東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

大どころ:旬の食材、堪能しました。^^ 

訪問回数:14回

毎回何を頂けるのか愉しみな「大どころ」さん。
人気店ですので、この日も満席。
何時もと同じ8000円のコースで。

◆前菜盛り合わせ・・秋らしい食材が盛合されています。
お写真光が入りすぎでスミマセン。m(__)m

*上:茹で落花生・揚げ栗・銀杏とむかごの揚げ串。
*左下:タイラギのヒモ&肝のおろし和え。
*右下:アンポ柿チーズ寄せ。
どれも美味しいですね、お酒がすすみます。

◆お刺身盛り合わせ。
石鯛(対馬)・鱸(姪浜)赤雲丹(唐津)のせ・歯鰹(長崎)漬けで・炙り秋刀魚(北海道)・穴子(対馬)・
石鯛の腹身(炙りで)・エンガワ(炙りで)など。

*左上:歯鰹(長崎)漬けで。
*右上:鱸(姪浜)赤雲丹(唐津)のせ
*左下:炙り秋刀魚(北海道)
*右下:エンガワ(炙りで)
どの品も美味しいのですが、この4品が秀逸でした。

◆鱈の白子(北海道)茶碗蒸し。白子好きとしては嬉しい。^^
立派なタチですこと。10月にこの大きさの「白子」を手に入れる大君の人脈が素晴らしい。

*白子はクリーミーで美味しい。
茶碗蒸しは出汁を「石鯛の骨や鰹」で取られているので、とてもいい味わい。

◆球磨川(熊本)の鮎。
大きいこと、ビックリ。この大きさの鮎は中々手に入らないでしょう。
それなのに、一人1尾とは相変わらずキップがいいこと。

*時間をかけて揚げてありますので、頭からすべて頂けます。
内臓で作ったソースが添えられ、鮎らしい苦みと旨みを感じる品で、鮎に付けていただくとより美味しい。
お野菜は自家製の「肉みそ」をつけていただくのですが、何時もながら「肉みそ」が美味しくて。
コレ販売してくれないかしら。

◆はやと瓜と茗荷のサラダ、バルサミコ酢のドレッシングで。
はやと瓜の食感もよく、茗荷が入るのでさっぱりしていいですね。

◆メインは、立派な「金目鯛の御頭の煮付け。
この土鍋一杯に「金目鯛」と「お野菜」が入っています。

*頭の横に身がタップリありましたので、上からもお写真を撮るべきでした。m(__)m

*指を添えましたので、大きさがわかりますかしら。
身もタップリで、かなりのボリューム。煮汁のお味付も美味しいので、他店で頂いた「煮汁かけご飯」にしても美味しそう~

◆むかごご飯・・ご飯がツヤツヤ、お味つけも絶妙で美味しい。

◆大分産キノコタップリのお味噌汁。
◆自家製「糠漬け」。
◆デザートは「無花果(佐賀産)のアイス」

◆頂いたお酒・・芋焼酎・而今など。

今宵も美味しかったですね。
いつもながらにキップがよく「鮎」や「金目」のボリュームがありましたので、お腹一杯になりました。
次回が愉しみ~

大どころ
092-724-9600
福岡市中央区今泉2-3-38 ピュア天神 1F
2017-11-05
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

並木屋:名物「トリュフ釜飯」。 

今回のおなご会は初めての夜開催。
幹事さんが選んでくださったのは白金にあるこちら。
お気に入りの中華店「星期菜白金」のすぐ近くです。
店内は4人掛けのテーブル席2卓とカウンター席があります。

幹事さんが予約してくださったのは、4000円コース。ナント〆が「トリュフ釜飯」だそう、、愉しみ。(´▽`)
◆まずは「乾杯!」

お料理内容は殆ど覚えていなくて、マイレビ様のレビューを参考にさせていただきました。m(__)m
◆河豚のアラと長芋、椎茸、メカブ餡かけ。

◆豆苗の豆乳豆腐、雲丹のせ・・滑らかな食感で美味しい。

◆秋刀魚漬けの握り・・脂がのり美味しい。

◆ここで日本酒を。

◆お刺身盛り合わせ
鮪のホホ肉、蛸、烏賊、鰹、鮑、河豚

◆赤ムツの蓮根と鮟肝巻き・・上品な脂を感じ美味。タレは甘目でした。

◆米茄子田楽、和牛もも肉、栗のチップ
この味噌も少し甘めでしたが、もも肉・茄子と一緒に頂くといい味わい。

◆甘鯛の蕪蒸し

◆天ぷら 茨城土浦の蓮根と長崎の鱧、藻塩と梅肉ソース
鱧の食感がよく梅肉と合います。

◆名物トリュフ釜飯・・昆布出汁に浸したお米を土鍋で炊き、バター、トリュフオイル、オリーブオイル入り。
目の前でトリュフをタップリ削られ・・見ているだけで愉しいですし、贅沢ですこと。

*最初はそのまま。

*次にTKGで。
どちらもいい味わい。

◆オマール海老と甘エビと伊勢海老の海老スープ・・いいお出汁が出ていて美味しい。

◆干柿のアイス

目の前で「トリュフ」を削られる「トリュフご飯」はよかったですね。
他の品々も4000円というコース値段とは思えない内容で、美味しく愉しめました。
4000円でコレだけいただけるなら、上のコースも気になりますよ。
こちらを選んでくださった幹事様やご一緒してくださった皆様に感謝です。(´▽`)

並木屋
092-406-7076
福岡市中央区白金1-9-19
2017-11-03
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

むら川:今後が愉しみな和食店。 

日本料理が頂きたくなり、検索して伺いました。
店内はカウンター席メインで、奥に個室があるようです。

お若いご夫婦で営まれていますが、
入店時からご主人が笑顔で客に話しかけてこられるのは印象がいいですね。
「菊乃井」さんなどで修業されたそう。

アラカルトでもいただけますが、コースを予約しました。
コースは4000円、6500円、前日までに要予約の8000円など。
初めてですので、6500円(外税)を。

◆無花果の揚げ出し。
ときどき天ぷらでも無花果を頂きますが、油と相性がいいのか美味しい。
出汁もいい味わいでした。

◆盛り合わせ。

*歯鰹の鮨。
*椎茸などの胡麻和え。
*銀杏素揚げ。
*茹で落花生。
*ひしの実  など。

◆お刺身。

*玄海のヤリ烏賊・・ねっとり感もよく美味しい。
*イシダイ・・噛むと独特の旨みを感じます。
*鮪・・キレイな赤身で美味しい。
*相島の穴子・・軽く炙って出されます。

◆松茸土瓶蒸し。

*国産ではないそうですが、旨みは十分ですね。

◆鰆の博多葱香味焼き
鰆自体もいい味わいですが、葱の風味がいいアクセントになっています。
ただ盛り付けの「菊」は必要ないような・・気がしますけれど。

◆焼き蛤、じめじなどの炊き込みご飯。
蛤の出汁がよく出ています。
◆南関揚げとお豆腐入りの赤だし。

◆デザートは「カタラーナ」・・和食店でイタリア系のデザートを出されるのは面白い。

頂いたお酒。
◆貴(90ml:600円)・・これ好きなお酒ですがスッキリした味わいでいいですね。
◆生ビール×2・・飲みかけ画像でスミマセン。m(__)m

◆メガネ専用特別純米(1合:1200円)・・全員メガネをかけた職人さんが作られたそう。
面白いので頂きましたが、呑みやすいですね。
◆鍋島(90ml:600円)・・やっぱり美味しい。

◆ドリンクメニュー

◆ドリンクメニュー

奇をてらわない和食らしい品々でした。
日本料理で夜6500円という価格設定は食材にも限度がありますし、お店側は献立の組み立てが大変だと推察します。
素人意見で恐縮ですけれど、
お味はいいですが、お若いので、もう少し創作的な品も入れられると個性が出ていいかと。
またあしらいにお料理用の「葉」などを使用したりと
盛り付けをもう一工夫されたらより良くなるように感じました。

ビール2杯+日本酒90mi×2、他に1合頂き、税・カード手数料も加算して、合計19732円でした。
*カード利用時は手数料として5%加算されます。食べログ店舗サイトにも表記あり。

むら川
092-734-2118
福岡市中央区渡辺通5-15-8 池田コーポ 1F
2017-10-29
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

居心地家 古都:丁寧に作られた味わいのいい和食。 

会合の帰り道、物足りなかったらしい主人が軽く食べようと言いますので近くを散策して見つけました。
「2軒目ですので軽く頂くだけでも宜しいですか・・」と伺うと「どうぞどうぞ」と快く。
お店の構えから「高そう・・」と言いながら入ったのですが、メニューを拝見すると思ったよりリーズナブル。

◆お通しは「筍のおかか和え」・・これ美味しい。
お通しで頂く品としては上質ですし、他のお料理も期待できるかもと思えます。
◆ビール(400円)と巨峰酒(400円)。

◆ごま鯖(780円)・・胡麻の味わいもよく美味しいとか。主人が思うより量があったらしく、結構お腹が膨れたそうです。

◆ポテトサラダ(580円)・・手作り感ある品で、好み。

◆蛍烏賊一夜干し(580円)7・・これ好きなのでし。日本酒が欲しくなりますね。(^^;)

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー



女将さんの接客も丁寧で店名通り居心地のいいお店です。
コースもお手頃ですので、年末の宴会候補にもいいかと。

*クレジットカード利用時は手数料がかかるそうです。

居心地家 古都
092-282-6638
福岡市博多区須崎町5-10 アーサ小林 1F
2017-10-21
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょこっと茶漬け専門店 千翔彩 :中州の〆に。 

中洲ゲイツビル地下にある「お茶漬け店」。
中洲からの帰り道、地下鉄に向かう際に見つけました。
7月にオープンされたそうですが、
何時もながら、既に店舗登録されている方がいらっしゃるのには驚きますね。
店舗登録は面倒ですので助かりますけれど。(^^;)

7月にオープンされそうです。
店内はカウンター席が主でですけれど、4人掛けのテーブル席もあります。

◆メニュー
お茶漬けは280円からあり、それぞれ小鉢付。
他に「小鉢(180円)」数種や「おでん」もありましたが、どれも安いこと。

◆生ビール(380円:税込)

◆明太鶏そぼろ(380円:税込)・・お茶漬けのほかに「出汁」と「小鉢」が付きます。

*上に「明太子」と「鶏そぼろ」が盛られていて、ご飯の量は小さ目のお茶碗に半分程度(50g程度だそう)。

◆小鉢・・「お漬物」「ごどうふ」「きざみ椎茸の煮物」など。

◆ねぎとろイクラ(480円)

*思ったより「ネギトロ」の量がありました。

*最初はそのまま、次にお出汁を足して「お茶漬け」で。
卓上には「あられ」「わさび」「柚子胡椒」などが置かれていますので、「あられ」と「山葵」を足して。

◆ドリンクもお手頃。

◆ランチメニュー・・ランチも安いですね。
女将さんに「どうしてこのお値段で?」とお尋ねすると「中州周辺はランチが高いので、お給料前でも気楽に利用して欲しいから・・」というお返事。優しい方ですね。^^

ご飯の量が少なめですので、軽く〆に頂くにはいいですね。お総菜も付きますので、健康的ですし。
1杯の量が少なめですので、沢山召し上がり方は2~3杯とか調節できるのもいいかと。
2:00amまで営業されているそうですよ。

ちょこっと茶漬け専門店 千翔彩
092-710-6255
福岡市博多区中洲3-7-24 ゲイツビルB102
2017-10-16
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

中島町倶楽部:お酒に合うお料理。 

西新にあった日本料理店「手島邸」が閉店され、こちらで新たに開業されてから数年。
手島邸には何度も伺いましたし、お花見や新酒会などのイベントでもお世話になりました。
伺おうと思いながら機会がなく・・
過日こちらを含め数店舗されているオーナーさんと偶然お目にかかり
手島邸の頃の女性スタッフさんがこちらにいらっしゃると伺い、訪問することに。
生憎彼女はこの日は系列店に応援に行かれていていらっしゃらず残念。(^^;)
ただお一人顔見知りの方がいらしたのでよかったですけれどね。

アプローチの先にお店が見えます
手前にテーブル席もありますが、カウンター(9席程度)がメインのようですね。

お料理は、8000円と12000円。8000円(外税)でお願いしました。
◆星野村の玉露・・水出し緑茶。手島邸時代も定番でしたが器も同じ。
お茶の旨みが凝縮されていて美味しい。

◆秋刀魚と茄子とキクラゲ・・お出汁のジュレがかけられています。

◆大分・・中津「生の鱧」。梅肉が合いますクセもなく味わいがいいですね。

◆アラとヤリ烏賊、酒盗のせ・・酒盗の味わいがよく、ツマミに最適。

◆本鮪づけ、黄身酢かけ。粒マスタードをのせて。
赤身部分らしい旨みを感じる品。

◆松茸・鱧・大黒しめじ・・最近この「フィルム」を使用したお料理を頂くことが多いような。
鱧と松茸は小さく少量ですので、旨みはあまり感じませんが、普通に美味しい。

◆焼きカマス、キノコを鮎の魚醤で痛めた品、揚げ栗・揚げ銀杏添え。
カマスの味わいもいいですし、秋を感じる品。

◆車海老・かぼちゃ・枝豆・ズッキーニなどを湯葉で巻いて揚げた品。

*これ美味しい。それぞれの食材に旨みを感じ、湯葉の食感もいいこと。

◆里芋と雲丹・・里芋は煮含めてあり、雲丹は軽く炙ってあります。

◆伊万里牛の内モモ肉、九条ネギのソースで。上には炒めた「おかヒジキ」が。

*お肉は噛みごたえがあり普通ですが、九条ネギのソースは良い味わいで好みでした。

◆むかごの炊き込みご飯・・土鍋で炊かれています。
残りの持ち帰りは不可だそう。

◆ご飯・香の物・お味噌汁。

*アサリのお味噌汁はいいお出汁が出ていて美味しい。
*最初に出された「水出し茶」」の2煎目。これもいい味わい。

◆頂いたお酒。どれも1グラス/750円(外税)

◆頂いたお酒。

◆日本酒メニュー。

手島邸時代のお料理とは趣が変わりましたけれど「湯葉巻」などが美味しく思えました。
ツマミ的な品が多いので、お酒がすすみます。
お料理をテンポよく出されますしスタッフの方々の印象はいいのですが、
お料理説明以外殆ど話されませんので、1時間半程度で終了。
折角のカウンター席でお酒と共に頂きますから、
もう少し客との会話を愉しむゆったりした場であってもいいように思いますけれど。
コの字型カウンターで他のゲストの会話がつつ抜けなのも気になりました。

同伴と思しき女性の香水の香りが強く、折角の雰囲気を壊したのも残念でしたね。
和食店を利用されるなら、香水をつけないなど最低のマナーは守るべきでしょう。

中島町倶楽部
092-291-0920
福岡市博多区中洲中島町4-21
2017-10-09
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

浜勝:安定感ある味わいのトンカツ。 

「トンカツが食べたい・・」という主人のリクエストで久しぶりにこちらへ。
週末の夜はご家族連れで賑っていますね、15分程度待ちましたかしら。

◆卓上には「胡麻」や「ソース」「辛子」などが置かれています。
すり鉢で胡麻を擦りながら・・
◆ドレッシングはオーダー後、運ばれます。和風よりも「生」の方がお優しの旨みを感じ好みでした。

◆主人は、大西海SPF豚(150g:1890円:外税)・・トンカツ・お漬物・キャベツ・ご飯・お味噌汁のセット。
*大西海SPF豚は長崎県西海市で飼育され『SPF豚というのは、Specific(特定の)Pathogen(病原菌)Free(いない)の頭文字をとって略したもの。豚がかかりやすい5つの特定疾患の病原菌を持っていない豚のこと』だそう。
http://coop-weblabo.jp/story/locality/pig/5144 より引用。

*豚肉は柔らかく特有の甘みを感じ美味しいそうな。
家ではこの大きさのトンカツを2枚食べる人ですので、この量は物足りなさげでしたけれど。(^^;)

◆海老フライ定食(1390円:外税)・・海老フライ以外の品はトンカツと同じ。

*海老が大きいのは嬉しいですね。衣もサクサクで、タルタルソースが添えられています。
主人が物足りなさそうでしたので、1尾主人へ・・

◆共通・・この4品は全てお代わり可能。
*ご飯は雑穀米か白米をチョイス・・白飯はツヤがあり美味しいそう。私は雑穀米を頂きましたが、普通かしら。
*キャベツは、千切りか角切りからチョイス出来ますので、千切りを。
*お味噌汁は赤みそか白みそをチョイス・・「赤出汁」にしましたけれど、少し薄めかしら。
*お漬物は3種類。お味変わりにいいですね。

豚肉の質もよく美味しいトンカツだったようですし、好きな「海老フライ」も頂けたのでよかったですね。

2017-08-23
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

梨庵:美味しい隠れ家。 

博多の寺町、御供所町にある隠れ家的和食店。祗園駅から徒歩5分もかからない場所にあります。
以前から知人に「いいいお店がある・・」と聞いていたのですが、中々伺えず・・
この場所に移転されてからようやく伺うことが出来ました。

外からは全く中が見えず、インターフォンを押すと女将さんがドアを開け迎えてくださいます。

店内は個室やテーブル席、カウンター席があり、カウンター席を利用しました。
夜のコースは3780円~1万円前後まであるそうですが、初めてですので5400円(税込)で。
◆前菜・・どの品もツマミに最適で、美味しい。
「糸島太モズクとクラゲの酢の物」「ローストビーフ」「ヤリ烏賊&分葱・黒胡麻和え」「だだ茶豆」「なんとか貝」

◆玉蜀黍真丈のお椀・・真丈は葛で固めたような印象で、食感がいいですね。
丁寧に引かれたお出汁で頂く汁もいい味わい。

◆お刺身盛り合わせ

*「赤貝」「赤雲丹」「鰹のタタキ」「まぐろ」など。どれも新鮮ですが、タタキはスモークの香りもよく好み。

◆サービスで頂いた「雲丹」・・赤雲丹とはまた違う旨みで、こちらの方がお味が濃厚なような。
赤雲丹もこちらもどちらも美味しい。

◆海老とアボカドの生春巻き・・ボイルした海老とアボカドがよく合います。
ソースもいい味わいで、これも好きだワ。

◆アマダイの鱗焼きとお野菜の天ぷら。
軽く「振り塩」されています。

*アマダイの鱗焼き好きなのです、鱗がカリカリで美味しい。

◆黄アラと焼きナスのとろみ餡かけ・・黄アラはクエのことで、クエよりも小さく緑褐色の横帯があるのでこう呼ばれるそう。
上品な脂がある美味しいお魚です。
黄アラは軽く粉をまぶし揚げてあり、焼きナスやキクラゲと共に「優しい味わいの餡」で頂きます。
この「餡」が美味しくて・・

◆鯛の炊き込みご飯・・立派な「「お頭」が入っていますよ。
鯛の旨みが出た出汁の味わいもいいのですが、生姜がいいアクセントになっいてこれも美味しい。
女将さんが丁寧に身をほぐしてくださいます。

*お焦げが好きですので入れていただきました
*土鍋で炊かれるので美味しいですね。

◆アオサのお味噌汁もいい味わい。

◆デザートは「キゥイアイス」・・キゥイの味わいが濃厚で、甘党の主人が「これ旨いな・・」と。

◆この日頂いたお酒。

この内容で5400円は安いですね。
途中で女将さんとよく似た方が登場され「双子の姉妹」だと伺い驚きました。
お顔だけでなく、声もそっくりですしお二人とも心地よい接客をされます。

カウンターでしたので、料理人さんたちともいろいろお話でき楽しかったですね。
お料理も美味しくお酒の品揃えもよく、いいお店に出会え嬉しいですね。
また伺います。

梨庵
092-262-1661
福岡市博多区御供所町3-17-5
2017-08-07
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

木゛山 :若い感性が光るお料理。 

小倉駅から徒歩10分強程度でしょうか。飲食店の多い界隈のビル1階にある日本料理店。
たまたま福岡市内のあるお店でこちらの店主ご夫妻とお知り合いになり、
和食大好きですので伺いました。
お二人ともお若いですが、感じのいい方々ですヨ。

店内は手前にカウンター4席、奥にテーブル席があり、仕切られると個室仕様になります。

夜のコースは「6000円」「8000円」「10000円」とお聞きしましたので、10000円でお願いいしました。
駅から歩いて行き喉が渇きましたので、まずはビールを。

◆その後「伯楽星」と「北光」を。伯楽星のお写真撮り忘れたようで。m(__)m

◆アコウの酒蒸し、沖縄のモズク、萩の赤雲丹
「アコウ」はハタの仲間で高級魚です、脂がのっていますね。
「赤雲丹」も粒が大きいこと。赤雲丹は鬱が小さいものが多く、この大きさは中々見ませんし、質もよく美味しい。
合わせ酢の塩梅もいいですね。

◆モロコ(高級魚あら・クエともいいます)とヨコワ鮪。
モロコはシッカリした身ですので、噛むと旨みを感じますね。ヨコワは淡白な味わい。

◆鱧鮨・・鱧は上にのせるだけでなく、間にも挟まれています。ツメの味わいもよく、これ好み。

◆蒸し鮑、出汁のジュレがけ。
鮑は柔らかく蒸され、食感味わいもよく美味しい。
鰹だしの効いたジュレもよく合います。

◆鱧と茄子のお椀・・出汁も丁寧に引かれていますが、鱧の旨みも加わりいい味わいに。
椀は明治時代のものだそうですが、ステキですね。

◆無花果の天ぷらとキスのおかきあげ。
無花果自体も甘いので、天ぷらにしても美味しいですね。
「おかき揚げ」は京都でも頂きますが、時々衣が硬すぎる品があり食べずらい事があります。
でもこちらのはソフトな食感で食べやすく、キスの味わいもしっかり感じました。

◆甘鯛のお料理
甘鯛は丁寧に焼かれ、トウモロコシ・ネギ・お揚げなどともに少しとろみのある出汁で頂きます。
出汁に甘鯛の上品な脂が入りコクが出ていい味わいに。甘鯛も美味しいですが、コーンも甘いですよ。

◆モロッコインゲンの胡麻和え・・胡麻風味いい品。

◆球磨川の天然鮎・・大きな鮎ですねぇ。たれを塗りながら焼かれていました。
程よい脂と鮎本来の旨みを感じます。
ただ盛り付けは少し工夫された方がいいような・・(^^;)

◆ちりめん山椒茶漬けと香の物。

*土鍋で炊いたご飯にタップリの「ちりめん山椒」や出汁がかけられたお茶漬け。
サラサラいただけていいですね。

◆デザートは「マンゴ」と「葡萄」

どの品も丁寧に作られ美味しく頂きました。
ご夫妻やたまたまカウンター席でご一緒したお客さま達とも色々お話でき、楽しいお時間でした。
また小倉に行く折には伺いたいと思います。

木゛山
093-531-1313
北九州市小倉北区鍛冶町1-3-4 美松コア 1F
2017-07-29
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

大どころ:雲丹&甘鯛&赤ムツ、、豪華コラボ。 

訪問回数13回

美味しいお魚料理を頂きたくなり、、大どころさんへ。

お料理はいつもと同じ8000円コース。
◆熊本のトマトとトウモロコシの冷製ポタージュ、中に生湯葉が入っています。
トマトの軽い酸味がトウモロコシの甘みと合いいいお味に、湯葉の味わいが旨みを加えています。

◆前菜盛り合わせ
「マジャクのから揚げ」「鮪の竜田揚げ」「枝豆チーズ」「鯛の肝」など。
どれもツマミに最適。

*マジャクのから揚げ・・マジャクは熊本県荒尾市で獲れ「穴蝦蛄」と言われますが、蝦蛄とは別物だそうな。
よく揚げてあるので殻もすべて頂けます。軽い塩味が合いますね。
*鮪の竜田揚げ・・薄く下味をつけてあり美味しい。
*枝豆チーズ・・定番ですけれど、好きな品。
*鯛の肝・・上手に煮てあるので、アンキモに近いねっとり感があり美味しいワ。

◆お刺身盛り合わせ
◆いつも「本わさび」が付きます。おろすのは主人の役目ですけれどね。(^^;)

◆上:糸島のアオリイカ・・程よいネットリ感があり美味しい。
◆下:ニンニク醤油に漬けた「歯鰹」・・これ美味しい。歯鰹の旨みとニンニク風味がよく合っています。

◆上:玄海のヒラス・腹身・・腹身好きなのです。あっさりした脂で食べやすい品。
◆左下:九十九島のかん鯛・・鯛らしい優しい味わい、塩昆布を醤油代わりにして頂きますがいいお味でした。
◆右下:長崎の蛸。柔らかい蛸ですよ。

◆唐津の赤雲丹をのせた冷製茶碗蒸し
立派な赤雲丹ですこと、流石の仕入れですね。

*赤雲丹でこの大きさの品は珍しい。特有の甘味・旨みを感じてとても美味しい。
茶碗蒸し自体のお味付もよく秀逸。

◆鐘崎の甘鯛・・なんとこれ一人分です、いつもながらキップのいいこと。
強火で炙った「島ラッキョウ」「熊本のシルキーホワイト」「万願寺唐辛子」「コーン」などが添えられています。

*甘鯛は厚みもあり旨みを感じて美味しい。

*うろこは別で揚げてあり、カリカリ食感。いいツマミに。
*肉みそと黒胡椒と塩を混ぜたもので頂きます。

◆サラダ・・瀬田トマトは甘いですし、軽くスモークした烏賊もいい味わい。
バルサミコとお醤油のドレッシングが合いますね。

◆またまたスゴイお魚が登場!立派な赤ムツ(ノドグロ)ですよ。
この大きさの品は滅多に手に入らないそうですが、お値段も高いと思いますね。

*反対側から撮り、主人の指を添えましたので大きさがわかりますかしら。

*ノドグロはよく脂がのりトロトロ。でも脂が上品ですのでくどくなく旨みを感じます。
「椎茸」「人参」「揚げ茄子」「ごぼう」なども煮こまれていますが、甘辛いお味付の塩梅が絶妙で
ノドグロともどもとても美味しい。これ絶品。

◆「じゃこと茗荷のご飯」と「天草のあさりのお味噌汁」

*ご飯は混ぜていただきますが、茗荷のスッキリした味わいとジャコが相性が良く美味しい。

*アサリがタップリ入っていますので、いい出汁が出ていますよ。
お酒を頂いていますので、この〆は嬉しい・・
下の貝殻は二人分ですが、アサリがタップリ入っていたのが解っていただけるかと。

◆デザートは能古島の甘夏のアイス。食後に頂くにはいいですね。

◆この日いただいたお酒は「ビール」「而今」「ゆず酒」「芋焼酎」など。


今宵も美味しく頂きました。
どの品も美味しいですが「雲丹」「甘鯛」「のど黒」まで頂け大満足。
この内容で8000円は超高CP。
美味しいのは勿論居心地もいいですし、また伺いますね。

2017-07-02
ディナー(和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター