東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

松むら :旬の食材を使用したお料理も美味しい居心地のいい鮨割烹 

ランチの印象がよかったので、再訪しました。
大正通の「秋本病院」の道路を挟んで、ほぼお向かいにあります。

メニュー

店内はゆったりと間を取られたカウンター席と個室が一つのお洒落空間。
前回同様、ご主人が笑顔で迎えてくださいます。

◆主人はビール(650円)、私は「ウーロン茶(300円)を。

お任せは、10000円(税別)
◆甘エビの塩辛・・これはお酒が欲しくなりますね。(^^;)

◆あら・・5kg、半日寝かせた品。適度な歯ごたえと丁度よい熟成度で、甘みを感じ美味しい。

◆唐津・赤雲丹・・器に氷を入れて出される盛り付けも洒落ています。
山葵とお醤油、小さく切った海苔が添えられ、お好みで。

*雲丹がキレイで甘いこと。

◆直前に骨切りされた「鱧」、「ごま油」で頂きます。

*豊前の鱧・・丁寧に骨切りされているので旨みを感じます。
鱧を「ごま油」で頂くのは初めてですけれど、意外に合いますね。

◆鰻の白焼き

*身はフックラ皮目はパリッと焼かれ、とても美味しい。

◆蛤と九条ネギの小鍋仕立て。

*蛤の濃厚な出汁がでていて、美味しいこと。黒胡椒がいいアクセントに。

◆金太郎鰯(大阪湾)の梅煮・・よく煮こまれていて骨まで柔らかいですし、梅の味わいが強くなく好みのテイスト。

◆ガリ・・言わなくても追加されます。

◆アオリイカ・・薄く削いで出されますので、より烏賊の甘みを感じますね。

◆赤貝(山口)・・生臭みが全くないですね。今後、産卵期に入るそうで名残だとか。

◆鯛・・程よい熟成で、旨みを感じます。

◆車海老(天草)・・味噌の部分を軽く炙ってあるので、香ばしさが加わっています。

◆鯵・・厚みがあり、美味しいですね。

◆金目鯛(銚子)・・上品な脂と旨みを感じ美味。

◆穴子(対馬)・・穴子はフワトロで、甘みの強くないツメもいい味わい。

◆赤雲丹(唐津)・・タップリ盛られます。赤雲丹らしい旨みを感じる品。

◆ひもきゅう巻・・赤貝のヒモとかつら剥きにして千切りにした胡瓜の巻物
前回も頂きましたけれど、コレ美味しい。

*アップで・・

◆ジュンサイ・オクラ入りの赤だし・・この味わい好み。

◆お酒メニュー

鮨前のお料理がどれも美味しかったですね。
まだ34歳とお若いご主人ですけれど料理の世界に入られて17年のベテラン、
お話もお上手で笑顔を絶やされないので、居心地がいいですね。
お料理は楽しくいただくとより美味しく思えます。
また季節を変えて伺いたいと思います。

ビール2杯、焼酎1杯、烏龍茶1杯頂いて、二人で25,000円。

松むら
050-5594-3511
福岡市中央区薬院2-16-15 YAKUIN NTビル 1F
2018-07-31
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

菊鮨 :趣向を凝らしたツマミと美味しい握り 

毎回、伺うのが愉しみなお店の一つ。

◆主人は「ビール」、私はまだお酒を頂けませんので「ウーロン茶」を。

お任せは、12000円。
◆つぶ貝とジュンサイの酢の物。丸い品は「氷に見立てた大根」
優しいお酢の味わいで、一品目に頂くには最適。

◆甘鯛(昆布〆)と鰹のお造り・・甘鯛は〆加減もよく旨みを感じますし、鰹も美味しい。

◆主人は焼酎を。「大和桜(鹿児島)」、「ナカムラ(鹿児島)」

◆鰯の炙り・・焼き味噌と大根と共に海苔に挟んでいただきますけれど、鰯の旨みと味噌の味わいがよく合います。

◆鱧のお椀・・鱧は湯引きする直前に骨切りされていました。
昆布の鰹を丁寧に引いたお出汁もいい味わい。

◆のど黒(対馬)・・レア感が残る絶妙な焼き具合。脂がのり美味しいこと。

◆鮑、雲丹、鮑の肝という豪華コラボ・・鮑は企業秘密でしょうから書きませんが、絶妙の火入れで柔らかく
雲丹の甘みと相まって美味しい。

*下には「シャリ」が、、肝やウニと共に頂きました。

◆毛蟹入り茶碗蒸し、上にはコノワタ・・お酒がすすむ茶碗蒸しですね。呑めないのが残念。

◆シャリの仕上げ・・シャリは「赤酢」と「白酢に赤酢を混ぜたもの」2種類用意されます。

◆ガリ

◆美味しそう~

◆鯛(壱岐)・・4日寝かせた品。熟成度がよく美味。

◆金目鯛・・甘いですね、美味しい。。

◆キス・・水分を抜かないよう〆てあるので、旨みが凝縮しています。

◆北寄貝・・直前に殻から外されたので、より旨みを感じます。

◆大トロづけ・・これ秀逸。づけにすることで、脂がより上品になりとても美味しい。

◆立派な団扇海老・・こんな大きさの品を見たのは初めて。

◆団扇海老は味噌共に握られ、甘さと味噌の旨みが重なり美味しいこと。

◆煮ハマグリ(五島)・・九十九里の品を頂くことが多いので、五島の品は初めてです。
蛤自体もいい味わいですけれど、ツメの味わいも好み。

◆車海老・・甘いですね。

◆鯵(五島)・・少し冷やすことで旨みが増しています。

◆雲丹(唐津)・・タップリ盛られます、嬉しい。

◆なめこ入り赤だし

◆穴子の手巻き

*穴子を手巻きで頂くのは初めてですが、海苔の質もいいこと。

◆玉

追加で
◆先ほど頂いた「大トロづけ」の鉄火巻き。なんと贅沢な、、もちろん美味しい。

ツマミも毎回旬の食材を工夫されていますし、握りも美味しかったですね。
次回も愉しみです。
菊鮨
092-575-0718
春日市春日公園3-51-3
2018-07-27
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨さかい:美味佳肴 

2ヵ月半振りの訪問ですので、愉しみに伺いました。
これまで夜のみの営業で2交代制でしたけれど、
7月18日より、完全3交代制になります。それに伴い7/18以降、定休日は日月祝。
お料理内容は夜と同じ。
[火~金]①12:00~②18:00~③20:30~
[土]①12:00~②17:00~③19:30~
お昼営業されると遠方の方も利用しやすくなりますね。

◆主人はビール、私は歯の治療中でお酒を頂けませんでしたので「冷たい緑茶」を。

◆糸島のジュンサイ・・出汁のお味付がいいこと。

◆志賀島の蛸・・柔らかく美味しい。

◆雲丹と毛蟹・・いつもながら豪華コラボ。毛蟹・雲丹ともに甘いですね。

◆赤雲丹(唐津)と黒鮑(唐津)・・同じ餌を食べているので相性がいいそう。
鮑は柔らかく、赤雲丹は独特の旨みを感じます。

◆主人は「鳳凰美田」と「石鎚」を、、いいな。(^^;)

◆イサキ(糸島)のづけ・・生姜が効いていて美味しい。

◆中トロ(壱岐・128kg)と北紫雲丹の和え物・・これも贅沢コラボ。

◆鮟肝(余市)に刻んだ奈良漬と酒粕を混ぜた品
前回も頂きましたけれど、鮟肝となた漬けが合いとても美味しい。
お酒を頂けないのが残念。

◆海鰻(博多湾)・・海鰻らしい皮の弾力、身は脂がのり美味しい。

◆ガリ・・こちらのガリ、好きですね。お願いしなくても追加されます。

◆平目・・程よい脂と旨みを感じます

◆アオリイカ・づけで・・づけにすることで、甘みをより感じます。

◆新子(浜名湖)・・にぎりの美しさが際立ちますね。軽めの〆具合ですので「新子」本来の旨みを感じる品。

◆鮪(塩釜:160kg)血合いに近い部分・づけで・・赤身らしい鉄分を感じる品。
づけにすることで旨みが増しているような。美味しい。

◆中トロ・づけ・・こちらのシャリは鮪によく合いますね。程よい脂を感じ美味。

◆常温に戻した大トロ・・常温に戻すことでより脂の旨みを感じ秀逸。

◆車海老・・茹でたての車海老は甘くて美味しい。

◆鰯(根室)・・〆具合がよく、美味しい。

◆煮ハマグリ(九十九里)・・何時もながらに美味しい。

◆イサキと平目の出汁を取った赤だし・・具材が入らないので、出汁の旨みをストレートに感じますね。

◆前回同様「大粒で素晴らしい雲丹」

◆北ムラサキ雲丹・・甘さの中にも雲丹特有の濃厚な味わいを感じ美味しいこと。

◆箸休め・・べったら漬けと水茄子

◆穴子(対馬)・・フワフワ、ツメの味わいがいいこと。

◆干瓢巻と玉

今回も美味しかったですね。
いつもながらご主人始めスタッフの方々の接客や心遣いもよく、楽しく美味しいお時間でした。
次回も愉しみ。^^

主人が「ビール(小)」「日本酒・グラス2杯」頂いて、二人で54,300円。

鮨 さかい
092-726-6289
福岡市中央区西中洲3-20 LANEラウンドビル 2F
2018-07-18
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

そえ島 :美味しく愉しいお気に入り店 

2か月半振りの訪問です。

落ち着いた雰囲気の店内。

◆「ビール」と「寿限無」、寿限無は超辛口と記載されていますけれど、スッキリした味わいで呑みやすい。

お任せは1万円(外税)。
◆シジミの出汁とジュンサイの冷製スープ
かなりの量のシジミを使用されたそうですが、お出汁の味わいがとてもよく美味しい。

◆雲丹リゾット・・ご飯にもタップリ雲丹が混ぜられていて、雲丹好きとしては嬉しい。

◆平目(唐津)・・5kgの立派な平目で上品な脂がのり美味しい。

*エンガワも厚く旨みを感じます。

◆鯨の赤身、軽く炙って。
最初は「海苔塩」で頂きます。

*次に玉ねぎなどで作ったソースで。
どちらの味わいもいいですけれど、ソースで頂く方が好み。

◆九頭龍・・一口目独特の味わいを感じますけれど、慣れると呑みやすい。

◆ヤリ烏賊、昆布〆。このわた添え。
これお酒泥棒ですね。(^^;)

◆のどぐろ醤油焼き・・一夜干しにして、みりんを使用せず醤油焼きにされていますので
「のどくろ」の甘み・旨みが引き立ち美味しいこと。

◆チーズ海苔巻き・・チーズには少し甘めの味噌が塗られていて、ツマミに最適。

◆岩牡蠣(秋田)の茶碗蒸し・・岩牡蠣はカットしてありますが、大きいですね。
旨みを感じますし、卵の黄身とぽん酢で作った餡が合います。

◆鷹来屋五代目・・爽やかな味わい。

◆たまめ(五島)・・1W寝かせることでねっとり感もでますし、甘みを感じます。

◆鮪(対馬)カマトロ部分・・上品な脂を感じ美味しい。

◆赤身・・キレイな赤身ですし、旨みを感じる品。

◆烏賊・雲丹(唐津・赤雲丹)のせ・・一緒に頂くと美味。

◆アラ・・程よい噛みごたえがあり、噛むと旨みを感じます。

◆車海老・・いつもながら独特の握り方で甘いこと。

◆しま鯵(五島・天然物)・・鯵は美味しいですね。サッパリしているのに旨みが濃厚。

◆赤だし・・なめこ入り。赤みその味わいが丁度いい。

◆鳥貝(愛知・三河湾)・・質のいい鳥貝で、これも噛む度旨みを感じる品。

◆穴子・・フワフワ。

◆バフンウニ・・粒も大きく上質な雲丹。独特の旨みを感じて、とても美味しい。

◆トロタク・・中トロと沢庵が入り、好み。干瓢巻は好まないので、これ嬉しい。

◆玉子焼

追加で・・
◆鉄火巻・・鮪タップリ。

このお値段でこれだけの内お料理を頂けるのも嬉しいですが、お酒もお手頃。
美味しいのは勿論、ご主人夫妻の接客が心地よくて楽しく頂けますね。
常連客が付いていらっしゃるのも、お二人のお人柄でしょう。^^
また伺います。

鮨 そえ島
092-473-8122
福岡市博多区美野島2-6-34 アスティオン美野島 1F
2018-06-29
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨巳之七:お酒がすすむ珠玉のツマミ・・  

訪問回数:7回。3か月ぶりの訪問。
fc2blog_20180527144554f0f_20180528133316457.jpg

何時ものようにご主人と妹さんが迎えてくださいます。
お任せは10000円(外税)
◆ホタルイカと式部草、しげますの酒粕で作ったソース掛け。
この酒粕ソースは何度も頂いていますが、酒粕の味わいがとても美味しい。
蛍烏賊に合います。

◆お刺身2種
*真鯛(姪浜)・・プリプリ感が残り、噛むと旨みを感じます。
*イサキ(宗像市鐘崎)・・旬ですのでいい味わい。

◆活け穴子(宗像市鐘崎)・・〆られてから時間が経っていないので、身に弾力がありこれも噛むと甘みを感じます。
コノワタや黄身などで作られれたタレも何度も頂いていますが、美味しいですねぇ。
日本酒がすすみます。

◆じゅんさい、ボタン海老、ツブ貝、生アオサの三杯酢がけ
こちらの酢の物は甘目ですので、酸味が苦手な私には嬉しい。
生アオサや魚介の味わいもいい品。

◆しま鯵・ゴマダレがけ・・しま鯵は上品な脂がのり美味しいですが、白胡麻を黒くなるまで擂った胡麻ダレが
いつ頂いても美味しい。

◆イサキの肝と真子・・甘目のタレと唐辛子のピリカラ感が良いですね。お酒泥棒な品。

◆鱧(豊後)、鱧の卵の塩辛、大分・塩娘トマトジュレがけ。

◆あげまき貝、渡り蟹の味噌と卵を併せ「リゾット風」に。
あげまき貝からいいお出汁が出ていますね。お代わりしたい美味しさです。

◆鮎の揚げ物、肝ソース添え
肝ソースの苦みがいい塩梅。

◆定番・・すじ肉入りの茶碗蒸し。
毎回頂きますが、すじ肉がトロトロ。

◆ヤリ烏賊・炭塩のせ
烏賊の身だけではなくすべての部分を頂けます。食感も面白く烏賊が甘いこと。

◆白キス・・これ美味しい。キスってこんなに美味しかったのですね。

◆赤貝(豊後)

◆中トロ(ボストン)・・程よく上品な脂を感じます。

◆ヅケ・・赤身らしい旨みを感じる品。

◆赤雲丹(唐津)、イクラと共に

赤雲丹が甘くなりましたね、美味しい。
◆赤ムツ、肝乗せ
軽く炙ってありますので、より旨みを感じます。
肝と共に頂くのは初めてですが、とても美味しい。

◆赤だし・・賽の目に切ったお豆腐入り。こちらの赤みそは辛くなく甘目で良い味わい。

◆車海老・・活けの品を目の前で茹でられるので、味噌まで美味しい。

◆煮穴子・・フワフワ、ツメもいい味わい。

◆車海老の頭・・丁寧に焼かれているので香ばしくて美味しい。

◆玉子焼き・・甘目で主人好み。

追加で
◆鉄火巻

◆頂いたお酒
ビール(通常サイズ&小サイズ)、雁木(日本酒)、鍋島(日本酒)、黒蜻蛉など。



鉄火巻を追加して、二人で28400円(税込)でした。
何時もながらにお酒がすすむ美味しいツマミでした。
以前よりは品数が少なくなったとはいえ、
こちらほどツマミが充実していて美味しいお店は少ないですね。
楽しくいいお時間を過ごさせていただきました。

鮨 巳之七
092-716-2520
福岡市中央区薬院2-18-13 1F
2018-06-07
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨おかだ:上質な食材を居心地のいい空間で・・ 

1月以来の訪問です。
お任せは10000円(外税)。

◆前菜盛り合わせ

*「春野菜のはんなり漬け」「鯛の白子入り玉子焼」「渡り蟹のゼリー寄せ」「鰯の甘露煮」
「ほたるいか・酢味噌掛け」「ごま豆腐」など。
どの品も丁寧に作られていてツマミに最適。

◆日本酒メニューの一部

◆北の醸し家(1合:900円)とビールを。

◆春鰹の香味野菜添え
軽く燻した「鰹」が美味しい。ポン酢で頂きます。

◆金目鯛・塩昆布のせ・・皮はは炙ってありますので、上品な脂と甘みを感じ美味しい。

◆ヒラスズキ・梅肉のせ

◆小豆ハタ(長崎)・とろろ昆布のせ・・ハタの中でも高級で希少な品だそう。
噛むと甘いですね。

◆自家製カラスミと筍、焼きで

*カラスミタップリで嬉しい。お酒に合います。

◆爆弾ハナタレ(ショットグラス1杯:800円)・・44度近い強いお酒。主人は平気だったようですが、私は無理。

◆大分のジャンボ椎茸、焼きで。

◆赤貝(山口)・・大きく甘いこと。

◆カマス・炙りで

◆鯵(鳥取)・・肉厚で美味。

◆メカジキの西京焼き

◆ホタテ・スモークで・・燻製の意香りがしますし、厚みがあるので噛むと旨みを感じる品。

◆ボタン海老・・これお立派な品。前回同様味噌などを煮詰めたペーストが上に盛られ、口の中に海老の味わいが広がります。
ただ「煮切り」ではなく「ツメ」を塗られたので、ボタン海老の甘みが少し消され勿体ない。

◆ノドグロ・炙りで・・ノドグロは脂がのっています。これも「ツメ」を塗らない方がいいかと。

◆中トロ・・熟成度もよく美味しい中トロ。
これもツメではなく煮切りの方が「鮪」の旨みを感じるような気がするのですが。

◆雲丹・・シャリの上に「お醤油などを煮詰めた海苔状のもの」が塗られ、その上に雲丹がタップリ。
雲丹が甘くて美味しい。

◆ぼたん海老の頭・焼きで
味噌の部分が美味しいこと。

◆穴子

◆玉子焼き

◆渡り蟹の味噌の餡をかけた「茶碗蒸し」・・餡もいい味わいですが、中に小さく切った金目鯛などが入り美味しい。

◆追加で・・鉄火巻き

◆わらびもち・・こちらのわらび餅はきな粉も上質で美味しいのです。

食材はいいものを仕入れられていますし、居心地もいいお店です。
この内容で1万円はお得ですし・・
ただ気になったのが「鮪」「ボタン海老」「のど黒」などに「煮切り」ではなく「ツメ」を塗られたこと。
前回までは「煮切り」でしたので、何故変えられたのかしら。
お尋ねするのも失礼なような気がしてご遠慮しましたが、気になります。
素人意見ですが「穴子」や「貝類」以外は「煮切り」の方が合うと思うのですけれど。

鮨おかだ
092-534-1888
福岡市中央区薬院4-8-3 ARTK'S浄水1F
2018-06-05
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨 さかい:美酒佳肴 

西中洲の人気鮨店、福岡では予約困難店の一つ。
3か月ぶりの訪問です。

◆ホタルイカ、木の芽味噌添え
旬のホタルイカ、木の芽味噌とよく合います。

◆煮蛸(志賀島)

◆赤雲丹(唐津)、鮑(唐津)
赤雲丹は走りでしたので軽い苦みを感じそれがまたいい味わいに。
鮑は柔らかく美味しい。

◆お刺身2種と肝だれ

*真子鰈(長崎)、鳥貝(愛知)は炙りで
真子鰈も旨みを感じますが、鳥貝は炙ることでより美味しく。

◆カワハギの肝と卵黄で作った肝酢。よく混ぜていただきますが、美味しい。

◆雲丹(国後)、毛蟹(噴火湾)
贅沢な組み合わせ。陰にの旨みと雲丹の旨みが重なり美味。

◆余市の鮟肝、刻んだ奈良漬入り
これ面白い。鮟肝と奈良漬って以外に合います。お酒がすすみますよ。

◆キンキ(網走)
香ばしく焼かれていますし、脂がのり美味しいこと。

◆あおりいか、漬けで
烏賊をづけでいただくのは珍しいような、甘みを感じました。

◆ノドグロ(対馬)昆布〆
脂がのり、口入れるとトロケマス。

◆コハダ(天草)
美しい・・

◆赤身(千葉・164kg)、漬け
赤身の旨みとシャリがよく合います、美味しい。

◆大トロ・・常温に戻されていますので、より脂の旨みを感じる品。とても美味しい。

◆中トロ、軽めの漬けで
先ほどの赤身とは違う旨みで、上品な脂を感じこれも美味。

◆ボタン海老(増毛)
濃厚な旨みを感じ、秀逸。

◆白甘鯛(五島)、皮目は炙りで
炙ることで甘味が増し、白甘鯛の旨みが引き立っています。

◆煮ハマグリ(九十九里)
蛤の味わいもいいいですが、ツメが好み。

◆粒が大きく見るからに高級な雲丹(函館)
見るからに美味しそうな雲丹、贅沢な品。

*タップリのせていただきます。北紫雲丹の甘みが口に広がりますね。

◆穴子

◆干瓢巻

◆玉子焼

◆ビール(左は小)

◆頂いた日本酒・・「一白水成」と「若波・大吟醸」

ご主人やスタッフさん達のサービスも心地いいですし、今回も美味しく頂きました。^^
次回も愉しみです。

お会計は二人でビール2杯、日本酒2合頂いて 54900円。

鮨 さかい
092-726-6289
福岡市中央区西中洲3-20 LANEラウンドビル 2F
2018-05-08
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

菊鮨:旬の食材を堪能できる人気店 

大野城にある人気鮨店。
夜は18:00と20:30の2部制。この日も満席。

◆ビールと日本酒。日本酒は合計で3合(横山五十・而今・東鶴)を。

◆煮ホタテ、アスパラ 青唐辛子入りの辛子酢味噌で。
煮ホタテはホタテの旨みを感じ、辛子酢味噌の味わいもよく美味しい。

◆金目(銚子)・・寝かせてから塩〆。
脂がのり美味。金目は美味しいですね。

◆鯛の真子とうるい
真子大好きですので、これは嬉しい。優しい味わいで煮含められています。
うるいがいい彩に・・

◆鮑酒蒸し 雲丹のせ 肝ソースで
鮑を低温で3時間蒸した後、薄く衣をつけて揚げてあります。

◆毛蟹と合馬の筍 茶碗蒸しで
毛蟹の濃厚な味わいと旬の筍の味わいもいいですが、茶碗蒸し自体もいい味わい。

◆桜鱒の温かい鮨
桜鱒も旬ですので旨みを感じますし、自然薯と合います。

◆甘鯛の煮びたし 木の芽・九条葱添え
薄味仕立てですので「甘鯛」のお味を損なわないですね。

◆この日の「鮪」
美しい・・

◆ガリ

◆烏賊
甘味を感じ美味しい。

◆鯛(玄海)
ねっとり感があり美味。

◆赤貝(宇部)
質のいい品。

◆細魚(熊本)
食感・味わい共にいいですね。

◆大トロ(壱岐)・・上品な脂を感じ美味。

◆コハダ(天草)・・〆加減が絶妙

◆煮蛤(九十九島)・・いつもながらに美味しい。

◆車海老(大分)・・甘くて美味しい。

◆鯵・・身が厚く旨みを感じる品。

◆雲丹(歯舞)・・粒が大きく美味しいこと。

◆ノドグロ(対馬)・・脂がのっています。

◆ネギトロ巻

◆玉子焼

追加で・・
◆鉄火巻

春らしい食材のツマミ、握りともに良い味わいで愉しめました。
ご主人の物腰の柔らかい接客も感じがいですし。。
ただ握り方を変えられたのか、これまでに比べ柔らかく弱いように感じました。
シャリが指に付く品もありましたので、握り方としては前回までの方が好みです。
また伺いますね。^^

菊鮨
092-575-0718
春日市春日公園3-51-3
2018-04-29
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨 そえ島:今宵も美味しく愉しいお時間でした。 

3か月以上間が空きましたが、愉しみに伺いました。
店主ご夫妻が笑顔で迎えて下さるのは嬉しいですね。^^
まずは「ビール」と「日本酒」を。

お任せは10000円(外税)
◆カワハギ肝和え
肝がタップリですし、ポン酢の味わいもよく美味しい。

◆雲丹と毛蟹
豪華コラボ、毛蟹の甘みと雲丹の旨みが重なり美味。

◆金目鯛(銚子)
熟成度がよく、金目の旨みをよく感じ絶品。

◆鯨の赤身、新玉ねぎのソースで。
鯨の味わいがまろやかで甘みを感じますし、ソースもいつもながらいい味わい。

◆白子様
もう頂けないかと思っていましたら、
私の白子好きをご存知ですので用意してくださったようです、感謝ですね。m(__)m
下にはシャリが敷かれ混ぜていただくとリゾットのような味わいで美味しいこと。

◆海鰻(大分)、菜の花、トマト。
鰻は一度蒸して焼いてありますので身はふんわり、外はカリッとして美味しい。
トマトも甘いですよ。

◆煮蛸
柔らかくて美味しい。お写真取り忘れました。m(__)m
◆蛤(千葉)の土瓶蒸し。
貝特有の雑味がなく、旨みだけを感じ美味しいこと。

◆トロ(対馬)・・上品な脂で、口に入れるとトロケマス。

◆づけ・・赤枚らしい旨みを感じる品。

◆アラ・・アラらしい弾力ある食感で美味。

◆ブリヒラ・・ブリとヒラマサを掛け合わた魚だそうですが、初めて頂きました。
品のいい脂を感じますね。どちらかと言うと「鰤」の味わいが強いように思えましたが、時期によりお味が変わるそうな。

◆アオリイカ・・甘く美味しい。

◆石鯛・・1週間寝かせてあるので、ねっとり感や旨みが増していますね。

◆車海老・・いつもながら独特の握り方、海老好きには堪りません。

◆赤貝・・ヒモもすべて頂きます。これもいい味わい。

◆鰆・・軽く炙ることで香ばしさが加わり美味しい。

◆赤だし・・アオサ入り。

◆コハダ・・いい〆加減。

◆穴子。

◆雲丹・・キレイで雲丹で甘いですよ。

◆高菜巻。

◆玉子焼き

◆追加・・鉄火巻。

◆頂いた日本酒。

今宵も美味しかったですね。この内容で10000円は素晴らしい。
どの品もいい味わいですが「金目鯛」と「蛤の土瓶蒸し」が秀逸でした。
店主ご夫妻の接客もいつもながら感じがいいですし、美味しく癒しのお時間を過ごさせていただきました。
また伺いますね。

鮨 そえ島
092-473-8122
福岡市博多区美野島2-6-34 アスティオン美野島 1F
2018-04-05
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)

喜ふく:雰囲気のいい隠れ家的鮨店。 

渡辺通りの奥まった裏通りに2月にオープンされた鮨店。
宮崎県出身の30代後半のご主人が笑顔で迎えてくださり感じのいい方で、
フロアスタッフさんとお二人で営まれています。
東京の老舗料亭「河庄双園」や割烹や寿司店で研鑽を積まれたそうです。
店内はカウンター席と奥に個室があり、明るく洒落た雰囲気。

◆日本酒メニュー。
◆お猪口は「江戸切子」で揃えられ美しい。

◆主人は「ビール」、私は「横山五十」を頂きました。江戸切子では珍しい色合いの「黄色」を選びましたがキレイですね。

お料理は「お任せ:10800円」のみ。
◆「すっぽんスープ」と「モズク酢」
「すっぽんスープ」は旨みがよく出ていて美味しい。

◆平目とタイラギ
平目が良い味わい。

◆ミル貝の酢味噌和え。
コリコリしたミル貝の食感もよく、酢味噌もいい味わい。

◆春のかき揚げ
「桜えび」「タラの芽」「ふきのとう」等が入り、春を感じる品。
桜えびの旨みを感じ、サクサク食感で美味しい。

◆鰻の白焼き・・器の下にはとろろが入っています。
海馬ぎではないそうですが弾力があるというのか、身がしっかりしすぎていてお箸では切れず・・(^^;)
隠し包丁を少し入れて下さると頂きやすいかと。

◆イイダコ

◆蕪と赤ムツ、アオサ
赤ムツが美味しいですね。少し甘めのお味付ですけれど、蕪にお味が浸みていました。

シャリは赤酢を使用され、やや小ぶり。
◆ひらまさ

◆水烏賊・・表面・裏面共に丁寧に包丁が入り、甘みを感じて美味しい。

◆ヨコワ

◆鰆・・コレも程よい熟成で美味しい。

◆帆立・・丁寧に包丁が入り甘いこと。
主人には「鯖」が出されたのですが、お写真取り忘れました。m(__)m

◆赤貝・・少し生臭さを感じました。

◆車海老

◆雲丹・・シャリの上に海苔をのせ、その上に「雲丹」が盛られるという珍しいだし方。
雲丹は甘みがあり美味しい。

◆穴子

◆玉子焼き

◆お味噌汁・・アサリとさいの目に切ったお豆腐入りで、良い味わい。

◆桜餅と苺。

日本料理店で修業されただけあり、ツマミはお酒に合う品々でした。
鮨はあと一歩と言う印象でしょうか。

福岡の若手他店も同じ金額設定ですが、比較すると内容的に少し満足感に欠けました。
お茶などもお願いしないと出されない出されても二人ですので1杯などサービス面はこなれていないような。
スタッフさんがもう少し気働きできるようになられるといいですね。
まだ新しいお店ですので、お料理、サービス共に今後に期待ですね。
お任せ×2、ビール2杯、日本酒1合頂いて、25110円でした。

喜ふく
092-287-4015
福岡市中央区渡辺通5-10-30
2018-04-02
鮨・寿司(ディナー) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター