東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

すし・魚処 のへそ 博多店:新鮮魚介を愉しめる海鮮居酒屋。 

お魚の美味しい居酒屋さんだと教えていただき伺いました。
祇園駅と博多駅の中間辺りでしょうか。
この辺り飲食店がいくつか並んでいて、すぐ近くのお鮨屋さんを以前利用したことがあったのを思い出しました。
入口で靴を脱ぐシステム。冬はブーツのことが多いので苦手です。(^^;)
店内はカウンター席と小上がりのテーブル席がいくつかあり、テーブルの間は衝立で仕切られていました。

◆主人は「生ビール(650円:外税)」、私は「あらごし梅酒(550円:外税)を。
梅酒は程よい濃さがあり良心的ですね。

◆お通し・・「鯖の酢の物(頂けませんのでパス)」「水菜の胡麻和え(これ美味しい)」「お魚の角煮(これもいいお味)」

◆わさびのはちみつ漬け(400円:外税)・・想像した品と違いましたね。
もう少しわさび風味がするのかと思いましたが、わさびの風味はなく「はちみつ」の甘さを強く感じました。

◆お刺身特上(1人前:2000円:外税)・・見た目もキレイですこと。

*丁寧に説明してくださったのですが、よく覚えていなくて・・(^^;)
「海鼠」「鮪」「ほうぼう」「鮃」「鯖」「鯛」「鰆」など・
どれも新鮮で美味しい・・

◆静岡おでん(600円:外税)・・こんにゃく・モツ・卵・大根・さつま揚げなど。
静岡おでんって「煮汁」が黒いのかと勝手に思っていましたが、そうでもないのね。
薄味ですが、よくお味が浸みています。

◆とらふぐのから揚げ(1000円:外税)・・衣のお味付が少し薄いかしら。
でもから揚げとしては十分美味しい。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

お刺身が新鮮で美味しいですね。
この日はお隣で宴会されていてかなり賑やかでしたので早々に退店しましたが、
他のお料理も味わってみたいと思えるお店でした。

すし・魚処 のへそ 博多店
092-260-1941
福岡市博多区住吉2-4-7 レジデンス博多 108
2017-02-11
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

藤達:「煮込み」が人気のお店。 

「煮込み」がウリのお店です。
久しぶりに、軽くいただこうかと立ち寄りました。
冬は「おでん」を出されているのですけれど、夏はありません。
その変わり一品物がメニューに増えるそうですよ。

◆ビール(580円)と藤梅割(500円)を頂きながら・・
藤梅割はこちらのオリジナルで、度数が高いので最初リカーの味わいが強く感じられるようですが、
慣れると美味しいとか。

◆豆烏賊の酢味噌和え(価格不明)・・酢味噌の味わいが優しいのでツマミにいいですね。

◆激旨、ししとうチーズ焼き(価格不明)・・ししとうにタップリのチーズをかけ焼いた品。

◆辛子明太子(価格不明)・・焼いて頂きましたが、中はレア感が残る仕上がり。
これもツマミに最適。

◆牛煮込み(並:650円)・・よく煮こまれてていいお味です。
お豆腐やコンニャクなども入っていますよ。

◆主人は残った「煮込み」に「小ご飯(150円)」を足し、丼にして頂いておりました。
美味しいのでしょうけれど、この食べ方太るわネ。(^^;)

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

二人で3260円でした。一品物の単価は不明ですが400円前後かと思います。
冬になり「おでん」を出されるようになりましたら、また伺います。

藤達
福岡市早良区高取2-18-17 みつわビル 1F
2016-09-22
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

炉端魚姫 SAKAKI :メニューも豊富で使い勝手のいいお洒落居酒屋。 

今年の8月2日にオープンされたお店。
場所は説明しづらいですが、
ビックカメラ1号館の次の通り「焼き鳥店」の道を挟んで斜め左手辺りにあるビルの4階です。
ヘタな説明でスミマセン。m(__)m

エレベーターを上がるとすぐにスタッフの方がお出迎え。
ですので入り口のお写真撮りそびれまして・・(^^;)

オープン間もないので店内はキレイでお洒落ですよ。
調理の様子が見えるカウンター席、テーブル席、個室、テラス席などがありました。

私たちはカウンター席を利用。
目の前はお野菜と氷だけかと思いましたら、アラ「お魚」さんが・・^^
「イサキ」やら「のどぐろ」やらが休んでいましたよ。

価格は内税。
◆お通し(300円)・・お通しもキレイ。どちらもいいお味でした。
*鰤の煮凝り。
*じゃことお野菜の炒め物風。

◆自家製ポテサラ(480円)・・ハムなどがタップリ入り好みのテイスト。

◆炙り板うにのバゲット添え(限定10食:1500円)
これ雲丹好きとしては外せないでしょ。
軽くバーナーで炙ったウニをバケットにのせていただきますが、ツマミに最適。
雲丹はそのまま頂いても美味しい。

◆秋刀魚のお刺身・・・新鮮ですので美味しいですよ。

◆無菌豚の竜田揚げ(780円)・・お味付としては「鶏の竜田揚げ」と煮た感じですね。
豚肉は薄切りですので、食べやすいかと。

◆ぶりかま炭火焼(600円)・・炭火で丁寧に焼かれていました。
かま部分は脂がのっているので好きなのですが、これも程よい脂で美味しい。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

お魚だけでなくお肉メニューもありますし。他にお鮨などご飯ものも充実していましたよ。
雰囲気もいいですし、いろんなシチュエーションで使えそうですね。

炉端魚姫 SAKAKI
092-716-5516
福岡市中央区今泉1-13-31 4F
2016-09-14
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

お通:雑炊専門店。 

福岡・中洲にる「雑炊専門店」
会合の帰り、たまたま前を通りがかりましたので数年ぶりに利用しました。

中洲の夜には早いお時間でしたので、空いていましたね。

◆鮭雑炊(950円)にバター(価格不明)をトッピング。
鮭とバターは合いますよね。
ほぐした「鮭」が思ったよりタップリだとか。
「雑炊」らしく、小さなお餅一切れが・・

◆私は女性に人気と書かれていた「明太子+チーズ(1150円)」を頂きます。
雑炊自体のお味が濃くないので「明太子」の風味とチーズの味わいが楽しめて美味しい。
ご飯の量も多くありませんから、私でも頑張れば完食できる量。

◆冷たいお茶もあります。この薬缶、今でもあるのですね。
◆白菜のお漬物。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

安くはないですけれど、バリエーションも豊富ですし
〆に頂いても胃もたれしなのがいいですよ。


ぞうすいの店 お通 中洲店
092-282-4005
福岡市博多区中洲3-5-11 松和ビル1F
2016-09-11
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

ファンビリー:アイデア満載のお料理。 

西新からの帰り道、「SUSHI」表示を目ざとく見つけた我が夫。
目に入ったからには、利用してみましょう。(^^;)

狭い階段を上がったビルの2階にお店があります。
カウンター席、テーブル席がありカジュアルな印象。
伺った日は、若い男性お二人で営まれていました。

「食事は軽く済ませましたので、少し頂くだけでもいいですか?」
とお尋ねすると、快く了承いただき・・

価格は多分外税だと思います。
◆主人は「ビール(550円)」、私は「ウーロン茶(300円だったような)」で。

◆お通し・・「クラゲの中華風和え物」と「胡瓜のあえ物」。
どちらもいいお味で、ツマミに最適。

◆やみつき焼ききゃべチョビ(300円)・・チョビは「アンチョビ」です。
これ調理としては簡単な品だと思うのですが、何気に美味しい。
キャベツ・マヨネーズ・アンチョビと言う組み合わせが、よく合っていてクセになるお味ですね。

◆ポテサラ(450円)・・家庭的な味わいで、ジャガイモを完全に潰していないのは主人の好みですね。
私としては、もう少しマヨネーズが多い方が好きかも。

「ロール寿司」が名物らしいので、頂きました。
◆フィラデルフィアロール(400円)・・「サーモン」と「クリームチーズ」を使用したロール寿司。
「サーモン」と「クリームチーズ」は相性が良く、美味しいですね。
一口サイズなのも食べやすい。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

接客も感じがいいですし、お料理はお手頃なのに美味しい・・
チキン料理や、パスタやピザもメニューにありました。
お寿司もチキンも好きな主人が「チキン食べてみたい・・」と言っていましたので
機会があれば再訪するかも。^^

ファンビリー
092-822-5655
福岡市早良区祖原30-19 2F
2016-08-11
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

BASSIN :お洒落空間の寿司&居酒屋 

以前は2階のBARをたまに利用したのですが、
馴染みのバーテンダーさんが独立されてからは足が遠のいておりまして・・
と言ってもこれまで1階のレストランは利用したことがないのですけれどね。

今年に入りまた業態を変えられ、お洒落居酒屋でお鮨も頂けると耳にし伺いました。

店内は天井も高く、スタイリッシュな雰囲気。
価格は、すべて外税です。

◆暑い日には「ビール」でしょう。
*一番搾り(580円)、一番搾りプレミアム(630円)、ハードシードル(リンゴ風味のビール:500円)
シードルビールは最初酸味が強く感じましたけれど、順応性がいいのかすぐに慣れました。(^^;)

◆お通し(500円)・・トマト寿司と生湯葉。
お洒落なお通しですこと。
トマト寿司はトマト自体に酸味がないので食べやすいですし、
シャリには胡麻などが混ぜられています。
生湯葉もサッパリしていいですね。

◆バーニャカウダ(1080円)・・コレも盛り付けがキレイ。

*バーニャカウダソースはアンチョビ・ニンニクがタップリ入り好みのテイスト。
もう少し量が多ければ、尚いいかも。

◆宮崎牛サーロイン炙り・わさびと柚子で(1580円)
想像していたのと違い「しゃぶしゃぶ肉」程度の「薄切り肉」でした。
サッと炙ってありますけれど、レアに近い味わいで、わさびが合います。

◆アイオリポテト(480円)・・普通のポテトフライで、マヨネーズで頂きます。

◆酒肴3種盛(880円)・・この時点で出されたのですけれど、ツマミ的な品ですので
できれば最初に出してほしいかしら。

*鴨肉のロースト・・食べやすい品のようですよ。
*鮭のタルタル・・海苔で巻いて頂きます。
*トマトと胡瓜の塩昆布和え・・サッパリ頂ける品。
こちらはどのお料理にもトマトが多いような気がしますね。(^^;)

◆握り・・寿司5貫(1380円)と鮪3貫(980円)、一緒に盛り合わせて出されました。
シャリは一般的な品で、小ぶり。

*お寿司5貫は「鰯」「カンパチ」「イカ」「鯛」「イクラ」
お味は普通ですけれど、鮪も入りませんし、この内容で1380円は高いでしょう。
このお値段で5貫なら、せめて「中トロ」か「海老」程度は入れるべきかと。

*鮪3貫・・他店では3貫盛りの場合、違う部位で出されることもありますが、こちらは全て同じ部位。
もう少し工夫されたほうがいいですね。これも3貫980円は高いと思いますね。

握りには「貝汁」が付いているのですけれど、魚のアラのお吸い物が二人分出されました。
こういうお気遣いは嬉しいですよ。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

お料理は盛り付けもキレイですし、普通に美味しかったですね。
中でも「バーニャカウダ」はソースのお味がよく好みでした。
ただ、お鮨をウリにされるのなら、価格やネタは再考されたほうがいいかと。

若いスタッフさんたちの接客が丁寧で心地よかったですよ。
雰囲気がいいのでデート使いにもいいかも・・^^

BASSIN
092-753-6909
福岡市中央区大名1-9-63 プラザホテル天神 1F
2016-08-04
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

庵侍燈 ・・新鮮で美味しい魚介が頂けます。 

会合の後、少し食べて帰りたいという人がおりますので、
近くの店舗を検索し、こちらを選びました。

サンカクヤ近くのビル2階にお店があります。
会合で軽食をいただいていますので、
事前にお電話で「2軒目ですので、少しいただくだけでも宜しいでしょうか・・」と確認してから伺いました。
店内はカウンター席とテーブル席があり、賑っていました。
カウンター席に二人分の用意がありました。
価格は多分外税だと思います。

◆お通しは「水菜としめじのお浸し」・・優しい味わいです。お会計から逆算すると500円程度じゃないかしら。
主人はビール、私は烏龍茶を。

お手頃なコース料理もありますけれど、今回は軽くアラカルトで。
◆ホタテのお刺身(900円)・・福岡では「タイラギ」を出されることが多く、
中々質のいい「帆立」を頂けないように思います。
此方の品は帆立大好きの主人が「質もよく美味しい・・」と誉めておりました。

◆ポテトサラダ(580円)・・ソースをかけた状態で出されます。
家庭的な味わいのポテサラですね。
主人はソースをタップリかけた品が好きですが、私はかけない方が好きでして・・

◆丹波の黒枝豆(480円)・・ツマミに最適。

◆海鮮スペシャル丼(1570円)
鮪・雲丹・鯛・イクラ・烏賊など、新鮮な魚介タップリでお得感ある品。
美味しかったようですよ。

◆にぎり(雲丹:350円、鯵:250円)・・握りは1貫からオーダーできますので、2貫だけ頂きました。
普通に美味しいかしら。シャリは小ぶりですので、私には丁度いいかも。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

ご主人も感じのいい方ですので、カウンターで一人利用もしやすいかと。
このお値段で頂ける魚介としては、どれも新鮮で美味しかったですよ。

庵侍燈
092-751-0830
福岡市中央区薬院1-15-13 アントゥール薬院 2F
2016-08-02
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぢどり屋 多門通り店:憧れの「ぢどり屋」さん。 

ワインバーを出た後、軽く食べようかということになり。
本店が近くにありますが、訪問時満席でしたのでこちらに・・
マイレビ様が絶賛されているので、一度伺いたかったのです。^^

居酒屋らしい雰囲気で、いいですねぇ。

◆4名でこの日2度目の乾杯!
◆お通しは「枝豆」・・4人で二つ出されます。

◆取りあえず、もも焼き(1300円)とから揚げ(1000円)をオーダー。

◆もも焼き(1300円)・・ぢどりらしいコリコロとした食感。
中は程よくレア感の残る絶妙な焼き上がりで、お味付もいいですね。

◆から揚げ(1000円)・・これも「ぢどり」を使用されているのかしら。
から揚げとしては、しっかりした食感ですね。

◆山芋のお好み焼き(1000円)・・想像以上のボリュームにビックリ(@_@)

キャベツ多めですけれど、山芋のフワフワ食感が何ともいい感じ。

◆メニュー

◆メニュー

念願がかない、嬉しかったですねぇ。
「ちどり」も美味しいですけれど、気心知れたメンバーとの会は楽しいですよ。
お腹がいっぱいで、お店の前の「おむすび村」にたどり着けなかったのが、残念。

ぢどり屋 多門通り店
092-282-3331
福岡市博多区中洲3-3-10 第2多門ビル 1F
2016-07-18
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

焼き鳥とワイン 萬鳥 :お洒落空間で頂く創作焼き鳥。 

焼き鳥店「鳥次」と日本料理店「しらに田」で修業された方のお店で、
焼き鳥とワインのマリアージュを愉しめるお店だそう。

呉服町駅から徒歩3~4分でしょうか。
店内はカウンター席6席とテーブル3卓でお洒落な空間。小さなお子様連れもOKのようです。

メニュー写真どれもに、何故か一部光が入ってしまい見ずらくてごめんなない。m(__)m

アラカルトもありますが、基本的に
「焼き豆腐」「鶏刺し」「小鉢」が付き、串の本数でお値段が変わる「お任せコース」が主体のようですね。

◆ワインお頂くべきなのでしょうけれど、焼き鳥にはビールと言う無粋者二人ですので
「ビール」と「梅酒のソーダ割り」を。

7串で十分でしたが、希少部位を頂けると記載されていましたので9串コースを(3300円)
◆焼き豆腐・・修業先の「しらにた」さん名物。
ごま豆腐を焼き、しょうゆだれ、わさびで頂きます。

◆鶏刺し・・鶏むね肉と刻んだ山芋などを梅肉ソースで頂きますが、これ美味しい。
鶏肉はレアに仕上げてありますので柔らかいですし、梅肉がよく合います。

◆さび焼き・・塩でお味を付けた「鶏むね肉」に山葵が添えられています。
美味しいのですが山葵のツンツン度が強くて、半分取り除くと丁度いい味わいになりました。
◆下:口直しの「鬼おろし」・・ポン酢でお味付されています。

◆砂肝・鶏スープで・・焼いた「砂肝」を器に入れ、鶏スープで頂きます。
お葱もタップリですし「砂肝」自体も柔らかく美味しい。

◆上:胸肉&ネギ・・巻くのではなく、葱の上に「胸肉」をのせて焼かれています。
葱の香ばしさも感じ、これも好み。でもここまで「胸肉」の比率が高いような・・(^^;)
◆下:うずらの卵・・タレに漬けながら焼かれていましたが、お味は薄め。
卵は好きなのですが「茹でうずら」は好まなくて・・m(__)m
お任せなので串を選べないのは仕方がないですけれど、
できれば最初に苦手食材を尋ねてくださると、嬉しいですね。

◆ポンジリ、モズクのせ・・焼いた「ポンジリ」の上にタップリのモズクがかけられています。
モズクの量が多すぎて、ポンジリの美味しさがよくわかりませんでした。
◆下:トマトのシャーベット。一口量ですけれど、口の中がサッパリします。

◆手羽先・・よく焼いてあるので皮もパリパリで美味しい。
塩加減も丁度よく、これが一番気に入りました。
◆下:水茄子のお漬物。合間合間に一口サイズの口直しが出されますが、それらが美味しかったですよ。

◆モモ肉の銀餡かけ・・よく焼いたモモ肉に薄味の餡がかけられています。
美味しいですが、砂肝と似た味わいですので、
コース内で2品も同じようなテイストはいらないかも。

◆上:皮・・よく焼かれているので食感もいいですね。
◆やっと登場「希少部位」・・「ハツモト」
普通に美味しいかしら。

〆のご飯セットは300円で「鶏そぼろ丼」「スープ」「お新香」
または「鶏茶づけ」「お新香」を選べますので、二人とも「鶏そぼろ丼」を。
量も選べましたので、私は少なめで・・
◆鶏そぼろ丼・・鶏そぼろタップリです。上に「うず卵」がのせられているので、混ぜていただきます。

*上に「うず卵」がのせられているので、混ぜていただきます。
小さな器の方は汁が多く少し塩辛く感じましたが、普通サイズは丁度いいお味だとか。

どの焼き鳥もいいお味ですし、工夫されていて楽しめました。
ただ胸肉や砂ズリなど安価な品が多く、ごま豆腐が付くにしても9本3300円はお高めの印象です。
全てコースにするよりも、5本コース程度にアラカルトで合わせるとより楽しめそうな気がしますヨ。

焼き鳥とワイン 萬鳥
092-262-5515
福岡市博多区祇園町2-21 フェルト 627-1F
2016-06-22
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

とり乃屋:ジューシーな宮崎地鶏。 

西中洲にある宮崎鶏料理店。ステーキの老舗「和田門」が入るビルの2階に店舗があります。
以前お向かいの「ルペガス」を利用した折から気になっていたのですが、
2度ほど満席でフラレ、この日ようやく入店できました。

◆最初に「ビール」と「カシスオレンジ」を。
お通し(300円)は胡瓜の浅漬け風。
ごま油風味がしますが、さっぱりしていて箸休めによかったですよ。

会合の後の利用ですので軽くいただくつもりでしたが、
お料理メニューが数品しかなく潔いこと。

◆モモの塩焼き(2000円)・・ここでは「ももの塩焼き」を頂くべきでしょう、とオーダーしたのですが
かなりのボリュームでございます。
焼く前よりは脂が落ち重量が減るそうですが、それでも360g程度はあるようですよ。

ジューシーで美味しいお肉ですね。
軽くお味は付いていますけれど卓上の「一味」「ガーリックパウダー」をかけると、より美味しい。

◆おにぎり(2個:350円)・・熱々で美味しいですが、中に具材は入らず、小さな沢庵が添えてありました。
具材を入れないなら、もう少し沢庵が欲しいところ。

◆手羽炙り焼き(5本:800円)・・流石の主人も2軒目ですし「モモの塩焼き」をほぼ一人で食べましたので、
これはいただけず持ち帰りにして頂きました。

*これも軽くごま油風味がしますね。
お醤油やらいろいろ混ぜられているのでしょうけれど、いいお味付で美味しい。

◆メニュー

ここは4名程度で利用した方が楽しいと思いますね。
接客も感じがいいですよ。

とり乃屋
092-713-6629
福岡市中央区西中洲5-15 セントラルパークタワー 2F
2016-05-20
居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター