東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

担々麺ふくろう :担々麺好きの足が止まって・・ 

とある夜更け、、BARに行こうかとフラフラしていましたら「担々麺」の文字が・・
担々麺好きのオットットが見逃すハズがなく、、お邪魔しました。^^
カウンターとテーブル席が一つあり、ご主人お一人でされています。

◆担々麺+ホルモン串1本+好きなドリンク=1000円を発見。ドリンクはビールを。

辛味噌がタップリのせられていて、美味しそうですヨ。担々麺好きが好みだと申しておりました。^^
スープはゴマの風味もよく、程良い酸味です。

◆焼き飯(550円)・・アラ、美味しい。パラパラの炒飯ではなく、どこか家庭的な炒飯ですけれど、お味もしっかりしていて、いつの間にか完食、、でしたワ。フフ♪

たまたま入ったお店が美味しいと嬉しくなります。^^
「BARで軽く1杯」のつもりが「お腹一杯」になりましたので、、、家路へと・・

担々麺ふくろう
092-716-9388
福岡市中央区薬院2-2-2
2013-10-31
ディナー(麺類) | トラックバック(-) | コメント(-)

門際飯荘 :手軽に「北京ダック」を。 

「北京ダック」好きなのです。あのパリッとした食感と、ほんのりした味噌の甘さが何ともいえず・・
「鶏」系苦手だと言いながら、身勝手な好き嫌いなのですよ。
主人が手頃に食べれるお店が出来たらしいと申しますので、伺いました。
開放的な店内ですね。奥には個室もあるようでした。
「北京ダックランチ(1680円)を。

◆お水ではなく「ウーロン茶」が出されるのは嬉しいですね。
最初に「水餃子」・・鶏ミンチが入っていますが、引きが粗いのかたまに硬い部分があり口に残りますね。
鶏だしスープは普通に美味しい。

◆北京ダック・・中国の方は「身」が付いたものを召し上がりますが、私は「皮」だけを頂くのが好きです。
でも、その日の仕込み具合いによるので、選べないとのこと。身が付いたものと「皮」だけのものが出されました。
このお値段ですから、本場で頂く品と比較するのは失礼ですので詳しい感想は控えますが、ソレナリです。
もう少し小さく切って出して下さったほうが食べやすい。

◆「テンメンジャン」「辛みそ」共にいいお味です。カオヤーピンは一人3枚。追加は1枚50円だそうです。

麺・ご飯ものは4種類から選べます。
◆あんかけ炒飯・・餡は甘みが強すぎて、途中で飽きます。
スープも甘めですので、こちらは全体的にお料理が甘口なのかな。
「サラダ」「小鉢」が付きます。小鉢はそれぞれに違う品を出してくださるという気遣いはいいですね。

◆海老炒飯・・見た目がよくないですね。これに限らずこちらは盛り付けが「雑」な印象。
お料理は見た目も大切ですので、勿体ないと思います。
これは、ほんのり塩味程度でお味が薄いのです。ラー油、お醤油をかけて頂きましたが、、、><

◆杏仁豆腐


お味が合う方には、手軽に「北京ダック」を頂けていいかもしれませんけれど、、
残念ながら、好みではありませんでした。

門際飯荘
092-262-2245
福岡市博多区冷泉町4-12
2013-10-30
ランチ(中華) | トラックバック(-) | コメント(-)

味竹林:ランチの方が印象がよかったですね。 

ランチの印象がよかったので「夜」伺いたいと思いながら1年半近く経ってしまって。。
夜のコースは「6600円」「8000円台」「11000円」。折角ですので11000円のコースを頂きました(要予約)

まずは「ビール」と「梅酒」・・梅酒は以前「鮨おさむ」さんで頂いた「梅酒」と同じメーカーの品でしたので楽しみでしたが、、別物でした。><色んな種類があるのかもしれません。
◆最初に「無花果の八丁味噌がけ」・・味噌は少しピリ辛で美味しいですね。
「ワタリガニと式部草」の酢のもの・・酢が強くなく優しい味わいです。

◆「子持ち鮎と栗の渋皮煮」「枝豆と何とか茸」「厚焼き玉子、山芋」・・どれも丁寧に作られていて美味しいですよ。

◆お刺身・・「赤ウニ」「イカ」「カンパチ」「鰹」など。カンパチには丁寧に隠し包丁がされ食べやすい。
烏賊が甘くて美味しいですね。

◆「黒糖焼酎」
「ウイングビーンズ」・・別名「四角豆」と言うそうです。サヤの形から名づけられたようですよ。
調理は「簡単に油炒め」だそう。少しゴーヤのような苦みがありました。

◆「松茸土瓶蒸し」・・松茸と海老が入っています。松茸の風味が出しによく出ていて、美味しい。

◆「カラスミと百合根」・・下には少しご飯があります。以前長崎で「生カラスミ」を購入してご飯と共に頂き美味しかったことを思い出しました。カラスミは百合根とも合いますね。

◆カマスの塩焼き・・カマスに丁寧に隠し包丁が入っていますので食べやすい。

◆炊き合わせ・・揚げ・大根・ゴボウ・かぼちゃなど。よくお味が浸みていますね。お揚げが美味しい。

◆帆立の柿の種まぶしあげ・・食感が面白い品です。タレも「青トウガラシ」を使用されていてエスニック風。

◆「キノコの炊き込みご飯」
コースの中に少しお肉を、、とお願いしていましたので、どこで出されるのかと思っていましたら「ご飯」と共に出されました。
「キノコの炊き込みご飯」は〆で頂くご飯としては、お味が濃いかな。。
フィレ肉は塩・胡椒のみで調理されています。柔らかいですよ・

◆デザート、、販売されている「ちりめん山椒」を購入。


「創作和食」的な華やかな品々ではありませんが、丁寧に作られたお料理です。
お料理は無難に美味しいのですけれど、以前伺った時のような感動が今回は、、余り。。
勝手に期待し過ぎたのかもしれませんが、少し、、残念でした。

味 竹林
092-712-1051
福岡市中央区大手門1-3-3
2013-10-28
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

晩菜 井の:ビルの奥にある隠れ家的居酒屋。 

通りがかりに「おでん120円~」という表示に魅かれて入りました。
狭い通路を入った奥にお店はあります。

◆「ビール」「焼酎」、、お通しの「おぼろ豆腐」、、ポテトサラダ。ポテトサラダは卵が入った家庭的なお味でした。

◆「おでん(つみれ・厚揚げ・大根)・・ツミレは少し硬いですが、厚揚げはお味がよく浸みていて美味しい。
「串あげ(帆立・アスパラ肉巻きだったような)・・普通です。

◆クリームチーズ酒盗のせ・・お酒がすすむ品ですね。

◆牛すじ炒飯・・牛すじ、ガーリックタップリです。お味付けが濃いめですので、これもお酒に合うかも。

ご主人がお一人で調理されているので、供されるまでお時間がかかります。
酔い〆で軽く飲んでサッサと帰りたい私たちよりは、お酒を飲みながらゆっくりしたい方に向いていると思います。
お通し代は400円~500円程度だと思います。

晩菜 井の
092-751-5105
福岡市中央区赤坂1-10-7 スコーレ赤坂 1F
2013-10-27
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

カヨカリ:古民家で頂くスープカレー。 

スープカレーが食べたくなり伺いました。
外見は普通の家です。看板が無ければ「カレー屋」さんとは気が付かないですね。
中に入ると古民家し少し手を入れてお店にされたような印象。札幌の「奥芝商店」に似ています。
店長さんかな、、音楽をされていそうな雰囲気の女性がお一人でされていました。

カレー以外のメニューも色々あります「天むす」を置いているのが面白い。ケーキセットもありました。
スープカレーは具材を数種類のトッピングから選びます。トッピングは追加できるようですよ(要追加料金)
折角ですので別々の品を頂こうと「スープカレー(ベーコン)800円」と「海老のグリーンカレー(800円)を。

◆「スープカレー(ベーコン)800円」・・お野菜は揚げてありますね。
札幌のスープカレーと比べるとお野菜は少なめです。カレーは程良い辛さで食べやすい。
福岡で頂くスープカレーとしては、美味しいのじゃないかしら。

◆海老のグリーンカレー・・メニューに「青トウガラシをすりつぶして入れている」と記載されていましたので、相当辛いかと思いましたら、ココナッツベースですので、、マイルドでした。
揚げた海老5尾とお野菜が入っています。これも食べやすくて美味しいですよ。


お一人でされていますので、提供されるまでお時間がかかります。
利用される時には、時間の余裕を見てくださいね。

カヨカリ
電話番号は非公開です。
福岡市中央区高砂1-18-6
12:00~15:00
18:00~24:00
ランチ営業、夜10時以降入店可
2013-10-26
ディナー(インド料理他、各国料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

割烹よし田 :名物「鯛茶」 

ここの「鯛茶」は美味しいと勧める方が多いので伺ってみました。「鯛」大好きなのですよ。
実は電話応対が余りにも、、でしたので行こうかどうか迷ったのです。
実際にお店に伺った方が、接客の印象はよかったのですけれど。。
お店は「明治通り」興銀ビルの角を入った所です。
老舗らしいお店構えです。

◆鯛茶(1050円)、と天ぷら(1050円)を頂きました。
鯛茶1.5倍(1570円)もあり男性グループはそちらをオーダーされていましたよ。
胡麻醤油タレに漬けて出されます。ごまだれは意外にもゴマが濃厚ではなくシャブシャブ。
切り身が少ないので、鯛茶お好きな方は1.5倍にされた方がいいかも。
ご飯は「お櫃」で出されますが、お代り可能です。
最初はお茶をかけず、そのまま頂きました。
名物を頂いただいた感想は、、普通、、ですね。
タレ漬けですので「鯛の甘み」も感じられませんし・・(-。-;

◆鯛茶だけでは物足りないので、天ぷら(1050円)を頂きました。
このお値段で海老4尾出されるのは嬉しい。衣は薄めでカラッと揚がっています。

次に「お茶」をかけて頂きます。タレは多めに入れたほうがいいですね。
テーブルに「鯛ふりかけ」が置かれていたので、それも入れるといいお味になりました。

地元の方より、スーツケースを持った観光客の方が多いですね。
福岡の名物、、楽しませて頂きました。

割烹よし田
092-721-0171
福岡市中央区天神1-14-10
2013-10-24
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

リストランテ木下:秋の食材満載の美味しいお料理。。 

最近「イタリアン」巡りをしています。
福岡に来た当初は美味しいお店に出会えずガッカリしたのですけれど、今では美味しいお店が増えましたね。
こちらは薬院駅から徒歩で10分ほどでしょうか。この周辺は飲食店が多いですね。
お洒落な店内です。椅子等の調度品も高級感がありますよ。余談ですがトイレがとても素敵でした。

コースは2種類です。
キノシタのコース 5,000円、秋の味覚満載コース 6,500円 ( 税・コペルト込・前日までに要予約 )
今回は「秋の味覚満載コース 6,500円」を頂きました。
ワインはコース料理を予約すると通常3杯(スパークリング・白・赤)2100円が1000円で頂けると伺い、それを^^
◆最初は「スパークリングワイン」です。軽いテイストの飲みやすいワインですね。
このお値段ですから量を少なくされるのかと思いましたら通常でした、、嬉しいですね。
お料理は「赤ピーマンのムースとコンソメジュレ、うに添え ・・滑らかなムースの舌触りもいい美味しい品です。
ウニはミョウバン臭が強く一瞬「??」と思えますが、アミューズですから。。

◆前菜プレート・・こういう風に少しずつ出されるのって嬉しいのです。
左上から覚えている範囲で書きますね。ウロ覚えですので名称が違ったらゴメンナサイ、、です。
自家製ハムいちじくのせ、自家製パテ、野菜のバーニャソースかけ、蛸のジェノベーゼ、鰯のマリネ・下には黒米、自家製スモークサーモン
下左から
ささみの黒オリーブ和え、自家製オリーブ、自家製モッツラレチーズ・乾燥トマト添え、カボナータ・ゲソ添え、鰻の??、豚肉入りコロッケ。
どれも丁寧に作られていてとても美味しい。

◆お魚料理は「甘鯛」、ソースはビーツです。大きめの切り身ですのでボリュームがあります。
ビーツは色の印象ほどにはお味は濃くありませんので、アマダイの甘みを消すことはないですね。

◆熊本赤牛のタリアータ、赤ワインソース イタリア産栗のピュレを添えて
これ美味しい。お肉が柔らかくて甘いですよ。赤ワインソース、、このところ少々飽き気味で余り美味しく思えなかったのですけれど、コチラのは久しぶりに美味しいと思えました。
少し甘めですけれど、後口がとてもいいのですよ。
添えられた「イタリア産栗のピュレ」を付けて頂くとまた美味しいのです。

◆ポルチーニ茸たっぷり手打ち平麺タリアッテレ ・・旬のポルチーニ茸、美味しいですよ。平麺は余り好みませんけれど、この程度の太さですと美味しく頂けます。秋を感じる品ですね^^

◆デザートは数種類から選べます。「無花果のコンポート」とマロンクリームとサクサクパイ、ほろ苦いキャラメルのジェラート」を。このパイ、、食感がサクサクでとても美味しいですよ。キャラメルのジェラートも秀逸でした。

美味しいお料理でした。^^
この内容で6500円と言うの満足度が高いですね。
警固で10年、ここに移転されて2年だそうです。どのお料理もお味が安定し美味しいのも納得です。
私もいいお店だと思いますが、主人が気に入ったようですので、、また、伺います^^

リストランテ木下 (ristorante Kinoshita )(HP)092-521-6767
福岡市中央区白金1-6-8
営業時間 18:00~23:00 (OS 22:00)
店休日日曜日  客席数16席
2013-10-22
ディナー(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨さかい:握りが美しい若手職人の江戸前鮨。 

東京で修業された方がお店を出されたとは耳にしていたのです。
オープン直後(7月3日オープンです)に行くよりも少し慣れられた頃にと思い、3カ月経過したこの時期に伺いました。場所は「元永」さんの隣ですね。場所を調べたとき、思わず笑ってしまいましたよ。
カウンター6席のお店ですが、お鮨屋さんとしては客側からすると嬉しい席数です。
腰が低く実直そうなご主人と可愛らしい奥様でされています。奥様の電話応対「素晴らしい!」と主人が誉めておりました。電話の応対でその店の姿勢が解りますから、、、顔が見えないだけに大切ですね。

お料理は「ツマミ+鮨」で10000円のお任せのみです。
先ずは「ビール」を頂き(写真は小です)、、
◆「蛸の柔らか煮」「銀杏」「甘鯛」など。どれもお人柄を反映して優しいお味です、、美味しいですよ。
少しずつ「ツマミ」が出されます。こういうスタイル好きなのです。

◆「いくら」・・下には酢飯があります。「アラ」・・熟成加減がいいですね。
「梅酒」と「焼酎」を頂きながら、、、

◆「メヒカリ」「イカの塩辛」「タチ」・・好きな品ばかりですよ、嬉しい^^
「メヒカリ」は先日他店で頂いた品よりも脂がのり、美味しい。
「イカの塩辛」は軽くワタで和えたと話されていましたが、これも優しいお味です。
「タチ(タラの白子)」・・チーズのようでした、、勿論美味しい。

◆「ツガニのなめろう」・・これ絶品です。ツガニの旨みが凝縮されています。

◆「アンキモ」・・滑らかでこれもチーズのようです。もう少し濃厚さが加わると尚美味しくなりますね。
主人には「鯖」、私は「鰯」を。「鰯」は見るからに綺麗ですが脂がのり美味しい。

ここから「握り」です。シャリは「赤酢」を使用されています。
◆最初に「イカ」甘いですよ。
「ガリ」、、これが少し残念でした。この系統のガリ「小倉のお鮨屋さん」でも出されましたが、少し浸かり過ぎで一瞬生臭さを感じてしまうのです。ガリ大好きの主人ですので、ちょっとガッカリしたようです。

◆「アラ」「甘鯛」「夏ふぐ」

◆「鰆のヅケ」・・甘みがあり美味しい。
「かすごの海老そぼろのせ」・・江戸前らしい魚です(鯛の一種ですね)、のせられた「そぼろ」も美味しい。
「コハダ」「山芋」

◆「唐津の赤ウニ」「車エビ」
「赤身のヅケ」「トロ」・・戸井産と言われたような。どちらも美味しい。

◆「アナゴ」・・ふわふわです^^
「かんぴょう巻き」・干瓢ってあまり好きではないのですが、こちらの葉美味しいと思いました。
「なめこ汁」追加で「鉄火巻き」を。

10000円でこれだけ頂ければ、満足度も高いですね(鉄火巻きは追加です)。
握りが綺麗です。福岡のお鮨屋さんは「握りがゆるい」お店が多いのですが、こちらは程良い。
福岡では去年辺りから鮨屋さんが何軒かオープンされましたけれど、接客面ではこちらが一番でしょう。
(他の新規店も伺っていますが、書いていない(書く気がしない)お店もあるのです><)
まだまだお若いご主人ですので、今後伺うのが楽しみです。
こちらも予約が取りずらくなるかも><

鮨さかい
092-726-6289
福岡市中央区赤坂3-13-31 朝日プラザ赤坂Ⅱ 1F
2013-10-20
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

風乃音:落ち着いた雰囲気で頂く創作和食。 

今回の「おなご会」はこちらで。場所は「フタタの裏」ですが、その説明ですと解りにくいので「串匠」と「信長」の道路を挟んだお向かいになります。

3000円のランチコースを頂きました。希望すればもう少し高いコースもあるようですよ。
6名でしたので、個室に案内してくださいました。
10月と言っても今年は暑い、、ビールでしょ^^
◆バターナッツかぼちゃのスープ・・アメリカ原産の瓢箪のような形をしたかぼちゃのポタージュ。甘みが強くて美味しいですよ。

◆平目のお刺身(二切れ)、野菜サラダの胡麻ドレッシングかけ・・平目は普通に美味しいかな。
お野菜は見た目通りです。

◆南関揚げの博多蒸し・・こういうお料理にしては珍しく「餡」のお味付けが濃い目で好みです。

◆かぼちゃコロッケ・・一口サイズの小さめコロッケです。中には「キノコ」が入っていました。ソースも自家製だそうですよ。
下の写真は最後に出された「デザート」です。写真が順序立ててなくてゴメンナサイ。
甘さ控えめの和風モンブラン風。

次にメインが来るのかと思いましたら〆のお鮨でした。
◆お鮨の盛り合わせ・・肉の炙り・ウニ・茄子・アナゴ・イクラ・カンパチなど。シャリは「バルサミコ酢」でお味付けがされています。創作系ですね。お魚類は熟成されていて、普通に美味しい。


お料理は丁寧に作られていますが、ポーションが少ないので、物足りない印象を受けました。
和食で3000円ですから仕方ないのかとも思いますけれど、出来ればお鮨の前にメインとなる品が一品欲しいですね。
通常の和食コースと思ったのは私たちの勘違いだったようです。
「お鮨」がメインでそれに数品付く程度と知っていれば、印象は違うと思いますが・・
友人たちも物足りなかったのか、次のお店でケーキを食べていましたよ。

風乃音
092-738-3321
福岡市中央区天神3-15-1
2013-10-18
ランチ(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

寅寅寅(とらさん):自家製一夜干しを頂きに。 

寅寅寅と書いて「とらさん」洒落たネーミングのお店です。
今回は酔い〆で伺いました。
こちらは美味し干物が頂けると耳にしていましたので、それ目当てです。
場所はふくろうが目印のイタリアン「グーフォー」さんの前です。
カウンター席と個室があるようで、今回は個室に案内してくださいました。
先ずは「ビール」と「ハイボール」・・ハイボールはもう少しウイスキー&炭酸を入れてくださると嬉しい。
かなり薄めでお水を飲んでいるようでした。

◆干物以外にも色んなメニューがあります。1軒目でお腹は満たされていますので、、軽くm(__)m

◆お通しの「水菜の煮びたし」「漬物盛り合わせ」「おにぎり」
お漬物は「高菜」メインで、少し古漬けと辛子風味の2種類のお味。この盛り合わせ、お茶漬けなら合うと思うのですが、ツマミで頂く品としてはどれもお味が強いですね。
「胡瓜」や「根菜」などの方がいいかも。
おにぎりはこのお値段(210円)で頂く品としては「具材」「海苔」共にタップリで美味しいですよ。

◆自家製干物「秋刀魚」「鰆」「メヒカリ」・・秋刀魚は「旬」だけあって脂がのり美味しい。
「メヒカリ」、福岡に来てから頂くようになりましたが、シシャモのお味を少し濃くしたような感じで好みです。
「鰆」は普通です。


ランチタイムは「干物」や「小鉢」がついたお得な定食があるようですヨ。

寅寅寅(とらさん)
福岡市中央区高砂1-23-12
050-5869-3411 (予約専用番号)
092-534-5722 (お問い合わせ専用番号)
2013-10-16
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター