東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

 寿司栄: 素晴らしい食材に魅了された夜 

以前から気になっていた鮨店。はるばる千葉まで行って参りました。
千葉駅からタクシー利用が便利、行きは1000円弱、帰りはなぜか1400円。(^^;)

店内は広いカウンター席と個室がいくつかあるようです。

◆まずは「ビール」

◆モズク酢・・モズクは2種類入り、ふとモズクは「平目」と同じ程度の価格がする高級品だそう。
サッパリした優しい味わいで、2種のモズクの食感もいい品。

◆香箱蟹(能登)・・蟹好きですので思わず「ワァ・・」。時期ではないのでですが、試験的操業で仕入れられたとか。

*蟹身も甘く、味噌・卵ともにタップリで美味しいこと。

◆牡蠣(石川)・・立派な牡蠣。4つに切って出されますが、下に行くほど濃厚な旨みが増します。
これは美味しい。

*ご主人が掌に載せてくださいましたので、大きさがわかりますかしら。

◆海ぶどう・・軽く塩味がありますので、そのままで。

◆鬼海老

◆鬼海老は雲丹ソースや泡にした醤油と共に。

*よく混ぜて海老を頂いた後には、シャリを入れてまた愉しみます。

◆のどぐろ(輪島沖)・・脂がのり美味。

◆黒むつ・・また違った旨みがありますけれど、赤ムツの方が好きかも。

◆ミル貝、塩とダイダイの泡で・・スライスしてありますので食べやすいですし、噛むと特有の旨みが。
ダイダイの風味も合います。

◆薄くスライスした鮑の上に、雲丹とキャビアをのせて・・豪華食材の組み合わせ。
端から巻いて頂きますが、それぞれの旨みが口に広がり美味しい。

◆白エビ(富山)・赤雲丹・バフンウニ・・これも豪華で好きなもの尽くし。
雲丹の食べ比べなんて入れしいこと。バフンウニは甘く赤雲丹は独特の旨み。
白エビもネットリ感もよく甘い。

◆石垣貝(筑前高田)・・噛みごたえが面白い。

◆シマアジ・・1週間寝かせた品。熟成度がいいこと。

◆自家製蟹味噌・・2時間練られたそうですが、蟹味噌の旨みが口に広がり絶品。もっと頂きたいくらい。

◆新子(静岡)・・7枚重ね。優しい〆加減。

◆シブダイ(天草)・・噛むと甘いですね。

◆鰯・・生姜が効いて美味しい。

◆のどぐろの煮付・・甘めの味わいで、のどぐろが美味しい。

◆中トロ・・トロケマス。

◆コハダ

◆赤貝(能登)

◆鮪の砂ズリ・・軽く炙って出されます。初めて口にしましたが、脂がのっていて好み。

◆赤身はづけで・・づけ醤油が少し辛いかも。でも赤身の味わいはいいですね。

◆白海老・・軽く炙り味噌のせ。大きく、甘味と味噌の旨みが相まって秀逸。

◆蟹のお味噌汁・・蟹がタップリ入っているので旨みがでて美味しいこと。

私はここでギブアップ。
主人に穴子を出されたのですが、お写真撮り忘れました。m(__)m
◆玉子焼き

◆干瓢巻

◆ほうづきトマト

ツマミが素晴らしかったですね。
これだけの食材を頂け千葉まで行った甲斐がありました。
近ければ季節ごとに伺いたいですが、遠いのが残念。

寿司栄
043-224-1683
千葉市中央区道場北2-3-8
2018-09-03
千葉グルメ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター