東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

MAVO (マヴォ):ティーペアリング初体験 

八坂神社近くのフレンチ。
ネットの評価がよかったので訪問しました。
店内はお洒落で音付いた雰囲気。
16時からと19時からのディナー2部制で、ランチ営業はされていません。

◆テーブルには「お箸」が用意され、食後持ち帰ることができます。
お箸を拭くウエットティッシュまで入るというお気遣いのよさ。

お料理はお任せで 15000円、それにティーぺアリング(4000円)を付けました。
それぞれ外税で、サービス料10%加算されます。
お茶と両方メモを取るのが難しく、いくつか失念しました。m(__)m
◆「オリーブ」と「何とかのキャラメル」

◆最初に「お抹茶」が出されます。

◆ほうじ茶スパークリング・・少し酸味を感じる味わいですが、スパークリングですのでスッキリ。

◆始まりは卵 シグネイチャー

*中はリンゴの甘露煮だったような。

◆八女・和紅茶・・優しい味わい。

◆フォアグラのマカロン・・これ美味しい。
フォアグラとマカロンの甘みが合いますし、ほんのり効かせた「わさび」がいいアクセントに。

◆宇治・抹茶入り玄米茶・・玄米茶は味わいが軽く美味しい。

◆パン

◆稚鮎とジェノベーゼカッペリーニ
最初に葉が盛られている状態でまず撮影。

*稚鮎は粉チーズなどをまぶして焼かれていますが、鮎の旨みを邪魔せず美味。
ジェノベーゼのカッペリーニは少し薄味に感じました。

◆ほうじ茶をベースにバラの花やハイビスカス等をブレンドしたお茶・・色がキレイ。
次のオマールに合わせたお茶だそう。

◆オマール、雲丹、牛コンソメジュレ

*コンソメジュレは丁寧に作られ濃厚な味わいですけれど、オマールと共に頂くと美味しい。
雲丹も甘いこと。

◆かぶせ茶・・お茶の旨みを感じて美味しい、出された中では一番好みの味わい。

◆カサゴ 焼きヤングコーン添え ブールブランソースで

◆何だったかしら。(^^;)

◆盛り付ける前の「鴨」を見せてくださいました。

◆鴨肉・・焼き加減が絶妙で、最近口にした鴨の中では一番おいしかったそう。

◆私は事前に「鴨」が苦手だとお伝えしていたのですが、その代わりに出されたのは「鮑」
なんと嬉しい・・

*中には大きく厚みのある立派な鮑が入っていて、柔らかくとても美味しい。
昆布の旨みも出ていて和風テイストの味わい。

◆デザート・・

◆温かいお茶

◆デザート2・・マンゴシャーベットと数種類のチョコ。
シャーベットは好きですが、甘党ではないのでこれだけのチョコは頂けず、申し訳ないのですが残しました。

◆ミニャルディーズ

◆メニュー

◆メニュー

◆ドリンクメニュー

創作性あるお料理ですので、愉しみながら美味しく頂きました。
八女ご出身のお茶利き師の女性の方や、
マダムのサービスも心地いいですね。
雰囲気もいいので記念日などにも最適だと思います。

お任せ15000円×2、ティーペアリング4000円×2、サービス料3800円、税3344円=45144円。

MAVO (マヴォ)
075-708-6988
京都市東山区下河原通上弁天町440 舞風館 1F
2018-07-14
京都グルメ・フレンチ | トラックバック(-) | コメント(-)

モトイ:素敵空間で、上質なフレンチを。 

古民家(というにはかなり立派ですが)を改装した、京都ならではの雰囲気のフレンチ。
天井が高く開放感ある内観もとてもステキ。
*ドレスコードあり。

ランチメニュー、「Collection de Saison ¥7,830」
お会計時にサービス料10%加算されます。

◆まずは「シャンパン(1300円)」

◆ヘーゼルナッツのキャラメリゼ。

◆栗のスープ、いくらとお米。

*栗の味わいがよく、イクラと共に頂くとお味の変化があり楽しめます。

◆パンと岩海苔をまとったバター。
パンは「ハード」「ソフト」から選択できましたので「ソフトタイプ」を。追加可能。

◆白(1730円)を。

◆フォアグラナチュール、秋の仕立てで。

*「栗」や「菊の花びら」の演出も秋らしくていいですね。

*フォアグラは滑らかな食感で、とても美味しい。

◆ホタテのポアレ、南瓜のムースリーヌ。

*肉厚の帆立自体も美味しいですが、エスプーマで泡立てた「お出汁」など「和」の要素も感じます。

◆鰆のナージュ。

*目の前で「お魚の出汁と大原トマトのスープ」がかけられ・・

*秋の「鰆」は元々美味しいのですが、出汁の味わいが加わり、より旨みを感じる品に。

◆赤(1410円)を。

◆炭火で焼きあげたチンタネーゼ タップリのお野菜と共に。

*チンタネーゼは「幻の豚」と言われるそうですが、甘みを感じて美味しい。

◆ミネラルウオーター「金山(860円)」

◆食後のドリンクは数種類から・・

◆フレッシュミルクのアイスクリーム  ハワイの「黒塩」添え。
まろやかな味わいのアイスで、食後に最適。

◆ヌガークラッセ・・これもいい味わい。

◆梨のミルフィーユ
キャラメリゼした梨やビスタチオアイス、チーズクリームなどが盛合され、どれも甘さ控えめで美味しい。

◆ミニャルディーズ

*「キンモクセイのゼリー」「松風」「カヌレ」「紅茶のマカロン」など。

◆珈琲・・コクがあり美味しい。

素敵な空間での中、上質なお料理を頂きました。
サービスも丁寧で心地いいですし、いいお店でした。

モトイ
075-231-0709
京都市中京区富小路通二条下ル俵屋町186
2017-11-11
京都グルメ・フレンチ | トラックバック(-) | コメント(-)

リョウリヤ ステファン パンテル:和の要素も取り入れた創作京フレンチ。 

地下鉄「丸太町」駅から徒歩5分程度、御所の近くにあるフレンチ。
お店の手前にはお庭があり素敵な佇まい。
オーナーはフランス人のステファン パンテル氏、流暢な日本語を話されます。

店内はオープンキッチンのカウンター席とテーブル席。
カウンター席を利用しましたので、調理の様子を見れ愉しめました。

WINEはグラスで頂きました。価格は税込。
シャンパン・白・赤などと希望をお伝えすると、それぞれ数本用意されていて丁寧に説明してくださいます。
◆まずはシャンパン、、2種類から選べますので「ロゼ」タイプ(1980円)を。

◆ビール(800円)
◆白ワイン・左から2番目(1890円)

◆赤ワイン・右端(1180円)

ランチコースは1種類(5400円:税込)
◆アミューズ・・蛤・ムール貝・魚介の出汁のフラン。

*オリーブオイルがかけられ、ほんのり柑橘系の味わいも・・
*魚介の出汁を使用した「フラン(洋風茶碗蒸し)」もいい味わい。

◆白いんげんのスープ・・量もタップリで、2種の層に分かれたビジュアルも美しい。

*白いんげんはこれまであまり美味しいと思ったことがなかったのですが、
エスプーマを使用された調理が合うのか美味しく思えました。
*上にはチョリソーが。チョリソーの辛味がいいアクセントに。
*下の層にはカットしたモンゴイカと墨を使用したソース、これもいいお味。

◆ブイヤベースソースを使用したお料理。
中にはトマトに海老をのせオーブンで焼いた品と、ブイヤベースソースで煮こんだジャガイモがありこれも美味しい。
モロッコインゲン・水菜などが添えられています。

◆お魚料理・・信州サーモンのグリル、茄子の田楽風、万願寺唐辛子添え。

*サーモンもいいお味ですが、レア感が残る絶妙の焼き上がり。
*茄子には「ヘーゼルナッツ」を使用した味噌が塗られ田楽風に。この味噌、秀逸。

◆お肉料理・・亀岡の豚肉を使用したお料理。
えんどう豆のピューレ、泡はクコリスのブランムース。
小さくちぎった「焼海苔」が添えられているのは面白い。

*豚肉は「ロース」とリブロースは塩をまぶし3~4時間焼かれたそう。
ロースは柔らかいですね。リブロースは主人に手伝ってもらいましたが、豚肉の旨みを感じ美味しいそう。

◆デザート・・ビスタチオのジェラートと赤ワインのムース、スパイスを使用したパンデピース添え。

*下には赤ワインに漬けこんだチェリーが入っています、これ美味しい。

◆珈琲&ミニャルディーズ

5400円でこの内容は満足感がありました。
和の要素も上手に取り入れられ、福岡では味わえないお料理でした。
WINEは詳しくないので価格的なことはわかりませんが、お料理は高CPですね。
ランチが美味しかったので、機会があればディナーで再訪したいと思います。

リョウリヤ ステファン パンテル
075-204-4311
京都市中京区柳馬場通丸太町下ル四丁目182
2017-07-06
京都グルメ・フレンチ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター