東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

鮨匠のむら:地魚を堪能できる鹿児島を代表する鮨店。 

以前から伺いたいと思いつつ、鹿児島までは中々行けずにおりました。
今回の主人企画で「カイノヤ」さんと共に予約してくれていたのが「こちら」。
念願が叶い嬉しい・・^^

職人さんらしからぬ、お洒落なご主人が笑顔で迎えてくださいます。
入った瞬間にお店の方の笑顔を見ると、ホッとしますよ。

店内では「薩摩切子」のグラスが目を引きまして・・
高級品ですから目の保養になりますワ。

◆主人はお勧めの「酔ふよう」、私は「梅酒のソーダ割」を。
屋久島のお水が最初から用意されていますが、これ美味しい。

お料理はお任せのみで、その時の食材により金額は変動するとか・・
◆席には「酢味噌」「こだわりのお醤油」「梅干し」「塩」「ポン酢」などが用意されていました。
◆ワカメ、酢味噌で頂くと美味しいのですが、後を考えると食べ過ぎ注意だそう。
ただ無くなれば追加して下さいます。

◆上:天草のところてん・・拘りの品だそうですが、最初に頂くにはサッパリしていいかと。
◆下:出来立ての「玉子焼き」
◆玉子焼きに添えられているのは「屋久島の味わいのさつま揚げ」
トビウオともう一品(忘れました)で作られているそうですが、美味しい。

◆マダコの卵・・クセもなく食べやすい。
◆葉山葵・・辛味を強く感じますが、お料理の合間につまむと美味しい。
これも無くなれば追加してくださいます。

◆茹でたての真蛸・・湯気が出ている状態で切って出されます。
柔らかいですし、蛸自体も甘味を感じます。
普段「蛸」は好まないのですけれど、これは美味しいと思えました。

ここから「お刺身」が出されまして・・
◆眼一鯛昆布〆・・フエダイの一種で、上品な甘みを感じますね、〆も軽めですので魚の旨みを感じますよ。

◆上:ハラマサ・・香りと食感がいい品。
◆下:ハラマサの腹身・・脂を感じ好み。

◆真鯵(白鯵)・・会話に夢中でお写真撮り忘れたようです、スミマセンm(__)m
鯵の旨みを感じる品。
◆80kgの本マグロ・づけ・・きれいな赤身で、もちろん美味しい。

◆茶碗蒸し・・これ美味しい。具だくさんで「サツマイモ」も入っていました。
のせられた「唐津の赤うに」もいいお味。

ここから「にぎり」。シャリはかなり小さ目です(普段小さいと思っている鮨おさむさんの2/3程度かしら)ので、
私でも最後まで頂けます。
◆アオリイカ・・4日寝かしたと言われたような。ねっとり感があり美味しい。
◆フエダイ・・シロホシとクロホシでお味が違うそうですが、シロホシが美味しいとか。
此方の品は勿論「シロホシ」でございます。身は透明感があり、しっとりしていてコレもいいお味。

◆汐っこ(カンパチの子供)・・食感もよく、旨みもあります。
◆本鰆・・これは普通かしら。

◆ナミクダヒゲエビ・・錦江湾で獲れる希少な海老。とんとこ網漁と言われたような。
通常の海老より甘く感じました。
◆本車海老・・出す直前に茹でられます。ですので「味噌」まで美味しい。

◆赤カマス(本カマス)・・カマスの中では高級品だそう。美味しい「白身」ですよ。
◆鯵

◆雲丹・・唐津の赤雲丹。ミョウバンを使用されていないので「雲丹」本来の旨みを味わえます。
◆天然シマアジ・・幻の魚だそう。しっとり感もありますし脂ものり美味しい。

◆筋子・・サッと熱湯にくぐらせただけだそうですが、臭みもなく旨みだけを感じます。
◆鮑・・6時間かけて仕上げた品。柔らかい・・

◆歯鰹・・カツオに似た大きな歯をもつ魚。何度か頂いたことがありますけれど、柔らかい食感で旨みを感じます。
◆芽ショウガ・・この時点でガリが出されるのは珍しい・・

◆バショウカジキ(秋太郎)・・大きな背鰭が特徴で鹿児島では「秋太郎」と呼称されるそう。
主人は一度い頂きたかった品らしく、喜んでおりました。
9月~10月にかけて一番脂がのるそうですが、美味しいですねぇ。
◆本マグロ(50kg)中トロ・・上品な脂を感じ好み。

◆最初にお刺身で頂いた「づけ」・・良いお味です。
◆太刀魚・・親方の一押しだそうですよ。
「にぎり」で頂いたことは少ないのですけれど、上品な旨みを感じる品。

◆秋刀魚・・軽く〆て炙った品。秋刀魚は旬ですので脂がのっていますよ。
◆対馬の穴子・・コレも自信作だそう。煮切りを付けず「穴子」の旨みを味わえます。

◆唐津の赤うにと筋子の小丼風仕立て。
筋子と雲丹はもう終わりだからと、キップのいい出し方ですこと。
何とも贅沢な組み合わせで、幸せな気分に・・

◆なめこのお味噌汁・・量もタップリ。

◆最初に出された「こだわりのお醤油」をお土産に頂きました。

地方で頂く際は、その地ならではの食材を頂くのが愉しみですけれど
鹿児島ならではの食材、中でも「白身」を堪能できました。
「にぎり」は小ぶりですが、ネタの厚みと酢有の大きさのバランスがいいと主人が誉めていましたよ。

お魚の説明はiPadを使用されるので、わかり易いですね。
ご主人との会話も楽しくいいお時間を過ごさせていただきました。
二人で「ビール」「梅酒ソーダ割り」「焼酎」それぞれ1杯(計3杯)頂いて
お会計は50000円。
こちらも主人が支払ってくれましたので、美味しく頂きましたよ。ご馳走様。m(__)m
鹿児島は遠いですけれど、再訪したいお店です。

鮨匠のむら
099-226-1210
鹿児島市松原町6-2 松原ハイツ 1F
2016-11-18
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

明石屋 アミュプラザ店:自然薯タップリで食感もいい「かるかん」 

鹿児島駅直結・アミュプラザ地下にあるお店。
市内には他に数店舗あるようです。

鹿児島は「かるかん」も名物ですよね。
神戸に住んでいた母方の祖父母が鹿児島の出身ですので、子供のころから親しんだお味なのですよ。

「かるかん」という名称の由来は
『「軽羹」の名前の由来は諸説ありますが、その中に「軽い羹(羊羹)」という意味からきたという説があります。
羹という語は、中国では汁物のことをさします。従ってその名から大陸(中国)系と考えられています。』とのこと。
http://www.akashiya.co.jp/stories/003.html より引用。

「かるかん」は「蒸気屋」さんも有名ですけれど、福岡でも買えますので今回はこちらで・・
いくつか贈答用に送り、自宅用に一箱買いました。

「餡」が入るタイプと、入らない「かるかん」がありますが「餡」入りの「かるかん饅頭」を。
◆かるかん饅頭(8個:1512円)・・自然薯がタップリ入っているのが、食感がいいですね。

HPを拝見すると「自然薯」と「米粉」で作られているそう。
餡の甘さも程よく、美味しい。

賞味期限が1週間も無いのがネックですけれど、鹿児島土産にはいいと思います。

明石屋 アミュプラザ店
099-257-8484
鹿児島市中央町1-1 アミュプラザ鹿児島 B1F
2016-10-13
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

玖子貴 本店:鹿児島名物の一つ「さつま揚げ」 

鹿児島中央駅、土産物コーナー内にある「さつま揚げ」のお店。
創作的(かと)な品が目につき、購入しました。

◆5個購入。

◆上:ごぼうかき揚げ(小:150円)・・牛蒡タップリ。
◆下:葱しお天(210円)・・ビジュアルに魅かれて購入。塩味は薄めですので「ワサビ」を付けると丁度いいかも。
円)
◆焼きもろこし(250円)・・これ美味しい。コーンの風味も食感もいいですね。

◆アスパラ(170円)・・これもビジュアルに魅かれて購入。
アスパラの周囲を「玉ねぎ・人参」などが入った練り物で巻き揚げてあります。
普通に美味しいかしら。

◆明太小丸(140円)・・中に少し「明太子」が入っています。少量ですので明太子風味には欠けますね。

福岡まで持ち帰りましたけれど、揚げたてを頂くとより美味しいかと。

玖子貴 本店
:鹿児島中央駅 新幹線改札口前「えきマチ1丁目鹿児島」
地図アプリで開く iOS | Android
:8:00〜21:00(年中無休)
:099-285-5655
2016-10-12
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

笹の葉鮨 軒端・海幸 アミュプラザ鹿児島店:軽食用に・・ 

鹿児島中央駅、直結の「アミュプラザ」地下にあるテイクアウト専門店。
主人の夜食を探していて見つけました。

「笹の葉寿司」がウリのようですけれど「押し寿司」や「巻物」などもあり、
お値段もお手頃。

◆「海老押し寿司(572円)」と「笹の葉寿司(4個:561円)を購入。

*「海老押し寿司(572円)」は、このお値段ですので「海老」は薄いそぎ切りですけれど、
寿司飯は酢の加減もよくいいお味です。
パッケージは4隅を折れるようになっていて、寿司を取りだしやすい工夫がされていますよ。

◆笹の葉寿司・・「鯖」「真鯛」「紅さけ」「うなぎ」の4種類。

*ご飯がタップリですので、1個が食べ応えがありますね。
具材は薄いですけれど、ご飯にぼんのり「笹」の香りがするのも風情あるかと。

どちらも「にぎり」よりは日持ちしますし、ホテルの冷蔵力が弱い冷蔵庫で保管しても安心かと。
軽食に頂くには、よかったですよ。

笹の葉鮨 軒端・海幸 アミュプラザ鹿児島店
099-812-6705
鹿児島県鹿児島市中央町1-1 アミュプラザ鹿児島 B1F
2016-10-11
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

づけ丼屋 桜勘:カンパチがウリだそうですが・・ 

鹿児島は「カンパチ」も有名だと聞き、ネットで評価のヨサゲなこちらに伺いました。
ランチ時は賑っていましたが、待つこともなく入店。

店頭のメニューではワンコインで数種類のお料理の案内が・・

◆主人は「づけ丼定食(500円:外税)・・お味噌汁と沢庵が付きます。

*鹿児島のカンパチは美味しいと聞いていたのですが、
上手に薄造りにされていますので、旨みがわからなかったそう。
珍しく残していましたので尋ねると「ご飯が・・」と言う返事。

◆私は「塩焼き定食(500円:外税)

*これ「アラ」として出すならわかりますが、塩焼きとして出すのはどうでしょう。
中骨に少し身が付いた部分と、腹身の骨部分を焼いてあります。
普通はアラ汁に使うか、捨てる部分ですよね。
身もほとんどなく・・・((o( ∇ |||)))

◆お味噌汁は普通ですが、ご飯も美味しくなくて少なくしていただきましたのに半分も頂けず。

ワンコインですので仕方ないですけれど、
「づけ丼」はともかく「塩焼き」は出す部位を改善された方がいいかと。

づけ丼屋 桜勘
099-298-5550
鹿児島市中央町22-16 アエールプラザ1F
2016-10-10
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

魚将 さかなちゃん:新鮮魚介を頂ける割烹。 

鹿児島中央駅からタクシーで10分弱でしょうか・・
店名から居酒屋を想像していたのですが、生簀や個室もある立派な割烹ですね。

◆お通し・・「イクラ」と「何かのオクラ和え」、どちらも美味しい。
お通しのお値段は不明。

◆ビールと梅酒のソーダ割り(かなり薄めで炭酸水を飲んでいるようでしたが・・)

◆たか海老刺し(1050)・・甘エビを大きくしたような品。今回鹿児島で何度も頂きましたけれど、美味しい。

◆華鯵(1300円~)・・生簀から出して捌かれましたので、新鮮。
鯵は上品な脂を感じます。

頂いた後「骨」を「から揚げ」にされますが、これが美味しいこと。

◆天然車海老(2尾:1500円~)・・新鮮ですので身がプリプリ。
頭は焼いて出されますが、味噌もいいお味。

◆きびなごの天ぷら(価格失念:600円程度だったような)・・鹿児島名物。
お刺身で頂く機会はありますけれど、天ぷらもイケマスヨ。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

お刺身系の偏ったオーダーで少し反省しましたけれど、どれも新鮮ですし鹿児島ならではの
海の幸、愉しめました。

魚将 さかなちゃん
099-225-3722
鹿児島県鹿児島市樋之口町9-3
2016-10-09
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

仙巌園 両棒屋 :名物「ぢゃんぼ餅」 

「仙巌園 」は万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸。
『錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が仙巌園の最大の魅力です。幕末の名君、28代島津斉彬がこよなく愛し、徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運びました。  また、南の玄関口といわれた薩摩の歴史・風土にふさわしく、中国文化の影響が色濃く見られることが仙巌園の特色の1つ』
http://www.senganen.jp/business-guide/ より引用。

何度目かの鹿児島ですので、観光はこちらだけ・・
此方も以前ガイドさん付の案内で巡りましたから、今回はお庭や資料館のみ拝見しました。

広い庭園を巡った後、こちらで休憩。
「ぢゃんぼ餅」の「ぢゃん」は中国語の2(りゃん)が訛ったもので、ぢゃんぼ(両棒)とは、鹿児島弁で武士の大小の刀のこと。
2本の串が武士の刀に似ていることから、この名が付いたそうですよ。

「券売機」で本数を選び、お水などはセルフ。
醤油風味と味噌風味の二種類の味があり、1種類でも買えますけれど折角ですので盛り合わせを。
◆醤油風味と味噌風味、5本ずつセット(510円だったような)。
お餅は一口サイズ。

◆醤油味・・みたらし団子のたれを甘さ控えめにした感じかしら。
お餅は柔らかく食べやすいですが、歯にくっつきますね。

◆味噌味・・味噌味を頂けるのはこちらだけだそう。
これも甘めですけれど、味噌風味がお餅に合います。

名物も愉しめますし、休憩にはいいですよ。

仙巌園 両棒屋
099-247-1551
鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1 仙巌園
2016-10-08
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

ちりめん・しらす専門店 凪:「しらす丼」を頂きに・・ 

旅の前にネットで検索していて、こちらを見つけました。
「しらす」好きとしては、気になりまして・・

お店は、間口は狭いですけれど、店内に入るとカウンター席・テーブル席があり思ったよりも広い印象。
飲食店スペースの手前では「ちりめん」関連や海産物の販売もされています。
私たちはオープンと同時に入りましたけれど、帰る折には待ち人がいらっしゃいました。

◆メニュー・・「しらす」単品だけでなく、他の「食材」と組み合わせたお料理も数種類ありました。

◆メニュー・・海鮮丼もあります。

◆主人は「しらす・まぐろ丼(800円)」を。「しらすサラダ」や「とん汁」「香の物」が付きます。

*「しらす」と「まぐろ」は普通に美味しいという感想ですが、
ご飯が温め直しの品のようで、残念だと申しておりました。
ですので「ご飯」好きさんが、珍しくご飯を半分ほど残していましたよ。

*鎌倉で頂いたときも「しらす丼」には「とん汁」が付くのに驚いたのですが、こちらでも。
「とん汁」自体は具材タップリで美味しいとか。
*しらすサラダ。

◆私は「ちょっと少な目しらす丼(520円)」を。こちらには「とん汁」ではなく「お吸い物」と
賽の目に切った「鮪」をのせたサラダが付きます。

*「しらす」と「ウズラ卵」を混ぜていただくといいいお味に。
ただこちらも「ご飯」は同じ状態でしたので、開店直後に入ったせいかしら。
で、、量が少ないにも関わらず半分残しました。
*わさびの下には「しらすせんべい」、これ美味しい。

*鮪は噛むとシャリシャリと。完全に解凍されていないような。
でも主人の方はきちんと解凍されていたようですので、部位が違うのでしょうね。

伺った日たまたまかもしれませんけれど、
「ご飯」が美味しくないのは「しらす」が美味しいだけに勿体ないと思いますね。
「丼物」だけに、より気になりました。

ちりめん・しらす専門店 凪
099-208-4104
鹿児島市中央町21-4 永井ビル 1F
2016-10-07
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

ぶえんもゆかり:お刺身の量にビックリ。(@_@) 

鹿児島中央駅から徒歩5分ほどの「かごっまふるさと屋台村」にあるお店。
屋台村には20数店のお店があり、それぞれ特長がありますのでここだけでも鹿児島名物を味わえますね。

下調べした折にこちらがヨサゲでしたので利用しました。
8名程度のカウンター席と別にテーブル席もあります。
人気店のようですが、運よくカウンターに2席空きがあり・・^^

価格は多分外税かと。
◆たんかん角ハイボール(450円)・・久しぶりにハイボール頂きましたけれど「たんかん」の風味がほのかにして美味しい。
濃度もありますので良心的ですね。

カウンターには数種類のお醤油等が並べられていました。

他のお店で軽くいただいた後ですが、人気だという「お刺身」は頂かないとね。
◆刺し盛り(2人前:1500円)・・「ごっ魂盛」というだけあり、1500円とは思えないボリューム。
4キレずつ盛られていますので、1人前でもよかったような・・(^^;)

お刺身はどれも新鮮で、種類も豊富。
◆左上:たか海老。甘エビを大きくしたような品ですけれど、ネットリしていて美味しい。
◆右上:キビナゴ。鹿児島名物です。
◆左下:勘八。鹿児島は「勘八」も有名です。普段は好みませんけれど、これは身が変に硬くなく頂きやすいかと。
◆下中:鯛とエンガワ。エンガワは程よい脂で美味しい。
◆右下:鰹。

◆大人のおやつ「あら煮」、まさかの100円。
甘辛いお味付でよく浸みていて美味しい。100円ですのに、結構身もありました。

◆メニュー

◆メニュー

「お刺身」がウリだけあり、ボリューム・内容・お味ともに満足できる品でした。
私がこの時点でお腹がいっぱいで、とてもこちら以外を利用できませんでしたので、
また鹿児島に来ることがあれば、他も利用してみたいですね。

ぶえんもゆかり
099-255-1588
鹿児島市中央町6-4 かごっまふるさと屋台村
2016-10-06
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)

天文館むじゃき :人気の「白熊」 

天文館で有名なお店の一つ「天文館むじゃき」・・
「むじゃき」と言えば「白熊」ですが、上階では定食や鉄板焼きなども頂けます。

数年前利用したときは、行列でしたがこの日は待つこともなく案内されました。

でもここでもやっぱり「かき氷」でしょう。
◆主人は「マンゴー白熊(900円:内税)、私は「白熊ベビーサイズ(510円:内税)」を頂きます。

◆マンゴー白熊には「フルーツシャーベット」や色んなトッピングが飾られ、結構なボリューム。
マンゴソースのお味も濃厚だそうですよ。

◆「白熊ベビーサイズ」、ベビーサイズと言っても十分な量ですね。
ミルクは上の方はお味が薄いのですが、下にシロップが溜まっているので下になるほどお味が濃厚に・・
*左下の「コレ」何かと思いましたら「紫芋のお饅頭風」、
でもお味や食感が「かき氷」には合わないかと思いますが・・

◆メニュー

◆メニュー

女性が多い印象のお店ですけれど、男性同士の利用も多く「老若男女」で賑っていましたよ。
男性お一人でも、利用しやすいと思います。

天文館むじゃき
099-222-6904
鹿児島県鹿児島市千日町5-8
2016-10-05
鹿児島グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター