東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡市内メインの高級店からB級までのグルメ日記です。東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

博多 なぎの木 西中洲:品数がある「なぎの木膳」 

春吉交差点近くにあるお店。
通りがかりに数年ぶりに利用しました。
店内はカウンター席・テーブル席が有りますが、一人ですのでカウンター席に案内され・・

ランチメニューは数種類ありますが、以前とおなじ「なぎの木膳」を。
昨今値上げされるお店が多い中、内税が外税に変わったとは言え良心的かと。

10分程で提供されました。
◆「なぎの木膳(1000円:外税)」・・お料理数種類が盛られた「籠」、ご飯、お味噌汁など。
メニューを見た限りでは「ご飯」と「お味噌汁」はお代わり可能なようです。

◆数種類のお料理が盛られていて、女性好み。^^

◆カンパチ胡麻和え

◆天ぷら・・「海老」「シシトウ」「白身魚」など。揚げたてで美味しい。天つゆ付。

◆「おきゅうと」玉子焼き」「辛子明太子」「高菜」

◆「野菜サラダ」「金平牛蒡」「ご飯は普通に美味しい」「お味噌汁は薄め」

◆ランチメニュー

◆ランチメニュー

お料理のお味は普通ですけれど、品数がありますので愉しめました。

博多 なぎの木 西中洲
050-5595-3573
福岡市中央区西中洲10-1
2019-11-24
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

日本料理 TOBIUME :秋の豪華食材と高級酒を堪能しました・・ 

毎回伺うのが楽しみな「TOBIUME]さん。
博多駅から「ソニック」で30分ほどの折尾駅から、タクシーで10分程度(1000円~1100円程度)
お料理が美味しいのは勿論、サービス、お酒のペアリングも素晴らしいお店です。
食材は地産地消に拘られています。

コースは、15000円(税別+サービス料10%)
いつもと同じく、ハーフペアリング(5500円)を付けました。
ペアリングはワイン+日本酒も選べますが、ワインより日本酒が好きですので今回も日本酒のみで。

◆席に案内された途端、目に飛び込んできた豪華食材。
テーブルには立派な松茸(山口産)が置かれていて、この量をお料理に全て出されました。
幸せ。(*⌒▽⌒*)
前日は入荷が無かったそうですので、運がいいこと。

◆蘇生 野菜達の”しずく”・・秋らしく「サツマイモ」や「栗」が使用され、お野菜の甘味・旨みを感じます。

ここから「ペアリング」が始まります。
◎亜麻猫(新政酒造)・・白麹を使用され他の品よりも少し酸味を感じますが、美味しいお酒です。

◆始まり ”破れた恋”・・こちらのメニューはいつも洒落ていて、何かしらと期待が膨らみますね。
里芋を揚げて含め煮にし、餡をかけた品。

*里芋はよくお味が染みて美味しいこと。
「破れた恋」というのは、盛られた「紫の菊」の花言葉だそうですが、それをメニューにされるセンスが素敵。

◎田酒(純米大吟醸 4割5分)・・上品な香りで日本酒らしい旨みを感じます。

◆旬 ”蟹玉”・・渡り蟹を使用した蟹真丈入りの茶碗蒸し。
茶碗蒸し自体のお味もよく、上に蟹の出汁と自家製ポン酢がかけられているのですが、
程良い酸味で美味しいこと。

*蓋には渡り蟹の甲羅が・・
*蟹真丈も美味しい。

◎立派な箱に入った高級そうなお酒が、、その名は「異端教祖株式会社(新政酒造)」。
ネットで検索しましたら入手困難な「超高級酒」でした。これほどのお酒をペアリングで出されるのはこちらだけでしょう。
貴重な経験をさせて頂き感謝です。

*異端教祖株式会社・・何とも個性的なネーミング.。、最初に頂いた「亜麻猫」が進化し
クエン酸を生成する「白麹仕込み」をさらに突き進め2年間熟成させたそう。
亜麻猫と同じく軽い酸味を感じますが、口に含むとフルーツの香りや甘味を感じ美味しい。

◆スペシャリテ ”秋の景色を一皿に”・・盛り付けが美しく、どれも手間をかけた品で全て美味しい。

*カマスの押し寿司・・カマスの味わいもよく美味。
*カボチャカン・・カボチャの甘味を感じます。
*銀杏の松風・・上に「芥子の実」を使用されているので「松風」、銀杏の味わいもしっかり感じます。

*柿に見立てた「黄身の味噌漬け」、これ美味しい。
*柿の白和え・・衣の味わいがいいこと。
*栗に見立てた「栗のペースト」、ほんのりコーヒー味がします。
*イガに見立てた「揚げ素麺」、下には栗のペースト。

◎農口尚彦研究所・山廃吟醸酒・・・農口尚彦さんというのは70年以上にわたりお酒を造られてきた
「お酒の神様」と言われる杜氏さんのお名前だそう。爽やかな口当たり。

◆滋味 ”しみじみと”・・・先ほどの松茸の一部が登場。一部といってもタップリです。^^

*鱧(芦屋)もタップリで美味しいですし、茄子、もち銀杏や松茸と共に愉しむ贅沢なお椀。

◎十四代2種・・「極上諸白」と「中取り純米吟醸」

*十四代は好きなお酒ですしどちらも美味しいのですが、
「極上諸白」は超高級酒、これまでとは違う味わいでとても美味しく思えました。
これもいい経験をさせて頂き感謝です。

◆お刺身で出される「足赤海老」・・秋口から晩秋にかけて水揚げのある車海老。

*足赤海老、アップで

◆ゴチ網 ”寝かせ”

*足赤海老とクエ(若松:寝かせた品)

*足赤海老は甘くて美味しいですし、クエは寝かせることで旨みが増しますね。

◎鍋島2種・・「三十六萬石」と「 Harvest Moon」

「三十六萬石」は他店でも何度も頂いていますが「 Harvest Moon」は初めて。
キレのいい飲み口です。

◆潮 ”座布団”・・サブトン平目(遠賀:7kg)・・・座布団のような形をしているのでこの名が付いたそう。
7kgの立派な品ですので、厚みもあり脂がよくのっていてとても美味しい。

*エンガワも美味しいこと。

◎鄙願(新潟:大洋酒造)・・さっぱりした口当たりで飲みやすいですね。

◆海味 ”煮”と”焼き”の間で

*喉黒の飯蒸し、湯葉

*喉黒は脂がのり美味しいですし、少し甘めのお味付けがよく合います。

◎写楽2種・・「赤磐雄町」と「備前雄町」・・赤磐雄町は限定品だそうで、ふくよかな旨みを感じる品。
備前雄町も限定品で、キレのいい飲み口。

◆大地 ”お熱いのがお好き”・・松茸フライと揚げ銀杏

*立派な松茸フライ、勿論美味しい。贅沢ですねぇ。

◎石田屋(黒龍)・・一瞬フルーティーな香りを感じ、あとで旨みが口に広がりました。

◎而今2種・・「愛山火入れ」と「千本錦火入れ」

*愛山火入れ・・甘みを感じ好み。
*千本錦火入れ・・フルーティでいて甘みを感じ、これも好み。

◆瑞穂 ”焼肉定食”

*またまた「松茸様」が登場。宮崎牛のヒレ肉と栗の甘露煮、なんて贅沢な組み合わせでしょう。

*松茸が美味しいのは勿論、ヒレ肉も柔らかくジューシーで美味しいこと。

*「松茸」と「ヒレ肉」

◆ご飯は炊きたてツヤツヤで、甘みを感じて美味しい。
◆ステーキのタレは甘いのですが、いつ頂いても美味しい。
◆お味噌汁は蟹の出汁を感じ美味。

◎天蛙(新政酒造)・・薄にごりの日本酒の発泡酒としては発泡が強いタイプ。
白ワインを頂いているような味わいで、美味しくデザートに合います。

◆異文化 ”なしくずし”・・新高梨のスライス、ジェラート、メレンゲクッキーなどが盛られ
梨は甘く、食後に頂くには最適のデザート。

ドリンクはこちらから選びます

◆珈琲

◆薄茶

◆外観・内観

この日もお料理・日本酒共に素晴らしかったですね。
美味しいのは勿論ですが、シェフの客を喜ばせたいというお気持ちが伝わります。
その上キップのいいこと。
女将さんのサービスもいつもながらに素晴らしく、とてもいいお時間を過ごさせて頂きました。
次回も愉しみ~

日本料理 TOBIUME
080-4696-1369
北九州市八幡西区千代ヶ崎3-14-11
2019-11-12
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

対馬のどぐろとイカ活き造り 博多 魚蔵:烏賊を頂くなら予約必須かも・・ 

リニューアルした博多都ホテル二階にある和食店。
こちらは以前少し先の「お魚ビル」に店舗があり、移転前の印象がよかったので利用しました。
店内は広く、カウンター席、テーブル席多数の洒落た雰囲気。
一人ですので、カウンター席に。

烏賊の活き造りを頂きたかったのですが、お昼の予約の方の分で終了したとの事。(T-T)
11:40で終了とは、残念。予約すべきでした。
この日は烏賊気分だったのでJRJPビルの烏賊専門に行こうかとも思ったのですが
席に座った以上出る訳にもいかず、メニューで一番お手頃な定食を頂くことに。
◆四季 魚蔵定食 1800円:税込。
提供まで、20分以上かかりました。
見ていると、烏賊の方が早いような印象を受けましたけれど。

◆この日のメインは
和牛の味噌煮込み。揚げた茄子、人参、玉ねぎなど添え。
お肉の質は普通ですが、所々筋が硬く気になりました。
でも白味噌の味わいはいいですね。

◆お味噌汁は大きな器で出され、お魚の切り身が入っています。
◆胡麻豆腐
◆昆布は柔らかい。

◆茶碗蒸し・・お魚の切り身、椎茸などが入り濃いめのお味付け。
◆ご飯の質は、普通。

◆メニュー

◆メニュー

ただ、この内容で1800円はお高いですね。
移転前の店舗ではたっぷりの「明太子」もランチに付いていただけに、よりそう感じました。
対馬のどぐろとイカ活き造り 博多 魚蔵
福岡市博多区博多駅東2-1-1 都ホテル 博多 2F
2019-10-18
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

西海:常連客に愛されているお店 

通りすがりに鄙びた風情のお店だと眺めていたのですが、ランチ案内もなく入りづらい雰囲気で躊躇しかけ・・
でも、たまたま入店される方がいらして、思わず一緒に入っちゃいました。(^^;)

ランチの仕組みもわからずにいましたら、常連の方が教えて下さいました。m(__)m
お惣菜がいくつかカウンターに並べられているので、好きな品を取る。ただ残すと叱られるので頂ける分だけ。
ご飯やお茶は自分で入れる。と言うのがルールだそう。
私以外は全て常連客の方々で、お話しを聞いていましたら女将さんは何と88歳だそう。
お元気でキビキビされているので、その年齢には見えません。

◆こんな感じで。「鯵の南蛮漬け」「がめ煮」「胡瓜サラダ」「ソーセージ」「カボチャの煮物」
どれもお味が良く浸みていて、お味付けも好み。

◆メイン・お惣菜・ご飯・お味噌汁などで800円(税込)。9月末までは700円だったとか。

◆メインは日替わりのようで、この日は「牛肉炒め」。思ったより牛肉の質も良く柔らかい品でした。
お味付けは市販のタレのような。

◆ご飯は「お赤飯」と「白ご飯」がありましたので、両方頂きました。
◆お味噌汁には、賽の目に切ったお豆腐入り。

常連客ばかりなのは、女将さんを慕う方がそれだけ多いのでしょうね。
お洒落なお店や高級店もいいですが、こういうお店も貴重ですね。
2019-10-15
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

漁師料理 喜水 :品数豊富で愉しめるランチ・・ 

早良区小田部、202号線沿いにある和食店。
老舗ですがこれまで気がつかず、知人に教えて頂き伺いました。
外観は立派な構え。

個室に案内されましたので、落ち着いて頂けます。

お料理価格は税込ですが、お会計時にサービス料10%加算されます。
◆おまかせ握り寿司定食(1650円)・・・小鉢・寿司(にぎり七貫・細巻き二貫)・天ぷら(四品)・茶碗蒸し・椀物・デザートなど。

*にぎり・・「サーモン」「鮪」「かます」「海老」「烏賊」「カンパチ」「鯛」細巻きの中は玉子焼きだとか。
ネタ・シャリともに普通という感想。

*天ぷらは揚げたてで「海老」「茄子」「カボチャ」「しし唐」など。

*茶碗蒸し・鰤大根・お味噌汁・デザート。

◆喜水定食(1650円)・・・小鉢・お造り・魚の荒炊き・てんぷら盛り合わせ・茶碗蒸し・ごはん・椀物・デザートなど。

*あら炊き・・身も程良くありますし、甘辛いお味付けも好み。

*天ぷらも揚げたてで、美味しい。

*お刺身4種は小さめの切り身

*「サーモン」「カマス炙り」「カンパチ」「鯛」

*茶碗蒸し・・薄味で「銀杏」「椎茸」などが入っています。
*胡瓜のお漬物
*お味噌汁は普通。

*ご飯の質は普通ですが、和食店ですのでできればもう少し美味しい品だといいですね。
*デザート。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

内容からすると1650円という価格はお得感がありますけれど、
せめてランチ時はサービス料無しだといいのですが・・
サービスと言ってもお料理を運んでこられただけですしね。(^^;)

漁師料理 喜水
092-831-3316
福岡市早良区小田部1-18-7
2019-10-06
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

糸島会席風音:丁寧に作られた創作和食  

知人に教えて頂き、ドライブがてら伺いました。
お店の前に箱島神社がありますので、わかりやすいかと。

店内はテーブル席とカウンター席があります。
ご主人はホテルの和食店などで長年修行された方だそう。
まだお若い奥様と5ヶ月(だったような)の可愛い赤ちゃんが出迎えて下さいました。
赤ちゃんは人見知りせず、あやすと良く笑いとても可愛いらしい。

ランチメニューは数種類ありますが、
事前に主人は「手毬御膳(2500円:外税)」、私は「ちらし寿司御膳(1800円:外税)」をお願いしました。
◆手毬御膳(2500円:外税)の前菜。
最初に「蕎麦パスタ」が出されます。大根おろしやなめこがかけられ、さっぱりした味わい。

◆前菜・・盛り付けが美しい。どれも丁寧に作られているのがわかります。

*上:サガリステーキとお豆腐、茄子など。
下:鶏肉の治部煮。お出しもいい味わいで、お行儀が悪いのですが主人飲み干しておりました。
他にも無花果の甘露煮、カボチャの煮物など盛り沢山。

◆2段重ねのお重に中に「手鞠鮨」が盛られ、茶碗蒸しと茶蕎麦が付きます。

*手鞠鮨・・鯵・黄アラ・伊佐木・ヒラス。酢飯は酢が軽め。

*ヒラスの腹身・甘酢に着けた玉葱・玉子焼き・紫蘇?

・・・・・・・・・・・
◆「ちらし寿司御膳(1800円:外税)」の前菜

*蕎麦パスタ・鶏肉の治部煮・無花果の甘露煮・カボチャの煮物。
*揚げた茄子や茸、下には梅ソースが添えられています。
どれも丁寧に作られていて、美味しいですね。

◆小さめの重箱が素敵、中に「ちらし鮨」が入っています。
茶碗蒸し、茶そば添え

*蓋を取ると・・

◆ちらし寿司・・鯵・伊佐木・ヒラス・玉子焼きが盛られ、ご飯は私に丁度いい程度。

ここから共通。
◆茶そばはツユもいい味わい。
◆茶碗蒸しは少し濃いめのお味付けで「しめじ」などが入っていました。

◆デザートとコーヒ。珈琲はホットも選べます。

*デザートは「カスタードの自家製漉し餡添え」。カスタードと漉し餡という和と洋の組み合わせですけれど、
意外に合います。

前菜は丁寧に作られ、お魚も新鮮で美味しく頂きました。
糸島周辺をよく知らない私が言うのもなんですが、
この辺りで落ち着いて和食を頂きたいときには重宝なお店じゃないかしら。

糸島会席風音
092-324-5433
糸島市二丈浜窪515-10
2019-09-28
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

博多せいろ屋 寿々杏:フワフワ食感の蒸しハンバーグ 

櫛田神社近くにある古民家を改装したお店。
通りすがりに見つけ、雰囲気が良さそうでしたので利用してみました。

店内はテーブル席とカウンター席が有り、一人ですのでカウンター席に案内されました。
目の前に狭いですけれどお庭があるのは眺めがいいこと。

◆ランチメニュー

◆ランチメニュー

蒸しあげ黒豚ハンバーグランチ(1000円:税込)を選びました。
◆博多水炊きスープ・・水炊きスープはあまり好まないのですけれど、これは鶏特有の癖のある味わいではなく
少し甘味も感じ好みのテイスト。

◆サラダ・・彩りがキレイ。多分業務用だと思いますけれど「ポテトサラダ」が添えられています。

◆黒豚ハンバーグ・・せいろ蒸しで出されます。
下にはキャベツや白菜がタップリ、インゲンも。
蒸してあるので、お野菜は柔らかい。

*ハンバーグは手作り感があり、フワフワ食感。
ただ、豚肉の味わいが強いので、好みが分かれるかも知れません。
*タレは2種類。左側の生姜ダレが好み。

◆ご飯と香の物。ご飯の質は普通で、おかわり可能。

通常はコーヒーのみですが、水曜日は女性には「デザート」が付きます。
◆お抹茶風味のケーキ・・甘さ控えめで、甘いのものが苦手な私も頂けました。
◆珈琲は「温・冷」を選べましたので「アイスコーヒー」を。
食後に珈琲が付くのは嬉しい。

この内容で1000円(税込)はお得感がありましたし、
サラダや蒸し野菜もたっぷりでヘルシーなのもいいですね。

博多せいろ屋 寿々杏
050-5596-7814
福岡市博多区冷泉町6-29
2019-09-26
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

いっぽ:お魚と地鶏を頂ける居酒屋でランチ・・ 

天神北にある居酒屋。焼き鳥や魚介を頂けるようです。
以前は焼肉屋さんだったような・・
氏とのランチメニューを見て利用しました。
店内はカウンター席とテーブル席があり、奥行きがあります。

◆ランチメニュー

チキン南蛮と迷ったのですが、煮魚にしました。(^^;)
2~3分で提供されビックリ。(≧◇≦)
◆日替わり煮魚定食(この日は鰈:800円:税込)。

◆鰈は2尾、甘辛いお味付けで見た目よりお味が浸みています。
上に生姜が盛られていますが、
生姜は薄くスライスして煮込むときに入れた方が美味しくなるように思いますけれど。

◆ご飯はツヤがあり美味しい。
◆浅利のお味噌汁。
◆お豆腐シュウマイ・・お味は悪くないですが、温めて出されるといいですね。

お料理の提供も早いですし、無料でご飯を大盛りにできますのでビジネスランチとしてはいいかもしれません。

いっぽ
050-5597-4406
福岡市中央区天神3-2-4 天神横丁ビル 1F
2019-08-18
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

でん:お手頃ボリュームランチ・・ 

お隣のハンバーグ店に再訪したかったのですが、待ち人多数で諦めこちらを利用しました。
こちらも人気のようで、すでにいくつかのランチは消されています。
店内はカウンター席とテーブル席がありますがほぼ満席で、ご年配のご夫婦が忙しそうにされていました。
たまたま帰る方々がいらっしゃり、カウンター席へと。

◆若鶏の唐揚げ(650円:税込)

*プレートには「唐揚げ」「サラダ」「冷や奴」など。

*唐揚げはお醤油の下味がよく浸みていて、揚げたてですので美味しい。

*男女でお茶碗の大きさが違いました。ご飯の質は普通。
*お味噌汁は若布とお揚げ入り。
*冷や奴
*お野菜がたっぷり添えられています。

ビジネスランチとしては内容的に十分ですし、税込650円ですのでリーマンさん達で賑わっていましたよ。

でん
092-733-8433
福岡市中央区舞鶴1-9-13
2019-08-16
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)

饂飩 おおた :鰹出汁で味わう平麺・・ 

地下鉄赤坂駅(福岡市)から昭和通りに向かい大正通り交差点角にある「うどん」店。
お通しの数が多い人気の居酒屋「食堂えぶりお」さんの系列店。

店内は通路を挟み両側にカウンター席があります。

ゴボウ天を頂くことはすぐに決めたのですけれど「明太子ご飯」が付くランチセットに使用か迷いながら・・
私には多いかもと「ゴボウ天うどん(480円:税込)」だけにしました。
◆ゴボウ天うどん(480円)・・10数分で提供されます。
お出しは鰹風味でお味付けは少し濃いめ。
ゴボウ天はスライスして揚げてあります。

◆麺は平麺で柔らかめで、他店に比べると少なく感じました。

◆メニュー

◆メニュー

◆ランチセットとのメニュー

麺が少なく私でも」完食できる量でしたので、男性はご飯をセットにされた方がいいかもしれません。

饂飩 おおた
福岡市中央区大名2-11-16
2019-08-15
福岡グルメ:ランチ(日本料理*和食) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆福岡のグルメブログです。
美味しい食材が豊富な博多グルメを食べ歩きしています。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりませんし、
全て自腹での食べ歩きです。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター