東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

利尻「丸善」で「ウニ丼」堪能しました・・ 

トレッキングのガイドさんに「美味しいお店はない?」と伺ったところ教えていただいたのが「丸善」。
フェリー乗り場にあります。ちなみに利尻ではフェリー乗り場の周辺には食堂が何軒かあるけれど、
空港には喫茶や簡単な売店程度しかありませんので食事やお土産を買うには注意が必要ですね。

いわゆる食堂です。

P1090748.jpg
P1090747.jpg
P1090750.jpg

◆三食丼(イクラ、ウニ、カニ)・・2500円・・具材は新鮮で美味しいそう。
P1090751.jpg
P1090752.jpg

◆ウニ丼(2000円)・・ムラサキウニです。量もたっぷりでホテルの夕食のウニより美味しいですね。
これで2000円は安いですよ。
P1090753.jpg
P1090754.jpg

ここもおみそ汁はお吸い物に少し味噌を入れたような感じ。これが利尻のおみそ汁なのでしょうね。


食堂 丸善 (HP) 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町
      鴛泊港フェリーターミナル2階
TEL(0163)82-2822/FAX(0163)82-2826
2010-06-30

利尻マリンホテルでの食事のご紹介・・・ 

利尻の宿泊は「利尻マリンホテル」です。
ネットではお料理が美味しいと書かれていたので楽しみです。
ホテルの外観を見たとき正直がっかりしたのですが、部屋は思ったよりよかったですよ。

P1090628.jpg

着くや否やホテルの方が表にまで出迎えてくださり、その後もフロントの方々の接客は気持ちがよかったですよ。

さてさて「夕食」です。
レストランでいただくのですが、久しぶりに見る昔のような最初にほとんどのお料理が並んでいる光景。
これで期待が・・シボンダ・・

テーブルにはわざわざ個人名を入れた「献立表」があり気配りは感じられるのですが・・
P1090601.jpg

刺身とウニ、汁ものもすぐにきました。夕食後外出するような場所ではないのですから、もう少し食事を楽しませる配慮があってもいいのでは・・と思いますけどね。
P1090615.jpg

メニューには料理の順番が書かれていますが、一度に出すならどうでもいいような。
それと器がひどい!すべて安物です。これじゃあ折角の素材が泣きますね。美味しものも美味しく感じられません。
◆食前酒・・ハスカップワイン
◆ホッキガイマリネ、メカブ・・メカブは酢の具合も良く美味しかったですよ。
P1090604.jpg

◆たちかま(タラの白子のかまぼこ)・・食感は普通のかまぼこよりも柔らかいですね。白子はどの程度入っているのかな。
P1090612.jpg

◆生ウニ・・量たっぷりで看板メニューだけのことはあります。・・が「バフンウニ」が解禁ではなく「ムラサキウニ」だったのが残念。
P1090611.jpg

◆お造り(ヒラメ、ホタテ、サーモン、甘エビ)・・これは残念な品ですね。新鮮な魚が売りでしょうに、ホタテ、甘エビはいいとしても、ヒラメはひどい品でした。ヒラメ独特の甘みもなく、とても新鮮だとは思えないもの。
サーモンもギリギリですね。サーモンは一口いただいて「オヤッ味がおかしい」と思ってしまうと、貝に次ぎ頂けない魚だと思いますが、一口でダメな品でしたね。

もしかすると調理されてから時間が経った品だったのかしら・・
P1090618.jpg

◆毛ガニ・・これはこんなものでしょうね。
P1090602.jpg

◆ホッケ煮つけ・・ホッケの煮つけって初めてです。ほかの人に伺うと、北海道の人でも煮つけにすることは少ないそうな。理由として皮が汚いので見栄えがあるいことと、魚自体の味が強いので、味付けを濃くしなければならないからだそう。確かに見栄えもよくないし、味付けも甘みが強く濃いですね。
一口いただいてパス・・
P1090619.jpg

◆茶碗蒸し・・これも甘くて味が濃い。甘い玉子焼きを想像してくださると同じような味付けです。これもパス。
P1090613.jpg

◆うに玉汁・・これは薄味で美味しいですね。
P1090617.jpg

◆ご飯とみそ汁・・料理自慢と謳うホテルで、こんなに質の悪いお米を使ったらダメでしょ。つやもなくパサパサです。
みそ汁はほかの料理の味が濃いにも関わらず味噌が薄いのですよ。お吸い物に味噌を少し溶かしたような感じ。
でも次の日の昼食をほかでいただいた時も同じようだったので、これが利尻の味なのかもしれません。
P1090622.jpg

正直なところガッカリしました。一応品数はあるのだけれど、毛ガニやウニ以外はイマイチです。

次に「朝食」・・ネットでこんなに豪華な朝食はない・・と書かれていた方がいたのですが「これがですか??」と聞きたくなります。
P1090711.jpg

◆鮭の塩焼き
P1090712.jpg

◆烏賊の刺身・・これは美味しかった。
P1090713.jpg

◆茶碗蒸し・・底にウニが入っていたのでそれだけ頂きました。夕食ほど甘みは強くなかったですよ。
P1090714.jpg

◆タコとカニの焼きもの・・普通。

◆ご飯・・このご飯がひどかった。質が悪い上にちょうど底だったのか、オコゲ状の固い部分ばかり・・
変えて頂こうかと思いましたが、言うのも面倒。このような品を客に出す姿勢が信じられませんね。
P1090715.jpg

特徴もなく「烏賊」以外は家庭の食卓と変わりません。これをゴウカねぇ・・サクラチャンではないかと疑いたくなる。

朝食にはコーヒーがついたのですが「大豆を炒ったの?」かと聞きたくなる品でした。
P1090716.jpg

離島ですし食材も限られるなかでの献立は大変だとは思いますが、お料理を売りにするなら
せめて刺身は新鮮なもの、お米はいいものを使う位の配慮はしていただきたいですね。

最後のご飯が美味しいと満足感がアップすると思うのですが・・
最近はどこも工夫して特徴を出しているので、昔ながらのお料理ではいかがかと・・・
人員不足でお料理をすべて最初に出さないといけないのでしょうが、客の立場に立たないとガッカリさせるだけです。

フロントの方々の接客は丁寧で気持ちのいいものでした・・
温泉は一つだけで普通です。ただ化粧台が2台しかなく不便です。待たないと利用できません。

利尻マリンホテル(HP)

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町81-5
TEL 0163-82-1337
2010-06-29
北海道グルメ(その他) | トラックバック(-) | コメント(-)

北海道:利尻島へ行ってきましたよ。 

北海道でも北端の「利尻島」へ行ってきました。
利尻に行くには、千歳から飛行機を利用するか稚内からフェリーの利用になります。
今回は飛行機で・・50分ほどのフライトでした。

利尻島に近づくにつれ「利尻富士」が見えてきましたよ。まだ残雪があるのですね、キレイ~。
P1090758.jpg

空港に着くと「利尻富士」が正面に・・・荘厳ですねぇ。
P1090515.jpg
P1090518.jpg

レンタカーを借りて「利尻観光」に出発~~~
といっても1周53km:1時間程度の島ですからアッという間ですけどね。
こちらではまだ、タンポポや桜が咲いていました。日本は広いナァ。

先ずは「姫沼」へ。ここへは翌朝も来たのですが表情が全然違いました。
P1090632.jpg
P1090631.jpg

翌朝、ガイドさん付きの「早朝トレッギング(3時間:一人5250円)に参加して早朝4時過ぎに行くと・・
沼の表面が鏡になって、見事としか言いようのない光景!
この光景を見れただけで、利尻に来た甲斐がある・・・
P1090636.jpg
P1090637.jpg

オタトマリ沼
P1090561.jpg
P1090556.jpg

利尻山の中腹の駐車場から10分ほど歩いて展望台に・・いい眺めですよ。
P1090735.jpg
P1090738.jpg

利尻には高山植物も沢山あるのですよ。
早朝のトレッキングでガイドさんから説明を受けなながら可愛い花々を鑑賞しました。

利尻でしか見られないリシリヒナゲシ・・レモン色の可憐な花です。
P1090664.jpg
P1090666.jpg

ほかにも沢山・・
P1090645.jpg
P1090650.jpg
P1090657.jpg
P1090658.jpg

利尻富士を中心にある島なので、東西南北で天候が変わります。
霧もよく発生し、ここで暮らすのは大変だろうな・・


応援クリックしていただければ嬉しいです!
にほんブログ村 地域生活ブログ 九州情報へ



ブログランキング・にほんブログ村へ
2010-06-28
旅行記 | トラックバック(-) | コメント(-)

大通公園「大つけ麺博」に行ってきました・・ 

「大つけ麺博」とはどんなもンじゃと・・興味シンシンで行ってきました。
期間中、3期に分けていろんなお店が出店されるそうですよ。

P1090789.jpg
P1090787.jpg
P1090786.jpg
P1090800.jpg
P1090788.jpg
P1090791.jpg

人気店にはもう行列ができています。並んでまで食べようという意気込みに欠ける我が夫婦・・
空いているお店へと。アッ、先に食券買います、一杯800円ナリ。

私は「山嵐」というお店へ・・これが最初で最後のつけ麺というキャッチコピーに惹かれたのですが・・
「煮卵」を追加(100円)しました。つけだれは何が浮いているかと思ったら「背脂」らしい。さほどクドクはなく、
昔の屋台のラーメンのような味。麺は細めんです。美味しくないですねぇ。

P1090795.jpg
P1090797.jpg

オットットは名前に共感したのか「ブタキング」というお店をチョイス。
ここはチャンポンの麺のような太麺。つけだれは味噌や辛みの入った味。つけだれ自体はマアマアだけど、麺が美味しくない。
P1090801.jpg
P1090802.jpg
P1090803.jpg

マァ催しですからね。味ウンヌンよりも楽しむ場所かな・・・と。

大つけ麺博(HP)
2010-06-27
北海道グルメ(その他) | トラックバック(-) | コメント(-)

すすきの:居酒屋「たかさごや」・・ 

札幌もオシャレなお店が多いのですが、歴史を感じさせるお店「たかさごや」に行ってみました。
こういうキタナシュラン、ギリギリのお店も好きなのですよ。
P1090470.jpg

歴史を感じさせる「焼き台」・・炭火で焼くのですね。
P1090485.jpg

メニューの種類は意外に少ないかな・・
P1090473.jpg
P1090474.jpg
P1090476.jpg
P1090478.jpg

無愛想なご主人と元気の良さ気なお嬢さん(店員さんかも)

ここのところの札幌は福岡よりも暑いので、ビールが美味しい!

◆お通し・・烏賊の南蛮和えとインゲンの胡麻和え・・普通ですナ。
P1090472.jpg

◆刺身3点盛り(980円)・・ヒラメ・チップ(ヒメマス)、ホッキ
ヒメマスのことをチップというのは北海道ならではですね。ヒメマスは美味しいですが、ほかは普通。
P1090487.jpg
P1090480.jpg

◆焼きボタンエビ(420円)・・角以外の部分は食べられると伺ったのでシッカリいただきました。
身は甘いけれど量が少ないのが残念。髭や殻の部分はもともと好きなので美味しくいただきましたヨ。
P1090489.jpg

◆ホワイトアスパラ(320円)・・今が旬のホワイトアスパラです。1本でいいお値段ですね。
P1090482.jpg

◆アンキモ豆腐(350円)・・軽くアンキモの風味がします。
P1090483.jpg

◆銀ダラ(840円)・・・脂の乗ったい美味しい銀ダラです。これが一番美味しかった。
P1090493.jpg

◆烏賊のゴロ、みそ焼き・・これ美味しいですよ。少し辛みのある味噌がゴロの苦みを緩和しています。
つまみにはいいですねぇ・・
P1090494.jpg

◆豚バラ焼き
P1090492.jpg

ビール4杯いただいて7000円ですから、CPはよくないですね。
とくに目新しいお料理はありませんし、メニューの種類も少ないのでガッチリ食べたい人には向かないでしょうが、
ビールのつまみとして頂くにはいいですね。


たかさごや

011-231-0841
札幌市中央区南三条西4 坪川ビル 1F
2010-06-26
北海道グルメ:居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

イタリアン食堂「イル・キャンティ」のご紹介・・ 

ホテルリソルトリニティ札幌1Fの「イル・キャンティ」でランチを頂きました。
表から見るより広い店内ですね。

ランチメニューは沢山ありましたよ。
P1090373.jpg
P1090374.jpg
P1090375.jpg

◆日替わりランチプレート(1000円)
ミラノ風ポークカツレツと小エビとグリーンアスパラのパスタ・・サラダ、スープ、飲み物が付きます。
*サラダ・・量たっぷりですね、ガーリックの効いた少し変わった味のドレッシングですが、慣れると美味しい。
P1090377.jpg
P1090379.jpg

プレートは結構なボリューム・・ミラノ風カツレツは牛ではなく豚。肉の質が悪いのか筋が多く美味しくない。
パスタはクリームソースの味は薄めで塩が強い印象、ごくごく普通。
P1090382.jpg
P1090383.jpg
P1090384.jpg

◆真夜中のスパゲティ(1100円)・・これもサラダ、スープ、飲み物が付きます。
予想とは違い、スープスパゲティでした。
少し辛みのあるスープに魚介が入っています。好みの問題だとは思うけれど、イマイチ・・
P1090380.jpg
P1090378.jpg


ウ~ン、値段も安くていいのですが、残念ながら美味しいとは言い難い・・


イタリアン食堂「イル・キャンティ」(HP)

北海道札幌市中央区大通西5-3-1F
TEL:011-241-9269
2010-06-25
北海道グルメ(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)

円山:すし善本店で美味しくいただきました・・・・ 

すし善本店へ・・
P1090418.jpg
P1090414.jpg

この日の「てぬぐい」は青でした・・
鮨は前回と同じ職人さんを指名。
P1090419.jpg7
P1090429.jpg

まずは「ビール」
P1090421.jpg
P1090420.jpg

この日も「お任せコース」です。
◆煮物・・ジュンサイ・エビ・寄せ豆腐の煮物です。上品な味付けですが出しがよく出ていていいお味ですよ。
P1090423.jpg

◆カレイの刺身・・マツカワカレイだそう。独特の香りがしますね。味は濃厚で歯ごたえもあり美味しいカレイです。
P1090424.jpg

◆エビシンジョウのお椀・・口に入れるとエビの香りが広がります。うす味ですが、丁寧に取られた出しの効いた味付けも好みですね。
P1090427.jpg

◆和歌山那智の中トロ・・程よい7熟成で脂も乗り美味しいトロですよ。
P1090428.jpg

◆ホワイトアスパラ・・前回と同じくゆず胡椒マヨネーズでいただきますが、アスパラは前回のほうが美味しかった。
P1090431.jpg

◆エゾバフンウニ・・ちょうど解禁になったバフンウニ。濃厚、甘い!やっぱりウニはバフンウニが最高です。
P1090430.jpg
P1090432.jpg

◆つぶ貝・・普通。
P1090434.jpg

◆アワビのバター焼き・・ふっくら柔らかく焼かれたアワビは、軽く粉を振って焼いているのでバターソースがよく絡んでいます。美味しい品ですね。
P1090435.jpg
P1090436.jpg

◆炊き合わせ・・旬の素材を使用した炊き合わせです。これもいいお味ですね。
P1090440.jpg

◆なすの浅漬け
P1090441.jpg

◆こちらは器も素敵です。萩焼の湯飲み。
P1090442.jpg

◆ヒラメの昆布〆・・昆布の香りや熟成感も程よく美味しいですよ。
P1090445.jpg

◆先ほどの中トロ・・美味しい。
P1090446.jpg

◆ホッキ貝・・・普通ですね。
P1090447_20100611145309.jpg

◆トキシラズの漬け・・これは漬けというよりは、スモークのような感じですね。
P1090448_20100611145308.jpg

◆鯛のアラ汁
P1090449.jpg

◆ウニ・・美味しい!
P1090450.jpg

◆玉子
P1090440.jpg

◆アナゴ・・普通かな。
P1090452.jpg

◆夕張メロン
P1090453.jpg


ビール4杯いただいて、52000円でした。

こちらは職人さんたちとの会話も楽しく、気持ちよく食事ができるのでいいですね。


すし善 本店 (すしぜん)

011-612-0068
札幌市中央区北一条西27-2-10
2010-06-24

舞鶴「いさみ寿司」のご紹介・・・・・ 

舞鶴に行く機会があり、魚介の美味しいところなので食べログの口コミ評価のいいこちらのお店に伺いました。
結論から言うと、食べログも当てにはならないとまたまた痛感したお店かな・・・

カウンターには沢山の魚がありました。
P1090255.jpg

お任せでお願いしました・・
まずはお通し・・ウニといかの和え物、白身の南蛮漬け。普通かな。
P1090254.jpg

◆刺身盛り合わせ・・舞鶴はトリガイが有名らしいのですが確かに甘みもあり美味しいですね。
ほかは普通です。
P1090258.jpg

◆アマダイのみそ漬け・・みそ漬けの味が薄いですね。もう少し味が濃いほうが美味しいと思いますよ。
P1090260.jpg
P1090261.jpg

◆アナゴ豆腐・・アナゴ豆腐はいいお味ですね、餡は量が多いし、とてもうす味です。
P1090262.jpg


ここから握り・・江戸前ではなく生寿司ですね。ネタは大きめですよ。
◆トロ・・普通かな。
P1090264.jpg

◆ひらめ・・これは残念な品。ヒラメの甘みも感じられません。
P1090263.jpg

◆トリガイ・・名物だけあって大きく甘い。
P1090265.jpg

◆太刀魚・・これも脂がのってない。
P1090266.jpg

◆サーロイン・・なぜかサーロインが出されました。鮨屋さんでは魚以外を出すときには一言聞く位の配慮がほしいですね。私はパス。
P1090267.jpg

◆うに・・カウンターに立派なウニがあったので、それが出されるのかと思ったら、崩れた赤ウニ・・
これも残念な品です。
P1090268.jpg

◆九条ねぎ
P1090269.jpg

オットットは追加で
◆赤身・・普通。
P1090270.jpg

◆鉄火巻き・・普通。
P1090271.jpg

この内容でビール2杯お願いして二人で、26000円は高いと思います。

刺身や焼きものはともかく肝心のお寿司が残念なレベルですね。
シャリが柔らかすぎるのにネタが大きいので崩れて食べにくい・・
こちらの高評価が不思議ですし、高いですね。

ただ接客は温厚そうなご主人初めスタッフの方々も感じがいいですよ。
またまた不思議なのがおしぼりは度々交換してくださるのに、食べ終えた器は引かない・・ことでした。


いさみ寿し (いさみずし)

0773-63-6918
京都府舞鶴市字浜801-2
2010-06-23
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

厳島神社で牡蠣料理をいただきました・・ 

オットットが一度は行きたいという「厳島神社」・・・
行ってきましたよ。

フェリーに乗るとすぐ、神社が見えてきます。
P1090143.jpg
P1090149.jpg

船を下りて少し歩くと神社に到着。鮮やかな朱の色もキレイで荘厳な雰囲気です。
しっかり「杓子」も買いました。

P1090158.jpg
P1090168.jpg
P1090174.jpg

神社の参拝も終え、広島と言えば牡蠣でしょ・・
シーズン外れだけど、牡蠣の看板が沢山あるし食べれるでしょ。

焼き牡蠣発見!
P1090186.jpg

ここにしましょ。「とりい」というお店です。
P1090189.jpg
P1090188.jpg
P1090193.jpg
P1090194.jpg
P1090190.jpg
P1090191.jpg
P1090192.jpg


◆焼き牡蠣(4個で800円)・・焼きたての牡蠣はジューシーで美味しい。
P1090199.jpg

◆牡蠣丼(1360円)・・カキフライを卵でとじてあります。フライは冷凍のような気がしますが・・
P1090200.jpg
P1090201.jpg

◆牡蠣フライ定食(1880円)
この牡蠣も冷凍かな?牡蠣は普通ですけれど、小鉢が美味しいですね。
P1090195.jpg
P1090196.jpg

焼き牡蠣は美味しかったけれど、フライはちょっと残念かな・・
やっぱり、シーズンに来ないといけないのかしらン。
観光地値段としても「牡蠣フライ定食」が1880円とはたかいですね、通常の倍です。


とりい

0829-44-2202

広島県廿日市市宮島町大町1144
2010-06-22

串匠で串揚げランチ・・・ 

娘と串揚げランチへ・・

ウチの娘たちは幼いころから串揚げが好きで、昔は吉祥寺の串揚げ屋さんによく行きました。
東京の串揚げは高いのですよ。夜だと一人1万円以上します。

その点、福岡の串揚げは嬉しいことに安いですねぇ。夜でも5~6000円ですもの。
お気に入りの「串揚げ禅」さんが定休日だったので「串匠・天神3丁目」店に伺いました。

お店の構えは中々立派・・
P1090119.jpg
P1090136.jpg
P1090120.jpg

娘が800円の「串揚げ定食」でいいというのでそれを・・
配膳される方の手際のいいこと・・リズミカルに「小鉢やご飯。お味噌汁」が並びます。
P1090124.jpg

ふりかけが3種類用意されていて、どれも美味しい。
P1090122.jpg

◆ウインナーとウズラ卵
P1090128.jpg

◆鶏肉
P1090129.jpg

◆さつまいも
P1090130.jpg

◆海老・・小ぶりです。
P1090131.jpg

◆白身魚のタルタルソース・・これは美味しいですね。
P1090133.jpg

◆茄子の肉詰め・・カレー味で美味しいですね。
P1090133.jpg
P1090135.jpg

こちらのパン粉は少し粗めなので、口当たりがイマイチ。もう少し細かい方が好きですね。
揚げ方も高温の油で色づきをよく揚げるという感じでした。

ランチタイムの内容で800円ならCPは高いと思いますよ。



串匠 天神三丁目店 (クシショウ)(HP)
福092-781-7701岡市中央区天神3-2-26
2010-06-21
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター