東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

有恒 :大人の居酒屋。 

帰りの新幹線が20時過ぎですので、17時からオープンされているお店を探しこちらに伺いました。
未在さんを手がけたデザイナーさんが内装をされたそうで、雰囲気がいいですね。

席数は28席(カウンター14席、1階個室6席、1階テーブル2席、2階個室6席)
予約時にカウンター席でお願いしました。

◆メニュー

◆頂いたお酒。

◆突き出し・・白ズイキと雲丹の出汁ジュレがけ。冷たい食感もいいですし、ジュレの味わいも好み。

メニューに価格表示がありませんので、お料理・お酒ともに価格は不明です。m(__)m
「八寸」が人気だとネット情報に書いてありましたので、予約時にお願いしました。
◆八寸・・彩がキレイですね。どの品も丁寧に作られいい味わいでした。写真は二人分。

*左上・・じゅんさい。
*右上・・長芋豆腐。
*左下・・子鮎甘露煮。
*右下・・鱧すし。鱧も厚みがありますし美味しい。

*左上・・蛙冬瓜。蛙が可愛い・・
*右上・・丸十甘露煮・
*左下・・海老旨煮。
*右下・・モンゴイカ黄身焼き。

◆もろこ炭火焼

*京都で頂く「もろこ」が身がフックラして美味しいこと。

◆金目炭火焼

*大きく立派な金目です。丁寧に時間をかけ焼かれていました。
脂の乗りもよく美味しい。

◆水菜とお揚げの煮びたし・・関西では「揚げ」はお揚げさんと言いますが、薄味ですのにお味が浸みていて美味しい。

◆万願寺唐辛子・・1個アタリでして、、しばらく舌が痺れて。笑

◆ハタハタから揚げ・・丁寧に揚げてあるので、すべて頂けます。
振り塩の塩梅もいいですね。焼きで頂くことが殆どで「から揚げ」は初めてでしたが、美味しい。

早い時間に伺いましたので、女性料理人さんやご主人と色々お話できよかったですね。
質のいいものを使用されているのがわかるお料理でした。
ビール1杯、お酒2合頂いて、合計18000円弱。

有恒
050-5590-0861
京都市中京区二条寺町西入丁子屋町694-3
2017-07-17
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

炭火割烹 いふき:火入れが絶妙な炭火料理。 

祇園花見小路にある割烹。
炭火割烹という名称に魅かれ利用しました。
店内はカウンター席と個室があるようですが、目の前で調理を拝見できるカウンター席を利用。

◆お酒メニュー

◆お酒は「醴泉」

◆「松の司」と何だったかしら。m(__)m

コースは、16000円、20000円、25000円、それぞれ外税。
20000円のコースを予約時にお願いしました。

最初に数種類の小鉢が出されますが、どれもツマミに最適。

◆しらす海老、春巻きの皮を巻き揚げた品・・海老の味わいもいい品。

◆左上:ヒシガ二(渡り蟹)の寄せもの
◆右上:タイラギの炙り。
◆左下:ドジョウのつけ焼き。
◆右下:活けた蛸の炙り
どれもいいお味です。ドジョウは久しぶりに頂きましたが骨の処理がよく食べやすい。

◆鳥貝と淡路の雲丹・・鳥貝は軽くあぶってありますので、甘みを強く感じます。
雲丹もいいお味ですし、量がタップリなのも嬉しい。

◆大トロの炙り・・レア感が多く残りマグロ自体の甘みや脂を感じ美味しいこと。
添えられた海苔で包んでいただきます。

◆アコウダイと焼きナス入りごま豆腐のお椀

*焼きナス入りのごま豆腐、、面白い品ですしいいお味。
お出汁も丁寧に引かれていますけれど、鯛の旨みも加味されよりいい味わいに。

◆蒸し鮑の炙り、、いい(飯)添え

*立派な鮑ですし柔らかく蒸され肝と共に頂くと美味しい。
一口添えられたご飯に肝のお味が付き、愉しめます。

◆賀茂茄子、鷹峯の唐辛子添え・・餡は優しい味わいですね。
この時期の京都の和食店は殆ど「賀茂茄子」を出されるような。

メインは「ぐじ」「のど黒「鰻」「すっぽん」「但馬牛」の炭火焼の中から、一人2品選べます。
折角ですので二人とも違う品を選び、4品味わうことにしました。

◆甘鯛・・うろこは揚げてありカリカリ。甘鯛も特有の甘みを感じ美味しい。

◆のど黒・・脂がのっていますので、炭火焼には最適ですね。もちろん美味しい。

◆すっぽん・・すっぽんをこんな風に頂くのは初めて。

*甘辛いたれをつけて焼かれているのですが、この味わいがいいこと。
*卵も初めていただきますが、美味しい。
*細く切ったごぼうの素揚げもいいアクセントに。

◆但馬牛・・ロースのもみじという部位だそう。
ロースですが炭火で焼かれるせいか脂がくどくなく、さっぱりした味わい。

◆鱧は直前に骨切りされ、軽く炙って出されます。
わさびと梅で頂きますが、骨切りが丁寧ですので滑らかで美味しい。

ご飯も選べます。「白ご飯」は「鰻」か「まぐろ」をチョイス。
他に「丸(すっぽん)雑炊」「うなぎ茶漬け」など。

◆丸雑炊・・すっぽん出汁の風味がよく美味しいとか。お代わりできるのもいいですね。

◆白ご飯で「鰻」を頂きます。
ご飯は土鍋で炊かれツヤツヤで美味しい。

*鰻もフックラ焼かれいい味わい、。タレは付けて焼かれていますが、別添えで出されるお気遣いもいいですね。

◆水茄子のお漬物、、関西ではよく頂きますので子供のころから馴染んだ品ですが、これ好きです。
◆赤だし。

◆デザートは「ココナッツミルクアイス」とマンゴ、上に「そばぼうろ」を砕いた品がかけれていました。

◆二つ目のデザートは「一口最中」、、つぶ餡とオレンジピールを合わせた餡は面白い味わい。
◆冷茶。

高級食材もいろいろいただけ、炭火焼の良さを感じるお料理でした。
メインやご飯を選べるのもいいですね。
女将さんの柔らかい接客も感じがよく、居心地もよかったですし・・

二人でお酒を3合頂いて、合計:52000円弱でした。

炭火割烹 いふき
075-525-6665
京都市東山区祇園町南側570-8
2017-07-14
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

弧玖 :老舗の流れを継ぐ京懐石。 

惜しまれつつ閉店された「桜田」さんご出身のご主人のお店です。
以前から気になったいたのですが、たまたまTV番組を拝見し印象がよかったので伺いました。

店内は白木のカウンター席(8~9席)と個室が一つで落ち着いた印象。

お酒の好みをお伝えしましたら、メニューにない品が色々あるとわざわざ出して下さり・・
これだけあると迷いますが、ワインのような味わいも感じるという「イットキー」をチョイス。
◆イットキー・・新潟のお酒で、日本酒の新しい世界の扉を開くカギをイメージしたそう。
.ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 メイン部門最高金賞受賞。
甘口でワインのような芳醇さも感じこれ美味しい。

次に出されたのがこちら・・
「菊姫 菊理媛(くくりひめ)」、1本5万円だそうですが、お値段よりも希少な品で入手困難だそう。
吟醸酒を十余年ゆっくりと熟成した品で、蔵出しは年に1~2回。
主人が「1合いくらで頂けますか?」とお尋ねしましたら「6000円で・・」というお返事。
なら頂いてみようと言いますので、これまで頂いた日本酒では最高額の品を頂く貴重な経験になりました。

◆菊姫 菊理媛(くくりひめ)・・1合:6000円。
古酒ですが一口目は全くクセがなくサラッとした味わいで、その後熟成酒らしい芳醇さの余韻を感じ美味しい。

お昼のコースは「5000円」「7000円」「お任せ(時価)」の3種類。お会計時に「税」+「サービス料」で15%加算されます。
お任せと迷ったのですが、初めてですので7000円コースをお願いしました。

◆水無月豆腐・・この時期の和食店ではよく出されますが、お店により個性があります。
◆振る舞い酒。

*水無月豆腐は「ごま豆腐」のような仕様で、下には大分の車海老やムラサキウニが入った贅沢な品。
お豆腐の食感は滑らかですし、車海老・ウニともにいい味わい。

◆鱧と冬瓜のお椀・・鱧からもいいお出汁が出て美味しい。

◆お刺身・・淡路の鯛、和歌山の鰹。

*淡路の鯛は有名ですが、甘みを感じ美味しい。

これまでも6月の京都の正統派老舗和食店では「茅の輪」が何度か出されました。
こういうところにも老舗の良さを受け継いでいらっしゃるのを感じますね。
この輪をくぐると、茅萱の呪力によって 病魔や悪いものを 退けてくれるという言い伝えがあるそう。
◆八寸(茅の輪付)・・ほうづきなどの彩も美しいこと。

*どの品も丁寧に作られ美味しいですよ。

*イサキの酢〆、おろし和え。
*八幡巻
*ほうづき(中に白和えが入っています)
*カボチャの煮物。
他に「きぬかつぎ」「胡瓜の雷ほし」「枝豆」など。

◆琵琶湖の鮎・・これも盛り付けが美しい。

*鮎の大きさも丁度いいですし、身もフックラ焼かれています。

◆賀茂なすの白みそ餡かけ、実山椒入り・・主役は「実山椒」だそうですよ。
白みそのと共に茄子を頂くと山椒の風味がいいアクセントになっています。

◆アスパラとオクラの炊き込みご飯
◆お漬物ではなく「一口ステーキ」と「生姜」が添えられているのは面白い。

*ご飯の味付は薄めですので、もう少し濃くてもいいような。
残れば持ち帰りできます。
*切り干し大根の赤だし。

◆メロンと無花果の白ワインゼリー・・暑いに日は冷たい食感のデザートがいいですね。

ご主人はまだお若いですが感じのいい方です。
たまたまご一緒したお隣のご夫婦もステキな方々で、いいお時間を過ごさせていただきました。
次回は松茸シーズンに再訪し「おまかせ」を頂く予定ですので、愉しみですね。^^

弧玖
075-746-4375
京都市上京区青龍町204
2017-07-10
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

飯田:器も素晴らしい人気店。 

お料理写真撮影不可ですので、お写真は外観のみです。


◆最初に「レモン炭酸水」が出されました。
今年の京都は例年よりも涼しかったのですが、最初に頂くとさっぱりします。

◆振る舞い酒は「梅酒」・・濃厚な味わい。

◆アルコールは最初に瓶ビール、その後鳳凰美田(1合)、前回美味しかった「英勲」を頂きました。

お料理は時価。カード不可。
◆水無月豆腐、淡路の雲丹、オクラのすり流し添え。土佐酢の煮凝りがかけられています。
この時期の京都の料亭では「水無月豆腐」を出すお店が多いですが、お店により個性があり楽しめますね。

◆鱧と青梅のお椀・・前回も出されましたが、この器が素晴らしい。
丁寧に引かれたお出汁の風味と、鱧から出た旨みが合わさり美味しい。

◆明石のアマテ鰈(他の地域でいうマコ鰈)・・前回同様「明石の鯛よりも高級」という説明がありました。
甘みを感じる美味しい鰈で、エンガワも脂がのり美味しい。
肝ポン酢と土佐醤油でいただきますが、「肝ポン酢」が美味しいこと。

◆鳥貝・・鳥貝は軽くあぶって出され、塩と巣立ちで頂きます。
肝は薄くお醤油を塗り炙ってあります。

◆柿の葉寿司・・「鰻のお鮨」が入り、柿の葉で包むのではなく巻いて出されます。
山椒が効いた鰻も美味しい。

◆賀茂茄子、胡麻味噌掛け・・大きな賀茂茄子で、今では生産される農家さんが1軒だけと言う首の太い貴重な品。
茄子自体を揚げて煮含めるなど手間をかけた品。
白味噌を使用した「胡麻味噌」が滑らかで美味しいですね。

◆福井・足羽川の鮎・・目の前で焼かれます。
3000度の備長炭で丁寧に焼かれた鮎は、身もふっくらして美味しい。
「蓼酢」もいいお味ですよ。

◆キスのおかき揚げとアスパラの素揚げ・・身に厚みがあるキスを使用されています。
おかきを細かく砕き衣にしてあり、衣自体の食感も面白い。

◆トウモロコシの玉〆・・冷たい茶碗蒸しです。
滑らかな食感と共にトウモロコシの甘みだけではなく、他の旨みも感じ美味しいですね。

◆夏野菜の炊き合わせ
「焼きナス」「小芋」「茗荷(揚げ煮)」「万願寺唐辛子」「かぼちゃ」など。

◆土鍋ご飯・・ツヤツヤで美味しい。お代わり可能、持ち帰り不可。
副菜は
◆鮪の胡麻醤油かけ・・これご飯がすすみます。
◆お漬物数種類
◆スグキの赤だし。

◆デザートは「マンゴ」「スイカ」「グレープフルーツのシャーベット」
◆紫陽花に見立てた「和菓子」とお抹茶。

昨年と同じ時期に伺いましたので、内容がほぼ同じでした。
どれも美味しく頂きましたが、季節を変えたほうがより楽しめそうですね。

*お会計は、ビール1本とお酒を2合いただいて、二人で64000円弱。

飯田
075-231-6355
京都市中京区姉小路富小路西入ル南側
2017-07-07
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

御料理 光安:町屋で頂く京の贅。 

訪問回数:8回。

今回の京都グルメもこちらから・・
毎回新しい驚きがありますし、再訪するとガッカリするお店が多い中、
毎回高クオリティーを保たれどのお料理も美味しい貴重なお店です。

昼夜ともに2組のみ、それぞれ上限6名限定の予約困難店。

何時もと同じ中庭に面したお部屋に案内されました。
お料理もいつもと同じ15000円(外税)コースです。

京都の高級店は珍しい日本酒をそろえていらっしゃるのですが、こちらもいつも初めて頂く品が多いので愉しみ。
◆赤武:夏霞・・霞と付くだけあり、軽く濁りがあります。軽めでさわやかな口当たりですので、暑い日に頂くには最適。

◆新玉ねぎ・鱧の出汁で・・お出汁が美味しいこと。
新玉ねぎは元々柔らかく甘みがありますが、その特性を生かしたお料理で美味しい。

◆鱧の焼き霜・・丁寧に骨切りされた鱧は食感もよく、レア感が残る仕上がりで絶品。
今回の旅でも数軒で「鱧」を頂きましたが、こちらの品が一番美味しかったですね。

◆福井の鮪(大トロ)・・上品な脂を感じ美味しいこと。わさびの質もいいですね。

◆次に「ちえびじん」を。山田錦を使用した大分・杵築のお酒。
フルーティで円やかな口当たりで飲みやすい品でした。

◆初夏の野菜の八寸・・「かぼちゃの花」「ルビナス(トマト)」「賀茂ナス」
「インカの目覚め」「焼きトウモロコシ」「オクラ」「蓮根」など。
どれもお出汁で煮含めるなどひと手間加えられています。
こちらでは必ず野菜料理を出されますが、いつもお野菜本来の旨み・甘みを感じますね。

*反対側から撮りました。
「かぼちゃの花」の中には白和えが入っていますが、これが美味しい。

◆黒鮑とズイキの澄まし仕立て。

*厚み&大きさのある立派な鮑、柔らかく蒸されていて美味しいこと。
お澄ましの味わいも秀逸。

◆岩手のムラサキウニ・お出汁のジュレで・・雲丹の粒が大きく質がいいこと。もちろん美味しいですよ。
ジュレの味わいも優しく雲丹の旨みを邪魔しませんね。

◆次に「神雷」・・お猪口は新選組隊士が描かれた貴重な品。
広島のお酒で、後口に日本酒らしいお味わいを感じます。

◆滋賀・安曇川の小鮎・・いつもながら盛り付けが美しい・・
鮎が泳いでいるような躍動感がありますよ。

*うす塩でフックラ焼き揚げられた「鮎」は絶品ですね。

◆明石のタコと宮津のモズク・・タコが柔らかく、酢加減もよく食べやすい。

◆そばがきの白みそ仕立て
定番の品ですが、上質な白味噌も美味しく辛子がいいアクセント。
どの器もステキですが、この蒔絵も素晴らしい。

◆美山の鮎・炊き込みご飯・・こちらの炊き込みご飯はいつも美味しいのですが、今回はいつにも増して絶品でした。

*炊き込みはご飯が柔らかく仕上がっているお店が多いのですが、
こちらは程よい炊き上がりですのに、ご飯にシッカリ旨みが付いています。
鮎の旨みと共にとても美味しかったですよ。

◆吉野葛を使用した葛切り・・吉野葛は奈良の特産で美味しいですね。黒蜜も大好きですので、これは嬉しい。

◆マンゴ

今回もすべて美味しくいただけましたし、この内容を15000円でいただけるのは京都としては破格でしょう。
器もステキですし、目でも舌でも愉しませていただきいいお時間でした。
次回が愉しみです。^^

御料理 光安
075-366-3138
京都市上京区千本通丸太町上る二筋目東入
2017-07-05
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

佐近:フレンチ店が作る「はもちらし」 

天神・大丸「京都展」で購入しました。1/16まで開催されています。
いろんなお店が出店されていますので、何を買おうかと迷いながらウロウロ。
こちらの「はもちらし」が目につき・・

同封されていた「店舗案内」によると、
本店は京都・仁和寺門前にあり、フレンチベースのお料理に京懐石を加えたお料理を提供されるとか。
そういうお店が催事では「ちらし」や「押しずし」を販売されるのは面白いですね。
因みに催事は、毎週のように全国のどこかに出店されているようです。

◆「はもちらし(1296円:税込)と「いなりずし(4個:648円:税込)を購入。

◆「はもちらし(1296円:税込)」・・甘辛いたれに絡めて焼いた「鱧」数切れと、酢蓮根、海老、玉子焼きなどが盛られています。
酢飯には「きざみ海苔」などが混ぜられ、酢加減も丁度いい。

◆お稲荷さん(648円)・・揚げは甘く煮こまれ、関西風の「稲荷」で好み。

どちらも好みのテイストで、催事で購入する品としては美味しかったですね。

佐近
075-463-5582
京都市右京区御室仁和寺山門前御室小松野町25-37
2017-01-14
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

老舗・名店弁当コーナー ジェイアール京都伊勢丹店:老舗のお味を気軽なお弁当で・・ 

京都駅・JR伊勢丹地下には「老舗有名店」のお弁当を購入できるコーナーがあります。
事前予約が必要な品もありますけれど、当日購入できる品もいろいろあり重宝ですね。

「京都吉兆」「和久傳」「菊乃井」「菱岩」「はつだ」etcなど、人気店のそろい踏み。
人気店の品は早々に品切れになっていきます。

帰りの新幹線用に軽くと迷っていて「菊乃井」さんの品を買おうとしましたら、
目の前で「お総菜の入った折」が品切れに・・(^^;)

ですので、、、
◆「鶏と栗のご飯(864円)」と「穴子寿司(1080円」というご飯ものばかりを購入することになった次第で・・苦笑。
炭水化物過積載ですよ。
夕食を頂いたあと、すぐに新幹線に乗車しましたので、お腹がいっぱいで車中では頂けず翌日自宅で頂きました。

◆鶏と栗のご飯(864円)・・主人が頂きましたが、薄味で上品なお味付だそう。
量的にも上品だったようです。

◆穴子寿司(1080円)・・5切れ入っていて、穴子は2枚重ねにしてあります。
穴子自体は、軽く煮てあるのかしら。こちらも薄味仕立て・・
押し寿司ですので、見た目よりはご飯のボリュームがありますね。

高級老舗料亭のお味を気軽に頂けるのは楽しいかも。

老舗・名店弁当コーナー ジェイアール京都伊勢丹店
075-352-1111
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 ジェイアール京都伊勢丹 B2F
2016-12-13
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

祇園 大渡 :独創的なお料理。 

口コミがよかったので伺いました。
早いお時間の予約が取れず、2回転目での入店です。

店内はカウンター席のみでしょうか。

予約時に早ければ8:30頃にご案内できるかもしれませんと言われましたので、
8時過ぎには近くまで来ておりました。
タクシーを降りるや否や「9時くらいになる」とご連絡があり、時間つぶしに近くのBARを利用。

ですので伺った時点では、お酒を欲しなくて・・
◆ビールと梅酒のソーダ割りを。

◆白ごま豆腐・・優しい味わいですが、もう少しお味付をされてもいいような。
雲丹は美味しい。

◆新蕎麦のカラスミかけ・・大胆な盛り付けですね。
お蕎麦自体にはお味付はされず、カラスミのお味で頂きます。

◆稚鮎フライ・・稚鮎は何度も頂いていますが、フライで出されるのは初めてですね。
腹側にだけパン粉を付けて揚げてあります。
ウスターソースを出汁とポン酢で薄めたたれで頂きますが、
折角の「鮎」の旨みが消され好みではないですね。

◆アイナメ、サラダ仕立て。

アイナメ自体は、甘味を感じ美味しいですね。
「山椒オイル」と「醤油」で頂き、残りはサラダにかけドレッシング代わりに使用してくださいと。

ここまでのお料理、オリジナル性がありますし創意工夫は感じられます。
でも、好みではないような、、と思っていましたら、
主人が「ここ、ホントに旨いという評判なのか?」と小声で尋ねてきましたので、
同じように感じていたのですね。

◆鱧と賀茂茄子のお椀・・これはいいお味でした。
鱧も丁寧に調理されていますし、お出汁のお味も好みです。

◆蛸と小芋の炊き合わせ・・お写真の色がキレイに出なくてスミマセン。
蛸は柔らかいですし、小芋にもよくお味が浸みて美味しい。

◆グジの鱗焼き、レモン添え

ところどころ「うろこ」の歯触りがよくなかったので、
もう少し「うろこ」を丁寧に焼いて頂きたいかも。

◆鮑鍋・・生の鮑を「ネギが入ったアツアツの鍋」に入れて出されます。

◆お時間の経過により、鮑が柔らかくなるのも食感を楽しめていいですね。
添えられた「肝醤油」もいいお味でした。

◆「香の物」「鰤のへしこ」「ちりめんじゃこ」

◆「おくどさん」で炊かれたご飯、人数分まとめて炊かれていました。
ツヤツヤで美味しいですよ。
鰤のへしこ、ちりめんともにいいお味でご飯によく合います。
2膳目をTKGで頂きましたが、美味しいこと。

◆「わらびもち」と「お抹茶」

お料理は創作系が多いのですが、創作を愉しむ以前に???と感じる品もありました。
丁寧に作られてはいるのでしょうけれど、盛り付け等を見ても大雑把な印象を受ける品もありましたし・・
それがこちらの魅力だと言われれば、仕方ないですけれどね。(^^;)

京都では京料理らしい品を頂きたい私達としては、
今回の内容だとワザワザ京都まで来ていただく必要はないかも、という感想です。
前日に伺った2軒が素晴らしかったので、尚更そういう印象を受けまして・・

ビールと梅酒を1杯ずつ頂いて、39000円弱でございました。

祇園 大渡
075-551-5252
京都市東山区祇園町南側570-265
2016-07-15
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

樋渡:昼夜一組限定の日本料理店。 

去年の秋にランチで伺ったおり、印象がよかったので再訪致しました。
昼夜ともに一組限定で、お昼は数か月待ちだとか。
ご主人は惜しまれつつ閉店された「桜田」さんで修業された方です。

こちらは移転される前に光安さんがあった場所ですので、
前回もそうでしたが懐かしい気持ちがしますね。

今回もお昼の訪問ですが、お料理は夜の13000円コース(税・サ別)でお願いいたしました。
◆最初に「青梅で作った自家製ジュース」、そのご「振る舞い酒」が供されます。
暑い日でしたので、青梅ジュースがサッパリして美味しい。
◆ホテルから徒歩圏でしたので歩いて伺いましたが、喉が渇いたのでまずは「ビール」を。

◆甘口の日本酒をお願いしましたら「百楽門」が出されました。
奈良県・葛城酒造の品で香りもよく飲みやすい品で好み。

◆オクラの花、生姜酢のジュレかけ・・見た目も爽やかですね。

*3つの花の中には「渡り蟹」「ヤリ烏賊」「蛸」が入っていますので、楽しいですね。
生姜風味のジュレがよく合い、美味しい。

◆淡路の鱧、広島のジュンサイ。
お出汁が美味しいこと。鱧も丁寧に骨切りされ旨みを感じます。
今回数軒で「広島産のジュンサイ」が出されました。
ジュンサイは秋田が有名ですけれど、この時期は「広島産」の方が小ぶりで美味しいとか。

この塗り物の蒔絵素敵。素人ですが、最初に「金」を蒔いて、その上から色漆をかけられたのじゃないかしら。
素敵な器を目にすると嬉しくなるのです。

◆お刺身・・琵琶湖の鱒、鳥取の本マグロ、淡路の鯛。
鱒を頂くことは少ないのですけれど、甘みを感じて美味しい。
本マグロも脂がのり好み。

◆浜名湖の天然鰻:蒲焼と白焼きで
貴重な品ですね。
蒲焼は天然物らしい歯ごたえを感じ、タレのお味もよく美味しい。
白焼きは鰻の上質な脂を感じ、これも美味しい。

◆八寸・・お野菜尽くしでした。

◆胡瓜(名称を伺ったのですが忘れましたm(__)m)の飯蒸し、鮎の身うるかのせ。
胡瓜が入った飯蒸しは珍しいですね。飯蒸し自体は普通ですが「うるか」が美味しい。
混ぜるといいお味わいです・
◆万願寺唐辛子の煮びたし
◆茶豆

◆サツマイモの甘露煮
◆フルーツトマトのコンポート。
お野菜自体の旨みを感じる品々でしたが、
できれば「八寸」ですので「八幡巻」などが入るとより良かったような。

◆美山の鮎の塩焼き・・桜田さんでもこのような盛り付けで出された記憶があります。
こういう演出は愉しめますね。
今回他店でも「美山の鮎」を頂きましたが、こちらの方が少し大きめでした。
ですので、骨が硬い部分があったのが勿体ないかも。

◆湯葉とトウモロコシの炊き込みご飯。
コーンの甘みを感じますね。残れば持ち帰りにして下さいます。
◆左下:鰈の甘酢漬け・・これ甘酢の加減もよく美味しいですよ。
◆右下:椎茸の赤だし。

◆デザート・・熊本のメロン・スイカ、山形の佐藤錦。
◆お抹茶
◆水まんじゅう・・主人にはつぶ餡入りが出されたのですが、
前回私がおぜんざいを残しましたので、苦手かと思いましてと仰りながら
「うすい豆」を入れた品を出してくださいました。
こういう細やかなお気遣いはとても嬉しいですね。有難うございます。m(__)m

中盤の「鰻」まではとても美味しかったのですが、後半少し印象が違いました。
前回のランチ(8000円)の内容がよかっただけに、少し物足りなさが残ってしまい・・
でも伺う時期により食材が違いますので、印象の違いは仕方ないかと思います。

前回頂いた8000円のランチはかなり満足感・お得感がありましたので、
初めての方にはランチをお勧めします。

女将さんの接客も丁寧ですし、静寂の中、いいお時間を過ごさせていただきました。

樋渡
075-229-6769
京都市中京区東洞院通竹屋町下ル三本木5-496-2
2016-07-14
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)

飯田:静寂の中で味わう、繊細なお料理。 

此方も予約困難店で、ようやく伺うことが出来ました。
写真撮影はNGですので、お写真は外観のみです。


玄関ではお着物を召された感じのいい女将さんが出迎えてくださいました。
店内はカウンター席、この日は4席でしたが6席程度は可能かと。
それに4名程度で利用できる個室があります。

◆最初に「レモンの炭酸水」が出されました。

その後ご主人がご挨拶されましたが、ご主人も感じのいい方です。

この日のお料理は、
◆水無月豆腐、淡路の雲丹、オクラのすり流し添え。

◆鱧と青梅のお椀・・この器が素晴らしくて、、蒔絵も見事ですがお椀自体もかなりのいい品でお写真が撮れないのが残念です。
丁寧に引かれたお出汁の風味と、鱧から出た旨みが合わさり美味しい。

◆明石のアマテ鰈(他の地域でいうマコ鰈)・・甘みのある美味しい鰈ですが、明石の鯛よりも高級なのだとか。
肝ポン酢と土佐醤油でいただきますが、肝好きとしては「肝ポン酢」が好みでした。

◆柿の葉寿司・・よく目にする4角に包むのではなく、葉に挟んだ状態で出されます。
中には「鰻のお鮨」が入り、山椒風味もよく美味しい。

◆賀茂ナス、胡麻味噌掛け・・通常の賀茂なすとは違い、今では生産される農家さんが1軒だけと言う首の太い貴重な品。
丁寧に名前を教えてくださったのですが、忘れました。
茄子自体を揚げて煮含めるなど手間をかけた美味しい品ですが、かけられた「胡麻味噌」が滑らかで美味しいですね。

◆京都・美山の鮎・・まだご存命の状態で見せていただきました。
美山荘のある辺りでは「鮎」が獲れると聞いてはいましたが、そちらの品だそう。
大きさも指定されているそうですが、焼き加減も絶妙で
内臓の苦み・骨を頂くときの食感は、この大きさならではの美味しい味わいですね。

そして「蓼酢」が他店とは趣が違いとても美味しい。
今まで頂いた「蓼酢」の中で一番好きかも。

◆キスのおかき揚げとアスパラの素揚げ

◆トウモロコシの玉〆・・これ美味しいですよ。
お話を伺うとかなりの手間をかけられているのですが、
滑らかな食感と共にトウモロコシの甘みだけではなく他の旨みも感じてとてもいいお味です。

◆夏野菜の炊き合わせ
「焼きナス」「小芋」「茗荷(揚げ煮)」「万願寺唐辛子」「かぼちゃ」など。

◆土鍋ご飯・・ツヤツヤで美味しい。
副菜は
◆紀州ケンケン鰹(胡麻で和えてあります)・・これがご飯と共に頂くと美味しくて。
◆お漬物数種類
◆お味噌汁

◆デザートは「マンゴ」「スイカ」「グレープフルーツのシャーベット」
◆紫陽花に見立てた「和菓子」とお抹茶。

食材にも拘られていますし、どの品も丁寧に作られ美味しかったですね。
盛り付けも美しいですし、
器も塗り物、焼き物でなくオールドバカラなども素晴らしく、目の保養になりました。

ご主人は饒舌な方ではないですけれど、常に穏やかな笑みを浮かべられ丁寧に説明してくださいます。
女将さんは、明るく可愛らしいこと。

お酒を2合いただいて、二人で48000円ほど。

こちらも気に入りましたので、今後京都は再訪店ばかりになりそうです。(^^;)
次回が愉しみですよ。

飯田
075-231-6355
京都市中京区姉小路富小路西入ル南側
2016-07-12
京都グルメ・日本料理 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター