東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

大どころ:雲丹&甘鯛&赤ムツ、、豪華コラボ。 

訪問回数13回

美味しいお魚料理を頂きたくなり、、大どころさんへ。

お料理はいつもと同じ8000円コース。
◆熊本のトマトとトウモロコシの冷製ポタージュ、中に生湯葉が入っています。
トマトの軽い酸味がトウモロコシの甘みと合いいいお味に、湯葉の味わいが旨みを加えています。

◆前菜盛り合わせ
「マジャクのから揚げ」「鮪の竜田揚げ」「枝豆チーズ」「鯛の肝」など。
どれもツマミに最適。

*マジャクのから揚げ・・マジャクは熊本県荒尾市で獲れ「穴蝦蛄」と言われますが、蝦蛄とは別物だそうな。
よく揚げてあるので殻もすべて頂けます。軽い塩味が合いますね。
*鮪の竜田揚げ・・薄く下味をつけてあり美味しい。
*枝豆チーズ・・定番ですけれど、好きな品。
*鯛の肝・・上手に煮てあるので、アンキモに近いねっとり感があり美味しいワ。

◆お刺身盛り合わせ
◆いつも「本わさび」が付きます。おろすのは主人の役目ですけれどね。(^^;)

◆上:糸島のアオリイカ・・程よいネットリ感があり美味しい。
◆下:ニンニク醤油に漬けた「歯鰹」・・これ美味しい。歯鰹の旨みとニンニク風味がよく合っています。

◆上:玄海のヒラス・腹身・・腹身好きなのです。あっさりした脂で食べやすい品。
◆左下:九十九島のかん鯛・・鯛らしい優しい味わい、塩昆布を醤油代わりにして頂きますがいいお味でした。
◆右下:長崎の蛸。柔らかい蛸ですよ。

◆唐津の赤雲丹をのせた冷製茶碗蒸し
立派な赤雲丹ですこと、流石の仕入れですね。

*赤雲丹でこの大きさの品は珍しい。特有の甘味・旨みを感じてとても美味しい。
茶碗蒸し自体のお味付もよく秀逸。

◆鐘崎の甘鯛・・なんとこれ一人分です、いつもながらキップのいいこと。
強火で炙った「島ラッキョウ」「熊本のシルキーホワイト」「万願寺唐辛子」「コーン」などが添えられています。

*甘鯛は厚みもあり旨みを感じて美味しい。

*うろこは別で揚げてあり、カリカリ食感。いいツマミに。
*肉みそと黒胡椒と塩を混ぜたもので頂きます。

◆サラダ・・瀬田トマトは甘いですし、軽くスモークした烏賊もいい味わい。
バルサミコとお醤油のドレッシングが合いますね。

◆またまたスゴイお魚が登場!立派な赤ムツ(ノドグロ)ですよ。
この大きさの品は滅多に手に入らないそうですが、お値段も高いと思いますね。

*反対側から撮り、主人の指を添えましたので大きさがわかりますかしら。

*ノドグロはよく脂がのりトロトロ。でも脂が上品ですのでくどくなく旨みを感じます。
「椎茸」「人参」「揚げ茄子」「ごぼう」なども煮こまれていますが、甘辛いお味付の塩梅が絶妙で
ノドグロともどもとても美味しい。これ絶品。

◆「じゃこと茗荷のご飯」と「天草のあさりのお味噌汁」

*ご飯は混ぜていただきますが、茗荷のスッキリした味わいとジャコが相性が良く美味しい。

*アサリがタップリ入っていますので、いい出汁が出ていますよ。
お酒を頂いていますので、この〆は嬉しい・・
下の貝殻は二人分ですが、アサリがタップリ入っていたのが解っていただけるかと。

◆デザートは能古島の甘夏のアイス。食後に頂くにはいいですね。

◆この日いただいたお酒は「ビール」「而今」「ゆず酒」「芋焼酎」など。


今宵も美味しく頂きました。
どの品も美味しいですが「雲丹」「甘鯛」「のど黒」まで頂け大満足。
この内容で8000円は超高CP。
美味しいのは勿論居心地もいいですし、また伺いますね。

2017-07-02
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

日本料理 ながおか:ご飯が美味しい上品な味わいの和食。 

西中洲「蓮ビル」1階にある日本料理店。
去年の6月にこの場所に移転され、以前は薬院で「周」というお店をされていて一度利用したことがあります。
この連ビルには「イタリアン」や「中華」「鮨」の人気店が入っていますので、
このビルだけでも人気グルメを楽しめそう。

以前この場所には和食の人気店があり数回利用したことがあるのですが、
内装などは以前のままのような気がしましたけれど。

◆この日いただいたのは「ビール(700円:外税)」「日本酒グラス(緑川:800円:外税)」
「まつもと」は1合でお願いしたのですが、
勘違いされたのかこちらの言い方がよくなかったのか2合出されました(2400円:外税)
マァ、出されたなら飲みますけれど。(^^;)
「緑川」は高級なグラスに注がれていますが、日本酒をこのグラスで出されたのは初めてでしたので、
最初お水かと思いましたよ。苦笑

◆【付出し】 豆のお粥・・生姜と豆のお粥。以前のお粥から始められていましたね。
生姜がいいアクセントになっています。

◆【前菜】 筍とアスパラとコーン 蕨(わらび)と海ソーメン
蕨はご主人がGWに摘まれたものだそう。

*蕨は軽くたたいてあり、モズクと共に三杯酢で和えられています。
茹でたアスパラは木の芽味噌と和えてあり、良い味わい。

◆【椀物】 蓮豆腐と鯛のお吸い物
この「蓬」もご主人が摘まれた品だそう。お餅仕立てにしてあり柔らかい食感と共に楽しめます。
お出汁はあまり感じなくて汁自体は薄味でした。

◆鯵の胡麻和え・・鯵は2切れ。胡麻ソースがいいお味です。

◆【造里】 本日のお刺身
「カワハギ肝添え」「コハダ」「ヤリ烏賊(身と耳)」「太刀魚の炙り」
カワハギの肝が美味しいですね。烏賊の耳がコリコリ感があり意外に美味しい。

◆【揚物】 稚鮎 えんどう豆
稚鮎は薄くお味をつけて揚げ、蓼酢で頂きます。食感もいいですね。
えんどう豆のフライもツマミに最適。

◆【焼物】 新玉葱 いさき
イサキは旬ですね。焼き玉ねぎと生の玉ねぎが添えらて、下には玉ねぎを焦がしたソース。
茶色の品はお醤油パウダー。玉ねぎが甘く美味しい。

◆うど 梅肉

◆【珍味】 カラスミ 上巻貝

*あげまき貝も旬ですね。
カラスミは3種盛られていて、左から「3年物」「1年物」「半年物」、、それぞれ微妙に味わいが違い美味しい。

◆ヅケにした鯨・・コレもツマミにいいですね。

◆【強肴】 山菜と牛ロースのすきやき
すき焼きというより甘辛いお味付で煮た品。
お肉は上質で美味しいですよ。山菜の下にはお味の浸みた「お揚げ」がありました。

◆アラカルトメニュー・・ここまでで物足りない場合は追加できるそうです。
コース仕立てでアラカルトを追加できるのは初めてですね。
結局、、追加しませんでしたけれど。(^^;)

【飯物】 土鍋ご飯 出汁巻き玉子 お味噌汁
◆ご飯の友

*どれも少量ずつですけれど、ご飯と合います。
「辛子明太子」「瓜漬け」「ワカメとちりめん山椒」「山葵菜」「梅干し」「野菜の酢漬け」など。

◆ご飯は炊きたてでツヤツヤ。写真は二人分ですが、量がありますね。
左は蒸らす前、右はお焦げを入れていただきました。

◆「だしまき玉子」というより家庭的な玉子焼きのような。
◆お味噌汁・・薄めですが、いいお味。

◆【甘味】 新茶のプリン
新茶の風味は弱いですけれど、食後にはサッパリした味わいでいいかと。

◆お酒メニューの一部。

一品料理はどれもお酒がすすむ品ですね。(^^;)
一品のポーションが少ないので、ご飯を頂くまでは少し物足りない印象がありました。
ただご飯がお代わりできますので、最後はお腹一杯に。
雰囲気もいいですし個室もありますので、会合やデートにも宜しいかと。

日本料理 ながおか
092-406-9181
福岡市中央区西中洲3-20 連ラウンドビル103
2017-05-31
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

四季彩家 ろく :居心地のいいコバコ空間。 

お店の前はよく通りますし、マイレビ様記事でも気になったいましたので訪問しました。
場所は西中洲の人気フレンチ「ゴウ」さんへ入る小路の角ですね。

店内はカウンター6席のみ、店名は席数の「ろく」だそう。
感じのいいお女将さんが迎えてくださいます。

アラカルトもありますが、5800円(多分外税)のコースをお願いしました。

◆主人は芋焼酎「村尾」と「霧島」を。メニューに価格表示がありませんので価格は不明。
アラカルト価格表示がありませんので、できれば価格が明示されている方がいいですね。
私は歯の治療中でしたので「烏龍茶」を。

◆一品目は「ローストビーフ」・・ローストビーフが最初に出されるのは珍しいような。
噛みごたえのある品でしたが、タレがいいお味でした。

◆4品ですが「八寸」代わりだそう・・これはお酒を頂きたくなりますねぇ。

◆左上・・高野豆腐の煮物。
◆右上・・ホタルイカの酢味噌掛け。これは酢味噌の味わいもよく好み。
◆左下・・あげ巻貝の酢の物。
◆右下・・山芋素麺。ポン酢和えでしょうか。
美味しいのですが酢の物3品ではなく、お味代わりの品が入ってもいいように思いますけれど。
酢の物はあまり好まないという勝手な嗜好のせいもありますけれど。・・m(__)m

◆ぶり大根・・おでん出汁で煮こまれているそうですが、よく味が浸みていました。

◆お刺身・・主人には「鯖・ゴマダレ掛け」「ヤリ烏賊」「カンパチ」「鯛」など。

◆私には鯖の代わりに「鯛・ゴマダレ掛け」、他は同じです。

◆金目鯛のアクアパッツア・・金目自体の旨みを感じる品。

◆ロールレタス、蕪とスナップエンドウ・・ロールキャベツならぬ「ロールレタス」ですので、食感が優しいですね。
これもおでん出汁を使用されているのか似たような味わいに感じました。
お味は悪くないのですが、同じテイストが続くと少し飽きてしまい・・

◆〆は「五島うどん」、福島産の調味料にヒントを得たとういう辛味調味料を入れるといいアクセントになります。

◆デザートはきな粉と黒蜜をかけた「バニラアイス」。
きな粉・黒蜜ともに好きですのでこれは嬉しい。
◆デザートで終わりかと思いましたら「しじみ汁」が出されました。
お酒を飲んだ後にはいいですね。

おでん出汁を多用されていて、全体的に優しい味わいのお料理でした。
ただ似通った味わいが多かったのは少し残念なような・・
焼き物や揚げ物などが間に入ると、変化がありよかったように思います。
二人で焼酎2杯、烏龍茶2杯頂いて、15000円でした。

女将さんはお話もお上手で居心地のいい店ですので、女性一人でも利用しやすそうですよ。
4月半ばからは業態を変えられますので、今回のようなコース仕立てはなくなるそう・・
店名も「小料理ろく」さんに変更されます。
代わりに「おばんさい」や「おでん」などが主流になり、女将さんお一人で営まれるようです。

四季彩家 ろく
092-732-8510
福岡市中央区西中洲2-26 燦瓢閣 1F
2017-05-13
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

大どころ:最上の食材と最高の調理センス=美味しい! 

訪問回数:12回。

お気に入りのお店ですので、毎回伺うのが愉しみです。
今回は店主・大君にご無理を言って「白子」を用意して頂きましたので、
通常コースとは内容が異なります。m(__)m

◆この日頂いたお酒。「而今」「芋焼酎」「柚子酒」など。

◆お酒メニュー

◆最初に「北海道産・干し貝柱」と「白菜」のすり流し。
春の陽気のような前日と変わり寒い日でしたので、温かい品は嬉しい。
「平目の骨から取った出汁」のいいお味で美味しいこと。

◆お料理盛り合わせ・・「焼きそら豆」「熊本の筍とアオサの天ぷら」「茶ブリ海鼠と春野菜のおろし和え」

◆上:「熊本の筍とアオサの天ぷら」・・筍を頂くと春を感じます。エグミもないですしアオサの風味もよく美味しい。
◆左下:焼きそら豆。塩で頂きますが、甘みを感じます。
◆右下:「茶ブリ海鼠と春野菜のおろし和え」
茶ブリにした赤海鼠は柔らかいですし、
春キャベツ・スナップエンドウなどの味わいや島原のメカブのネットり感もいいですね。

◆お刺身盛り合わせ。いつもながらどの品も美味しい。

*長崎のカマス・・軽くあぶることで旨みがまします。
*姫島のひらめ(5日熟成)・・ねっとり感がよく美味しい。
*大分の太刀魚。これもいいお味。
*タイラギ・・お醤油を薄く塗り炙ってありますので、山葵をつけずそのまま頂いても美味しい。

*鐘崎のふぐ、炙りで・・身のプリッとした食感もよく、噛むと口の中に旨みが・・
*愛媛の「のれそれ」・・「のれそれ」自体にお味はありませんから「ぽん酢」の味わいでお味が決まります。
大君のポン酢はいつ頂いても美味しい。
*天草の細魚・・細魚は美しいですね。上品な旨み。
*山葵は自分ですりおろします。写真は、すりおろした後です。m(__)m

◆いろは島の牡蠣、茶碗蒸しで。
牡蠣もソロソロ終わりですね。
いろは島の牡蠣は小粒でも旨みが凝縮して美味しいですが、この大きさの品は少ないでしょう。
茶碗蒸し自体のお味もよく、牡蠣と共に頂くと美味しいこと。

◆出ました!「白子様」。なんて立派な品、嬉しいですね。大君ありがとう。(´▽`)

◆先ほどの「白子様」を大胆に輪切りで・・この量は他店では頂けないですよ。ほんと、嬉しい。
「焼き」で頂きたいとお伝えしていましたので、薄くタレを塗って焼かれています。
このタレもいいお味ですが、
白子様がクリーミーで美味しくて、美味しくて。シアワセですワ。

◆指を添えましたので、大きさがわかりますかしら。
厚みもスゴイ!相変わらずキップのいいこと。

◆太刀魚のアンチョビのせ。なんと、これ一人分です。

*太刀魚は厚みも大きさもあり、脂がのり美味しい。
アンチョビソースもいいお味ですよ。添えられた蓮根・かぼちゃは素揚げしてありますので甘いですね。

もう終わりかと思いましたら
◆ふぐ鍋が登場。

◆ふぐ鍋・・丼子椎茸や式部草などお野菜もタップリ。
ふぐの頭の部分は皮付でコラーゲンたっぷり。
お出汁にお味付がしてありますので、そのまま頂いてもいいお味。

◆上:雑炊。ふぐからいいお出汁が出ていますので、贅沢な雑炊ですよ。
◆下:ふぐや野菜。ふぐの切り身の大きいこと。

◆黒豆アイス最中。
最中の皮は炙ってありパリッと香ばしい食感がいいですね。
黒豆アイスも美味しいこと。
最後にアイスを頂くと、口の中がサッパリします。

毎回どのお料理も外れなく美味しいのですが、今宵はいつにも増して最高でした。
かなりの人気店になられましたので、伺った日もほぼ満席。
また、次回が愉しみです。^^

大どころ (ダイドコロ)
092-724-9600
福岡市中央区今泉2-3-38 ピュア天神1F
2017-02-24
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

むろや:ホッコリ安らぐ優しい味わいのお料理。 

訪問回数:3回。

薬院六つ角近くにある小料理店。
2度ほど利用し美味しかったのですが
都度2件目利用で軽くいただくだけでしたので、一度コース料理を味わいたくて・・

店内はカウンター席と個室が2部屋あり落ち着いた空間。
ご夫婦で営まれています。


◆日本酒をいただきながら・・
器が同じですので区別しずらいですが「伯楽星(1合:560円)」「風の森(1合:560円)」「写楽(1合:580円)」など。
お酒のお値段がお手頃なのも嬉しい。
因みに奥様は「利き酒師」&「ソムリエ」でいらっしゃいますので、お酒のラインナップも豊富。

コースは数種類ありますけれど、
ネットメニューで一番人気と表示されていた「うさぎコース(3600円)」を予約時にお願いしました。
◆蕗の煮物・・優しい味わいで美味しい。

◆お刺身盛り合わせ

◆鰤・鰆の炙り・ヨコワ。
鰤・ヨコワともに上品な」脂を感じ美味しいですが、鰆の炙りが一番好みでした。

こちらは「おばんさい」も人気です。
◆おばんさい・5種盛。どれも美味しいですし「お酒」に合います。

*左上:菜の花・白子ソースがけ・・春を感じますね。白子シースの味わいがまろやかで美味しいこと。
*右上:ホタルイカの酢味噌掛け・・ホタルイカ大好きです。酢味噌の塩梅もよく美味しい。
*左下:和牛と切り干し大根の金平・・・甘さを控えたお酒に合う品。
*下中:キビナゴから揚げ・・これもツマミに最適。
*右下:カボチャの煮物。薄味仕立てですね。少し煮えてない部分があったのが残念かしら。

◆春野菜の天ぷら。
「ふきのとう」「菜の花」「筍」「タラの芽」など。これも春を感じますよ。
衣が薄くカラッと揚げてあり好み。塩で頂きます。

◆蒸し白菜とジャコおろしのサラダ。
ポン酢で和えてありますので、優しい味わいですね。
大根おろしとジャコは定番ですが、それに加えた白菜が意外に合っていました。

◆鰆の幽庵焼き
「鰆」は厚みがありますよ。
幽庵ダレは薄めですので、これだけ厚みがあると鰆自体の旨みを感じますね。

◆〆は「焼きおにぎり茶づけ」・・優しい味わいの出汁で頂きます。
しっかり握ってありますので、見た目よりもご飯の量がありました。
出来れば少し「香の物」が付くと嬉しいかしら。

◆ドリンクメニュー

食材やお出汁の味わいを生かした優しい味わいのお料理、愉しませていただきました。
お酒もお手頃ですし他に頂きたいお料理もありますので、また伺います。

むろや
092-732-0688
福岡市中央区薬院2-14-29 2F
2017-02-15
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

茅乃舎 :茅葺屋根の風情ある建物で頂く体に優しいお料理。 

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年のレビューもこちらから・・
この数年、3が日の内に伺うことにしておりまして・・

今やお出汁など調味料は全国区ですが、此方では自家栽培のお野菜やお出汁を使用したお料理が頂けます。
福岡郊外ですし車でないと行けない不便な場所にも拘わらず、
この日も満席で、2回転されるという相変わらずの人気ですね。

◆外・内観。

最初に「お屠蘇」と縁起物の「するめ&昆布」が出されます。
お屠蘇は私だけいただきましたが、面白い味わいでしたよ。

◆主人は運転しますので「茅乃舎野菜ジュース(640円:税込)、
私は「庭のうぐいす(970円:税込)を・・

お料理は「蕾(10800円:税込)のコース。
◆お正月らしい前菜。

*「黒豆」「数の子」「鮎甘露煮」「豆腐田楽」「キャベツとベーコンのキッシュ」「金柑の蜜煮」など。
どれも丁寧に作られ美味しい。

◆大地の恵スープ・・根菜をベースに安納芋を加えた品。お野菜の旨みを感じ美味しい。

◆お造りは「アラ」

*アラは身がプリプリで美味しい。煎り酒で頂きます。

◆赤睦の味噌漬け

*赤睦は味噌の風味もよく、脂ものり美味しい。
下味をつけた「蕪」「ブロッコリー」などが添えられています。

◆メニューにはない料理長からの一品。今回は「大分産・紅はるか」、
焼き芋風ですが、サツマイモ自体が甘いですね。

◆冬野菜の炊き合わせ。
「ごぼうのピューレの湯葉巻」「里芋のピューレの湯葉巻」「椎茸・海老ムース添え」「サツマイモ」「菜の花」など。
里芋やごぼうをそのまま出すのではなく、ピューレ状にしているのが面白いですね。
サツマイモはお餅のような食感が面白いですし、どの品もひと手間加えてあり美味しい。

メインは3種類から選べます。テーブルごとに揃えるのではなく、個別に選択可。
◎嘉穂牛の照り焼きステーキ。
◎トマトすき焼き。
◎鮃のポアレ アメリケーヌソース。
◆主人は「嘉穂牛の照り焼きステーキ」を。
此方で何度も頂いていますが、肉質も柔らかく美味しいとか。

◆私もいつもでしたら主人と同じステーキにするのですが、今年は「トマトすき焼き」を選びました。
割り下がトマトベースなのですが、酸味の少ない甘いトマトですね。お味としては薄味。

*嘉穂牛の薄切りが4枚と、薄切り玉ねぎ・ししとう・クレソン・焼トマトが添えられています。
先にクレソン以外のお野菜を煮て、その後お肉を入れます。
嘉穂牛は牛としては淡白な味わいに感じますので、こういうサッパリした割り下にも合いますね。

ご飯は「白米」「十穀米」「蕪の炊き込みご飯」からチョイス。
◆今年も「蕪の炊き込みご飯」を選びました。

◆蕪の甘みがご飯に浸みていて、美味しい。底のお焦げもいいお味。
◆納豆汁が付きます。
◆〆はTKGで・・

◆デザートは「蓮根餅黒蜜がけ」・・蓮根餅はプルンプルンの食感。

◆ドリンクメニューの一部。

◆伺った日の「蕾」メニュー。

お野菜もタップリいただけますし、今年も年初から美味しく頂きました。

茅乃舎
092-976-2112
福岡県糟屋郡久山町大字猪野395-1
2017-01-05
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

大どころ:今宵も美味しく頂きました。 

毎回伺うのが愉しみなお店です。

この日は主人がお酒を頂けませんでしたので、「ジンジャーエール」と「トマトジュース」を。
私は「伯楽星」を頂きました。

◆ドリンクメニュー

お料理は、いつもと同じ8000円コースです。

◆前菜盛り合わせ
この日の演出はまた趣が変わり、高級感ありますね
「ボラの白子・含め煮」「むかご・銀杏の素揚げ」「アラの皮せんべい」「ひらめの肝」「タイラギのヒモ・葉ニンニクの和え物」など。

◆左上:「ボラの白子・含め煮」、ボラの白子を頂くのは初めてですけれど滑らかで美味しいこと。軽くスモークの香りがします。
◆左下:「ひらめの肝」・・滑らかで美味しい。肝好きには堪りませんし、お酒がすすみますよ。
◆右上:「アラの皮せんべい」・・パリパリの食感が楽しい。
◆右中:「むかご・銀杏の素揚げ」
◆右下:「タイラギのヒモ・葉ニンニクの和え物」・・大根おろしも入り、ポン酢風味の味わい。

◆お刺身盛り合わせ・・いつもながら全て美味しい。

◆相島のひらめ・タイラギの柱(炙り)・五島のすま鰹(やいと鰹とも言われる高級品)・対馬のヒラス
「ひらめエンガワ:炙り」など。

◆いろは島の牡蠣・茶碗蒸しで。
いろは島の牡蠣は小粒ですけれど、旨みが凝縮され美味しい。
茶碗蒸し自体もいいお味です。

◆タチ(鱈の白子)の揚げ出し

白子様の登場でございます。大きさもあり質がいいので、美味しいこと。
天ぷらにした「ヨモギ麩」「金時人参」「栗カボチャ」なども添えられ、これらもいいお味ですよ。。
何よりだし汁が美味しいこと。

◆牛サガリのサラダ
丁寧に焼かれた「サガリ」は噛むごとに旨みを感じますね。
バルサミコのドレッシング、相変わらず美味しい。

次の登場したのも贅沢な品ですよ。
◆贅沢にも「大トロ」部分を使用した「ネギマ鍋」でございます。これは、間違いなく美味しいでしょう。

*大トロは軽く炙ることで旨みが増していて、トロ好きとしては堪りませんよ。
下仁田葱も甘みを感じ美味しい。椎茸も立派な品ですこと。
*右下は「自家製柚子胡椒」

◆先ほどの「マグロなどの旨みが出たスープ」に少しお味を足して、麺が出されました
ラーメンより太くちゃんぽん麺よりは細いかしら。
此方で「麺」を頂くのは初めてですけれど、スープもいいお味でこれも美味しい。

◆デザートは「大分産カボスのアイス」・・ミルクもタップリですよ。
◆「自家製ふりかけ」をお土産で頂きました。

今宵も「牡蠣」「白子」「トロ」と好きなもの尽くしですし、贅沢で美味しいお料理堪能させていただきました。
次回は「ふぐの白子」の時期に伺わないとね。(´▽`)

大どころ
092-724-9600
福岡市中央区今泉2-3-38 ピュア天神 1F
2016-12-23
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

金蔦:魅惑の「肉鍋」 

親しいマイレビュアー様にオフ会にお誘い頂きました。
店名は以前から知っていましたので、伺いたかったお店ですので嬉しいですね。^^

「肉鍋」がメインですので和風のお店かと思っていましたら、外観は洋風で店内もお洒落・・
多くのレビュアー様が0次会に参加されていたのですが、私はこちらから参加させていただきました。
少し早目に着きましたので、ウエイティンコーナーに案内され・・
ウエルカムドリンクを頂きながら、皆様をお待ちします。
参加メンバーで存じているのは3名の方だけでしたので、
他の方々とは初対面ですが皆さまいい方ばかりで・・

総勢10名ですので、乾杯は2か所で・・(^^;)
まずは「ウエルカムドリンク」で乾杯!

◆カブとキノコのスープ
お野菜の旨みを感じますが、お味付は結構濃いめで「塩」を強く感じる品でした。
こちら側の皆さま同じ感想でしたので「ジェネレーションギャップ」ではないような・・(^^;)

◆2回目はそれぞれ好みのドリンクをオーダーして「乾杯!」
私は好きな「カシスオレンジ」を頂きましたが、好みのテイスト。

◆前菜などのメニュー

◆前菜・・「海老のスパイシーロースト」「カンパチのカルパッチョ」「華味鶏の自家製スモーク」など。

*海老のスパイシーローストは程よいスパイシー感で、美味しい。
*カンパチは、添えられた少し辛味のあるソースとよく合います。
*華味鶏は普通かしら。

◆「肉鍋」のつけだれが2種類「牛テール味」と「トマト味」、オリジナルの辛味噌も2種類出されます。

◆ここで「肉鍋」が登場、オォ迫力あるビジュアル。お写真は4or5名分。

手前は「牛」、奥は「豚肉」。ほぼ半分ずつ盛られていて、下にはタップリの「お葱」。

上から見ると、中央に「テール」の入ったスープが・・

*最初はスタッフの方が「テール」の入った中央部にお肉と葱を入れる手順を示してくださり、
その後は好きなように愉しみます。
皆でワイワイ言いながら作ると、楽しい・・^^

◆〆は「麺」で。
デザートと珈琲が付きます。

幹事さん始めご一緒してくださいました素敵なレビュアー様方にこの場を借りお礼申し上げます。m(__)m
全ての方とはお話しできなかったのが残念ですが、お蔭様で美味しく楽しいお時間でした。

金蔦
092-716-2990
福岡市中央区春吉3-16-5
2016-12-20
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

大どころ:今宵も美味しく楽しいお時間を過ごせました・・^^ 

少し間が空きましたので、愉しみに伺いました。
お店も賑わっていますし、予約電話も頻繁にかかり相変わらずの人気のようです。^^

奥のテーブル席は少し雰囲気が変わりましたね。

◆まずは「ビール」「柚子酒ソーダ割り」そのあと「芋焼酎」を。

◆前菜盛り合わせ・・相変わらず盛り付けが美しいこと。

*「京菜と焼き椎茸・菊菜のお浸し」・・優しい味わいで前菜に頂くのに丁度いい。
*「大分の銀杏素揚げ」・・この時期の定番ですが、銀杏好きには嬉しい品。
*「熊本の栗・素揚げ」・・秋ですね。渋皮を取ってありますので、食べやすい。
*「ダダ茶豆のチーズ寄せ」・・ツマミに最適。

◆お刺身盛り合わせ

*「九十九島・9.3kgの寒鯛」「対馬の穴子」「長崎のやり烏賊」「あいの島・鯵」「寒鯛腹身の炙り」「メカジキ」
どれも美味しいですけれど、初めて頂いた「寒鯛」身が甘くて美味しい。腹身も脂が上品で好みです。

◆北海道産「ぼたん海老」沖漬。
これだけ立派な「ボタン海老」、、「海老」好きとしては嬉しいですね。
海老自体も美味しいですけれど、
卵もタップリでしたのに、写真のピントが合ってなくて・・m(__)m
沖漬もお味が濃すぎず、絶妙の味わいでしたよ。

◆天然・大鰻・・この大きさですのに「一人3切れ」という大盤振る舞い。
お値段も高い上に中々手に入らない品でしょうに、用意してくれる大君の気持ちに感謝です。

*厚みがわかりますかしら。上質な脂がのり、とても美味しい鰻でした。

◆「豚バラベーコン」と「無花果」のサラダ

*自家製のベーコンは燻製の香りもよく、厚みもありいいお味ですこと。
バルサミコを使用したドレッシングが、お野菜によく合います。

◆見たことがないほど立派な「鮎」。この後時間をかけて焼かれます。

◆25cm程度ある「鮎」、主人の短い指を添えましたけれど、大きさがわかりますかしら。

◆こんな大きな「鮎」今後頂く機会がないでしょうから味わっていただきましたが、
塩加減もよく丁寧に焼かれていて、美味しいですよ。

添えられた「焼き野菜」もどれも大きく厚みがあります。
「肉みそ」と「塩」で頂きますが、ここの「肉みそ」販売していただきたいくらい美味しくて・・

◆栗ご飯・・秋ですねぇ。大粒の「栗」が沢山入り、魚のアラで取った出汁で炊かれたご飯も美味しい。

◆きのことアオサのお味噌汁。・・お味噌汁って「アオサ」が入ると、より美味しくなるような気がします。

◆無花果のシャーベット・・無花果のシャーベットは初めて頂きますが、サッパリしたテイストで食後にいいかと。

今宵も美味しく楽しいお時間でした。
他店では中々頂けない「ボタン海老」「天然鰻」「鮎」など、美味しかったですねぇ。
コレだけの食材を頂けるお店は、福岡では少ないでしょう。

次回が愉しみです。(´▽`)


2016-10-03
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮮度魚来 かさね:食材の旨みを味わえる小料理屋的居酒屋。 

オフ会での利用です。幹事さんが選んでくださったのはコチラ。
地下鉄空港線・藤崎駅から徒歩数分の場所にある和食系居酒屋。
ご主人は、某有名店ご出身だとか・・

今年の6月にオープンされたばかりですから、店内もお洒落ですね。
カウンター席と二人掛けのテーブル席、お座敷などがあります。

◆伺った日のお勧めメニュー。ほかにグランドメニューもありますが、よく見なかったような。(^^;)

◆まずは、7名での「乾杯!」
◆お通しは「鯖の南蛮漬け風」
◆私は「鯖」が頂けない旨お伝えしましたら「鮪の角切り煮」に変更してくださいました。

コースはありませんので、お刺身だけ予約時にオーダーしてくださり、
後はアラカルトで・・
◆お刺身盛り合わせ・・「赤うに」「鯖」「鱧」「鰯」「穴子」「鮪」、、他は忘れました。m(__)m
新鮮で美味しいですね。

◆佐賀牛、極上ローストビーフ・・サラダ仕立てですね。旨みを感じ美味しいお肉です。

◆ローストビーフの天ぷら・・これは初体験。わさびを付けていただくと美味しい。

◆ご主人の修業先名物の「焼きごま豆腐」に「ウニ」がのせられています。
添えられた山葵や甘めのタレで頂きます。

◆出汁巻玉子・・お出汁多めで関西風のテイスト。熱々は美味しい。

◆大アサリ醤油焼き・・大きな「あさり」ですこと。
焼いているのでお醤油が香ばしいですし、ツマミに最適。

◆海老とチーズの大葉春巻き・・揚げたてですので皮もサクサク。
チーズと大葉、こういうテイスト好きですね。

◆オーダーを間違えたのでとサービスで出された品。
海鮮サラダのような感じかしら。

お料理もお酒も会話も愉しみ、、では次へ・・
夜はまだまだ続きますよ・・・(´▽`)

鮮度魚来 かさね
092-844-0030
福岡市早良区百道2-9-3

LUNCH 11:30~14:00(O.S)
DINNER 17:30~22:00(O.S)
定休日:木曜日
カウンター14席、二人用小上がり×2
座敷四人席×4/二人席×2 計38席
全席掘りごたつ式
2016-09-06
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター