵抗なく頂けました。
調理がお上手なのですね。
お味噌と丈径の酒粕で作られた汁が美味しくて・・

◆赤ワイン・・この辺りで私は酔いが回って来た感じに・・(^^;)

◆海味「タモですくう(鐘崎産天然鰻)」・・これも高級品です。
鰻はカリッと焼かれ上品な脂沿感じますし、タレの味わいがとてもいいですね。
真ん中には「揚げた菊芋」が挟まれていますが、これも美味しい。

◆赤ワイン・・デキャンタージュしてだされます。

◆大地「親子で紡ぐ(筑穂牛シャトーブリアン)・・甘タレと山葵で頂きますが、甘ダレが良い味わい。
これだけでお酒のツマミになります。

*シャトーブリアンの上には「紅はるかの天ぷら」、、炭火で出されますが調理されていますので保温効果だそう。

*シャトーブリアンは口に入れるととろけますし、お肉自体の濃厚な旨み甘みを感じ美味しい。

◆墨廼江・・ご飯ものにまでペアリングが付くのにビックリ。

◆瑞穂「おじや」・・先ほどの虎河豚を使用した「贅沢なおじや」

*これにも「焼白子様」が二つも。河豚の出汁の味わいもよく、幸せ気分。

◆デザートには「シャンパン」

◆異文化「さちのか」

*クリームブリュレの上に「イチゴスライス」「イチゴシャーベット」を粉末にしたものが盛られています。

アフタードリンクは「珈琲(TOBIUME オリジナルブレント)」「薄茶」「オーガニックハーブティ」「星の紅茶」から選べます。
◆主人は「星の紅茶」を。希少日本品種の「八女和紅茶」

*ポットで出されます。

◆私は「お薄」を。八女茶「星野製茶園」の品。
奥様が点てられてたのですが、お抹茶の質がよく美味しい。

食材は地産地消に拘られ、その中でも最上の品を使用されているような印象を受けました。
お料理は全て美味しかったですね。
それ以上に「ペアリング」の内容がすごくて、5000円でこれだけの品を出されるお店は他にはないでしょう。
奥様は接客も素晴らしいですが、キップの良さに感心しました。
これまで伺わなかったのが勿体なくて、、、今後通いたいと思います。
お会計時にサービス料10%加算されますので、二人合計で 47,200円。
日本料理 TOBIUME
080-4696-1369
北九州市八幡西区千代ヶ崎3-14-11
2019-02-12
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

東筑軒 本社:折尾駅名物「かしわめし」 

初めて「ソニック」に乗り、折お駅で下車。
失礼ながら思ったより立派な駅で驚きました。なんと駅のホームでは昔懐かしい「駅弁」売りの方が。
その方から買ってもよかったのですが、昼食までお時間がありましたので折角なら駅近くの本社で買うことに。

お弁当などの販売もされていますけれど、事務所ですね。(^^;)

◆かしわめし(670円)

◆蓋を取るとキレイな3色が・・「穴辛いお味付の鶏肉」「錦糸卵」「海苔」など。
「奈良漬」と「生姜」が添えられているのですが、この奈良漬が美味しいこと。
生姜もいいアクセントに。

◆甘辛いお味付の鶏肉はいい味わいですが、薄く敷かれているだけですので
もう少し量があると嬉しいというのはこのお値段では欲張りですね。(^^;)

店頭の案内

名物に旨い物なしと言いますが、これは美味しい名物でした。
また折尾に行く機会がありますので、次回は駅弁売りの方から買ってみます。

東筑軒 本社
093-601-2345
北九州市八幡西区堀川町4-1
2019-02-11
その他 | トラックバック(-) | コメント(-)

峠の玄氣屋 グングンカフェ 博多リバレインモール店:お子様連れにも利用しやすいカフェ 

中洲川端駅直結「リバレイン」地下にあるレストラン。
「玄米おにぎり」店を展開されている「峠の玄氣屋」さん系列。
他店ではおにぎり中心ですが、こちらでは定食やドリンク類等が用意されています。

キッズスペースやキッズメニューもありますので、小さなお子様連れの方も利用しやすいですね。
このビルには「アンパンマンミュージアム」が入っていますので、ニーズがありそう。

◆定食(グングンセット:1180円:外税)のメインは「チキン南蛮」または「鯖」でしたので「チキン南蛮」をチョイス。

◆チキン南蛮は「鶏肉」も柔らかく、甘酢も浸みていて美味しい。タルタルソースもタップリ。

◆小鉢3種。どれも盛り付けが雑ですこと。><
女性スタッフさんだけのようにお見受けしましたので、もう少し丁寧さが欲しいですね。
*サツマイモの天ぷら
*春雨の酢の物
*切り干し大根
失礼ながらどれもお味付けや食材に手抜き感を感じました。

◆玄米ご飯はタップリ
◆お味噌汁には根菜などが入り、お味は薄め。

◆メニュー・・場所柄なのか価格はお高めのような。

◆メニュー(一部拡大)

チキン南蛮のお味は悪くないですが「税込1274円」のランチとしては内容が伴わないですし、
お料理は見た目も大切ですから盛り付けにも気配りされないと残念感が残ります。

峠の玄氣屋 グングンカフェ 博多リバレインモール店
050-5596-6641
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモールB2
2019-02-10
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

虎玄多:鮮魚店が営む居酒屋で・・ 

虎玄多と書いて「こげんた」、という個性的な店名。
通りすがりに店名に覚えがあるような気がして利用しました。
マイレビ様のレビューで拝読し覚えていたようです。(^^;)
1階はカウンター席ですが、2階にもお席があるようです。

◆ランチメニュー

◆日替わりメニュー(訪問時はお魚のカマから揚げ)

丼物が人気のようですけれど「日替わり(850円:税込)を頂きました。
◆日替わり(850円)・・お魚のカマから揚げ・ミニ刺身(この日はカンパチの胡麻和え)
サラダ・ご飯・お味噌汁・香の物などのセット。

◆お魚のカマから揚げ(鰤等数種類盛られているとか。レモンとマヨネーズ添え。
鰤以外はわからなくて。(^^;)
身はタップリ付いています。衣はお味が付いていますけれど、マヨネーズだけでなく「ポン酢」で頂いても美味しいかと。

◆カンパチの胡麻和え・・味わいは普通。

◆サラダはキャベツ主体
◆お味噌汁
◆ご飯は少なめにして頂きました。
◆香の物

メインのボリュームがありますので、お腹一杯になります。
お隣の方が「丼」を召し上がっていらしたのですが、そちらにも魅かれました。(^^;)

虎玄多
092-483-1161
福岡市博多区博多駅前3-22-7 1、2、3F
2019-02-08
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩きというか外食記録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター