東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

すし宮川:穏やかに流れる時の中で頂く、美しく美味しいツマミと鮨。 

円山公園駅近くの鮨店。
外観から落ち着いた印象ですけれど、店内は白木のカウンターでお洒落な雰囲気です。
去年の8月にオープンされたとか・・
カウンター8席のみですが、この程度がご主人の目が行き届き客にとっても嬉しい席数です。

お料理は15000円(外税)のお任せのみ。
白木のカウンターが美しい・・

◆日本酒(黒龍:950円)と梅酒ソーダ割り。この梅酒、美味しい。「山形正宗の梅酒」だそうですよ。
これまで「庭のうぐいす」の梅酒が好きでしたが、甲乙つけがたいですね。

最初に「ツマミ」が数種類出されます。
◆アマダイの昆布〆。皮目は炙ってあります。
軽めの昆布〆ですので、アマダイの甘みが消えず美味しい品。

◆茶碗蒸しの松茸餡がけ。・・・下は具材が入らない茶欄蒸しで、上に「松茸の餡」がかけられています。
お出汁に松茸の旨みがでて美味しいこと。

◆秋刀魚のポン酢和え、赤しそのせ。・・秋刀魚が旬でしたので脂がのりいいお味でした。
赤紫蘇もいいアクセントになっています。

◆蝦夷鮑(函館産)と肝ソース・・コレ美味しい。
柔らかく蒸された鮑がお美味しいのはもちろんですが、卵黄などと合わせた肝ソースが絶品でした。

*蝦夷鮑は柔らかく蒸され美味しいこと。やはり「鮑」は蒸した品が好きです。

*鮑の肝ソース
残った肝ソースにご飯を足されて頂くのですが、これがまた美味しい。
肝ソースは追加してくださいますので、お皿に残っていなくても大丈夫です。

◆アンキモ・・山椒風味がして、滑らかな品です。アンキモ大好きですので、これも嬉しい。

◆鰹・・身は藁焼き、腹は炭火焼きでネギソースがかけられています。

◆日本酒(銘柄忘れました)

◆イクラ、らくようキノコの菊和え。すだちのジュレがけ。・・らくようキノコは今回何度か頂いたのですが、
「なめこ」のようなヌメリがあり、噛みごたえのいい品。


ここからにぎりです。シャリは赤酢を使用され、小ぶり。
◆スミイカ(小さめの品)・・柔らかい食感です。烏賊特有の甘みが少ないような気がしましたけれど。
◆赤ムツ・・上品な脂で美味しい。

◆中トロ(柵ヅケ)・・つけ汁のお味がよく浸みていて美味しいこと・
◆コハダ・・これもいい酢加減です。

◆鯖・・内地の品ですが産地忘れました。美味しい鯖だそうですよ。
◆黒ホッキ(苫小牧産)・・黒ホッキは美味しいですね。

◆雲丹のせ雲丹ご飯・・シャリにも雲丹がまぜられ、バフンウニを贅沢に使用した品。雲丹好きにはたまりません。^^

◆車海老・・殆どのお鮨屋さんが「ぼたん海老」を出される中、車海老はこちらだけでした。
車海老らしい甘みを感じます。
◆カマスの押し鮨・・紫蘇・茗荷・胡麻入り・・手間暇かけた品ですね。
カマスが淡白ですので、薬味がよく合います。

◆私には「鯖」の代わりに「づけの手巻き」が出されました。
先ほどのヅケがタップリ入り、贅沢な手巻きですよ。

◆玉・・カステラ状に焼きあげられた、しっとり甘いデザートの様な玉です。
◆お味噌汁・お出汁が効いています。

どの品も外れなく美味しいですね。
ご主人は物腰の柔らかい感じのいい方です。お料理もお人柄を表すかのように優しい味わいの品でした。
器は「唐津焼」を多く使用されている印象ですけれど、ステキでした。
ご主人の笑顔の接客もあり、ゆったり心地よくお食事を楽しませていただきました。
こちらも再訪しないと・・^^

すし宮川
011-613-2221
札幌市中央区南1条西24-1-30 円山OCT BLD 1F
2015-10-14
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

群来膳 (くきぜん):拘りネタを頂けるオシャレな鮨店。 

外観は暖簾もなくガラス張りのオシャレな印象ですので、一見お鮨屋さんには見えませんね。
個室とカウンター席がありました。

お昼は「5000円のにぎり」のみと予約時に伺いましたが、お願いすればつまみも頂けるようですよ。
カウンターは和紙を重ね墨汁でコーティングされたとか。
ガラスの箸置きやおしぼり入れなどもデザインされたそうで、細部まで拘りを感じます。

◆小樽ビール(ドンケルタイプ)とお茶を頂きました。
*「ドンケル」は、ローストカラメル麦芽を使用したクリーミーな泡立ちと深い色合、カラメルフレーバーが特徴だそう。
ビールには「岩海苔とクラゲ」を和えたツマミが付きます。ガリも好みですね。

江戸前ではない印象ですけれど、
こちらのネタは通常の生寿司とは異なり、魚により熟成日数を変えられているそうですよ。
其々塩や煮切りを付けて出されます。
◆平目(3日熟成)・・程よいねっとり感で美味しい。
◆マグロ(函館産・1週間熟成)・・甘みを感じ美味しい中トロです。

◆蝦夷鮑・・生ですのでコリコリと食感を好まれる方にはいいかも。
これは好き好きですけれど、私は蒸し鮑の方が好きですね。

◆鰤(戸井産:活け〆)・・上品な脂を感じ美味しい。のせられた「生姜」がいいアクセントです。
◆真鯛(天然物)・・塩で頂きます。

◆帆立(野付半島産)・・大粒ですので甘みも強く美味しいこと。
◆スルメイカ(1日寝かした品)・・烏賊らしいねっとり感や甘みをよく感じます。

◆マツカサ鯛(噴火湾産)・・松笠のような鱗を持つ鯛だそうです。
◆ホッキ・・茶ホッキですね。

◆ズワイガニ・・身の厚い美味しい品。
◆イクラ

◆トキシラズ・・身が柔らかく美味しい。
◆ボタンエビ・・この甘味、海老好きとしては堪りません。

◆バフンウニ(浜中産)・・この濃厚さ、、やっぱりバフンウニが好きです。
◆岩海苔のお椀。

にぎりを出されるスピードがかなり速く、あっという間に終了してしまい・・30分もかからず終えました。
次から次へと出されるのでネタをよく味わえなくて。(^^;)
もう少しゆっくり出していただきたかったですね。
この点がなければ、より印象がよかったかもしれません。

ご主人、第一印象は話しかけにくい雰囲気を受けましたが、
食後いろいろお話させていただくと話し好きで感じのいい方でした。
この内容で14貫5000円はお値打ちですし、
ネタにも拘られていて美味しい「にぎり」でした。

群来膳 (くきぜん)
0134-27-2888
小樽市東雲町2-4 ヴィスタ東雲 1F
2015-10-11
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

金寿司:居心地のいい老舗鮨店。 

「北二条東」交差点近くにある老舗鮨店。
店内は広くカウンター席とテーブル席、個室もあるような気がしますね。

メニューを拝見していませんのでランチの種類は不明ですけれど、
今回はお昼の訪問で、3500円の「にぎり」を頂きました。
◆最初にガリが2種類出されます。左は「甘酢」、右は「塩漬け」。

◆上:平目。塩とカボスで頂きます。甘味を感じ美味しい。
◆下:ホッキ貝・・黒ではなく茶ホッキです。普通に美味しいかしら。

◆帆立・・大粒ですので甘くて美味しいこと。
◆つぶ貝・・お写真撮り忘れました。
◆中トロヅケ・・端のみ軽く炙ってあります。上品な脂で美味しいこと。

◆ズワイカニ・・大き目の足ですので蟹の旨みを感じます。
◆スルメイカ・・身がコリコリで美味しいですよ。

◆大助・・これも上質な脂を感じますし身が柔らかく美味しいですよ。
◆秋刀魚・・コレも脂がのっています。

◆イクラ・・醤油漬けです。
◆ムラサキ雲丹・・バフンウニが好きですがムラサキも甘くいいお味です。

◆甘えび・・通常のにぎりと軍艦のみが出されるという楽しい品。
ソースは甘エビのエキスで作った塩辛風味ですが、海老の風味をよく感じて美味しい。

◆アラ汁
◆浅漬け

このお値段で北海道らしいネタを味わえるのは嬉しいですね。
老舗らしい接客も心地よくいいお店でした

金寿司
011-221-2808
札幌市中央区北二条東7
2015-10-10
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

伊勢鮨:厳選ネタを味わえる居心地のいい鮨店。 

小樽で人気のお鮨屋さん。
シルバーウイークという事もあり、開店前に着くと行列ができておりました。
私たちは予約して伺いましたが、予約されていない方も数組いらっしゃりお断りされていました。
行かれる際には予約されることをお勧めします。

店内はテーブル席も多く広いですよ。
今回は事前にカウンター席を予約しました。

◆お昼の「にぎり」は4種類。
◎旬(しゅん:6300円)・・旬のにぎり16貫を味わえます。
◎舞(まい:5200円)・・いろんな部位の鮪を味わえるようです。
◎醍(だい:3900円)・・にぎり12貫
◎銀(ぎん:3,000円)・・おきまりネタ10貫
希望により刺身や一品料理も頂けます。

◆ドリンクメニュー

◆最初に「自家製烏賊の塩辛」と「クラゲ海苔」が出されますが、どちらも美味しい。
中でも「イカの塩辛」は好みですね。
ビールのツマミにいいですし、どちらも購入できます。

今回は「旬(しゅん:6300円」をいただくことに。

シャリは一般的な品で小ぶりですね。
どれもひと手間加えてありますので「お醤油」を付けずに頂きます。
◆ヒラメ・・熟成加減もよく美味しい。
◆キンキ・・上品な脂を感じます。

◆ヅケ・・コレも美味しい。
◆中トロ(大間)・・2枚重ねにされています。上品な脂で甘みも感じ美味しい。

◆鰊・・小樽と言えば「鰊」ですよね。いい脂です。
◆秋刀魚・・旬ですので美味しい。

◆ぼたん海老・・海老好きとしては嬉しい品。
◆白貝・・初めて頂きますが、淡白な味わいでした。

◆茶北寄貝・・普通に美味しい。
◆つぶ貝・・コリコリとした食感と甘みを感じます。

◆蝦蛄・・卵を持っていて美味しいそうですよ。
◆私は「蝦蛄」苦手だとお伝えしましたら「帆立」が出されました。^^
甘くておいしいこと。

◆毛蟹・・毛蟹の濃厚さは、やっぱり好きですね。
◆いくら・・醤油漬けですが、漬け加減が好みです。

◆こまいの卵・・これも初めて頂きます。北海道ならではの品。
◆白魚・・普通に美味しい。

◆ムラサキウニ・・バフンウニほど濃厚ではないですが、十分美味しい。
◆中落ち手巻き・・これはサービスで頂きました。

◆アラ汁・・色んな魚が入り、美味しい品。お葱タップリなのも嬉しい。

◆美味しかったので「塩辛」を購入しました。1個650円程度だったような気がします。

この内容で6300円はCPよすぎでしょ。
職人さんの接客・気遣いも心地いいですね。
たまたま隣席の常連のお客様さま方と共通の話題もありまして、
会話も弾み楽しく美味しいお時間でした。

伊勢鮨
0134-23-1425
小樽市稲穂3-15-3
2015-10-09
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨処有馬:ツマミもお鮨も美味しい、お気に入りのお店。 

札幌に行く度訪問する、お気に入りのお店です。
1年ほど前に現在の店舗に移転されました。
以前より、テーブル席が増えましたね。
ご主人お一人でされていたのですが、もうお一人職人さんが入られお二人体制になりました。

ネタケースには美味しそうな品々が・・
最近ネタケースを見せないお店が増えましたが、やっぱり見える方が楽しみがありいいですね。

◆伯楽星(800円)と梅酒ソーダ割り・・伯楽星が800円でいただけるのは嬉しいですね。

◆お任せは2種類・・ススキノの人気鮨店としては、かなり良心的な価格設定だと思います。。
*10800円・・一品料理5品、鮨8種。
*12400円・・一品料理6品、鮨10種。

12400円のコースをお願いしました。
◆最初に定番の「蛸料理」・・刺身、吸盤の旨煮・柔らか煮の3種類が出されます。
吸盤はコリコリとした食感がいいですし、柔らか煮もよくお味が浸みていて美味しい。

◆ガリと蜂蜜梅・・どちらも好みです。

◆甘エビ(羽幌産)の昆布〆・・昆布で〆ることで甘海老のねっとり感も増しますので甘くて美味しいこと。

◆つぶ貝、肝の塩ゆで添え・・つぶ貝はコリコリとした食感もよく、生姜醤油がよく合います。
肝もいいお味。

◆羅臼の鰤・・今では北海道でも、いい「鰤」が獲れるようになったとか。
上品な脂を感じますね。これも美味しい。

◆平目の雲丹巻、鰹のジュレがけ・・これも定番ですね。雲丹は浜中産ですので上質ですよ。雲丹好きとしては嬉しい品。

◆鰊の煮つけ・・脂がのった美味しい鰊です。これも好み。

◆毛蟹とイバラガニの内子・・内子はやっぱりで北海道で頂くと美味しいですね。
毛蟹と共に頂いてもいいのですが、別々で味っても勿論美味しい。

◆蟹や鱈など魚介がタップリ入った大和椀・・魚介の旨みがよく出ていますし、カニなども惜しみなく入っています。
これも勿論美味しい。

◆するめいかのワタ和え・・直前に捌かれる新鮮なスルメイカ。
身はコリコリ感があり、ワタも美味しいこと。これも北海道ならではですね。


ここから「にぎり」です。シャリは酢が軽めで小ぶりですので、私には嬉しい。
◆ぶどう海老・卵添え・・海老好きには嬉しい、何とも言えず美味しい品です。

◆帆立(オホーツク産)・・手で裂かれています。大粒ですので甘くて美味しい。

◆北寄貝・・高級な黒ホッキです。茶ホッキとはお味が違いますね。

◆秋刀魚・・脂がのり美味しいこと。

◆キンキ(網走産)・・これも上品な脂で美味しい。

◆中トロ(大間産)・・見た目通りの美味しい品。脂も程よいですし甘いこと。

◆タチ(鱈の白子)・・軽くあぶって出されます。白子好きには嬉しいですねぇ。

◆大助・・良い脂ですね。川魚の王とも言われるようですが、美味しいこと。

◆イクラとバフン雲丹・・雲丹が美しい、イクラも勿論美味しいですよ。

◆白みそ仕立てのお椀。

今回も質もよく美味しく満足度の高い品々でした。
12400円というお値段は破格ですね。
5年ほど前初めて伺ったときよりもご主人もよくお話しされるようになりましたし、
居心地のいいお店です。
また、札幌に行く折には伺いますね。

鮨処有馬
011-215-0998
札幌市中央区南3条西4 南3西4ビル4F
2015-10-06
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

すし善 本店:お鮨だけにすればよかったかも。。 

ランチタイムでの訪問です。お昼でも夜のコースが頂けると伺いお願いしました。
P1360524.jpg

15000円(税・サービス料10%が加算されます)のコースです。
馴染の職人さんが出迎えてくださいます。
P1360526.jpg

先ずはビール
P1360527.jpg

◆海老・数の子などの煮物・・料理人さんが変わられたのでしょうか。以前とお味が違いますね。
P1360530.jpg

◆鱧とジュンサイの椀物・・鱧は丁寧に包丁が入れられています。普通に美味しい。
P1360533.jpg

◆刺身・・松川鰈・トロ・ツブ貝・・松川鰈は高級なだけあり美味しいですよ。他は普通です。
P1360535.jpg

◆時鮭の焼き物
P1360540.jpg

◆ソラマメ・・旬とはいえこのお値段のコースで出すのは如何なものかと。アスパラの方がまだいいですね。
P1360541.jpg

◆大根・蟹の天ぷら、ホワイトソース仕立・・これ正直に申しますと思わず「不味い」と言いそうになりました。
ホワイトソースは家庭で作っても、こんなに粉っぽく不味くは作れないですね。
P1360543.jpg

ここから握りです。
◆こち・・北海道らしい白身です。
P1360551.jpg

◆中トロ・・普通かな。
P1360553.jpg

◆鯖・・普通だそうです。
P1360554.jpg

◆私には「鯖」の代りに「鯵」
P1360556.jpg

◆時鮭
P1360559.jpg

◆ウニ・・バフンウニは美味しいですね。
P1360561.jpg

◆アナゴ
P1360565.jpg

◆おみそ汁
P1360557.jpg

◆抹茶のブラマンジェ・・これは美味しい。
P1360567.jpg

お鮨はともかく、一品料理が以前より随分、お味・質ともに落ちましたね。ガッカリしました。
とても15000円(実質17250円)のコースとは思えない内容。これだと、ただ高い印象だけが残りました。
もう再訪はないでしょう><

すし善 本店

011-612-0068
札幌市中央区北一条西27-2-10

※お料理の内容は、私が伺った時点のものです。時期によって内容は変わると思いますのでご了承の上お読みください。また接客も訪問時の感想です。
※「普通に美味しい」とは10段階評価で「6~6.5」程度です。
2013-07-06
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

薄野鮨金:ツマミを色々楽しめるのは嬉しいですね。 

札幌在住時に印象がよく、主人が一人でも利用していたお店です。
3年の間に随分人気店になられたようで。。
P1360371.jpg

◆梅酒・・にごり梅酒です。
P1360568.jpg

焼酎は高いですね。
P1360594_20130704084125.jpg

◆伊佐美
P1360595.jpg

◆鮑・・柔らかく美味しいですよ。
P1360570.jpg

◆子持ち蝦蛄と海老の燻製
P1360572.jpg

◆ウニ入り冷製茶わん蒸し・・ウニ好きですが、お味付けが好みではないですね。
P1360575.jpg

◆ツブ貝、肝のせ・・肝の風味も良く好みでした。
P1360578.jpg

◆鰈の昆布〆
P1360581.jpg

◆中トロ・・普通かな。
P1360584.jpg

◆バフンウニ・・何も加えられていないそのままの状態のウニです。北海道ならではの品ですね。美味しい。
P1360588.jpg

◆蛸の柔らか煮
P1360597.jpg

◆毛ガニ・・蟹味噌で和えた身と、足の部分です。蟹は毛ガニが一番好きですね。
P1360604.jpg

◆こちらの定番(だと思う)帆立の磯辺焼き・・お醤油の香ばしさも良く美味しい。
P1360607.jpg

◆アンキモ・・アンキモ自体は滑らかで美味しいですよ。ただ、塩をかけ過ぎかな。
P1360600.jpg

◆平目の昆布〆
P1360612.jpg

◆鯛
P1360614.jpg

◆づけ・・他のお客様が「塩辛い」と仰いましたが、私も同感ですね。
この日のツメを塗られた握りは、どれも塩辛く感じました。
P1360616.jpg

◆鯵
P1360619.jpg

◆ホッキの炙り
P1360621.jpg

◆時鮭・・脂の乗りがよく甘みを感じます。
P1360623.jpg

◆トロ・・普通ですね。
P1360625.jpg

◆卵かけご飯のようにウニがタップリ入っています・・発想も面白いですし、美味しい品でした。
P1360628.jpg

◆アナゴ
P1360632.jpg

◆甘エビタップリの玉・・ふわふわで美味しい。
P1360634.jpg

◆追加で鉄火巻き
P1360635.jpg

◆甲殻類で出しを取ったブイヤベースのようなおみそ汁・・好みです。
P1360636.jpg

少量づつですが「ツマミ」も品数がありますし、お鮨も適量ですのでお料理のCPは悪くありません、、
安いと言うよりは一部の高額店を除くと、札幌では平均的なお値段だと思います。
ツマミも創意工夫されているのも解ります。
・・が・・正直なところ以前の方が美味しく思えたと言うのが、私ども夫婦の感想でございます。

帰りはご主人が姿が見えなくなるまで見送ってくださり好印象なのですが、
如何せん、、入店時にチラッと見るだけで「いらっしゃいませ」のご挨拶が無かったのは、、残念ですね。
色んな面で、人気が出過ぎたのかな、、、という印象を受けましたが。

薄野 鮨金
011-251-9521
札幌市中央区南四条西4-5-4 松岡ビル 1F

※お料理の内容は、私が伺った時点のものです。時期によって内容は変わると思いますのでご了承の上お読みください。また接客も訪問時の感想です。
※「普通に美味しい」とは10段階評価で「6~6.5」程度です。
2013-07-04
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

鮨処有馬:北海道の幸を堪能しました^^ 

2年振りに伺いました。予約の取りずらい人気店です。
P1360372.jpg

カウンター7席、4人がけのテーブル1席です。
P1360374.jpg

先ずは「ビール」から。
P1360373.jpg

◆やなぎ蛸・・刺身、吸盤の旨煮・柔らか煮の3種類。どれも美味しい。
P1360375.jpg

◆真ツブ貝・・コリコリとした食感もいいですね。噛むと貝独特の甘みが感じられます。
P1360380.jpg

◆昆布〆にした平目の中にはタップリのバフンウニが入っています。贅沢な品ですね。濃厚なバフンウニだからこそ出来る組み合わせ。勿論、美味しい、、絶品です。
P1360384.jpg

◆支笏湖のチップ(チップとはヒメマスのことです)・・独特の甘みと程良い脂が何ともいえずいいお味です。以前も他のお店で頂いたのですが、こちらのは美味しいですね。
P1360390.jpg

◆魚介を軽く汁煮にして、山芋がかけられています。上品なお味付けですので、魚の旨みが感じられます。
P1360392.jpg

◆旬のホワイトアスパラ
P1360388.jpg

◆箸休めにと。蜂蜜漬けの梅(これ美味しいのです)・ごぼうの溜り漬け・新生姜。
P1360379.jpg

◆子持ち蝦蛄・・私は苦手ですのでパス。でも、美味しそうですよ。
P1360394.jpg

◆毛ガニの内子がけ・・日本酒が飲みたくなりますね。内子の濃厚さと毛蟹の甘さが相まっています。
P1360396.jpg

ここから握り。
◆ボタンエビ・・ブルーの卵も美しい。これは北海道でないと頂けません。絶品でした。
P1360398.jpg

◆北海道でも「さより」が獲れるそうですよ。
P1360401.jpg

◆キンキの炙り・・甘い、美味しい。シャトーブリアンのようです^^
P1360403.jpg

◆蟹の身の味噌和え・・蟹味噌の風味が何とも言えません。
P1360409.jpg

◆時鮭(時知らず)・・秋ではなく、春から夏にかけ獲れる鮭です。
季節を間違えて鮭が来るので、この名前が付いています。脂がのり美味しい。
P1360411.jpg

◆スルメイカのワタ和え・・烏賊が新鮮でないと頂けない品ですね。ワタの風味も良く美味しいですよ。
P1360414.jpg

◆トロ・・上品な脂で美味しい。
P1360415.jpg

北海道の幸を堪能しました、どれも美味しかったですね。大満足です。^^
つまみと握りがこの内容で10000円程度、、、CPも高いですね。お酒の価格も良心的でした。

ご主人は口下手ですし、お店に入った瞬間の第一印象は必ずしもよくありません。
でも、一生懸命話そうとされる誠実なお人柄。
客に美味しいものを食べさせたいと言う心遣いが感じられます。

何よりも客同士の会話が盛り上がる、、居心地のいいお店です。この日も楽しかったですね。
以前こちらでお知り合いになった札幌在住の方々とは、今でもいいお付き合いをさせて頂いているのですよ。^^

鮨処有馬

011-552-5503
札幌市中央区南五条西3 ラテンビル 1F

※お料理の内容は、私が伺った時点のものです。時期によって内容は変わると思いますのでご了承の上お読みください。また接客も訪問時の感想です。
※「普通に美味しい」とは10段階評価で「6~6.5」程度です。
2013-06-27
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

「すし善 大丸札幌店」で、お手軽にランチを頂きました・・・ 

札幌最終日、「すし善本店」まで昼食に行くと14:15発の飛行機に間に合わない・・・
そうだ!大丸に「すし善」があった、と思いだし行って来ました。

P1190954.jpg


11:30の開店と同時に入店し、カウンターへ。
●「乾山」 寿司(10個)/お椀  3150円と
●旬のおまかせ寿司 寿司(12個)/お椀/サラダ/シャーベット 4095円をお願いしました。

コースのどちらの品でしたかはうろ覚えですので、間違っていたらゴメンナサイ。

◆そい(共通)・・身も締まり美味しいですよ。
P1190958.jpg

◆秋刀魚(共通)・・今が旬です。
P1190959.jpg

◆烏賊(おまかせのみ)
P1190961.jpg

◆鮪のヅケ(幹山のみ)・・程よく味が浸みています。
P1190960.jpg

◆トロ(おまかせのみ)
P1190962.jpg

◆毛ガニ(幹山のみ)・・味噌をのせているので、味が濃厚になり美味しいですよ。
P1190965.jpg

◆いくら(共通)・・これも旬ですね。これくらい味がしっかりしている方が好みです。
P1190966.jpg

◆ボタンエビ(共通)
P1190969.jpg

◆ホッキ(おまかせのみ)
P1190967.jpg

◆サラダ(おまかせのみ)
P1190968.jpg

◆バフンウニ(共通)・・普通かな。
P1190972.jpg

◆アナゴ(共通)・・女性には食べやすいように切って出されました。^^
P1190973.jpg

◆玉子(共通)・・本店はすり身を使用されていますが、こちらは出し巻きです。
P1190974.jpg

◆お味噌汁(共通)
P1190971.jpg

◆デザート(おまかせのみ)
P1190975.jpg


デパートの中のお店ですので、正直なところ余り期待はしていませんでした。
でも、運のいいことに板長が付いて下さいましたので、お手軽なお値段でも美味しい握りを味わえました。
こちらは時間のない時に利用しやすくていいですね。


すし善 大丸札幌店 (すしぜん)

011-828-1068
札幌市中央区北五条西4-7 大丸札幌店 8F
2011-10-09
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)

「すし処さっぽろ」:評判の割には・・・??? 

札幌の鮨店の新規開拓・・次は「すし処さっぽろ」へ・・山の手の住宅街にあります。
ランチタイムでの訪問です。
P1190899.jpg
お店に入るなり、鼻をつく布巾の嫌な臭いのような異臭・・思わず主人と悪臭がするね、と。
この臭いは布巾ではなかったのですが・・・

お任せでお願いしました。
奥様と奥にいる職人さんの3名でされているようでした。



◆烏賊のヌタ・・・普通。
P1190904.jpg

◆鮪のヅケ(一人2切れ)・・大ぶりに切られたヅケは味も浸みていて美味しいですよ。
P1190905.jpg

◆いくら・・殆ど味を付けていないイクラです。新鮮なものは味を付けないほうが美味しいとのこと。
私は生臭さを感じるので、もう少し味がある方が好み。
P1190906.jpg

◆ボタンエビ・・普通に美味しい。
P1190907.jpg

◆松川鰈(一人2切れ)・・高級魚ですね。城下鰈と同じような感じかな。美味しいですよ。
P1190908.jpg

◆秋刀魚
P1190910.jpg

◆つぶ貝
P1190912.jpg

◆つぶ貝の肝・・初めて頂きましたがクリーミーですね。気にいりました。
P1190913.jpg

◆鮪(一人2切れ)・・・最後の一切れは残っているワサビを全て載せて食べろと仰る。確かにいいワサビは辛みよりも旨みが強いですが、相当量のワサビが残っていたのですよ。ハイハイと頂きましたが、ちょっとねぇ、無茶をいいすぎじゃないかしらン・・・
P1190914.jpg

握りです。

◆握りの前に「ガリ」や「お漬物」が出されました。
ここでお店に入った時の嫌な臭いの正体発見!「ガリ」の臭いです。
繊細そうなご主人がこの臭いに気が付かれないのが不思議・・ですワ。
「ガリ」は漬かり過ぎで、不味い。嫌な味が口に残るのですよ。梅干を食べてホッとしました。
P1190917.jpg

◆バフンウニ・・ミョウバンは使用されていませんので、そのままのお味が頂けます。
P1190918.jpg

◆イバラガニの内子・・こちらで札幌に入る分を全て買われるらしく、ここでしか頂けないそうですよ。
ネットリ濃厚で美味しいですね。
P1190919.jpg

◆ネギトロではなく上には沢庵・・すし善の「トロタク」の握りバージョンですね。
P1190920.jpg

◆エゾ鮑・・最初に生の鮑はいらないと申し上げたところ「美味しい鮑を食べたことがありますか?是非食べるように・・」と言われ余りゴチャゴチャいうのも嫌ですし頂きました(これまでにもエゾ鮑は生で何度か頂きましたが美味しいとは思えませんでした)が、やはり美味しいとは思えず硬いだけ・・
丁寧に包丁を入れてあるので食べにくさはありませんが、折角のせられた「肝」の味もあまり感じませんでしたねぇ。鮑は蒸した柔らかいものが好きです。^^
P1190921.jpg

◆ほたて・・・普通。
P1190922.jpg

◆ホッキ・・普通。
P1190923.jpg

◆味噌汁
P1190927.jpg

◆椎茸
P1190928.jpg

追加で
◆鉄火巻き
P1190929.jpg


ご主人は鮨屋さんにしては端正なお顔立ちですが、そこはかとなく厳しい雰囲気もまとわれています。
ダジャレも仰るのですが、目が笑っていない・・・
客の好みではなく、自信があるのでしょう。これはこう食べるべきだ・・という信念が強い方です。

ツマミも鮨も道前・・素材をそのまま生かし客に提供すると言うお店です。
お会計の時、私の予想より高くてビックリしました。
他のお店で伺うと、こちらは昔から高いので有名だとか・・・
残念ながら、金額に見合う内容とは思えませんでしたが・・・
ランチタイムでこのお値段ですと、夜は伺えませんね。><


すし処さっぽろ

011-612-7777
札幌市西区山の手三条9-2-22
2011-10-07
北海道グルメ(寿司) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター