東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

屋台バーえびちゃん:屋台で頂くカクテルも楽しい・・ 

お鮨を頂いた後人気屋台のこちらへ・・
冷泉公園そばにお店があります。
屋台を利用するのは7~8年ぶりですね。

生憎コースターにイラストが書かれている店長さんはいらっしゃいませんでした。
伺った当初は空いていたのですが、あっという間に満席・・
あのスペースに13人ですからギュウギュウですよ。
息子さんご夫婦でしょうか・・テキパキと作業されています。

チャージは400円で「胡瓜の1本漬け」と「茹で落花生」が出されます。
どちらも美味しい。
この後「ソーセージ(800円程度)」を頂きました。
フードのお写真はネット掲載不可だそうですのでご遠慮して、ドリンクのみです・・
「カシスオレンジ」と「おいし~」を頂きました。「おいし~」は柑橘風味のカクテルです。

所狭しとお酒が並べられ、無駄な空間はありません。
こういう場所で長居は不作法かと、1杯で退散・・
二人で3400円程度でした。

屋台バーえびちゃん
090-3735-4939
福岡市博多区上川端町 冷泉公園前
2014-05-31
BAR | トラックバック(-) | コメント(-)

スシタロウ:若い感性の鮨を楽しみました。 

こちらもこの2年程で急速に増えた若手職人さんのお店です。
黒塗りの立派な塀囲い・・店内も空間をゆったり取られています。照明は暗め・・
カウンター8席のみ。お一人でされるには丁度いい席数。
雑誌等に出られたので、それを見て来る方もいらっしゃるようです。
入店時に軽く頭を上げる程度の挨拶しかないのが残念。
奥さまは丁寧にご挨拶されましたが・・
他の方からお話を伺い勝手にイメージしていた方とは少し違いまして、最初は話しかけにくい雰囲気で・・
こちらもまだ34歳とお若い・・

お料理はお任せ10000円のみ)外税か内税か不明です。
◆最初に「塩ウニ」と「ヅケにしたモッツラレチース」・・どちらも一口サイズです。
塩ウニは「つく田」さんでよく頂きましたが、久しぶりです。
最近若手のお鮨屋さんで「チーズ」を出されるお店が増えましたね、流行りかしら。

◆ソラマメ・・旬ですね、塩ゆで。

◆ひらめ・・ワサビと塩コンブで頂きます。
塩コンブで頂くのは以前も経験しましたが、刺身と合います。

◆鮑貝柱:肝のせ・・一口サイズです。蒸し方などは普通かと。

◆クチコ・・これも小さな一口サイズ。
お酒がすすむ品ですが、先日大きなサイズで出されたお店がありますので、量的に寂しいかな。

ここから握りです。シャリは「赤酢」を使用されています。
◆ガリ・・漬け具合もよく美味しい。何も言わなくても追加してくださる気配りも嬉しいですね。
*赤貝・・赤貝自体は丁寧に処理され美味しい。
ただ握り方がゆるすぎて、口に運ぶまでに半分シャリを落としてしまいました。
私の食べ方が悪いのでしょう・・
*平目
*大分の鮪・・綺麗な鮪です、美味しい。

◆甘エビ・・これが一番美味しかったですね。独特のネットリ感・甘みを感じます。
*ノドグロ
*鯵・・熟成ではなく「生」に近い状態です。
*鯵のツミレ汁・・お汁のお味付けが薄いような気もしましたが「ツミレ」の旨みを引きたてるためかもしれません。
ツミレは丁寧に作られ美味しいですよ。

◆車エビ・・これは姿も美しいですし「卯の花」を乗せると言うアイデアも楽しい。
*烏賊・うにのせ
*コハダ・・〆加減がイマイチのような。コハダは酢加減など人それぞれ好みがあり、難しいですから・・
*中トロ・・程よい脂で美味しい。

◆穴子・・丁寧に「竹皮」に包んで焼かれていました。アナゴはふわふわですが、これも上の理由で食べずらい品。
*玉


若い感性でのお料理楽しませて頂きました。
ご主人、最初はお料理の説明だけで殆ど話されず常連客とだけ話されていましたが、
後半少しよくなりましたね。奥様のサービスは言葉使いも丁寧で感じがいいですよ。

先日伺った「多門」さんと同じお値段ですので、比較は失礼ですが満足感に欠けたように思います。
ツマミはどれも一口サイズでしたし・・
マァ場所も違いますので一概に比較はできませんけれどね・・
握り方がバラバラで食べずらい品が数品あり、気になりました。お行儀悪く「手皿」をしなければならなくて。
主人はネタとシャリの一体感に欠けると申しておりました・・・
まだお若いですから、今後が楽しみ、、数年後に伺えればいいかなと思います。

若い職人さんのお店に数軒伺いましたが個人的には「鮨さかい」さんと「鮨多門」さんが好印象でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらからそれて余談ですが・・このお店のことではなく、あくまで雑談です。
最近は和食店やお鮨屋さんで若くして独立されるお店が多く、それはそれで喜ばしいことだと思うのです。
若くして独立するにはそれだけの「才能」があり「努力」もされるのですから、尊敬に値します。
ただ修業というのは「技」だけではなく「社会性」の鍛錬の場でもあるわけでして・・
「挨拶」「言葉使い」「気遣い」などはある程度年配者に揉まれる社会経験が必要だと思うのは、、
昔堅気のオバサンだからでしょうか・・
お店の主になってしまうと助言してくれる方も少ないですし、、社会性の学びの場ではなくなると思うのです。

こういうことを書くと「上から目線」だと仰る方がいて苦情がきます。誰が言い出したのか、変な言葉ですヨ。
「偉そうに・・」「何さま??」というお言葉も頂戴します。
今の風潮では、よかれと思っても「率直に意見を述べること」や「余計な助言」はしてはいけないらしい・・
若い方がよく使う「やばくない~~」もある意味「上から目線」だと思うのですけれどね・・苦笑

スシタロウ
092-409-1124
福岡市博多区御供所町5-8 グレイス祇園 1F
2014-05-30
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

テディアンドダディ:美味しい香港粥を頂ける副菜も充実したお得なランチ・・ 

中華粥大好きです。返還前の香港では街の中心地に安くて美味しい「粥」やさんがありましたが、
今では殆ど郊外へと移動しました。
朝食に「お粥」+「油條」+「青菜のオイスターソース」炒めを頂いても300円程度で美味しかったのですけれどね。

美味しい中華粥専門店がオープンされたと聞き、早速伺いました。
大濠公園駅から西公園方面に向かって、徒歩10分弱でしょうか。
姉妹でされています。外観よりも奥に細長い店内。
今回は2階で頂きましたが、4人がけのテーブル1卓と、カウンター6席。

ランチは1058円(税込)・・数種類から「お粥」が選べ「水餃子」または「海老ワンタン」+「副菜色々」+「コーヒー」が付きます。
副菜とお粥はお代りできると言う、利益があるのか心配になるほどの良心的システム。
できれば「大食い」の方はご遠慮いただいたほうが・・

副菜も数種類並べられ、お代り自由です。

「肉のせ豆腐」「蒸し鶏」「ザーサイ」「野菜の炒め物」「野菜サラダ」「豆の煮物」など。
烏龍茶・珈琲まであります。どれも女性らしい感性で美しく丁寧に作られていますよ。

こんな感じで頂きましたが、どれも美味しい。

◆「水餃子」と「海老ワンタン」・・どちらかの選択になります。お代り不可です。
海老ワンタンは子海老がプリプリ。生姜の風味もよくスープもいいお味でした。

追加で「油條(220円だったような)」・・小さめですがシッカリ揚げてあります。
お粥には「油條」入れないとね・・^^

◆一番人気らしい「砂肝粥」・・砂肝は柔らかくクセが無いそうです。タップリ入っていましたよ。

◆海老粥・・海老が数尾入っていましたが「下処理」が丁寧ですので臭みもなく美味しい。


「お粥」は1杯で十分お腹一杯になります。
この日は何かアクシデントでもあったのか待たされましたけれど、慣れられたらスムーズになるでしょう。
ただお時間は余裕をみられる方がいいですね。
ランチタイムは混み合いますので、行かれる時には予約されることをお勧めします。

テディアンドダディ
092-753-9640
中央区荒戸2-5-20
2014-05-29
ランチ(中華) | トラックバック(-) | コメント(-)

万:お茶の旨みに酔いしれて・・ 

ランチの後友人たちと伺いました。15時オープンです。
このお時間でもお酒も頂けますけれど、今回は美味しい「お煎茶」目当て。

今月のお勧め茶(玉露:星野しずく)・和菓子・小菓子セットを頂きました。(1100円+500円:税込)

◆1煎目・・35度のお湯で。

何とも言えない旨みと甘みが味わえ、お茶に酔いますね。

この日の「和菓子」は5種類。4名とも違う品を選びました。

「きなこおはぎ」と「柏餅」、他の2名の方の品はお席が遠いのでお写真はありません。

◆2煎目・・70度のお湯で・・濃厚さよりもお茶の軽い渋みが味わえるように感じます。

◆小菓子・・この日は「鶏卵そうめん」福岡名物ですが初めて頂きました。繊細な和菓子です。

◆3煎目・・90度のお湯で。家庭のお味に近づきますね。茶葉のお浸し、美味しい。

◆水だし煎茶・・じっくりと茶葉を開かせてありますので、これもお茶の旨みが凝縮され美味しい。

◆さくらんぼ


お茶の旨みに酔いしれるお時間でした・・
自宅では同じ茶葉でもここまで旨みを出せませんから、贅沢なお時間ですね。


092-724-7880
福岡市中央区赤坂2-3-32 赤坂MOKUZO 1F
2014-05-28
カフェ・軽食 | トラックバック(-) | コメント(-)

しらに田 :客よりもお店の都合優先でしょうか・・ 

友人の希望で久しぶりに・・
こちらは個室がありますので「おなご会」にいいのです。^^
今回は5000円のコースです。

◆先ずは乾杯!
最初に名物の「焼き胡麻豆腐」・・以前よりもモチモチ感が無くなったような気がしますけれど・・
今回はコースですが、メニューを拝見すると「単品」では1350円と記されています、高い。

◆玉ねぎの茶わん蒸し・・中にはお魚が少し入っていたような。
すり下ろした玉ねぎの風味もよく、美味しい品です。

◆説明が無かったので適当に「ウニ・海老の冷製餡かけ」。今回はこれが一番美味しかったですよ。

◆ほたてのシンジョウ・・お出汁のお味つけが薄いですが、シンジョウは丁寧に作られています。

◆ヨコワと鰈・・普通。

◆鯛の揚げ煮・・鯛は美味しいですよ。
何時もこちらで感じるのですが、コスト面重視で食材が被りますね。
夜の営業もされているので食材はあるハズです。もう少し工夫できないのかしら・・

◆鯛茶・・コチラの名物です。ご飯も炊きたてで美味しい。

*お食事の途中ですのに「デザート」が出されました。
そして「14時までです」と。予約時&着席時に案内がありませんし、この時点であと10数分ほど・・
事前に聞いておりましたらそのように致しますが、それですのに前半のお料理の提供が遅かったのです。

「お済ですか・・」の問いかけもせず、友人二人のお膳はサッサと下げられ、、これは不快。
まだ「お釜」には沢山ご飯が残っているにも拘わらず・・ですよ。
思わず「エッ、いいの?」と申しましたが、スタッフの方は「無視」ですし「スミマセン」という気遣いの言葉もありません。
優しく大人しい友人たちは「いいのよ・・」と。
でも、気分は害したそうです・・当り前ですわね。


内容的には5000円に見合わないと思います。
以前も感じましたが、コスト重視し過ぎの感がありますね。
それでも途中まではまだよかったのですが、最後のバタバタで一気に印象が悪くなりました。
14:03には追い立てられるようにお会計を済ませお店をでましたが・・

客に美味しいものを食べさせたい、折角の時間を楽しんで欲しいという気遣いよりも、お店の都合優先です。
もう伺うことはないでしょう・・


しらに田
092-725-7336
福岡市中央区西中洲3-20 LANEラウンドビル 1F
2014-05-27
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

千翠 :日本酒を楽しむ居心地のいい隠れ家。 

場所が解りずらいですし看板もありませんので、まさに「隠れ家」ですね。
階段を上がると笑顔でご主人が迎えてくださいます。
まだ36歳とお若い(最近このフレーズを書くことが多いような)・・感じのいい方ですよ。

店内はカウンターのみ、8席程度。使用されるのは6席のみかもしれません。
テーブルもありましたが荷物置きになっていました。


◆お酒はビールと日本酒のみ。
余り辛口でなくスッキリした味わいの品を・・とお願しましたら「若」を出してくださいました。
山口の女性杜氏さんが作られているそうですよ。
柔らかい味わいの美味しいお酒です。^^
主人はいつも通り最初は「ビール」を。

お料理はコースのみで、6000円、8000円、10000円だったと思います。
初めてですので6000円のコースを予約時にお願いしました。
◆山菜の天ぷら4種。衣が薄く素材のお味を邪魔しませんね。

◆若竹煮・・筍は一度ボイルした後軽く炙られていました。
これに限らずどのお料理も丁寧で手間暇かけられていますよ。
お出汁の風味もよく美味しい品です。

◆真子鰈・・旬ですね。甘みがあり美味しい。

◆鮪だったような、茗荷とあわせてあります。下は鰈の肝。
茗荷の風味もよく美味しかったのは覚えているのですけれどね。

◆何だったかしら・・丁寧にやかれていますし、脂ののりもいいですね。

◆次はこの2種類を。
どちらもおいしいお酒ですけれど「菊姫」は最初お酒らしい風味が広がり、後で旨みを感じます。。

◆浅利で出しを取った「茶わん蒸し」・・アサリのお味がよく出ています。
上にもアサリがタップリですので「日本酒」を頂く時には嬉しい品。

◆モズクの上に「山芋短冊」「カラスミ」「太刀魚」が乗せられています。酒肴として秀逸。^^

◆コチラでは「お肉」を出されるのは珍しいそうですが、この日は「赤牛」が出されました。
赤身で美味しいお肉です。

◆ご飯は「土鍋」で炊かれていますよ。美味しそう・・^^

1膳目は「穴子」、2膳目は「釜揚げしらす」で頂きます。アラ「シラス」のお写真がない・・><
ご飯がツヤツヤで美味しいのですよ。それまでのお料理も美味しいですが、〆のご飯が美味しいと満足が増しますね。


この日はたまたま一見ばかりでしたが、皆さまいい方でご主人と共に全員で会話を楽しみ、いいお時間でした。
日本酒の品ぞろえもいいですし、お料理もおいしい・・
いいお店を見つけましたね。また伺いたいと思います。^^
※完全予約制です。

千翠
090-5924-2685
福岡市中央区薬院3-7-1 2F
2014-05-26
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

アテンポ:お食事もお酒も楽しめる雰囲気のいい隠れ家。 

隠れ家的で素敵なお店があると耳にし伺いました。
場所は以前毎月のように通った「ひめ」さんの近くのビル、2階です。
この辺り場所が中途半端で「最寄駅」からでも10数分かかります。
店内はお洒落な雰囲気・・
マスターとシェフ、お二人でされているようです。
テーブル席とカウンター席がありますので、お一人でも利用しやすい・・

この季節らしい「桜」の名称のカクテルがありましたので、、まずはそれを。
グラスもいい品を使用されていますよ。

3000円・5000円・6500円コース(税込み)*事前の予約が必要です*もありますけれど、今回はアラカルトで。

◆フードメニュー・ドリンクメニュー共に豊富。

◆お通し・・牡蠣のオイル漬け(だったような)・・大粒の牡蠣で美味しい。
*いぶりがっこ(燻した漬物)とクリームチーズ(500円)・・いぶりがっこ、ものすごく久しぶり。
クリームチーズと合うのですね。

◆ポテトフライ(通常よりも量を少なくしていただきました)・・サルサソースのピリ辛感がいいですよ。
ビールとカシスオレンジ。こちらのカシスオレンジ、、美味しい。

◆二種の自家製ソーセージ(780円)・・ミンチ状にした糸島豚にスパイスを混ぜ込んだソーセージだそう。
1種類は好みでは無かったようですが、もう1種類は美味しかったそうです。

◆野菜のフリット(880円)・・筍・オクラ・茄子・ヤングコーンのフリット。

◆渡り蟹のトマトクリーム(1300円)・・焼いて煮込んだ渡り蟹の濃厚なソースで仕上げたパスタに殻ごと食べられるソフトシェルクラブを添えて
これを1300円で頂けるのは嬉しいですね。他ではもっと高いでしょう。
ワタリガニのお味も濃厚ですし、美味しい。


お料理も美味しいですよ。
他の方がコースを召し上がっていましたが品数もあり美味しそうでした。
ただ提供にお時間がかかりますので、もう少し早くなるといいですね。

ディナー利用、2次会利用と使い勝手のよさそうなお店でした。


アテンポ
092-406-5249
福岡市中央区今泉2-3-31 プロスぺリタ今泉Ⅱ 2F
2014-05-25
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

八お野:お野菜だけでなく他のお料理も美味しい居酒屋。 

高砂の裏通りにお店があります。
「八百屋さん」が経営するお野菜を中心としたお店と耳にし伺いました。
店内はカウンター席とテーブル席、奥に個室が空利用にも思えましたけれど・・
ゆったりとした間隔が取られているのもいいですね。
ご夫妻でされているようですが、お二人とも感じのいい方ですよ。

前日まで要予約のコースとアラカルトがあります。今回は「アラカルト」で・・
お野菜だけでなく「魚」「肉」までメニューは豊富。

珍しい梅酒がありましたのでそれを・・
◆「あらごし梅酒」「はっさく梅酒」「ビール」・・
お通しの「煮びたし」も美味しい。

◆ホタルイカの酢味噌がけ・・酢味噌のお味が好みです。旬の「蛍烏賊」は味噌も美味しいこと。

◆ポテトと筍とアスパラのバター焼き・・旬のお野菜たちのバター焼きですね。
どれも食感がいいですね。

◆新ジャガイモ饅頭・アンチョビバターソース・・ジャガイモ饅頭はモチモチで、丁寧に作られているのが解る品です。
食感もお味もいいですね。アンチョビは余り感じませんけれどバターソースもいいお味でしたよ。

◆島ラッキョウの天ぷら・・本来は「味噌」を添えて出されるらしいのですが、
ご無理を言って「天ぷら」にしていただきました。
最近「島ラッキョウ」にハマっているのですが、美味しいですよ。

◆やさいほうば味噌焼き・・蓮根・人参・かぼちゃ・サツマイモ・ブロッコリーなど。
ほうば味噌のお味もよく美味しい。ご飯が欲しくなりますヨ・・^^


お料理も美味しくいいお店でした。
この日はランチを食べすぎまして余り頂けなかったので、そのうち再訪したいですね。

八お野
092-522-5099
福岡市中央区高砂1-18-4
2014-05-24
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

蓮双庭 :鉄人プロデュースの中華店で休日ランチを・・ 

鉄人「脇屋シェフ」プロデュースのお店です。
オープン当初に伺ったきりですから、久しぶりの利用になります。
ランチは以前利用した奥側ではなく、手前の開放感あるスペースで頂くようです。

単品料理もありますけれど、休日限定の「プレミアムランチ(1700円)」を頂くことに・・
メインは「タンタンメン」や「炒飯」「焼きそば」などから選べます。

◆WAKIYAさん名物の「前菜」盛り合わせ。
鶏の蒸しもの・里芋饅頭・麩・海老の辛子味噌がけ・クラゲ頭の酢のもの・花イカなど。
どれも一口サイズで無難に美味しい。

◆白胡麻風味のタンタン麺・・WAKIYAさんといえばコース最後の担担麺も有名です。
これはその中でも辛味を抑えゴマの風味を味わえる品ですね。

◆炒飯・・ボリュームがありますよ。
ただお味付けが薄めで「主菜」と共に頂くのならいいですけれど、これだけではお味が薄すぎて・・

中華店にしては珍しく卓上に調味料がありませんので「塩」と「胡椒」をお願いしましたら、
小皿で出されました・・

◆ドリンクもセットになっていますので「アイスコーヒー」を。
量もタップリあるのがいいですね。


福岡では安くて美味しい担担麺屋さんも多いですし、、雰囲気重視の方向きですね。


蓮双庭
092-411-4188
福岡市博多区博多駅東2-7-27 テラソビル 2F
2014-05-23
ランチ(中華) | トラックバック(-) | コメント(-)

はた寿司:ネタが新鮮で厚い、CPの高いお鮨屋さん。 

情報誌を見て以前から気になっていまして・・
唐津に行く用事の折に伺いました。
何でもネタが新鮮で大きく、それに安いとか・・これは気になりますね。^^

◆上にぎり(2000円:税別)・・出された途端「ワッ、ネタが大きい!」
下右の写真「カンパチ」に指を添えてみましたので大きさが解りますかしら・・
「車エビ(まだ御存命でした)・カンパチ・人気のアナゴ1本・ホッキ・ウニ・イカ・鮪・鯛。お吸いもの付。
どれも切り身が厚いのですよ。中でも「カンパチ」の厚みは1cm近くありました。
人気のアナゴ、フワフワ感もあり美味しい・・
シャリはおにぎりのようでしたが、ゴチャゴチャいうのは失礼ですね。
半分でお腹一杯になりました・・

◆中にぎり(1300円)・・これお得ですよ。上握りでなく、これで十分だと思いました。
アナゴ・鮪・海老・サーモン・ウニ・カンパチ・蛸。男性でも十分な量です。
老舗だけあって「お吸い物」もいいお味です。

オープン時間に伺いましたら、閉まっていたのです。この日は仕出しでお忙しかったようです。
でも折角福岡からここまで来たのだからとお電話しましたら、開けて下さいました・・m(__)m

「のれん」を出すと、すぐにお客様が入ってきます。
地元での人気が解りますね。殆どの方がメニューも見ずに「上にぎり」を頼まれていました。
高級なお鮨屋さんもいいですけれど、こういう良心的価格で愛されているお鮨屋さんも、、いいですね^^
平日は20食限定でお得なランチ(700円)もあります。

はた寿し
0955-75-3425
佐賀県唐津市西寺町482
2014-05-22
鮨・寿司(ランチ) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター