東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

本格四川料理 三鼎 :辛さと痺れがクセになりそうな「麻婆豆腐」 

中央郵便局からイオンを抜け右手にすすむとお店があります。
随分前に友人と利用した事があり、その時は彼女がコース料理を予約して下さったのですが、
今回は地以上のランチ利用。
ランチ時は混み合う人気店で「麻婆豆腐」がウリのようですよ。

◆ランチメニュー
日替わりランチがお得ですけれど、メインが好みではなく・・
店内左の食券機で、先に食券を買うシステム。

迷いながら
◆A(麻婆豆腐・小)とB(青椒肉絲):1100円(税込)のセットを。
辛い物苦手なのですけれど、なぜか時々「麻婆豆腐」を頂きたくなるという・・(^^;)
「麻婆豆腐(小)」「青椒肉絲(小)」「もやしと春雨の辛味和え」「点心」「キノコと卵のスープ」「ご飯」
「メンマ」「杏仁豆腐」が並び、あら豪華。なんだか嬉しい。^^

◆麻婆豆腐・・かなり辛いですけれど、花椒が効いて麻婆豆腐としては美味しい。
でもこれを頂くだけでお水2杯飲みましたけれど。(^^;)

◆青椒肉絲・・オイスターソースの味わいもよく、これも好み。

◆もやしと春雨の辛味和え・・錦糸卵が入り辛いけれどいい味わい。
◆スープは薄味で好みではなかったですね。
◆ご飯の質は普通で、お代わり可能。炊飯ジャーが置かれ、自由に頂けるようでした。

◆杏仁豆腐
◆点心は「餅米焼売」、ご飯にお味が付いていて意外に美味しい。

前回頂いたコースよりもこのセットの方がお味が合いました。
この辺りに来た折には、また利用したいですね。

本格四川料理 三鼎
050-5592-4935
福岡市中央区天神4-5-13 天神豊ビル 1F
2018-07-19
ランチ(中華) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨さかい:美味佳肴 

2ヵ月半振りの訪問ですので、愉しみに伺いました。
これまで夜のみの営業で2交代制でしたけれど、
7月18日より、完全3交代制になります。それに伴い7/18以降、定休日は日月祝。
お料理内容は夜と同じ。
[火~金]①12:00~②18:00~③20:30~
[土]①12:00~②17:00~③19:30~
お昼営業されると遠方の方も利用しやすくなりますね。

◆主人はビール、私は歯の治療中でお酒を頂けませんでしたので「冷たい緑茶」を。

◆糸島のジュンサイ・・出汁のお味付がいいこと。

◆志賀島の蛸・・柔らかく美味しい。

◆雲丹と毛蟹・・いつもながら豪華コラボ。毛蟹・雲丹ともに甘いですね。

◆赤雲丹(唐津)と黒鮑(唐津)・・同じ餌を食べているので相性がいいそう。
鮑は柔らかく、赤雲丹は独特の旨みを感じます。

◆主人は「鳳凰美田」と「石鎚」を、、いいな。(^^;)

◆イサキ(糸島)のづけ・・生姜が効いていて美味しい。

◆中トロ(壱岐・128kg)と北紫雲丹の和え物・・これも贅沢コラボ。

◆鮟肝(余市)に刻んだ奈良漬と酒粕を混ぜた品
前回も頂きましたけれど、鮟肝となた漬けが合いとても美味しい。
お酒を頂けないのが残念。

◆海鰻(博多湾)・・海鰻らしい皮の弾力、身は脂がのり美味しい。

◆ガリ・・こちらのガリ、好きですね。お願いしなくても追加されます。

◆平目・・程よい脂と旨みを感じます

◆アオリイカ・づけで・・づけにすることで、甘みをより感じます。

◆新子(浜名湖)・・にぎりの美しさが際立ちますね。軽めの〆具合ですので「新子」本来の旨みを感じる品。

◆鮪(塩釜:160kg)血合いに近い部分・づけで・・赤身らしい鉄分を感じる品。
づけにすることで旨みが増しているような。美味しい。

◆中トロ・づけ・・こちらのシャリは鮪によく合いますね。程よい脂を感じ美味。

◆常温に戻した大トロ・・常温に戻すことでより脂の旨みを感じ秀逸。

◆車海老・・茹でたての車海老は甘くて美味しい。

◆鰯(根室)・・〆具合がよく、美味しい。

◆煮ハマグリ(九十九里)・・何時もながらに美味しい。

◆イサキと平目の出汁を取った赤だし・・具材が入らないので、出汁の旨みをストレートに感じますね。

◆前回同様「大粒で素晴らしい雲丹」

◆北ムラサキ雲丹・・甘さの中にも雲丹特有の濃厚な味わいを感じ美味しいこと。

◆箸休め・・べったら漬けと水茄子

◆穴子(対馬)・・フワフワ、ツメの味わいがいいこと。

◆干瓢巻と玉

今回も美味しかったですね。
いつもながらご主人始めスタッフの方々の接客や心遣いもよく、楽しく美味しいお時間でした。
次回も愉しみ。^^

主人が「ビール(小)」「日本酒・グラス2杯」頂いて、二人で54,300円。

鮨 さかい
092-726-6289
福岡市中央区西中洲3-20 LANEラウンドビル 2F
2018-07-18
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

老松 大丸京都店:京菓子風の月餅 

お土産を探していて、こちらを見つけました。
何時もは「阿闍梨餅」にするのですが、たまには変えてみようかと。(^^;)

ゼリーなどいろいろ購入したのですが、自宅用に「月餅」を一つ買いました。

◆香果餅(5個:1080円)

*一つずつ個別包装されています。
*HPによると『白餡にドライフルーツを混ぜ込み、あっさりと炊き上げた小豆の粒餡で包んだものを、
そぼろをつけて香ばしく焼き上げた京菓子風の月餅。』
オレンジピールの味わいを感じ、甘さも程よいですね。

後で知りましたが「夏柑糖」という菓子が有名なのですね。
夏の一定期間だけの販売のようですので、来年は買わないと。(^^;)

老松 大丸京都店
075-211-8111
京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地
2018-07-17
京都グルメ・和・洋菓子。 | トラックバック(-) | コメント(-)

やよい 本店:ふっくら炊き上げられた「ちりめん山椒」 

八坂神社周辺を散策している途中で見つけました。
知らずに利用したのですが「ちりめん山椒」の有名店だったようです。

店内では沢山の佃煮類が販売されています。

何を買えばいいのかわからなかったので目についた
◆ひょうたんお詰め合わせ(1296円)を購入しました。

店内は中庭に面した椅子も用意されていて

冷たいお茶が振る舞われ・・暑い日でしたので喉が潤いました。

◆ひょうたんお詰め合わせ(1296円)・ちりめん山椒と山吹竹の子茶漬け。

◆ちりめん山椒・・フックラ炊き上げられていて美味しい。できれば山椒の実がもう少し多いと嬉しいかも。

◆山吹竹の子茶漬け・・季節の旬菜に清酒、醤油、山椒の風味を加えじっくり煮上げた品。試食した際、竹の子の味わいがよく美味しかったですね。

京都は美味しい佃煮やさんが多いですね。どちらもご飯の友に最適です。

やよい 本店
075-561-8413
京都市東山区祇園下河原清井町481
2018-07-16
京都グルメ・佃煮&お総菜 | トラックバック(-) | コメント(-)

蝶矢 :梅酒や梅シロップを手作りできる梅体験専門店 

通りすがりに見つけて入りました。
梅酒で有名な「蝶矢」さんの、手作り体験ができるお店。手作り体験は要予約。
蝶矢梅キット(梅5種、砂糖5種、酒4種から選択。店内手作り体験 or キットの持ち帰り)
S(1杯分)1,000円~
M(3杯分)2,000円~
L(6杯分)3,000円~

フローズン完熟南高梅の実がまるごと入ったテイクアウトドリンクも販売されていましたので、
◆ソーダ割(500円:外税)を

中には「フローズン完熟南高梅の実」入り。

◆テイクアウトメニュー
HOT(割り材:お湯、紅茶、緑茶)400円
ICE(割り材:ソーダ、水、紅茶、緑茶、フローズン完熟南高梅入り)500円

梅ジュースがベースですので、スッキリした味わい。
ただ店内にイートインスペースがなく、店外に4席ほど椅子が置かれているだけなのは不便。
結局立っていただきました。(-_-;)

蝶矢 (梅体験専門店蝶矢)
072-956-0515
京都市中京区六角通堺町東入堀之上町108 CASA ALA MODE ROKKAKU 1F
2018-07-15
京都グルメ・カフェ | トラックバック(-) | コメント(-)

MAVO (マヴォ):ティーペアリング初体験 

八坂神社近くのフレンチ。
ネットの評価がよかったので訪問しました。
店内はお洒落で音付いた雰囲気。
16時からと19時からのディナー2部制で、ランチ営業はされていません。

◆テーブルには「お箸」が用意され、食後持ち帰ることができます。
お箸を拭くウエットティッシュまで入るというお気遣いのよさ。

お料理はお任せで 15000円、それにティーぺアリング(4000円)を付けました。
それぞれ外税で、サービス料10%加算されます。
お茶と両方メモを取るのが難しく、いくつか失念しました。m(__)m
◆「オリーブ」と「何とかのキャラメル」

◆最初に「お抹茶」が出されます。

◆ほうじ茶スパークリング・・少し酸味を感じる味わいですが、スパークリングですのでスッキリ。

◆始まりは卵 シグネイチャー

*中はリンゴの甘露煮だったような。

◆八女・和紅茶・・優しい味わい。

◆フォアグラのマカロン・・これ美味しい。
フォアグラとマカロンの甘みが合いますし、ほんのり効かせた「わさび」がいいアクセントに。

◆宇治・抹茶入り玄米茶・・玄米茶は味わいが軽く美味しい。

◆パン

◆稚鮎とジェノベーゼカッペリーニ
最初に葉が盛られている状態でまず撮影。

*稚鮎は粉チーズなどをまぶして焼かれていますが、鮎の旨みを邪魔せず美味。
ジェノベーゼのカッペリーニは少し薄味に感じました。

◆ほうじ茶をベースにバラの花やハイビスカス等をブレンドしたお茶・・色がキレイ。
次のオマールに合わせたお茶だそう。

◆オマール、雲丹、牛コンソメジュレ

*コンソメジュレは丁寧に作られ濃厚な味わいですけれど、オマールと共に頂くと美味しい。
雲丹も甘いこと。

◆かぶせ茶・・お茶の旨みを感じて美味しい、出された中では一番好みの味わい。

◆カサゴ 焼きヤングコーン添え ブールブランソースで

◆何だったかしら。(^^;)

◆盛り付ける前の「鴨」を見せてくださいました。

◆鴨肉・・焼き加減が絶妙で、最近口にした鴨の中では一番おいしかったそう。

◆私は事前に「鴨」が苦手だとお伝えしていたのですが、その代わりに出されたのは「鮑」
なんと嬉しい・・

*中には大きく厚みのある立派な鮑が入っていて、柔らかくとても美味しい。
昆布の旨みも出ていて和風テイストの味わい。

◆デザート・・

◆温かいお茶

◆デザート2・・マンゴシャーベットと数種類のチョコ。
シャーベットは好きですが、甘党ではないのでこれだけのチョコは頂けず、申し訳ないのですが残しました。

◆ミニャルディーズ

◆メニュー

◆メニュー

◆ドリンクメニュー

創作性あるお料理ですので、愉しみながら美味しく頂きました。
八女ご出身のお茶利き師の女性の方や、
マダムのサービスも心地いいですね。
雰囲気もいいので記念日などにも最適だと思います。

お任せ15000円×2、ティーペアリング4000円×2、サービス料3800円、税3344円=45144円。

MAVO (マヴォ)
075-708-6988
京都市東山区下河原通上弁天町440 舞風館 1F
2018-07-14
京都グルメ・フレンチ | トラックバック(-) | コメント(-)

安久:活気ある京料理店。 

ネットでのクチコミ情報を参考に伺いました。
店内はカウンター7席、ただお隣との間が殆どないので出入りもしずらく窮屈に感じましたけれど。
ご主人ご夫妻と若いスタッフさん3名で営まれ、活気ある雰囲気。
皆さま感じのいい方です。

◆艶・・甘口で、、とお願いしましたらこれを出されました、スッキリした味わいで好み。

お料理価格は事前にお尋ねした際には、25000円~26000円程度とのこと。
◆鳥貝(宮城)・・軽く炙ることで旨みが増します。

◆バチコと玉蜀黍の飯蒸し
バチコはツマミに最適。

◆毛蟹真丈とうすい豆のすり流し
真丈はほぼ蟹で美味しいこと。うすい豆のすり流しも余計なお味を加えていなくて美味しい。

◆鰹の藁焼き、絹さやの酢の物添え
直前の藁焼きにされる鰹は香りもいいですね。

◆鮎 オクラのタタキ 酢蓮根 を皮で巻いて

*この時期は鮎を塩焼きにして出されるお店が多いので、和えて「オイル漬け」にされているそうです。
お味は悪くはないですが、鮎は塩焼きの方が好きですね。

◆鳳凰美田・・頂きなれたお酒です。お猪口がお洒落。

◆ジュンサイと新玉ねぎの冷やし素麺

◆のどぐろ風干し ごぼうと蓼の素揚げ
のどぐろは脂がのり美味しい。
鮎に添えられる「蓼酢」はよく頂きますけれど、蓼自体を頂くのは初めて、苦みもクセもないですね。

◆ズイキの胡麻和え
ズイキは下茹でしてよく冷やされています。ゴマダレは濃厚な味わい。

◆茄子と蒸し海老揚げ浸し
私の方は雲丹が入っていましたが、主人の品には無くて。(^^;)

◆京都牛の炭火焼き

*程よい噛みごたえで普通に美味しい。

ご飯ものは「鮭ご飯」「穴子茶漬け」「すっぽん雑炊」から選べますので、
二人とも穴子茶漬けを。
◆穴子茶漬け
穴子は濃いめのお味で煮こまれています。私よりも主人の方がお味が濃すぎて苦手だったようですが。

◆わらび餅

品数がありますのでお腹が一杯になりますね。
お料理は少し雑な面も感じましたし、私たちにはお味が濃い品もありましたけれど
総じて美味しく頂きました。

安久
075-531-5999
京都市東山区宮川筋3-283
2018-07-13
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

Daniel’s ALBA :お手頃「昼呑みセット」 

宿泊したホテル1階にあるイタリアン。

ホテルにチェックインし、エレベーターに乗る前に「昼呑みセット」の案内を発見。
荷物をお部屋に置いてから、カフェ代わりに利用しました。

◆昼呑みセット(500円)・・ビール1杯またはワイン1杯とつまみ。

◆ビールはラガー。

◆こんな感じで呑みました。

◆おつまみは「かぼちゃの煮物」と「ガーリックが効いたブロッコリー」
どちらも少量ですけれど、カボチャはよくお味がしみていますし、ブロッコリーも少しピリ辛で美味しい。

夕食前に軽く呑むには最適でした。

Daniel’s ALBA
050-5868-9919
京都市中京区御池通高倉角 ホテルギルモンド 1F
2018-07-12
京都グルメ イタリアン | トラックバック(-) | コメント(-)

竹屋町 三多:上質なお時間を過ごせる予約困難店 

京都でも予約困難なお店の一つ。
キャンセル待ちをしてから1年半後「キャンセルがでました」とのご連絡を頂いたのですが、
その予約日はお電話からさらに1年後、2年半かかって漸く伺えました。
食べログでも高評価ですので、期待が高まります。^^

店内は余計な装飾などはなく、至ってシンプル。6席のみのプラチナシート。
笑顔の素敵な女将さんが出迎えてくださいます。

◆ビール

◆日本酒

◆お猪口

事前にお料理価格をお尋ねした際には「3万円~3万5千円程度」とのお返事でした。

◆京都上賀茂トマトとジュンサイ
彩も美しく、冷たいジュレの味わいも心地いい品。

◆明石のオコゼ 万願寺唐辛子

*虎魚の季節ですので脂がのりいい味わい。
みぞれ餡にしたお出汁も美味しい。

◆毛蟹 ミョウガ 胡瓜 蟹味噌 胡麻和え
毛蟹が甘いこと。その旨みを壊さない控えめの胡麻の味わい。

◆アマテカレイ 間人の雲丹
アマテカレイは、他の鰈よりもお味が濃厚で食感もいいですね。

*間人は蟹が有名ですが、雲丹は初めて頂きます。これが今まで頂いたことのない味わいで、とても美味しい。

*鰈の肝醤油が美味しいこと。ほかに「お醤油」「塩」も用意されています。
鰈は肝醤油で頂きましたが、雲丹は何も付けなくても美味しいですね。

◆鱧とオクラのお椀
丁寧に引かれた昆布出汁の味わいがいいこと。

*蒔絵のお椀

◆能登の鳥貝・・炙る前に見せてくださいました。

*炭火で軽く炙って供されます。
立派な鳥貝ですので、甘くて美味。

*鳥貝の肝醤油が美味しい。

◆玉蜀黍の白和え

◆京都牛 フィレ 焼き賀茂茄子

*お肉は柔らかいですね。
ここまでは優しい味わいでしたが、このタレはお醤油ベースでお味が濃い目でした。

◆鮑と蓮根餅

*立派な鮑ですよ。柔らかくて美味しい。
蓮根餅はシャキシャキの食感も残り、良い味わい。

◆夏ごぼうの炊き込みごはん

*素朴な味わい。残りは「おにぎり」にして持ち帰りできます。

*香の物

◆宮崎マンゴー オレンジのジュレ
マンゴの味わいが濃厚ですこと。


「間人の雲丹」は今まで味わったことがない雲丹で美味しかったですね。
なるべく余計な手を加えず、食材の旨みを生かすお料理のように思えました。
ご主人も感じのいい方ですが、女将さんの接客がとても心地いいですね。
お料理だけでなく、それも人気の要因かと。
次回はずっと先ですが、季節が変わりますので愉しみです。

二人でビールとお酒1合頂いて、67、500円。

竹屋町 三多
075-231-3556
京都市中京区寺町通竹屋町下ル西側久遠院前町667-1
2018-07-11
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

末廣 :京風いなり 

予約店に伺う途中、いなり寿司のテイクアウトを見つけ購入しました。

店内の雰囲気からすると老舗のような・・
出来上がるまでお店の中で待ちます。

◆お店の中のメニューの一部。

◆いなり寿司(7個:840円:外税)

*パックにも店名が印刷されているのは、老舗らしい。

◆いなり・・お揚げは甘めで、美味しいそうですよ。
中に具材が入っていたかどうか聞くのを忘れました。

後で知ったのですが「鯖寿司」が有名だそうです。主人用に買えばよかった。


末廣
075-231-1363
京都市中京区寺町二条上ル要法寺前町711
2018-07-10
京都グルメ・鮨 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター