東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡メインの外食日記です。ただ東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

鮨 なんば 阿佐ヶ谷:つまみから鮨への流れもよく、何より居心地がよくて・・ 

0次会を愉しんだ後は、愉しみにしていたコチラへ。
予約困難店ですが、常連のYちゃんが予約して下さいました。
彼女には上京の度かなりお世話になっています、ありがとう。m(__)m
日比谷はご主人の難波さん、こちらは以前2番手だったシュンスケさんが仕切られています。
笑顔を絶やされない爽やかな印象のイケメン。
シュンスケさん前の特等席。
他の職人さんたちもお若いですが、キビキビとした動きで見ていて気持ちがいいですね。
◆日本酒は「しらぎく」」を。爽やかな味わいで好み。

◆蛤の茶碗蒸し・・蛤のいいお出しを感じ美味しい。

◆真鯛・・通常は「真鯛」と「鯖」ですが、鯖を頂けない私には2切れ出して下さいました。
噛むと甘いこと。

◆煮蛸・・柔らかい

◆牡蠣(岩手)・・牡蠣はこの時期としては大粒で味わいも良、く薄めの煮汁も牡蠣の旨みを邪魔せず美味しい。

◆のれそれ・・優しい味わいの三杯酢で。

◆ほたるいか、酢味噌和え・・旬です。

◆長万部の北寄貝、軽くあぶりで・・食感がいいこと。

美味しそうな「鮟肝」が登場・・(*^_^*)

◆鮑と鮟肝・・最強コンビ。お酒に合います。

*鮟肝は滑らかな食感でとても美味しい。

◆本鱒の塩焼き

◆ガリ

◆墨烏賊・・食感がよく噛むと甘みを感じます。

◆春子・・熟成度がよく美味。

◆伊佐木

◆中トロ・上品な脂と旨みを感じる品で好み。

◆小肌

◆藁で燻した金目鯛・・口に入れるとスモークの香りが広がります。

◆平貝

◆車海老・・甘いですね。

◆雲丹

◆穴子

◆芝エビ入り甘くふわふわでお菓子のような太卵焼き、美味しい。

追加で
◆ほとんど「鮪」の鉄火巻
鮪が溢れていますヨ、とても美味しい。

つまみ・握りともに美味しかったですね。
長いお付き合いのお二人との会話も愉しく、いいお時間でした。
東京に住んでいれば通いたいと思えるいいお店でしたよ。

鮨 なんば 阿佐ヶ谷
03-3391-3118
東京都杉並区阿佐谷南3-44-4 B1F
2019-05-18
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

冨所 (とみどころ):満足度の高いランチ鮨 

ある雑誌で記事を読み気になっていたお店です。
1週間ほど前にお電話しましたら、運良く席があり・・
最寄り駅は「御成門」ですが、地図を見て「浜松町」から歩いて行きました。徒歩で10分強程度。
昨年の11月にオープンされた店内は白木のカウンターも美しく、ご主人もまだお若い。
カウンター6席のみ。

お昼でも夜のお任せが頂けるようですが夜も予定がありますので、握りのみ6000円(税込)コースを。
◆ガリ

シャリは赤酢を使用されやや大きめでしたので、途中から少し小さめにして頂きました。
◆細魚

◆春子・・他店で頂いた品よりも柔らかいですね。

◆タイラギ・・食感のいい品。

◆鰹、づけで・・旨みを感じます。

◆鰆・・熟成度が良く美味しい。

◆中トロ(はがしで)・・上品な脂と旨みを感じる品。
札幌などでは「はがし」で出されるお店がありますが、お江戸では珍しいと思いましたら
ご主人は北海道ご出身だと伺い納得。

◆小肌・・塩や酢が少し強いように感じました。

◆子持ちのやりいか・・お味付けもよく、美味しい。

◆車海老・・大きく甘みを感じ美味。

◆雲丹・・たっぷり盛られます。

◆穴子

◆玉

6000円(税込)でこれだけ頂ければ満足です。
ご主人は感じのいい方ですが説明以外の会話はほとんどされず、途中まで勝手に居心地の悪さを感じておりました。
でも後半お隣の常連の方との会話に入らせて頂き、最後は愉しかったですね。

冨所 (とみどころ)
03-6876-0646
東京都港区新橋6-13-3 1F
2019-05-16
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨 尚充 :圧巻の雲丹に魅せられる、美味しく居心地のいい人気店 

以前から伺いたかったお店です。
一見はまず予約不可能の人気店ですが、今回はご常連のマイレビ様方のお陰で伺うことができました。
ありがとうございます。m(__)m
久しぶりに降りた「中目黒駅」は、夜桜見物の方々がでスゴイ混雑・・
目黒川沿いの桜は有名ですものね。お店までお花見を愉し見ながら歩きました。

洒落た外観、中に入るとカウンター11席の落ち着いた空間。
ご主人前のお席に案内されました。
◆ビールと梅酒ソーダ割

◆ピリ辛味のキュウリ。
◆お塩と山葵

◆真鯛・・塩か山葵で。噛むと甘みを感じます。

◆牡蠣(長崎)・・日本一の品だそう。クリーミーで美味しい。

◆ガリ

◆のど黒・・脂がのり美味

◆しじみ汁・・旨みが凝縮されています。

◆ヤリイカ・・噛むと甘みを感じる品。

◆毛蟹(根室)・・毛蟹は旨みが濃厚で美味しい、量もタップリ。

◆いぶりがっことチーズ・・中にチーズが挟まれているのですが「いぶりがっこ」と合います。

◆小肌(天草)・・美しい。〆加減も丁度いい。

◆焼き白子様とキャビア

*キャビアは塩分3%ですので円やかな味わいで美味しい。
食材本来のお味を邪魔をせず、旨みを引き立てます。

*焼き白子様・・クリームで美味しいこと。キャビアともに頂くとお口の中が贅沢に。

◆鮑(津軽海峡)・・柔らかく美味。

◆箸休めの牛蒡

◆芋焼酎

◆子持ちヤリイカ(青森)・・イカも柔らかく甘辛いお味付けもいい品。

◆鰆(明石)・・鰆は皮目を炙っておりますので香ばしさと旨みを感じます。山山葵で・・

◆千枚漬け・・お写真を上手に撮れなくて。m(__)m「蝋燭」ではありません。

◆小柱・・食感も良く美味しい。

◆のれそれ・・ご主人曰く「どん兵衛」だそう。こういう遊び心が愉しい。

◆素晴らしい「鮪」が登場。

◆中トロ(八丈島)・・珍しい「はがし」出だされましたが、食感もなめらかで旨みを感じて美味しい。

◆枝豆(三宅島)

◆赤身・・コレも美味。

◆トロタクキャビア・・コレも贅沢な組み合わせ。

*トロタップリで美味しいこと。

◆車海老(東京湾)・・甘くて美味。

◆庄内葱(山形)、酢味噌で・・

◆ホタルイカ(富山)・・焼くことで香ばしさが増し美味しい。

◆カンヌキ・・美しく食感がいいですね。

◆太刀魚(東京湾)、塩焼きで・・

◆江戸切り子の美しいグラスとともに登場したのは「SABA de SHU」。初めてみました。
水戸市の吉久保酒造が開発された、サバ料理専用の日本酒。
私は頂けず残念でしたが、口当たりがいいとか。

*「SABA de SHU」と「鯖の押し寿司」・・鯖鮨もおいしいそうです 。

◆私には「鯖」の代わりに「鰯」・・脂がのり美味しかったですよ。

◆余市の鮟肝とスイカの奈良漬け・・他店でもこの組み合わせで何度も頂いていますが、美味しい。

◆唐墨餅・・唐墨タップリで美味しいワ。

こちらのウリでもある「雲丹」が登場。

目の前に並べられた「雲丹」は壮観!
実際に目にするとテンションが上がります。撮影大会に・・

*別の角度から・・

2種類頂きます。他の方のレビューを拝見すると追加できたようですね、すれば良かった。
◆大山の雲丹・・はだてと並ぶ2代ブレンドでお勧めの品。
エグミが全くなくとても美味しい。

*エグミが全くなくとても美味しい。

◆馬糞海胆(浜中)

*好きな雲丹ですし、旨みが濃厚でこれも美味しい。

◆うなきゅう巻・・ウナギタップリで美味しい。

◆玉・・お菓子のような食感で好み。

◆外観

◆目黒川添いの桜

人気の「雲丹」はもちろんですが、他の品も美味しかったですね。
キャビアと組み合わせたりとコチラでしか頂けない品も多く遊び心も感じ愉しめました。
接客も心地よく他のお客様もいい方ばかりで、とてもいいお時間を過ごさせて頂きました。
予約が取れるようなら上京時には毎回訪れたいお店です。

鮨 尚充
03-3712-6999
東京都目黒区青葉台1-28-2 EXA 1F
2019-05-10
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

まんてん鮨 丸の内:品数と高CPにビックリ! 

以前から気になっていたお鮨屋さん。主人が上京した日のランチで伺いました。
場所は東京駅と有楽町駅の間くらいでしょうか。同じビルに博多のお店が入っていて驚きました。
ネット予約しましたので、6000円(外税)のお任せコース。
カウンター席は狭く後ろの隙間もほとんどありませんが、座ってしまえば然程気にならないかと。

◆主人はビール、私はお茶で。

◆しじみ汁・・シジミの旨みが濃厚で美味しい。

シャリは赤酢少なめで米酢が多いような。
私は「シャリ」を小さめにして頂きましたので、お写真はすべて「シャリ」小さめです・
◆真鯛・桜〆・・優しい旨みを感じる品。

◆若布(神奈川)

◆水蛸(北海道)・・丁寧に包丁が入り、甘みを感じる品。

◆平目昆布〆

◆イサキ

◆鰹・醤油漬け・・鰹の味わいも良く美味しい。

◆えのき昆布〆

◆わさび菜・・結構辛いですが、箸休めに最適。

◆ほたる烏賊・・旬でので美味しい、

◆鮑柔らか煮・・小さめですけれど、このお値段ですのに二人で1個出されました。柔らかく美味しい。

◆づけ(本鮪)・・普通に美味しい。

◆べったら漬け

◆たらこの山葵漬・・山葵の辛みを感じますけれど、これ意外に好みでした。

◆牡蠣の旨煮・・お出しで煮てあり、牡蠣も柔らかくいい味わい。

◆夏蛸の桜煮・・柔らかい。

◆トロ・・普通に美味しい。

◆いくら・・私はシャリ少なめですが、それでもこれだけ「いくら」が入ります。ビックリ

◆大根のハリハリ漬

◆白エビ・・ねっとり感・甘味を感じて美味しい。

◆雲丹・・質は並ですが、量はタップリ。

◆ネギトロ・・これも中落ちタップリ。

◆穴子(対馬)

◆卵焼き・・甘め

◆かんぴょう巻・・自分で巻いて頂きます。

◆しじみ汁・・しじみが山盛り。下は貝殻。

◆こだまスイカ

途中で主人が「本当に6000円?」と何度か尋ねてきたのですが、噂に違わぬ高CPです。
高級店のように丁寧な握りやお料理ではないですが、旬のネタの質も内容もよく満足ランチでした。
つまみもどれもいい味わいです。
カウンターの後ろにほとんど空きが無いにも拘わらず、
言わなくても何度もお茶を入れて下さったり目の前の職人さんも幹事の言い方で気持ちよく頂けました。
主人はかなり気に入ったようで、次回は日本橋店に行ってみたいそうです。

まんてん鮨 丸の内
03-6269-9100
東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア B1F
2019-05-03
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

美登利寿司 鮨松 立川店:キレイな赤身の「まぐろ丼」 

立川駅南口から徒歩6~7分の場所にある鮨店。
店内はカウンター席とテーブル席多数で、内観から推察すると老舗のような印象。
梅が丘で人気を集める「美登利」ののれん分けのお店だそう。

ランチメニューは多数ありますが「まぐろ丼(1050円:外税)を頂きました。
◆まぐろ丼(1050円:外税)・・サラダ、あら汁付。
ご飯は半分にして頂きました。

◆赤身は大きめの切り身で見た目もキレイで美味しい。
ご飯を半分にしたのですが、それでも私には多くて。(^0^;)

*反対側から・・

◆お味噌汁は薄めでお魚のあら入り。
◆サラダはキャベツが主で、青しそドレッシングがかけられています。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

まぐろは思ったより美味しい品でした。
関東での基準価格がわかりませんのでCPは判断しかねますが、博多よりはお高めかも。

美登利寿司 鮨松 立川店
042-523-8768
立川市綿町2-1-24
2019-05-02
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

きざ㐂:鮪が美味しい 今後が愉しみな若き鮨職人・・ 

赤坂見附駅からほど近い古いビル「赤坂青明会館」5階にある若手鮨職人さんのお店。
「鮨とかみ」さんにいらした頃一度お目にかかりました。
去年5月にオープンされた店内は新しく「氷冷蔵庫」が左右にあり凜とした雰囲気、カウンター8席の空間。
ご主人はまだ29歳とお若く感じのいい方です。

◆マイスターズドリーム

ランチ時は「にぎりコース(12000円)」の他に夜のおまかせも頂けるそうです。
夜も予定がありますので、12000円の握りコースを頂きました。
シャリは赤酢を使用され、他店が小ぶりの品が多かったせいかやや大きめの握りに感じました。
◆突先・・とかみさん名物ですが「はっこく」さんでも出されました。

*中落ちがたっぷり入り美味しい。

◆ごま豆腐・・焼き加減も良く好み。

◆墨烏賊(鹿児島)・・コリコリとした食感もいい品。

◆春子(茨城)・・お江戸でないと中々口にできない品ですが、美味しい。

◆鳥貝(愛知)・・噛むと旨みを感じます。

◆主人は芋焼酎を。

◆赤身(千葉・勝浦)・・赤身らしい上質な旨みを感じる品。

◆中トロ・赤ぎし部分・・上品な脂と旨みを感じます。

◆大トロ・・脂がくどくなく美味しい。シャリによく合います。

◆づけ・・少し辛めのつけだれのような。

◆小肌・・軽めの〆加減。

◆車海老・・甘くて美味。

◆鯵(鹿児島)・・肉厚で美味しい。

◆雲丹(大間)・・濃厚な旨み。

◆煮蛤(九十九里)・・九十九里の蛤は博多でも頂きますが美味しいですね。ツメもいい味わい。

◆今日のすべてのお魚(海老以外)で取った出汁で作った椀もの。いいお味でした。

◆穴子・・柔らかく美味。

◆玉

鮨とかみさんご出身だけあり「鮪」が美味しいですね。
春子や鯵も秀逸でしたし・・
接客もよく、今後予約困難店になられれるかと。

きざ㐂
03-6807-4110
東京都港区赤坂3-21-10 赤坂清明会館ビル5C
2019-04-28
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

はっこく:特等席で頂く圧巻の握り・・ 

「鮨とかみ」さんにいらした佐藤さんが独立されたお店。
銀座駅から徒歩3~4分のビル3階にあります。
店内は落ち着いていて洒落た雰囲気。
6名程度の個室がいくつかあり、職人さんによりお値段が異なります。
店主佐藤さんと親しいマイレビ様のお陰で、佐藤さん前の特等席で頂くことができました。感謝です。m(__)m

にぎりメイン(30貫程度)でつまみはお野菜数種類程度。
頂いたのは、35、640円(税込)のコースです。

品数が多いので説明が簡単でスミマセン。m(__)m
◆ガリ

赤酢を使用したシャリで、小ぶり。握り方は少し緩めの印象。
①突先・・とかみさんでも頂いた品ですが、中落ちがタップリで美味しい。

◆オニオンスライス

②平目

◆食材の一部

③春子鯛・・お江戸でないと中々口にできない品ですが、〆加減も良く美味しい。

④ボタン海老・・甘いこと。

⑤鰤・・上品な脂を感じる品。

⑥〆鯖は頂けませんのでパス。最後にお好きなものをと言われたのですが、お腹が一杯でご遠慮しました。
⑦北寄貝

⑧エボ鯛昆布〆

⑨白子様・・クリーミーで美味しい。

⑩鰹・・この時期の鰹は旨みが乗っています。

⑪煮蛤・・江戸前の技を感じる品。

◆蒸し野菜・・ホワイトアスパラと芽キャベツ

⑫鮎魚女(アイナメ)・・優しい味わい。

⑬細魚・・美しいですね、食感が好きです。

⑭青柳・・博多では頂けないので久しぶり。

⑮金目鯛柚庵漬・・上品な脂がのり美味。

⑯墨烏賊・・食感がよく、噛むと甘みを感じます。

◆ピーマンと塩昆布・・これ意外に美味しい。家で真似しようかしら。

⑰赤身

⑱中トロ

⑲中トロ

⑳大トロ

㉑づけ

鮪は流石ですね。個別の感想は省力しますが、すべてが美味しい。
㉒小肌・・〆加減が絶妙

㉓車海老・・甘い。

㉔鮟肝・・こういう風に鮟肝を頂いたのは初めてですが、意外に美味しい。

◆クレソンのサラダ・・ドレッシングがいい味わい。

㉕鰆昆布〆・・〆加減がよく美味しい。

㉖平貝・・食感のいい品。

㉗毛蟹・・甘味を感じます。

㉘桜鱒・・これ切り方がサイコロ状でしばらく握り方を考えていらしたのが面白くて。
裏の方の悪戯かしら。笑

◆雲丹が登場

㉙雲丹・・普通かしら。

㉚のど黒・・脂ののりがいいこと。

◆赤だし

㉛穴子・・フワフワ

◆玉・・お菓子のようで美味しい。

どれもいい味わいですが「春子鯛」「金目鯛」「鮪づくし」が秀逸でした。
頂く前から食べきれるかしら、、と思っていたのです。
小ぶりでしたのでなんとか30貫(玉を含まず)頂きましたが最後の5貫はキツクテ・・(//>ω<)
これだけの数の握りを頂くことがないのでいい経験になりました。
マイレビ様や佐藤さんとの会話も愉しく、マイレビ様のお陰でいいお時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございます。
頂きながら鮨好き主人にも食べさせてあげたいと思いましたヨ。

はっこく
03-6280-6555
東京都中央区銀座6-7-6 ラペビル3階
2019-04-25
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨処みやざき:赤身が美味しい1000円ランチ・・ 

立川駅南口から徒歩3~4分のビル2階にある鮨店。
ランチをどこかで頂こうかと歩いていて見つけました。
店内はカウンター席とテーブル席があり、印象では老舗のような・・

◆ランチメニュー

にぎり(1000円:税込)をお願いしました。
◆赤身と鯛・・タネが厚く赤身がいい味わい。シャリは米酢を使用した一般的なタイプ。

◆海老と烏賊・・海老は甘いですね。烏賊は墨烏賊だと思いますが、食感も良く美味しい。

◆蛸と何だったかしらm(__)m

◆卵焼き
◆おしんこ巻きとカッパ巻き

◆あおさ汁・・あおさタップリでいい味わい。

たまたまかもしれませんが、先客・後客がいらっしゃらなかったのでご主人と会話することもなく
ササット食べ終えて出ましたが、「赤身」と「海老」が美味しかったですね。

鮨処みやざき
042-521-5881
立川市柴崎町3-4-17
2019-04-20
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

すし匠 齋藤:お酒に合うツマミと美しい握り 

赤坂見附駅から徒歩5分弱の有名鮨店。
カウンター11席のほどの空間で、ご主人斎藤さんとお弟子さんが握られます。
予約時にご主人前でお願いしました。
すし匠さんご出身の店らしく「つまみ」と「にぎり」が交互に出されるスタイル。

お任せは25000円。

◆キス・・最初に「握り」

◆金時草のお浸し・・式部草や水前寺菜とも言われ博多ではよく出されますが、さっぱりした味わい。

◆つぶ貝・和辛子添え

◆平目・・塩で。

◆何だったかしら・・1日寝かせた自家製ハラペーニョ添え

◆鯛

◆豆烏賊(スミイカの子供)・・何度か頂いていますが、身が柔らかく甘みを感じます。

◆南高梅の茶碗蒸し・・酸味の少ない南高梅がいい味わい。

◆鰯磯部巻・・鰯の旨みが凝縮され美味しい。

◆真烏賊のゲソ

◆白海老(富山)、鮪の酒盗のせ・・白エビも甘みを感じ美味しいですけれど、鮪の酒盗がいい味わい。

◆焼き銀杏(新物)

◆すじこ・・漬け醤油の塩梅もよく美味しい。

◆新子・・〆加減もいいですし、美しい。

◆立派な毛蟹が登場

*調理中の毛蟹

◆石垣貝、自家製七味で

◆あらしゃぶ、柚子胡椒で

◆毛蟹は海苔で巻いて・・毛蟹の濃厚な甘みを感じて美味しいこと。

◆夏蛸、塩で

◆藁で燻した鰹・・スモークの香りもよく美味。

◆鮑(千葉)、肝のせ・・柔らかく美味しい鮑ですので、肝と共に頂くとより美味しい。

◆山山葵、削り鰹のせ・・北海道産の山山葵は箸休めだけでなく、お酒のツマミにも。

◆イカ

◆水茄子・箸休め

◆太刀魚、焼きで

◆中トロ、づけで・・漬け醤油の味わいがよく、中トロも美味しい。

◆赤雲丹・・唐津産の赤雲丹は食べ慣れて味わいですし、独特の旨みを感じます。

◆ザーサイ

ここまでが一通りだと思います。
この後ご主人が出していないネタの説明をされ好みの品を頂きますが、それまでより場が盛り上がりました。
◆春子

◆鮟肝、奈良漬添え・・お腹がいっぱいだったのですが「鮟肝」にツイ魅かれました。
鮟肝の味わいもいいですし、他店でも奈良漬と共に頂いたことがありますが、よく合います。

◆鉄火巻・・鮪タップリで見るからに美味しそうですが、これだけ鮪が入ると高そう。(^^;)

お会計をお願いしましたら「アイスもありますよ」と。笑
◆バニラアイス・・最中で。美味しとか。

◆主人はビールを何杯か頂き、この日私は朝から体調が今一つでしたので「冷茶」を。
何も言わなくても何度もお茶を差し替えて下さるサービスも心地よい。

握りが美しいですし、ツマミも工夫があり愉しめました。
最初は少し気を遣いましたが、途中からご主人のお人柄か一見でも寛げ愉しいお時間でした。
体調が良ければより愉しめたと思いますので、ちょっと残念。
二人で、62000円。

すし匠 齋藤
03-3505-6380
東京都港区赤坂4-2-2 赤坂鳳月堂本店ビル 2F
2018-09-11
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨学 :上質な鮨ランチ 

東銀座駅を歌舞伎座の方に出るとすぐ近くにある鮨店。
ビルの地下ですのでわかりずらいですが、1階に置かれたランチ案内を見て利用しました。
今年4月にオープンされた店内は清潔感ある洒落た雰囲気で、カウンター6席のみ。

◆ランチメニュー
*お昼握り 2,000円(税込)・・お昼の握りのセット 小鉢 椀 付き
*お昼ばらちらし 2,000(税込)・・お昼のバラちらしセット 小鉢 椀 付き
*昼の お任せ握り 5,000円(税込)・・本日のおススメを一貫づつ握ります  など。

◆玉蜀黍豆腐・・玉蜀黍の甘みを感じ、冷たい食感も心地いい品。

◆ガリは2種類

◆白烏賊・・ねっとり感もよく美味。

◆みる貝

◆鯖・・美味しいそうですヨ。

◆私には「鯖」の代わりに「スモークした桜鱒」・・スモークの香りと鱒の甘みが合います。

◆中トロ

◆お味噌汁・・自家製のお味噌がいい味わいで美味しい。

◆鰹

◆わさび菜・箸休めに。

◆焼き椎茸

◆ミニ穴子丼・・煮穴子の味わいが好み。

◆干瓢巻

ビールを頂きましたが、お写真撮り忘れました。m(__)m
ご主人は一見話ずらいかもという印象を受けたのですが、会話を始めるとそんなことはなく感じのいい方で
愉しいお時間でした。
2000円でこれだけいただければ、鮨ランチとしては上質だ思います。
こういうお店は馴染になると愉しいでしょうね。

鮨 学
050-5595-9327
東京都中央区銀座4-13-15 銀座近富ビル B1F
2018-09-08
東京グルメ(鮨) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩きというか外食記録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター