東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

京都ホテルオークラ :朝食のご紹介。 

時系列が前後してゴメンナサイm(__)m
今回の京都旅は紅葉の季節でしたので「宿」探しが大変でした。できれば「美山荘」さんに連泊したかったのですが、叶わず・・
6月の時点でこちらも残り1室、ギリギリセーフですね。
阪川さんでお食事をした後、深夜にチェックインしましたので、お部屋の写真を撮る気力もなく・・
朝食だけ、、ご紹介します。
和食とbuffetスタイルの洋食の2か所で頂けますが、コーヒーが飲みたいので、buffetへ。
混み合う季節だけあり、スゴイ行列。和食にすべきでした><

定番の品が並んでいます。オークラ名物の「フレンチトースト」もありましたが簡易版。

こんな感じで頂きました。簡易版フレンチトーストは家庭的な品ですね。

朝食buffetに関しては前回のANAの方が品数も多く美味しいと思います。
ただ、お部屋はこちらの方が広めでした。

京都ホテルオークラ (HP)
075-211-5111
京都市中京区河原町御池 京都ホテルオークラ
2013-11-30
ランチ(ビュッフェ) | トラックバック(-) | コメント(-)

三木SA宝塚ホテル:珈琲はお代りできます。 

時系列が前後してゴメンナサイ。
宝塚ホテル、、「宝塚歌劇」好きだった母に連れられ歌劇を観た後、子供のころ何度か利用した事や、
大学時代友人と伺った折「カツサンド」をオーダーしましたら、普段着の学生達を見て「時価になりますが、宜しいですか」と聞かれたのを思い出しました。f^_^;)
こちらは三木SAにあるお店です。
福岡から延々車で走ってきまして(途中休憩は入れています)、こちらで朝食を頂きました。

◆和朝食・・「鮭」など定番の品が並びます。
こういう切り身は切るのが難しいだろうと感心するほど、どこのお店も薄いですね。><

◆お粥定食・・5分粥程度のお粥です、水分が多くシャブシャブでした。副菜も少ないので、イマイチ。

食後の珈琲は150円で頂け、無料でお代りできました。これは嬉しいかも^^
珈琲のお写真撮ったつもりでしたが、見当たりません、、何処へ><

三木サービスエリア宝塚ホテル
兵庫県三木市大村字大門1067-110山陽自動車道・三木サービスエリア上り
電話番号0794-86-0333(代)
2013-11-29
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

ひらまつ博多:第5回オールシェフズディナー。 

10月にリニューアルオープンされた「ひらまつ」さんへ伺いました。
ポールボキューズ、ASO,ひらまつのシェフが競演される「第5回オールシェフズディナー」での利用です。
待合室は以前よりスタイリッシュな空間になっていました。
内装は「大地真央」さんのご主人が手掛けられたそうです。

今回の「メニュー」。

最初のワインはこちら。少し甘口ですが飲みやすいですね。パンはいつもながらに美味しい。

◆ボールボキューズのシェフのお料理。「大分産すっぽんのスープとパイ包み焼き、自家製柚子胡椒を添えて」
「亀ではなくスッポンです」と説明を受けましたが、確かに頭がとがっていて「すっぽん」の姿ですね。^^
スープも優しいいいお味ですし、パイ包み、添えれらたバジルかな、、のソースも美味しい。

◆次も「白」、、先ほどよりは少し辛口ですっきりした味わい、、飲みやすいワインです。

◆ASOのシェフのお料理。「鱈のヴァボーレ ボルチーニのリゾットと白子のグリエを添えて」
ASOらしい盛りつけですね。白子は軽く焼射てあります。リゾットも軽くチーズの風味がして美味しい。

◆「赤ワイン」・・少し酸味・渋みを感じますね。

◆メインは「鴨」でしたので「魚料理」に変更していただきました。
平目の塩が少し強いのが気になりましたが「パイ」はサクサクで美味しいですよ。

◆ひらまつのシェフのお料理。「シャラン産鴨胸肉のロースト その血入りソース」
本来のメインです。鴨は薄めのスライス。ソースは肝も入っているようですよが、生臭さはないらしい・・

◆ひらまつの女性パティシエさが作られた「紅玉のタルトタタン バナナのアイスクリームとパッションフルーツのソースを添えて」・・飴で紅玉が作られていますが、これ作るのが面倒なのですよ。
飴細工、、私は苦手でした>< 丁寧に作られたのがよくわかりデザートです。

◆小菓子と珈琲


リニューアルオープンされたばかりですので、お料理が遅いなど手際はよくなかったですけれど、
4名のシェフのお味、、楽しませて頂きました。

レストランひらまつ博多
092-263-6231
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン 6F
2013-11-28
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

サンパレスLagoon:大食い挑戦! 

「サンパレス」、、コンサートではよく伺うのですが、レストランは利用したことが無くて・・
マリンメッセで開催された「キャンピングカー展示会」の後で伺いました。

面白そうなメニュー発見。^^

◆横綱丼(1600円)・・天丼と牛丼のコラボです。ご飯の量は600g(通常の3倍)だとか・・
上の写真の右上にコーヒーミルクを置いてみました。この丼の量の凄さが解りますかしら。
お味的には、、普通だそうですよ。

◆3役カレー(1900円)・・少食ですのに「無謀」にもオーダー致しました。フフ・・
後から来られた3人家族の方は一つだけ注文して分けていらっしゃいましたよ。
「キノコの山」、、ではなく「ご飯の山」が、、ひぃ、ふぅ、みぃ、、さてどうしましょ。。
カレーは「竹炭を使用した黒カレー」「牛たんカレー」「グリーンカレー」の3種類。

ご飯にはそれぞれ「トッピング」が添えられ、されにボリュームアップ。
カレーはどれも美味しいですけれど「グリーンカレー」、好みでございます。
見た目とは違い、、スゴク辛いのですが、魚介の風味が口に広がります。美味しい、辛い、、を叫んでおりました。
でも無謀なことは「胃」が許さず、、ご飯は1山がやっと、、モッタイナオバケに叱られそうですm(__)m

300円でドリンクバーが付けられます。オレンジジュースが美味しかったですよ。


思いがけず「カレー」が美味しかったですね。
とてもお相撲さんにはなれないと、、実感いたしました。エッ、女人禁制でしたっけ・・

*後日「グリーンカレーのレトルト(600円)」を購入しました。
レトルトは「魚介」ではなく「チキン味」で、辛さもお味も微妙に違います。
お店で召し上がることをお勧めします。

ラグーン
092-272-1488
福岡市博多区築港本町2-1 福岡サンパレスホテル&ホール 1F
2013-11-27
カフェ・軽食 | トラックバック(-) | コメント(-)

白金茶房:朝8時からオープンしているカフェ。 

白金酒店でワインとお食事を楽しんだ後、場所を移してこちらで「デザート」を頂きます。
こちらは同じ建物内ですが、会員でなくても利用できます。
朝8時から営業されていて「パンケーキ」や「パスタ」などカフェメニューがあります。
1F,中2F,2Fの構成です。中庭に面した2Fのお席を利用しました。

◆チーズケーキとバニラアイス・・チーズケーキは濃厚ですね。
バニラアイスもビーンズタップリですが、練乳も使用されているように感じました。
このケーキ皿も「一枚板」、、錫で作られたカトラリーも素敵です。

◆珈琲は「浅煎り」「中煎り」「深煎り」から選べます。食後ですので「浅煎り」を。美味しい珈琲でした。

日中はまた雰囲気が異なるでしょうけれど、女性同士で軽くランチにもいいのじゃないかしら。

白金茶房
092-534-2200
福岡市中央白金1-11-7
2013-11-26
カフェ・軽食 | トラックバック(-) | コメント(-)

白金酒店:会員制ワイン割烹。 

10月にオープンされた「会員制ワイン割烹」です。
平尾の「鮨麻生」と同じ「博多廊」プロデュース。
ご案内を頂いていましたが、
オープン直後よりも1ヶ月ほど経過した方が落ち着くかな、、と思いまして。。
薬院駅から徒歩7~8分、「老舗料亭:和多伴」のお隣です。
入口のインターフォンで名前を告げると、ドアが開けられます。

中に入ると、壁一面のワインが壮観ですよ。店内もスタイリッシュ、カウンター16席のみです。
オープンキッチンの後ろに並ぶのは「燻製機」、、麻生さんの「氷冷蔵庫」といいこちらはこだわりがスゴイですね。これだけの内装、、福岡では少ないでしょう。

料理長さんのご挨拶から始まります。
アラカルトもあるようですがコースを頂きました。コースは7000円と10000円の2種類。
今回は10000円のコースです。
ワインは解りませんので、お料理とマリアージュして4杯頂けるものにしました。

◆最初に「スパークリングワイン」・・少し甘口で飲みやすい。
写真の編集上一緒にまとめましたが、同時にではなく、お料理に合わせて出されました。
◆ドイツ産白ワイン:こちらはスッキリした味わいの辛口です。

◆白子のあられまぶし、蕪のポタージュ・・白子はクリーミーです。蕪の甘さが程良く美味しい。

◆オードブル・・牡蠣の燻製オイル漬け、ブルーベリーのクリームチーズ和え、スモークサーモン、鴨の燻製、燻製チーズ、レバーペースト。こちらはキッチン後ろにある燻製機で作られるそうですが、どれも美味しい。
なかでも「牡蠣」と「ブルーベリー」が気に入りました。^^
一枚の「木」で作られた台も素敵です。

◆蛤ワイン蒸し・・大きな蛤です。この大きさは以前「鮨おさむ」さんで頂いて以来ですね。
ガーリックを効かせたスープは「蛤」のお出汁と相まって美味しい。

◆湯引きふぐ・・上に掛けられた「ポン酢ジュレ」もいいお味です。こちらは器が素敵ですね。

◆次も「白」、、先ほどの方が好みです。

◆串揚げ・・コース内で串揚げが出されるのは珍しい。どれもひと手間加えてあり美味しいですよ。
「帆立の甘酢餡かけ」「無花果の生ハム巻き(だったような)」「・・・忘れました」

◆天井が高いので開放感がありますね。
口直しの「菊菜」のおひたし。

◆赤は2種類用意されました。左は「ブルゴーニュ」、右は「チリ」。ブルゴーニュの方が好みです。

◆佐賀牛・・脂の乗った美味しいサーロインです。ソースも絶妙。

◆ふぐのリゾット・・黒コショウが効いています。


雰囲気も指摘ですし、ボリュームもあり、美味しいお料理でした。
ワインが充実していますので、ワイン好きな方にもいいですね。
また、伺います。

白金酒店
092-534-1200
福岡市中央区白金1-11-7
2013-11-25
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

美東サービスエリア(上り線):名物坦々麺。 

24時間営業のSA。
改装中で「仮設定店舗」で営業されていました。
特にお腹が空いていた訳でもないのですが、、
スナックコーナーへ立ち寄るとツイツイ、、食べてしまうのです><
最近の券売機はススンデいますね。発見と同時に厨房へオーダーが伝わるシステム。。
滅多に券売機を利用しないので、ビックリしました。

◆坦々麺が「名物」らしいので、それを・・
先ず目に入る立派なほうれん草。。
ゴマも使用されているのですけれど、不思議な味わいのスープ。濃厚さ・辛さ控えめです。
麺はちぢれ麺です。

◆かき揚げうどん・・汁のお味は濃いめですね。可もなく不可もなく・・

ナンダカンダと言いながら、完食してしまい・・
深夜に麺類・・太ります><

美東サービスエリア(上り線)
08396-5-0161
美祢市美東町真名646 中国自動車道 上り 美東サービスエリア
2013-11-24
ディナー(麺類) | トラックバック(-) | コメント(-)

ひさ田:岡山で一番人気のお鮨屋さん。 

「美味しい」と聞けば全国の「鮨」を食べ歩く、、無類の鮨好きの主人が以前から行きたいと言っていたお店です。京都からの帰りに立ち寄りました。
辺鄙な場所にありますのに、、この人気。スゴイですね。
予約時のお電話の印象は、丁寧でとても感じがいいものでした。
もう少しご年配かと思いましたら、お若いですし少し印象が異なりました。

◆イイダコ・・大きなイイダコですね。「蛸」で有名な明石辺りの品かしら?
大根おろしで頂くのでサッパリしています。

◆こちらの名物らしい「吉田牧場のモッツラレチース溜り漬け」、、ワサビを乗せて頂くとお酒がすすみそうですヨ。吉田牧場の「カチオカヴァッロ」も一度食べてみたいのです。
今のところ「愛知県・サントルチオ」さんのが気にいっています。

◆軽く炙った「鰆」。「鰆」好きとしては嬉しいかな。

ここから「にぎり」、シャリは一般的。煮切りを付けてだす「江戸前スタイル」です。
◆烏賊・鯛・蝦蛄・カマス

◆鮪のヅケ(綺麗な赤身で美味しい)、車エビ(半生で身を開きシャリを包むようにして出されます、面白い)、赤貝、「身を削ぎ切りにした鰆」。

◆蛤、カマトロ(トロ好きとしては、ウ~ン)、鯖(イマイチらしい)、私には「小肌(軽めの昆布〆)」

◆太刀魚(これは火を入れ過ぎだと思います)、「海鰻」、「いくら(美味しい)」「芽ネギ(サッパリしていいですね)」

◆客の前で焼かれる「玉子焼き」、関西風の出し巻で美味しい。
「3年もの沢庵」とハーブの手巻」は、主人が苦手だったそうです。
「自家製餡団子」


地元の「魚」を使用され、創作的な鮨が多いので楽しめます。
他の方も書いていらっしゃいましたが、地元の方ならともかく私共のように遠方から伺うと、期待値が高いのです。
ましてや「岡山1位」となると、、おのずと。。
勝手に過度に期待して伺う訳ですので、その点は申し訳なく思います。
鮨はその時の「食材」により印象が左右されますので、、一概には評価しずらい面もありますが、
この時は期待した程ではありませんでした。
握りの強さがバラバラなのも気になりました、、中には食べずらい品もありましたし・・
玉子焼きのパフォーマンスなど、、客を楽しませようと言う気遣いは伝わります。
また、この日たまたまかもしれませんが、女性スタッフさん(一人は奥様かな)への叱責(言葉が強いのです)も、、同じ女性としてはいい気分ではなく。叱責は、客の前で見せるものではありません。
お値段も手頃ですし、伺いたかったお店ですので、その点は満足ですけれどね。

ひさ田
0869-55-8585
赤磐市桜が丘西9-1-4
2013-11-23
岡山グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

比良山荘:山間に佇む料亭で「秋の味覚」を満喫。 

グルメな方から教えて頂き伺いました。
京都市内から車で40分ほどですね。歴史を感じる佇まいです。

なるべく椅子で、、とお願致しました。池には「鯉」が泳いでいます。。

お昼は5000円程度の手頃な品もありますが、、、
こちらまで行く機会は滅多にめじありませんので,お昼にしては贅沢なコースでお願しました。
きのこの白和え・・優しい味わいです。

◆八寸・・美しい。「松茸照り焼き」「茗荷鮨」「辛子大根」「川海老」「黒皮茸の天ぷら」「鮎なれ鮨」
丁寧に作られています。味わいが異なるので楽しめます。

◆「鯉の洗い」と「琵琶湖の鰻」・・鯉は臭みが全くありません。酢味噌の辛みも程良いですが、骨の処理がよくなく舌に触るのが少し難点かな。琵琶湖の鰻は噛みごたえがありました。


◆松茸土瓶蒸し・・岩魚が入ることでより旨みが増しますね、美味しい。

◆子持ち鮎、塩焼

見るからに香ばしくて美味しそう、すごい「卵」ですよ。「蓼酢」の酸味も程良いですね。「うるか(鮎の内臓)」を付けると独特の苦みがまた美味しい。

◆子持ち鮎の香味焼き・・美味しいのですが「鮎」が続くのでなく、別の品の方が嬉しいような。

◆「秋満載のお料理」、、思わず「歓声」が出ます^^

今回の「旅」では一番大きな「松茸」でした。「揚げ栗」「しめじ」「銀杏」なども美味しい。

大きさが解るように「指」を添えてみたりして・・

◆軍鶏とキノコの鍋

「軍鶏」は身が引き締まっています。すき焼き風に「卵」を付けて頂くのですが、この卵が美味しい。

◆鮎・松茸ご飯・・高級食材のコラボ。贅沢ですね^^

◆お焦げも美味しい。汁ものは「鯉こく」でした。

◆栗餡の入った葛饅頭。


全国からグルメな方々や料理人さんまでがいらっしゃるとか・・
「鮎」と「松茸」、、堪能させて頂きました。
※サービス料15%加算されます。

比良山荘(HP)
077-599-2058
滋賀県大津市葛川坊村町94 比良山荘
2013-11-22
滋賀グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

阪川:一見も寛げる美味しい割烹。 

「サンボア」さんでお酒を楽しんだ後(順序が逆ですが><)、、徒歩1分のこちらへ。

「写真撮影の可否」を伺いましたら、
カウンターでの写真撮影はご遠慮くださいと言われましたので、、写真はありませんm(__)m
お料理は「アラカルト」とコースです。
コースは3種類、予約時に一番上のコースでお願いしました。

カウンター席のほかに2階に個室もあるようですが、こういうお店はカウンターが楽しいですね。
写真がありませんので、お料理や出された順番はうろ覚えですm(__)m

◆最初に「日本酒」を・・辛口でスッキリした味わいでした。次に「白子酒」を頂きました。
◆松茸と水菜の煮びたし・・優しい味わいです。
◆昆布〆鯛の山かけ・・軽めの昆布〆です。
◆刺身盛り合わせ・・ウニ(北海道産:綺麗で甘い)、鯛(熟成度も良く美味しい。通常の倍はある大きな切り身です)、烏賊。
◆蕪蒸し・・中には鰻が杯ぅていました。蕪の優しい甘みと出しの旨みを感じます。
◆もろこ・・時間をかけてゆっくり焼かれます。内臓の軽い苦みも美味しい。
◆焼きマツタケ・・今年不作だという貴重な「丹波産松茸」が出されました。美味しい。
◆無花果の酒蒸し・・無花果をこんな形で頂くのは初めてですが、お酒に合います。
◆松茸土瓶蒸し(鱧入り)・・お出汁が美味しい。松茸と鱧、、最上ですね。
◆子持ち鮎の煮物・・鮎を煮物で出されたのはこちらだけですが、お味付けが好みでした。
◆せいこ蟹・・内子、卵、身もタップリです。越前蟹も美味しいですが、メスの「せいこ蟹」の方が好きです。
関西にいる頃は毎年福井の親戚から送って頂いていました。
◆ちりめんじゃこご飯
◆デザートは「果物のゼリー寄せ」

どれも美味しいそ料理でした。写真が無いのが勿体ないくらい、、
ご主人は闊達で感じのいい方で、居心地がいいですね。それにお料理の出され方も「キップ」がいい。
常連さんに愛される理由が解りますよ。
こちらでも常連の方々と楽しく歓談させて頂きました。
関西の方は人懐っこいと言うか気さくな方が多いですね。
BARでもこちらでも、偶然ご一緒したご婦人の気質が愛らしいこと。^^

こちらはアラカルトも充実していて「ステーキ」や「フカヒレ」までありましたヨ。
次回は「アラカルト」もいいですね。また、伺います^^
こちらで常連の方が羨ましい^^

阪川
075-532-2801
京都市東山区祇園町南側570-199
2013-11-21
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター