東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

鮨 そえ島:今宵も美味しく愉しいお時間でした。 

3か月以上間が空きましたが、愉しみに伺いました。
店主ご夫妻が笑顔で迎えて下さるのは嬉しいですね。^^
まずは「ビール」と「日本酒」を。

お任せは10000円(外税)
◆カワハギ肝和え
肝がタップリですし、ポン酢の味わいもよく美味しい。

◆雲丹と毛蟹
豪華コラボ、毛蟹の甘みと雲丹の旨みが重なり美味。

◆金目鯛(銚子)
熟成度がよく、金目の旨みをよく感じ絶品。

◆鯨の赤身、新玉ねぎのソースで。
鯨の味わいがまろやかで甘みを感じますし、ソースもいつもながらいい味わい。

◆白子様
もう頂けないかと思っていましたら、
私の白子好きをご存知ですので用意してくださったようです、感謝ですね。m(__)m
下にはシャリが敷かれ混ぜていただくとリゾットのような味わいで美味しいこと。

◆海鰻(大分)、菜の花、トマト。
鰻は一度蒸して焼いてありますので身はふんわり、外はカリッとして美味しい。
トマトも甘いですよ。

◆煮蛸
柔らかくて美味しい。お写真取り忘れました。m(__)m
◆蛤(千葉)の土瓶蒸し。
貝特有の雑味がなく、旨みだけを感じ美味しいこと。

◆トロ(対馬)・・上品な脂で、口に入れるとトロケマス。

◆づけ・・赤枚らしい旨みを感じる品。

◆アラ・・アラらしい弾力ある食感で美味。

◆ブリヒラ・・ブリとヒラマサを掛け合わた魚だそうですが、初めて頂きました。
品のいい脂を感じますね。どちらかと言うと「鰤」の味わいが強いように思えましたが、時期によりお味が変わるそうな。

◆アオリイカ・・甘く美味しい。

◆石鯛・・1週間寝かせてあるので、ねっとり感や旨みが増していますね。

◆車海老・・いつもながら独特の握り方、海老好きには堪りません。

◆赤貝・・ヒモもすべて頂きます。これもいい味わい。

◆鰆・・軽く炙ることで香ばしさが加わり美味しい。

◆赤だし・・アオサ入り。

◆コハダ・・いい〆加減。

◆穴子。

◆雲丹・・キレイで雲丹で甘いですよ。

◆高菜巻。

◆玉子焼き

◆追加・・鉄火巻。

◆頂いた日本酒。

今宵も美味しかったですね。この内容で10000円は素晴らしい。
どの品もいい味わいですが「金目鯛」と「蛤の土瓶蒸し」が秀逸でした。
店主ご夫妻の接客もいつもながら感じがいいですし、美味しく癒しのお時間を過ごさせていただきました。
また伺いますね。

鮨 そえ島
092-473-8122
福岡市博多区美野島2-6-34 アスティオン美野島 1F
2018-04-05
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

喜ふく:雰囲気のいい隠れ家的鮨店。 

渡辺通りの奥まった裏通りに2月にオープンされた鮨店。
宮崎県出身の30代後半のご主人が笑顔で迎えてくださり感じのいい方で、
フロアスタッフさんとお二人で営まれています。
東京の老舗料亭「河庄双園」や割烹や寿司店で研鑽を積まれたそうです。
店内はカウンター席と奥に個室があり、明るく洒落た雰囲気。

◆日本酒メニュー。
◆お猪口は「江戸切子」で揃えられ美しい。

◆主人は「ビール」、私は「横山五十」を頂きました。江戸切子では珍しい色合いの「黄色」を選びましたがキレイですね。

お料理は「お任せ:10800円」のみ。
◆「すっぽんスープ」と「モズク酢」
「すっぽんスープ」は旨みがよく出ていて美味しい。

◆平目とタイラギ
平目が良い味わい。

◆ミル貝の酢味噌和え。
コリコリしたミル貝の食感もよく、酢味噌もいい味わい。

◆春のかき揚げ
「桜えび」「タラの芽」「ふきのとう」等が入り、春を感じる品。
桜えびの旨みを感じ、サクサク食感で美味しい。

◆鰻の白焼き・・器の下にはとろろが入っています。
海馬ぎではないそうですが弾力があるというのか、身がしっかりしすぎていてお箸では切れず・・(^^;)
隠し包丁を少し入れて下さると頂きやすいかと。

◆イイダコ

◆蕪と赤ムツ、アオサ
赤ムツが美味しいですね。少し甘めのお味付ですけれど、蕪にお味が浸みていました。

シャリは赤酢を使用され、やや小ぶり。
◆ひらまさ

◆水烏賊・・表面・裏面共に丁寧に包丁が入り、甘みを感じて美味しい。

◆ヨコワ

◆鰆・・コレも程よい熟成で美味しい。

◆帆立・・丁寧に包丁が入り甘いこと。
主人には「鯖」が出されたのですが、お写真取り忘れました。m(__)m

◆赤貝・・少し生臭さを感じました。

◆車海老

◆雲丹・・シャリの上に海苔をのせ、その上に「雲丹」が盛られるという珍しいだし方。
雲丹は甘みがあり美味しい。

◆穴子

◆玉子焼き

◆お味噌汁・・アサリとさいの目に切ったお豆腐入りで、良い味わい。

◆桜餅と苺。

日本料理店で修業されただけあり、ツマミはお酒に合う品々でした。
鮨はあと一歩と言う印象でしょうか。

福岡の若手他店も同じ金額設定ですが、比較すると内容的に少し満足感に欠けました。
お茶などもお願いしないと出されない出されても二人ですので1杯などサービス面はこなれていないような。
スタッフさんがもう少し気働きできるようになられるといいですね。
まだ新しいお店ですので、お料理、サービス共に今後に期待ですね。
お任せ×2、ビール2杯、日本酒1合頂いて、25110円でした。

喜ふく
092-287-4015
福岡市中央区渡辺通5-10-30
2018-04-02
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

河原:アットホームな鮨店。 

以前近くのお店を利用した際、近くに寿司店がオープンされたと耳にし検索して伺いました。
去年の12月にオープンされたそうです。
店内はカウンター席と個室は一つあり、まだお若い大将が笑顔で迎えて下さいました。
奥様も笑顔の素敵な方で、1歳になられたばかりの赤ちゃんも可愛らしい。

価格は外税。
◆主人はビール(480円)、私は「一ノ蔵(530円)」を。

◆お通し・・アオリイカのゲソ。

◆ゴマアジ(600円)・・厚めに切ってありますので、鯵の旨みを感じます。

◆ホタルイカ一夜干し・・これ好きなのです。お酒のつまみに最適ですね。

◆鯛のあら炊き(1200円)・・博多らしく少し甘めのお味付です。
美味しいですが、このお値段ですのでもう少し身が欲しいところ。

◆アツアツ玉子焼き(600円)・・甘さ控えめです。

◆おまかせ握り・5貫(1500円)・・握りは少し小ぶりの印象。
「活穴子の炙り」「鯖」「コハダ」「アオリイカ」「ヒラスの腹身」、鯖とコハダが好みだったようです。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

鮨店ですが、居酒屋的使い方もできますし、希望によりコースも可能とのこと。
常連客が付いていらっしゃるようで、皆様愉しそうでした。
常連になると、より楽しめそうなお店ですね。
2018-03-05
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨 巳之七 :お酒がすすむ珠玉の創作ツマミ。 

少し間が空き、5か月ぶりの訪問になりました。

少し間が空きましたが、
何時ものように店主宮本さんと妹さんが笑顔で迎えてくださるのは嬉しいですね。

温かい品からと、
◆鱈の白子のお椀。
白子好きとしては最初から嬉しいこと。タチも上質ですし、お汁の味わいもよく美味しい。

お刺身3種。
◆天然真鯛(小呂島)・・プリプリした食感もよく、噛むと甘みを感じます。

◆ヤヒロ(ヒラス)と鮃(姪浜)・・どちらも美味しいですが、この時期の鮃は美味しいですね。

◆ヤヒロの白子・・白子好きの私のために用意してくださったそう。いつもながらのお気遣い、有難うございます。
これはお酒に合いますよ。

◆なまこ・・60度で3分火を通した「なまこ」は柔らかく、酢加減もいいですね。
これもお酒がすすみますよ。

◆鮟肝2種・・手前が「長崎産」、奥が「山口産」、、微妙に味わいが違いますので愉しめますね。
どちらも美味しいですが、山口産の方が少し甘いかしら。

◆生穴子、卵黄やコノワタなどを合わせた特製たれで。
毎回頂きますが、美味しい。穴子自体も新鮮ですけれど、タレの味わいが何とも美味しい。

◆白子様登場。嬉しいですね。^^

◆ご飯の上には「渡り蟹」、その上に「焼き白子様」という豪華コラボ。
白子様を崩していただくと贅沢リゾットになるのですが、全部混ぜるのはもったいなくて半分はそのまま頂きました。

◆生牡蠣のなめろう・・牡蠣をなめろうで頂くのは初めてですが、味噌などの味わいもよく美味しい。
これもお酒がすすみますね。

◆河豚(大分)タタキで・・こちらの酢のものは酢が強くなく好みなのですが、これもいい味わい。

◆ヤヒロの肝と胃袋、しげますの酒粕を使用したソースで。
珍味ですね。酒粕ソースは以前も頂きましたが、まろやかで美味しいこと。

◆鰤(長崎)、胡麻ソースで・・鰤は脂がのっています。それを白ごまを丁寧にすったタレで頂くと、
両方の上質な旨みや脂が加わりとても美味しい。

◆あんこうのから揚げ・・お送油とお酒で下味をつけた「あんこう」が美味しいですね。

◆茶碗蒸し・・よく煮こんだ牛すじ肉が入っています。定番ですが好きです。

お刺身を3種と数えると、つまみは「15種」出されました。
どの品も丁寧に作られハズレなく美味しかったですね。お蔭でお酒がすすんで。(^^;)
ここから「にぎり」
◆ガリ・・こちらのガリ好きです。無くなれば言わなくても追加してくださいますよ。

◆烏賊・・身だけでなく耳や何コチも併せてあるので食感も面白く、旨みを感じます。

◆細魚(長崎)・・細魚は美しいですし、食感が好きです。

◆鰯・・骨まで溶けるほどしっかり「酢」で〆てあるのですが、頂くと酢がまろやかで鰯本来の旨みを感じて美味しいですよ。

◆大トロ(ボストン)・・上品な脂を感じ、美味。

◆車海老・・直前まで海老様はご存命で茹でたてですので、海老の甘味をより感じますね。

◆雲丹(呼子)・イクラ

◆赤だし・・賽の目に切ったお豆腐入り。赤味噌の味わいも好み。

◆赤貝・・質が良く美味しい。

◆車海老の頭・・時間をかけて焼かれていますので、香ばしい。

◆穴子・・フワフワ。何時もながら「ツメ」が美味しい。

◆玉子焼き・・主人好みに少し甘めにして下さったそう。これも感謝です。

追加で
◆鉄火巻・シャリ少な目、ほぼマグロの贅沢な品。とても美味しいそう。

ご主人のお気遣いにも感謝していますし、妹さんとお二人の接客もいつもながら心地よく
今宵も愉しく美味しく頂きました。
また伺いますね。^^

鮨 巳之七
092-716-2520
福岡市中央区薬院2-18-13 1F
2018-02-22
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

菊鮨:旬の最上食材を頂けるお気に入り店。 

福岡市郊外「大野城市」にある人気鮨店。
我が家からは遠いのですが美味しいので、12月に続き伺いました。
カウンター席は9席、この日も満席です。
若きご主人が笑顔で迎えてくださいます。

まずは「ビール」「小と大」を頂きました。
その後「横山五十」「而今」「日高見」を。

お任せは、12000円。
◆蛤と昆布のお椀・・調味料は何も加えず食材の旨みで頂きますが、美味しい。

◆ミル貝(岡山)、菜の花の昆布〆、ウルイ・・春の食材の色合いが美しいこと。
ミル貝の食感もいいですし、菜の花の味わいも好みでした。

◆鮃(平戸)・・ネットリ感もいいですし、美味しい。エンガワが厚くとても美味しい。

◆トラフグ・・表面は軽く炙ってあり、梅入りポン酢醤油でいただきます。
河豚は厚く切られているので甘みを感じますし、ポン酢のお味もいいこと。

◆タイラギ・・厚みがある立派な品。炙ってお醤油を塗り海苔で挟んでいただきます。
海苔の香ばしさとタイラギの旨みが重なり美味しい。

◆河豚のから揚げ・・衣の味わいがいいですね。

◆鮑(唐津)とバフンウニの茶碗蒸し・・なんて贅沢な茶碗蒸し。^^
鮑は5時間低温調理され柔らかい。バフンウニの濃厚な甘味が加わりとても美味しい。

◆白子様、登場ですよ。^^

次も贅沢な品。
◆白子様と毛蟹の餡かけ・・白子様だけでも満足しますの、それに毛蟹まで。これぞ口福ですね。^^
かけられた餡もいいお味です。

ここから「にぎり」、赤酢のシャリと、ほんの少し赤酢が入った白酢のシャリを使い分けられます。
◆鮃・・この日の鮃は質がよく美味しい。

◆赤貝(豊前)・・赤貝らしい旨みを感じる品。

◆細魚・・間に芝海老のそぼろが挟んであり旨みが加味されています。
細魚は美しいですね。この食感が好きです。

◆歯鰹・・これも熟成度がよく美味しいこと。

◆中トロ・・上質な鮪ですので、脂が上品で美味しい。

◆コハダ・・〆加減が絶妙。

◆蛤(九十九里浜)・・少しレア感が残る仕上がりですので、蛤自体の旨みを感じますね。

◆カマス(大阪)・カマスは淡白なイメージでしたが、炙ることで旨みが増しています。

◆車海老・・甘くて美味しい。

◆鰆・・軽く燻してありますので香りもよく、熟成度も絶妙で美味。

◆赤だし。

◆雲丹・・バフンウニは美しく美味しい。

◆穴子(対馬)・・口の中に入れるとトロケマス。ツメもいい味わい。

◆玉子焼き。

追加で・・
◆鮃・・主人がこの日の鮃は美味しいと。

◆私は白子様を。焼いた白子様はクリーミーで美味しいですね。シアワセ。♡♡

◆鉄火巻き・・鮪タップリで美味しいそう。

今宵も美味しく頂きました。
ご主人はお若いですが感じのいい方ですので居心地もいいですし・・
12000円でこの内容を頂けるのは嬉しいですよ。
次回も愉しみです。
2018-02-04
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨 さかい:上質なネタを使用した美味しいツマミと美しい握り。 

12月に続いて1月も伺いました。

年始のご挨拶に続き「振る舞い酒」が出されます。1合出されるとはキップのいいこと。
「開運」というラベルが縁起がいいと選ばれたようですけれど、スッキリした味わいで美味しい。

◆鱈の白子すりながし(根室産)・・まずは体を温めてくださいと。
雑味のない鰹だしの味わいもよく美味しい。

◆白エビ(富山)・・塩・柚子・山葵で頂きます。ねっとりした食感もよく甘いこと。

◆鮑(唐津)、煮蛸・・・鮑は余計なお味付をせず本来の旨みだけで頂きますが、やわらかく美味しい。
煮蛸も柔らかいこと。

◆鯛(対馬)、タイラギ(岡山)・・鯛は甘いですし、タイラギは炙ることで旨みが増しますね。

◆毛蟹(噴火湾)と雲丹(厚岸)・・贅沢なコラボ。土佐酢のジュレがかけられていてます。
毛蟹は旨煮が濃厚ですし、雲丹も甘いこと。土佐酢のジュレのサッパリした味わいがよく合います。

◆河豚(大分・別府湾)、山形のアン肝の肝酢と共に。
河豚の食感もいいですし、肝酢が美味しい。
残った肝酢にはワカメを加え、すべて頂きます。

◆余市の鮟肝・・親方が一番美味しいと思うと言われる鮟肝。
調理が絶妙なので、口に入れるとトロケマス。絶品。

◆呑兵衛セット。

◆自家製カラスミ・・完全に乾燥させるのではなく、しっとり感が残る仕上がりで好み。お酒がすすみますよ。(^^;)

◆白子様・・大きく立派な白子様。クリーミーで美味しい。

ここから「にぎり」
◆ガリ・・・こちらのガリが美味しくて。無くなれば言わなくても追加されます。

◆春子(鹿児島)・・ピンボケでスミマセン。m(__)m
サッパリした味わいの中にも甘みを感じる品。

◆ノドグロ(対馬)昆布〆・・軽く締めることで脂の旨みよりも本来の旨みが強調され美味しい。

◆コハダ(天草)・・親方の握りの美しさが引き立つ品。〆加減もよく美味しい。

◆中トロ・づけで(壱岐・180kgの鮪)・・食感が力強く、鮪らしい旨みを感じます。

◆大トロに近い部分・・脂が上品で美味しい。

◆メジ鮪(佐渡)・・9kgの鮪で中々手に入らない品だそう。
優しい食感で、ふくよかな旨みを感じます。

◆車海老・・茹でたてで甘みを感じる品。

◆上:鯖。〆加減もよく美味しいそう。
◆下:鯖を頂けない私には「メジ鮪」を。いつもながら、お得で嬉しいこと。お気遣いに感謝です。m(__)m

◆ノドグロと河豚の出汁の赤だし・・いいお出汁が出ていて美味しいこと。

◆煮蛤(九十九島)・・毎回頂きますが、蛤の旨みが口に広がりますね。

◆赤蕪のお漬物。

◆煮穴子・・フワフワ。

◆雲丹(戸井)・・まろやかな甘みで美味しい。

◆上:干瓢巻。
◆下:玉子焼き。

◆頂いたお酒。

今宵も美味しく愉しいお時間でした。
次回も愉しみ。^^

振る舞い酒とは別に、日本酒3合いただいて合計、48100円でした。

鮨 さかい
092-726-6289
福岡市中央区西中洲3-20 LANEラウンドビル 2F
2018-01-28
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨おかだ:全国から集めた旬の食材を堪能しました。 

半年ぶりに伺いました。
最近はネタケースが見えない鮨店が多いですけれど、こちらのように見える方が楽しいですね。

お任せは、10000円。
◆前菜盛り合わせ。

*「自家製湯葉」「自家製カラスミ」「タタキ牛蒡」「クワイと海老のさつま揚げ」など。
湯葉は滑らかな食感で出汁の味わいもよく美味しい。ほかの品もいい味わいで、お酒に合いますね。

◆しまあじ(長崎)・・1週間寝かせた品。ねっとり感もよく美味しい。

◆キンキ・・皮目を軽くあぶってあり、美味。

◆鰤・・3週間寝かせた品。鰤とは思えない旨みがあり美味しい。

◆どんこ椎茸

◆北海道産「ししゃも・雄」・・本ししゃもは美味しいですね。

◆真鱈の白子(北海道)・・焼きで頂きますが、クリーミーで美味しい。

◆黒北寄の瞬燻・・燻製機を使用し燻製されたばかりの「黒北寄」。燻製の香りもよく、より甘みを感じますね。

◆赤貝(静岡)・・立派な赤貝ですこと。

◆細魚・・カンヌキ程度の大きさで、食感がいいこと。

◆新物の「のれそれ(愛知)」・・ポン酢の味わいが優しく好み。

◆大分の天然鯛

*魚醤などに漬けて焼いてありますのでそのままでも美味しいですが、
別添えのたれをつけていただくとより美味しい。
このタレは数種類の調味料を合わせて、半年かけ作られているのですがとてもいい味わいでした
フレンチで頂くような品でしたよ。

◆白エビ・・シャリとの間には「海老味噌」上には「海老に頭などを煮詰めたものがのせられています。
これが海老の味わいが濃くて、口に中の海老の味わいが広がりました。

◆真鯵(長崎)・・身も厚く美味しい。

◆煮牡蠣・・低温調理された牡蠣は身がプリプリ。ツメもいい味わいで美味しい。

◆茶碗蒸し・・上の餡は「渡り蟹の味噌」と「内子」が入り、良い味わい。

◆雲丹・・お魚が高騰していますので、以前よりは量が少なくなりましたね。(^^;)

追加で・・
◆鉄火巻き

◆わらび餅・・こちらのわらび餅、好きなのです。

◆頂いたお酒。

◆頂いたお酒。

天候が荒れ、北海道からの食材などが入らず苦労されたようですが、今宵も美味しく頂きました。
雲丹の量が少なくなったのは残念ですけれど、それでも1万円でこの内容は高CPですね。

鮨おかだ
092-534-1888
福岡市中央区薬院4-8-3 ARTK'S浄水1F
2018-01-24
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨そえ島:愉しく美味しい+キップのよさを感じる良店。 

あけましておめでとうございます。
昨年も多くの方に訪問頂き有難うございました。
本年もよろしくお願いいたします。m(__)m
・・・・・・・・・・・・・・
今年はこちらから・・
前回訪問時に年末年始も営業されると伺いお正月に訪問しました。
個人の鮨店で年末年始営業されるのは稀ですので、客としては嬉しいですね。

大将と女将さんから年始のご挨拶を受け、、楽しいお時間の始まりです。
◆「大吟醸・箱入り娘」が「振る舞い酒」で出されます。高級酒を振る舞われるとは、いつもながらキップのいいこと。
「繁枡」を製造されている福岡の酒造のお酒で、HPによりますと
『名前のとおり大切な愛娘を育てるように酒造りの技を尽くした贅沢な酒。』とのこと。
コレ美味しい。思わず追加しました。
ほかには「ビール」や「京都のお酒:銘柄失念(主人が気に入ったらしく追加しておりました)」を頂きながら・・

お任せは1万円。
お正月らしい品々が最初に出されます。
◆黒豆・・お正月の定番ですが、好きです。

◆数の子・・ツマミに最適。

◆お雑煮・・福岡らしく「鰤」や「かつお菜」が入り、お出汁の味わいがよく美味しい。

◆なまこ(大村湾)・・食感・酢加減ともによく、良い味わい。

◆自家製カラスミ・・お酒がすすみますワ。

◆15kgのアラ・・熟成度がいいので身がプリプリ。甘みを感じ美味しい。

◆鯨の畝(ミンククジラ)と百ヒロ(鰯鯨)
生姜醤油で頂きますが、畝の質がいいですね。

◆自家製カラスミ・・美味しいですねぇ。

◆白子様・・クリーミーで美味しい。シアワセ。^^

◆兵庫・1年牡蠣、山椒醤油漬け。
これも美味しい。煮ても殆ど小さくならず最初からこの大きさに近いとか。
山椒の風味がよく、お酒に合いますよ。

◆焼き椎茸・・肉厚で立派なドンコ。塩で頂きますが椎茸の旨みを感じます。

◆雲丹・煮鮑・白子入りの贅沢な茶碗蒸し。
私の白子好きをご存知ですので「白子」も入れて下さったそう。お気遣いに感謝です。m(__)m
鮑も柔らかいですし、茶碗蒸し自体もいいお味。雲丹や白子様ももちろん美味しい。

◆鮪(大間より)・・中トロと大トロの間位でしょうか。」脂の乗りも上品で旨みを感じる品。

◆づけ・・漬けダレの味わいもよく美味。

◆烏賊・・丁寧に包丁が入り食べやすいですし、甘くて美味しい。

◆15kgのアラ、身がプリプリで美味しい。
◆車海老・・いつもながら独特の握り方。車海老らしい甘味を感じ美味しいこと。

◆鰆・・コレも熟成度がいいですね。独特のねっとり感と旨みを感じます。

◆赤貝・・ヒモと共に頂きます。

◆鯵・・厚く切ってありますので、美味しいこと。

◆穴子・・フワフワ。ツメも美味しい。

◆雲丹・・小さ目の軍艦2個にタップリ盛られています。

◆なめこのお味噌汁。

◆玉子焼き。

・・・・・
追加で
◆鉄火巻・・鮪タップリで美味しいそうな。

どの品も美味しかったですね。
この内容で1万円と言うのは、キップのいいこと。
客に美味しい物を食べさせたいというお気持ちが伝わります。
店主ご夫妻をはじめこの日ご一緒になった皆様がとてもいい方々で、年始から楽しいお時間を過ごさせていただきました。
これも大将のお人柄でしょうね。

新年の初めにとてもいいお時間を過ごせましたので、縁起のいいこと。(´▽`)
また伺いますね。♪

鮨 そえ島
092-473-8122
福岡市博多区美野島2-6-34 アスティオン美野島 1F
2018-01-05
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨さかい:旬の厳選食材堪能しました。 

3か月ぶりの「鮨さかい」さん。
前回とは食材が変わっているでしょうから、愉しみですね。

なんと「善知鳥(うとう)」を用意して下さっていました。
以前美味しいと言ったのを覚えていて下さり、わざわざ取り寄せて下さったそう。
お気遣いに感謝ですよ、嬉しい。^^
ただ入手困難品ですので、今回は1本しか入手できなかったようです。
その貴重なお酒を「2合」も頂いてしまいましたが、美味しいワ。
そのあとは「一白水成(福禄寿酒造 / 秋田)」を。これも好みで、美味しい。

◆蛸(志賀島)の柔らか煮・・柔らかく煮た蛸の食感もいい品。

◆白子(根室)のすり流し・・白子の味わいもいいですが、胃が温まります。

◆カワハギとタイラギ(岡山)、肝醤油添え。

*カワハギは甘く、肝だれで頂くと秀逸。
タイラギは山葵で。

*肝だれ・・肝タップリで良い味わい。

*残った「肝だれ」は追加されるワカメと共に頂きます。

◆生いくら・・下にはしゃり。あまり手を加えていないので「いくら」本来の旨みを味わえ美味しい。

◆香箱蟹と浜中(北海道)の塩水雲丹。
ナント豪華な組み合わせ。別々で頂いても一緒に頂いても、美味しい。
蟹と雲丹好きとしては嬉しいですねぇ。

◆とらふぐ(大分)、アンキモ(山形)ソース添え。
とらふぐは皮も入り食感がいいこと。
アンキモソースが絶品ですね。

*残った「アンキモソース」は「肝だれ」と同じく「ワカメ」を追加し全て頂きます。

◆鰹(壱岐)とアンキモ(余市)

*藁でいぶし漬けにされた「鰹」はこの厚みが最適ですね。
鰹らしい旨みを感じて美味しい。

*ご主人が「余市のアンキモが一番美味しいと思います」と言われましたけれど、絶品ですね。
お酒がすすみますワ。

◆カラスミ・・レア感が残り炙っていただくと美味しいこと。

◆白子・・クリーミーで美味しいこと。白子好きには嬉しい品。

ここから」「握り」
◆ガリ・・美味しい。言わなくても無くなれば追加されます。

◆カンヌキ(大きめの細魚)・・美しいこと。

◆赤ムツ(ノドグロ)昆布〆・・上品な脂と旨みを感じて美味しい。

◆コハダ(天草)・・美しく美味しい。

◆づけ(大間:140kg)・・赤身らしい味わいで美味しい。

◆大トロ(大間)・・見るからに脂の乗りがいいですね。口の中に入れるとトロケマス。美味しい。

◆主人には「鯖(八戸)」・・とても美味しいそうな。

◆私には「カマトロ」・・鯖の代わりに「トロ」を出してくださるのは「さかい」さんだけですね。
トロ好きとしてはとても嬉しい。

◆車海老(五島)・・茹でたてですし、甘いこと。

◆天然カンパチ・・カンパチってあまり美味しいと思ったことがないのですが、これは別物でした。
鰤よりも上質な脂を感じ美味しい。

◆煮ハマグリ(九十九里浜)

◆赤だし・・ノドグロと河豚の出汁で作られていて美味しい。

◆雲丹

◆穴子(対馬)

◆赤カブのお漬物。

◆玉

◆干瓢巻。

・・・・
追加で
◆鯖

美味しいお料理とご主人のお気遣いで、
今宵も美味しく上質なお時間を過ごさせていただきました。
お酒3合(善知鳥を2合)頂いて、50800円でした。安くはないですが満足度が高いですね。
次回が愉しみです。^^

鮨 さかい
092-726-6289
福岡市中央区西中洲3-20 LANEラウンドビル 2F
2017-12-19
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

菊鮨:今宵も美味しい品々で大満足でした。 

福岡の郊外・大野城にある人気鮨店。
美味しいお鮨を頂きたくなり、3か月ぶりに伺いました。

18時と20時30分の2部制で18時の利用。
店内は落ち着いた雰囲気でカウンターは9席。奥に個室もありますが、夜は使用されないような。

◆日本酒は3種類頂きましたが、酒器が同じですのでお写真は1枚だけ。
頂いたのは「横山五十」「田中六十五」「伯楽星」など。

お任せは、1万円。
◆蛤と昆布のお出汁・・蛤と昆布のいいお出汁を感じ美味しいこと。
寒くなったので温かいものからという、お気遣いが嬉しいですね。

◆いろは島の牡蠣・・いろは島の牡蠣は小ぶりですが、旨みが凝縮していて美味しいのです。
鬼おろしともみじおろしが、いいアクセントに。

◆立派な「アラ」が登場。20kgの品だそう。2週間寝かせた品。

*惜しげもなく厚く大きな切り身で出されます。
ねっとり感もいいですし、甘味を感じてとても美味しい。

◆鰆(玄海)・・1週間寝かせ、藁で炙った品。玉ねぎのすりおろし、出し醤油で頂きます。
鰆は藁の香りもよく、厚く切られているので旨みを感じ美味しいこと。出汁醤油などもよく合っています。

◆香箱蟹・・出された瞬間「ワッ ^^」
下処理が大変だったと話されていましたが、蟹好きにはとても嬉しい品。
有難く頂きました。

*香箱蟹らしい甘みを感じて美味しい。外子・内子ともにタップリで、より美味しい。
日本酒がすすみます。

◆お焦げと解禁されたばかりの「桜海老の素揚げ」、蟹で取ったお出汁かけ。
お米を握りを出す時間を逆算して炊き上げられるのですが、その際のお焦げをこのように出されるのはいいですね。
お焦げ大好きですし、桜海老がまた美味しくて。蟹で取られたお出汁もいい味わい。

◆タチ・・低温調理し、昆布出汁に半日浸したしな。
上質なタチで美味しいこと。白子好きには堪りませんワ。

◆ノドグロ(対馬)の蒸し鮨、自然薯かけ。
ノドグロは脂がのり美味しいですが、自然薯と共に頂くと旨みが加算されます。

◆素晴らしい、、眺めるだけで幸せな気持ちになります。

ここから「にぎり」
◆ガリ、好みです。

◆登場したのは立派な「まぐろ(長崎産)」、、美しいですねぇ。

◆血合いなどを削ぐとこのように。これを頂けるのかと、ワクワクします。^^

◆アオリイカ・・薄く削いだものを重ねて出されるので食感がいいですね。
烏賊自体も甘みを感じ美味しい。

◆アマダイ(島原)昆布〆・・熟成度もよくアマダイの旨みを感じ美味しいですね。

◆細魚・・しっとり感を感じますし、いい味わいですこと。

◆づけ(大間)・・漬けられの味わいもいいですし、マグロ自体も美味しいこと。

◆先ほど見せていただいた長崎の「鮪」、中トロ部分。見るかに脂がのっているのがわかります。
口に入れると上品な脂を感じトロケマスネ。とても美味しい。

◆コハダ(天草)・・どちらかと言うと強めの〆加減ですが、良い味わい。

◆煮はまぐり(九十九里浜)・・絶妙の火入れですね。ツメもいい味わい。

◆車海老・・甘いこと。味噌の味わいもよく美味。

◆主人には「鯖鮨」・・鯖が厚みがあり美味しいそうな。

◆私には「鰹」・・海苔で包んでいただきますが、海苔の質が良いこと。

◆鰤(佐渡)・・この時期が旬だそう。イカを食べているので旨みが増すとか。
上質な脂を感じこれも美味。

◆雲丹(昆布森)・・昆布森の雲丹は美しいですね。甘いこと。

◆赤だし・・ワカメ・賽の目に切ったお豆腐入り。

◆穴子・・フワフワ。

◆玉

追加で・・
◆鉄火巻き・・先ほどの長崎産鮪がタップリ入り、贅沢ですよ。もちろん美味しい。

◆帆立・・低温で火入れし3日寝かせた品。口に入れるとトロケルそうですよ。

美味しかったですね。立派なアラと鮪には驚きましたよ。
笑顔を絶やさないご主人の接客も印象がいいですし、キップのいいこと。
この内容でお任せ1万円は、素晴らしいCPですし、客に美味しい物を食べさせたいという心意気を感じます。
また伺いますね。

菊鮨
092-575-0718
春日市春日公園3-51-3
2017-12-13
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター