東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡市内メインの高級店からB級までのグルメ日記です。東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

やまぐち:イタリアンと和の融合 

京都のイタリアンでは一番美味しいと思えるお店ですので、今回も楽しみに伺いました。
完全紹介制ですので一見は不可。
カウンター6席と2階に個室があります。カウンター席で・・

◆泡を・・

ディナーは27000円~(税・サ別)
◆カウンターに置かれた「トリュフ」

◆ピオーネ・フォアグラのテリーヌなどの白和え
サマートリュフは厚めにカットしてタップリ盛られています。
全体を混ぜ合わせて頂くと美味しい。

◆パン・・冷めないよう袋入り

◆キャビア、生雲丹、ジュンサイ、干し貝柱のジュレ、下には玉蜀黍のブラマンジェ

*軽く混ぜ合わせて頂きますが、雲丹などの味わいがいいこと。

◆鰻とマンゴのクレープ

*以前も頂いたことがありますけれど「鰻」がタップリで美味しい。
上にはタップリ削った「カチョカバロ」が。

*巻くとこんな感じ・・

◆冷製パスタ、盛り付け途中・・

◆フルーツトマトのカッペリーニ、あかざ海老(駿河湾)のせ。
これ美味しい。
カッペリーニの味わいもいいですが、あかざ海老の身(昆布〆)も甘く頭部分の味噌を混ぜて頂くと秀逸。

◆定番の「からすみ」が登場。

*パスタにタップリかけて頂きます、幸せ。^^

◆白ワインを

◆黒トリュフ(オーストラリア産)に覆われた品は・・

*立派な「鮑」・・柔らかくてとても美味しい。
添えられた「新玉葱」のリゾットもいい味わい。

◆丁寧に時間をかけて焼かれたフィレステーキ(80g)・・塩・山葵・返し醤油と牛すじなどで作ったタレで頂きます。

*こちらのステーキは主人が絶賛していたのですが、今回は少し硬めでこれまでとは違うと。
美味しいですけれど、前回までの方が好みでした。

*アップで・・

◆のどぐろとあさかぜ胡瓜の温パスタ。

*焼いたのどぐろがたっぷり入りいい味わいですが、私はお腹がいっぱいで少し頂いて主人へ。

◆青梅の葛よせ、青梅のジャム添え

◆珈琲

こちらの「パスタ」や「鮑」はいつもながら美味しいですね。
ご主人はあまり話されませんけれど、たまにボソッとジョークを。
女性スタッフさんの接客はいつもながら感じがよくて・・
また伺いたいと思います。

二人でコース×2、泡×2、白ワイン1頂いて、71,000円。

やまぐち
075-708-7183
京都市東山区祇園町南側570-185
2019-07-17
京都グルメ イタリアン | トラックバック(-) | コメント(-)

Daniel’s ALBA :お手頃「昼呑みセット」 

宿泊したホテル1階にあるイタリアン。

ホテルにチェックインし、エレベーターに乗る前に「昼呑みセット」の案内を発見。
荷物をお部屋に置いてから、カフェ代わりに利用しました。

◆昼呑みセット(500円)・・ビール1杯またはワイン1杯とつまみ。

◆ビールはラガー。

◆こんな感じで呑みました。

◆おつまみは「かぼちゃの煮物」と「ガーリックが効いたブロッコリー」
どちらも少量ですけれど、カボチャはよくお味がしみていますし、ブロッコリーも少しピリ辛で美味しい。

夕食前に軽く呑むには最適でした。

Daniel’s ALBA
050-5868-9919
京都市中京区御池通高倉角 ホテルギルモンド 1F
2018-07-12
京都グルメ イタリアン | トラックバック(-) | コメント(-)

やまぐち:和とイタリアン、最上の融合。 

京都・祇園にある「完全紹介制」のイタリアン。
以前から伺いたかったのですが、
あるお店でご紹介を頂き、念願叶って訪問となりました。

町屋を改装されていますので、外観からはイタリアンとは思えないですね。
店内は洒落た雰囲気で、カウンター6席 個室小4席 個室大8席。
予約時にカウンター席でお願いしました。

◆まずは「スプマンテ」を。


ディナータイム ¥25,000、訪問時期により価格は異なるようです。

◆生ウニ、カリフラワーのブラマンジェ。

*キレイな雲丹で見るからに美味しそう~
口に入れると甘み旨みを感じてとても美味しい。

◆パン・・冷めないように袋に入っています。

◆唐津「黒無花果」、白トリュフがけ。
トリュフの中でも最高級品の「白トリュフ」が目の前でタップリ盛られ、、贅沢なこと。

*無花果はキャラメリゼされ、中には「フォアグラ」が。白みそもいいアクセントに。

◆キャビア、白アマダイのカルパッチョ、スライスした蕪、蕪のピューレ。
キャビア、山盛り。

*蕪の上に「白アマダイ」「蕪のピューレ」「たっぷりのキャビア」をのせていただきます。

*これを数枚頂くのですから、またまた贅沢。

◆白ワイン。

◆子持ち鮎(琵琶湖)と焼きナスの冷たいソース。

*子持ち鮎は時間をかけて丁寧に焼かれていましたので、骨まで頂けます。
添え野菜の名称忘れたのですが、バルサミコソースのドレッシングが美味しくて。

*焼きナスの冷たいソース・・中にはパスタと同じ粉で作った「素麺」が。
単品で頂いてもいいですし、鮎のソースとして頂いても合います。

◆冷たいパスタ:渡り蟹と菊の花のパスタ、トマトソースで。

*渡り蟹&菊の花びらもタップリ。色は付いていませんがトマトソースの味わいもしっかり感じ、
主人は「とても美味しい・・」と。

◆カラスミは好きなだけ・・またまたまた贅沢な・・

*こんな感じでかけました。このあと「カラスミ」を追加しましたけれどね。(^^;)

◆赤ワインとジンジャーエール。

◆蒸し蝦夷鮑と松茸のリゾット。

*蝦夷鮑が大きいこと。柔らかく蒸されとても美味しい。

*肝も付いています。小さく切りリゾットに混ぜていただくと、美味しいですよ。

*松茸のリゾットは、ほぼ松茸。松茸の中に少しリゾットが入っている感じかしら。
なんて贅沢なリゾットでしょう。

◆近江牛フィレ肉の炭火焼、お醤油とフォンドボーのソースで。

*じっくり時間をかけて焼かれているので、お肉の旨みを感じます。
最近頂いたステーキの中では、一番美味しい。

お肉にお味付はされていず「塩」「山葵」「お醤油とフォンドボーのソース」で頂きますが、
シンプルに山葵が好みでした。

◆冷たい炒り番茶。

◆洋梨の葛餅。練乳白あん入り・・時間をかけて丁寧に作られていましたね。
最後に「和」を感じるお菓子もいいものです。

◆珈琲と茶菓子。

最初から最後まで素晴らしかったですね。
高級食材も堪能させていただきましたが、それぞれの調理に技を感じる美味しい品々でした。
サービスもフレンドリーで感じがよく、とても満足度の高いいいお店でした。

やまぐち
075-708-7183
京都市東山区祇園町南側570-185
2017-11-13
京都グルメ イタリアン | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆福岡のグルメブログです。
美味しい食材が豊富な博多グルメを食べ歩きしています。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりませんし、
全て自腹での食べ歩きです。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター