東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡市内メインの高級店からB級までのグルメ日記です。東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

TTOAHISU (トアヒス):ここでしか頂けない和フレンチ・・ 

2019年福岡ミシュランガイドで「一つ星」を獲得されました、おめでとうございます。,゚.:。+゚
オープン当初から通わせていたいていますので嬉しいですね。^^

この日は台風の影響で大雨の中、親しくさせて頂いてる広島レビュアー様お二人と伺いました。

広島でFさまに最高級ワインをご馳走になりました。
あのような高い品は無理ですので、心ばかりですが用意させて頂きました。
シャンパーニュはわかりませんので、ソムリエ君にお任せです。
◆NVブリュット マグナム ドゥラモット

*すっきりした飲み口で私は好みでしたけれど、お二人のお口に合いましたかしら。(^^;)

ディナーは12000円(税別)
こちらも詳細なメニューをF様がご連絡して下さいましたので、そのままコピペさせて頂きました。
お世話になりぱなしですみません。m(__)m
◆スペシャリテ「Wコンソメ」・・鴨や豚足、焼きアゴなどのスープ、熱々です。

◆ボタン海老に北海道産トウモロコシ 甲殻類のジュレ

*下には「ぼたん海老」、上には「甘海老にオマール海老、ボタン海老のお出汁から作ったジュレ」という海老尽くし。
海老好きには嬉しい海老の旨みを堪能できる品。軽く焦がしたトウモロシの香ばしさ甘さが合います。

◆真鯛のタルタル・・鯛茶をイメージされたそうな。シェフのこういう発想は面白い。

*真鯛の他、賽の目に切った胡瓜、切り干し大根、さらにはお茶漬け用のあられ、中央にはうずらの玉子。
全て混ぜ合わせて頂きますが、意外と思える組み合わせの食材がそれぞれの旨みを引き立てていてビックリ。

◆千葉県産太刀魚のフリット・・フリットにした太刀魚の上には、玉葱のコンフィチュール、羊のチーズ、そしてパセリのフリット。
玉葱の甘さ、チーズのコクが淡泊な太刀魚とよく合い、美味しい。

◆のどぐろのトムヤムクン・・私も気に入りましたが、主人が絶賛しました。
香ばしく焼いた「喉黒」が美味しいのは勿論、適度な辛味のスープがとてもいい味わい。

◆黒毛和牛と黒豚のパテを赤ワインソースで。上にはタップリの黒トリュフ。

*肉汁が逃げないように下には自家製パンが敷かれています。
高級な粗挽きハンバーグという印象ですけれど、
お肉の旨みポテトとチーズの旨み、赤ワインソースの旨みが見事なハーモニーに。

◆自家製パン、なんとかチーズのせ・・いつも主人がパンを食べたいと言っているとレビューに書いていましたら
用意して下さったようです。(^^;)
これ美味しいので、毎回頂きたいような。

◆長州和牛のシャトーブリアンに広東パクチーのソテー

*断面が美しい・・
お肉が柔らかく美味しいのは勿論のこと、いつもながらシェフの火入れが完璧で絶品。
ビーツとエシャロット、フォンドボーをベースにしたソースもいい味わい。

◆胡麻のアイスにフランボワーズと桃のコンポートのピュレ

◆マスカルポーネにクリームチーズのムース、パルミジャーノレッジャーノ
主人が大好きな品で、今回お二人にも召し上がって頂きたいと、シェフにご無理を申しました。m(__)m
作られたのは2年ぶりだそうですが、これも定番にして頂きたいくらい美味しい。

◆ガトーショコラバローラ

この後コーヒーを頂きましたが、お写真撮りわすれました。

これまでのフレンチとは異なるシェフ独特の感性で作られるお料理ですので、
フレンチに造詣の深いGさまのお口に合うか心配でしたけれど、満足して頂けたようで嬉しかったですね。

今回は色々とシェフやソムリエ君にご無理をお願いしたのですが、期待以上の内容でとても美味しく感謝しております。。
主人があんなに嬉しそうな表情で愉しそうにしていたのは、久しぶりでした。
ご一緒して下さいましたお二人のお陰で、こちらでもとても愉しいお時間を過ごさせて頂きありがとうございました。
再会を愉しみにしております。

TTOAHISU (トアヒス)
092-733-4600
福岡市中央区大手門3-12-12 BLDG64 1F
2019-08-12
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

Sola :個性溢れる完成度の高いお料理 

パリでミシュラン一ツ星を獲得された吉武広樹氏が、2018年12月博多港ベイサイドプレイスにオープンされたお店。
オープン前から話題でしたが、ようやく伺えました。
場所が不便ですね。最寄り駅からも遠いので、主人をギセイにするつもりで車で参りました。(^^;)

フレンチですので一応ドレスアップして伺いましたが、店内は思ったよりカジュアルな雰囲気。
でも他のお客様方もドレスアップされた方が殆ど。
広い空間にカウンター席とテーブル席があり、この日は25名程度のゲストがいらっしゃいました。
シェフは佐賀県ご出身で、店頭のお写真よりも素敵な方。中村獅童さんに似ていらっしゃるような・・

◆ディナーは1万円コースのみ。価格は全て(税・サ10%別)。
訪問時のメニュー・・メニューには食材のみシルされていますので、何が出されるかワクワクします。

◆ビール(ハイネケン:700円)、ノンアルコールビール(600円)

◆いくら
焼いた春巻きの皮の中にアボガドのムースを入れ、その上に「いくら」を盛り付けた品。
食感も面白く美味しい。

◆肴 Ate 3種類出されます。

*人参のタルト・・タルトはタルト生地で歯(T-T)ポテトで作られていて、中にはキャロットラペ、他にクリーム、卵黄など。
柔らかい食感でお味も好み。
*フォアグラフラン・・上には「ガストリックソース」と「蕎麦の実」が盛られ、ソースは濃厚な味わい。
*蒔で燻した蛸・・トマトパウダーがかけられていて、これぞ「Ate」。

◆オマール メロン

*上にはトマトのムース、中には賽の目程度にカットした「メロン」や「メロンのアイス」「オマール」が。
さっぱりした味わいで美味しい。

◆鰹 セロリ

*セロリのソースとワサビソースが添えられていますが、ワサビのピリッとがいいアクセントに。

*鰹自体もいい味わいですが、さらしたオニオンスライスとともに頂くとより美味しい。

◆パンは2種類出されましたが、どちらも好み。

◆イカ ズッキーニ・・上には削った生ハムがかけられています。

*モンゴイカは柔らかく噛むと甘みを感じ美味。

◆本日の鮮魚(アオナ)・・テーブルで「魚介のスープ」がかけられます。

*アオナはアオハタやキハタとも呼ばれます。
アオナ自体もいい味わいですけれど、スープとともに頂くと秀逸。

◆仔羊・・夏野菜添え、赤パプリカとトマトのソース、マスタード添え

*仔羊は得意で社内のですが、これはクセもなく私も頂けました。
ただ脂身は主人に食べてもらいましたけれど。(^^;)
主人によると「上質で美味しいお肉」とのこと。
夏野菜がどれも美味しいこと。

◆林檎・・ゴルゴンゾーラアイスと蜂蜜添え
*いわゆる「アップルパイ」ですが、ゴルゴンゾーラアイスや蜂蜜とともに頂くと美味しい。
ゴルゴンゾーラのテイストが林檎によく合います。

◆パッション・フルーツの「チョコレート流し」
私には甘いので主人へ・・

◆モカロン(Mocaron)・・メニューを見たときに「マカロン」の間違いかしらと思いましたよ。(^0^;)
最中の中に「ホワイトチョコレートのガナッシュ」が入り「ピンクは苺ジャム風」「薄茶色は甘夏(といわれたような)」が入っています。
甘さ控えめですし、主人が好みだと。

◆ドリンクメニュー・・食後のドリンクは別料金。

◆カフェラテ(500円)

◆和紅茶

1万円でこの内容は満足度が高いですし、どれもハズレなく美味しい。
お料理の提供テンポもいいですし、スタッフの方のサービスも丁寧でした。
後半シェフがテーブルを回られ、少しお話しさせて頂きましたが感じのいい方です。
退店時も丁寧にお見送りして下さいました。
また伺います。

Sola
092-409-0830
福岡市博多区築港本町13-6 ベイサイドプレイス博多 C館 2F
2019-07-02
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

トアヒス:ここでしか頂けない「和フレンチ」 

訪問回数:13回。
お気に入りのお店です。
フランス料理店と言うより和食店のような外観。

◆ビールとシャンパンを。

ディナーは10800円(税込)・サービス料なし。
◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・定番の「豚骨」「焼きあご」「鶏ミンチ」などに「鴨ガラ」を加えられたそう。
以前より色や味わいが若干濃くなったような気がします。

◆金目鯛やグリーンピースのお料理。

*金目鯛は6日間寝かせた品で円やかな旨みを感じます。
シグレットオイルやトマトとレモンジュレとともに頂くと爽やかテイスト。

◆伊佐木、新玉葱

*伊佐木は皮目を炙ってあり香ばしさが加味されていて美味しい。
新玉葱は刻むだけでなくピューレ状にしてソースにも使用されています。
かぼすなども加えてあり酸味を感じるソース。

◆鍋島・・和食に近い味わいのお料理ですので、日本酒が合います。

◆甘鯛のベニエ

*甘鯛はセモリナ粉を付けて揚げられ、上から粉末状にした「アオサ」がかけられています。
食感もよく甘鯛の旨みを感じ美味しい。
*添えられた「長茄子」「なんとかミカン」「松の実」などで作られたソースが美味しいこと。

◆マナ鰹、下にはリゾット・・トムヤンクンをイメージして作られたとか。
下には刻んだ筍など使用した少しピリ辛のソースが敷かれています。
ここまでの優しい味わいの和テイストと異なりお味変わりにもなり美味しい。

◆角煮風に煮込んだ豚バラ肉サンド

*「ジャガイモ」と「玉葱」を練り込んだパンの間に「角煮風に煮込んだ豚バラ肉」がサンドされ上にはキャベツのマリネ。
バラ肉は柔らかく、パンの食感もいいですね。

◆信州和牛と花山椒

*お肉はとても柔らかく、シェフの火入れは毎回完璧ですのでとても美味しい。
名残の花山椒を頂けたのも嬉しいですし、お肉とともに頂くと秀逸。
今年の「花山椒」はかなり高価だと耳にしていますが、ソレをタップリ盛られるキップのよさ。

*お肉の断面。100g程度ありますが、美味しいので完食しました。

◆パイナップルとパッションフルーツのアイス・・程良い甘味・酸味を感じ食後に最適。

◆チーズケーキ、ゴルゴンゾーラのドルチェのせ
こちらのチーズケーキは何度が頂いていますが、チーズの旨みが濃厚で好み。
ゴルゴンゾーラドルチェもいい味わい。

◆スペシャリテの「ガトーショコラ」

◆珈琲

シェフ独自の「和フレンチ」、堪能させて頂きました。
パンまではほぼ「和」の味わいですが、それがこちらの個性かと。
この日もお肉が素晴らしかったですね。
フランス料理という概念で頂くと「??」と感じられる方もいらっしゃるでしょう。
評価が分かれるかも知れませんが、私には美味しく思えます。
いつもながら接客もよく愉しいお時間を過ごさせて頂きました。
また伺います。
2019-06-02
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

トアヒス:進化し続ける「和フレンチ」 

訪問回数:12回。
好きなお店ですので愉しみに伺いました。
人気店ですので、この日も満席。

価格は税別。
◆主人は「ビール(800円)」から・・

◆私は「シャンパン(1500円)」を。

*すっきりした味わいの好みの品。

コースは1万円。
◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・いつもながらに美味しい、そして器が熱い。笑

◆パルミジャーノチーズと黒胡椒を練り込んだパンの上に、あめ色になるまで炒めた玉ねぎ、
フォアグラのテリーヌ、カリカリ食感のジャガイモの千切り。

*パンは見た目と違いソフトな食感。
玉ねぎの甘みとフォアグラがよく合いますが、ポテトの食感がいいアクセントになり
全て一緒に頂くと美味しい。

◆二人とも「鍋島」を追加。この日は「生酒」でしたが、まろやかな風味と奥深い味わいで美味しい。
こちらは和テイストですので、日本酒が合います。

◆真子鰈(二日寝かせた品)

*柚子や八朔、新玉ねぎのすりおろし、シグレットオイルなどを合わせたソースが良い味わいですこと。

◆鰆(8日寝かせた品)、揚げ茄子、生姜、上には花山葵

*鰆も厚みがあり美味しいですが、生姜の効いた揚げ茄子がいい味わい。

◆のどぐろ、海老と魚介のソースで。聖護院蕪、花ウド。
のどぐろは皮目をカリッと焼かれていて、脂がのり美味しい。
ソースは軽めのアメリケーヌのような印象で、魚介の旨みを感じます。

◆甘鯛のポアレ、豚肉と玉ねぎ、キノコ(マッ主ルームや原木椎茸など)で作ったスープで。
黒トリュフ、原木椎茸添え。

*甘鯛は皮目をカリッと焼かれ美味しいですが、鱗揚げならなお嬉しいかも。(^^;)
スープは豚肉が入ったいるようですが、キノコなどの旨みが強く癖のない味わい。

◆赤を。

◆熊本の赤牛(阿蘇王)。菊芋・蕗の薹・黒トリュフのソースで。
これまで赤牛は少し噛みごたえのあるイメージだったのですが
ナイフを入れた瞬間スーと切れ、とても柔らかいのに驚きました。
お尋ねすると「シャトーブリアン」にちかい部位だそうで納得ですね。
噛むと旨みを感じてとても美味しい。
シェフのお肉料理はいつも美味しいのですが、この日も火入れ・調理共に完璧でした。

◆あまおうのアイス・・食後に頂くアイスはさっぱりしていいですし、あまおうが甘くて。

◆下にはお米を牛乳で煮詰めた「ドゥルセ・デ・レチェ」、上につぶ餡と黒糖と桜のアイス。
ドゥルセ・デ・レチェは洋ですが、上は「和」ですね。
美味しいですが「つぶ餡」は苦手ですので、主人に食べてもらいました。

◆スペシャリテの「ガトーショコラ」

◆珈琲

◆ドリンクメニュー

いつもながらにサービスも心地よく、美味しく愉しいお時間でした。
お料理内容としてはフレンチというより創作和食に近い品もありましたけれど、
私たちの年代にはどれも美味しくて・・
次回も愉しみです。(´▽`)
2019-03-15
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

タダシ (TADASHI):お洒落空間で熟練技のお料理を・・ 

馴染みのお店で教えていただき伺いました。オープンは2017年12月11日。
地下鉄:赤坂駅(福岡県)から徒歩3分ほど、1階に「ナカラボ」さんが入るビルの5階。
エレベーターは2階からですので、ご注意ください。
訪問時はご年配のシェフと若い女性スタッフさんで営まれていました。
他の方々の口コミを拝見すると、
シェフは以前 他の場所でビストロを営まれたり他の業種もされたりとこの道37年のベテランだそう。。
店内はオープンキッチンでカウンター14席の洒落た空間
ワインはボトルの場合、セラーから好みの品を選ぶシステム。

◆メニュー

◆ドリンクメニュー

価格は全て外税。
◆ビール(500円)とハートランド(500円)を。この後ビールを追加。

◆お通し(お会計から逆算すると多分450円程度)・・揚げたニョッキ。

◆ナスのバルサミコマリネ(480円)・・少し酸味のあるバルサミコ酢が茄子に合います。

◆チキンの唐辛子まみれ(700円)

*手羽元を小さくカットしスパイス等をまぶして揚げ、唐辛子がかけられています。
でも辛味は強くなく、ツマミに最適。

◆アンチョビとモッツラレチーズのパスカード(980円)
カウンタ上に「パスカード」が並べられ気になっていたのですが、こういう風に出されるのですね。
*「パスカード」とはフランス中南部オーベルニュ地方の名物で、厚目のクレープを深めの丸い器のような形に焼きあげ
中に色々な具材を盛られた品。
アンチョビとチーズの味わいがよく、とても美味しい。

◆アンガス牛のsteakとフライドポテト(2800円)・・どちらもボリュームがあります。

*私は脂身の少ない部位を頂いたのですが、アンガス牛らしい適度な噛みごたえ。
ソースなどは使用されず、塩・胡椒と添えられたマスタードで頂きます。

◆ゴルゴンゾーラとキノコのリゾット(1200円)・・ゴルゴンゾーらの風味もよくキノコもタップリ。

◆シュークリーム(250円)、中はバニラアイス・・シュークリーム大好きの主人が頂きました。
中はアイスですがよろしいですかとの確認をされるのは親切ですね。

アラカルトですので、気軽に使えるお店だと思います。
こちらでは「パスカード」を是非・・
*ドリンクはビール×2、ハートランド×1、二人合計で9600円(税込)。
お支払いは現金のみ。

タダシ (TADASHI)
090-6637-1963
福岡市中央区赤坂1-11-1 プロスパー赤坂 5F
2019-03-01
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

Yorgo (ヨルゴ):個性を感じる創作ビストロ 

移転前のお店を利用した際美味しかったので、新店舗に伺いました。
地下鉄空港線44「赤坂駅」から徒歩7~8分でしょうか。
面白い造りで、通りに面した「餃子のラスベガス」を入り奥に進むとこちらがあります。同じオーナさんだそう。

店内はコの字型カウンターのみでオープンキッチン。以前ん尾店舗より広くなり席数も増えましたね。
◆フードメニュー

◆ドリンクメニュー

◆生ビール(650円)とスパークリング(700円)

◆パンは何度でもお代わり可能・・2種類とも美味しい。席料代わりなのかしら。
◆無花果バター(1個:300円)

*以前の店舗でも頂きましたが、無花果の甘みがいいアクセントになり美味しい。

◆白子様のフリット、紅芯大根とリンゴのソース

*白子様はクリーミーですし、紅芯大根とリンゴのソースが甘酸っぱくていい味わい。
ソースだけ頂いても美味しい。

◆ウニとジャガイモ(1000円)・・人気の品で以前いただいたときも美味しかったですね。
千切りにしたジャガイモを丁寧に炒め、雲丹とクリームソースで仕上げられています。
程よいシャキシャキ感も残る食感もよく、クリームソースもいい味わい。

◆スパークリングを追加

◆ナスと茗荷、ミートソースのチーズ焼き(900円)
茗荷の風味は殆ど感じませんけれど、茄子が美味しい。
ミートソースが濃厚ではなく軽い味わいですのでチーズと共に頂いても重くならないですね。

◆牛ヒレ肉のレアカツ(200g:3500円~)・・調理に50分度かかりますので、召し上がりたい方は最初にオーダーされることをお勧めします。揚げ時間は数分だそうですが、お肉の解凍に時間を要するそう。

*お肉は柔らかく美味しい。
タップリのソース(少しピリ辛感があり美味)を付けていただきます。

お料理は一品ずつ提供され、お料理間隔がかなりありますので少々待ちくたびれました。
待ち時間にお酒の呑み過ぎにも注意が必要ですが、
手持無沙汰でパンをお代わりしたせいもあり
待つ間にお腹が膨れてくるので最後のレアカツの時点では私はあまり頂けなくて。(^^;)
もう少し手際よく料理提供されると、より美味しく頂けるように思います。
ただお料理自体はどれも工夫があり美味しいですよ。

Yorgo (ヨルゴ)
092-725-8277
福岡市中央区大名1-2-15 GF SQUARE大名 1F 餃子のラスベガス
2018-11-25
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

メゾン ラフィット:独特の感性や美しさを感じる創作フレンチ 

訪問回数:多数。過去レビューを削除しましたので正確な回数は不明ですが、10回以上は訪問しているような。
以前は毎月のように伺っていたのですが、すっかりご無沙汰してしまい5年振り。
でもソムリエさん&シェフも覚えていて下さり嬉しいこと。
これまでは車利用でしたが、
今回は友人たちと博多駅から博多南行の新幹線(8分:300円)に乗りました。
これ意外に楽しい・・^^
博多南行きは1時間に1本ですし、博多南駅にはタクシーが少ないのでその点はご注意ください。

博多南駅からお店までは、タクシーで15分ほど。

この日は4名で貸し切り。

ディナーは、12000円と20000円。12000円で予約してくださったようです。
それに7種のワインペアリングを付けて・・
◆シャンパンから・・

◆焼きパプリカのエキス・・一人分に4~5個使用されているそうですが、パプリカの濃厚なエキスを感じ美味。

◆きのこのクッキー・・ボルチーニ茸と原木椎茸の香りがいいこと。

◆ナスタチュームの中には「和牛のリエット」

*和牛のリエットはレモンのコンフィチュール等が合わされ、ナスタチュームの葉と共に頂きます。

◆メヒカリのフリット

*一口サイズのメヒカリは独特の旨みを感じる品。

◆牡蠣と赤雲丹、乳酸発酵させた大根

*牡蠣の旨みと雲丹や刻んだ大根が絶妙なハーモニーに。

◆「ホイップバター」「岩塩」「オリーブオイル」

◆パンは数種類用意されていて、どれも美味しい。

◆フロマージュブラン、ヤリイカ、キャビア、人参&パセリのムース添え

*フロマージュブランは「糸島にあるTAK」さんのチーズを使用されまろやかな味わい。
下には「ヤリイカ」や「キャビア」が隠れ2種のムースで。

◆ワイン

◆蒸し鮑、トマト、パブリカ・・彩が美しいこと。

*蒸し鮑が柔らかい・・

◆ロゼ

◆鰆、根菜、梨

*散らした小花の演出がステキ。

*九州の「鰆」は美味しいのですが、火入れが絶妙。

◆フォアグラ、玉蜀黍、水前寺菜、マカンボ
フォアグラの切れも絶妙で、甘さを感じる玉蜀黍ムースがよく合います。
瞬間処理された「水前寺菜」の食感も面白い。

◆ワイン

◆鱧(大分)、焼きナスのピューレ

◆ワイン

◆米仕上げ牛(大分)、赤ワインやフォンドボーなどを合わせたソースで

*お米だけをたべさせた牛肉は程よい噛みごたえがあり、
お米を食べているので「オレイン酸」が強く甘みを感じ美味しい。

*断面も美しい。

◆ハーブティー・・好きなものをチョイス。

*中国茶に似た味わいの品をチョイス。カップにお湯が入っていて、そこい茶葉を浸します。
軽い味わい。

◆炭酸を注入した「ぶどう」

◆きな粉と黒糖のバシュラン

◆ミニャルディーズ

久しぶりでしたが、以前の革新的お料理の面影は残しつつも素材を生かした調理法に変わり
どの品も創作的要素やビジュアルの美しさを感じ美味しかったですね。
ソムリエさんやシェフともお目にかかれてよかったですし、親しい友人たちとの楽しいお時間でした。^^
次回はあまり間を開けずに伺いたいと思います。

メゾン ラフィット
092-953-2161
福岡県筑紫郡那珂川町大字西畑941
2018-11-16
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

TTOAHISU :ますます美味しくなりました。 

10月に伺いたかったのですが、かなりの人気店になられましたので予約が取れず・・
11月の訪問になりました。

この日は個室へ案内され・・
これだけ通っていますのに、こちらに個室があるのを初めて知りました。(^^;)

4~6名程度利用できそうな空間を二人で・・

◆主人は「ビール」、私は「スパークリング」を。

◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・いろんな食材の旨みが重なり、いつもながらに美味しい。

◆フォアグラのテリーヌ・・ブータンノワールが挟まれてるのですがいいい味わいで
フォアグラと共に頂くととてもいい味わい。

◆天然しま鯵

*しま鯵が美味しいこと。糠漬け大根のピクルスやトマト、柚子胡椒、葱オイルなどで調味されていますので
「しま鯵」の旨みがより引き立ち秀逸。

◆鍋島を。こちらのお料理には日本酒も合います。

◆白ワイン

◆やいと鰹・・上にはビーツ、

*やいと鰹は皮目を香ばしくやかれ、とても美味しい。
焼きナスや玉ねぎのマリネ、カラマンシービネガーなどの味わいが重なり美味。

◆穴子のベニエ・・グリビッシュソース添え。

*塩もそえられていますが、グリビッシュソースが美味しいこと。
ソースはマヨーズ、香草、ケッパー、ゆで卵、自家製胡瓜のピクルスなどで作られているそう。

◆石垣鯛・・鯛は皮目をカリッと焼かれています。
ソースというより、オマール、ココナッツ、海老芋、シークワーサーなどで作られたスープと共に頂くといい味わい。
むかごもタップリ。

◆熊本:和王 シャトーブリアン・・見るからに美味しそう。ソースはフォンドボーと赤ワイン。
九条ネギ、赤カブなどで作られたリゾットも美味しいですね。

*お肉は柔らかく口に入れるとトロケ、、美味しい。

◆洋梨のコンポートと烏龍茶アイス・・洋梨の甘みとサッパリした烏龍茶アイスが合います。

◆ビスタチオのチーズケーキ、国産ライム添え

*ライムの香りがいいこと。
チーズケーキの味わいも濃厚で美味しい。主人は3倍量でも頂けると言ってました。

◆スペシャリテのガトーショコラ・・数種類のチョコを合わせ丁寧に作られていて、いつもながらに美味しい。

◆珈琲

どのお料理もさ様々な食材や調味料と合わされ、繊細な味わいで美味しい。
試行錯誤された時期もありましたけれそ、この日のお料理はシェフの技を感じる素晴らしい品々でした。
サービスも丁寧で居心地がよく愉しく美味しいお時間でした。
今後より予約困難になりそうですね。
次回はランチですので愉しみです。♪

TTOAHISU
092-733-4600
福岡市中央区大手門3-12-12 BLDG64 1F
2018-11-10
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

ル マルシャンド ボヌール :名店ご出身のシェフが奏でる上質なフレンチ 

警固交差点から少し薬院方向に歩く右手のビル2階にお店があります。
以前「シェ・モリタ」さんがあった場所ですね。
ネットで「 ザ・ウィンザーホテル洞爺 」の「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン 」にいらしたシェフのお店だと知り訪問しました。
シェフは佐賀のご出身で、こちらにお店を構えられたのだとか。
オープンは今年4月7日。
「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」はウインザーホテルに宿泊した際利用しましたが、
ランチで二人合計5万円以上お支払いした記憶が・・(^^;)
https://tabelog.com/rvwr/000128130/rvwdtl/B111838644/
店名の「Le marchand de bonheur(ル・マルシャン・ド・ボヌール)」は、
フランス語で「幸せを与える商人」という意味で、師匠ミシェル・ブラス氏にいただいた言葉なのだそう。

店内は黒を基調としたお洒落な雰囲気。

アラカルトもありますが、初めてですのでコース(6500円:税別)を。
お料理・ドリンク共に税別で、お会計時にサービス料8%加算されます。
メニューが用意されているのは嬉しいですね。
内容を拝見すると、九州の食材に拘られているようです。

◆グラスシャンパーニュ(1600円:税別)

◆ビール(小:800円:税別)とシャンパン。

◆ケークサレ トマト 枝豆 アンチョビ
ワインに合います。

◆有明海 イソギンチャクのフリット ソースアイオリ
イソギンチャク自体は食感を愉しむのかしら。アイオリソースが良い味わい。

◆久留米産 ゴールドラッシュの冷製スープ クルトン ロングペッパー サマートリュフ
ゴールドラッシュが甘く、美味しいスープ。

◆自家製パン

◆長崎産 本鰹の軽い燻製 イチジク バルサミコ ハーブのサラダ

*鰹は厚くカットされ美味しい。鰹とイチジクって意外に合います。

◆赤ワイン(950円:税別)

◆福岡産 イサキのポアレ オリーブオイルのエマルジョン 大葉のジェノベーゼ

*イサキは皮目をカリッと焼かれ食感もいいですね。
大葉のジェノベーゼソースもいい味わいですが、オリーブオイルのエマルジョンソースがとてもいい味わい。

◆ニュージーランド産 仔羊のロースト サジキ クスクス アスパラ ソヴァージュ

*火入れが絶妙ですね。ただ仔羊は得意ではないので、どうしてもクセを感じてしまい半分主人へ。
申し訳ないこと。m(__)m

◆クレメダンジュ 佐賀県基山町 飛松さんのブルーベリー メレンゲ シナモン
レアチーズケーキの1種ですが、滑らかな食感で美味しい。メレンゲクッキーも食感・お味ともにいいですね。
ブルーベリーソースと共に頂くと、より美味しい。

◆丸房露

◆珈琲もいい味わい。

◆ドリンクメニュー

◆ドリンクメニュー

◆ドリンクメニュー

お料理は丁寧に作られていて美味しいですし、ソースがどれも秀逸でした。
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンのお味の片鱗を このお値段でいただけるのは嬉しい。
ただドリンク類がこのコース価格に比較すると少しお高いかと。
アラカルト使いや2軒目使いで利用するには、もう少しお手頃だといいですね。

コース6500円×2、シャンパン(1600円)・ビール(小:800円)・赤(950円)+税1308円+サービス料1412円
合計 19070円。

ル マルシャンド ボヌール
092-406-6982
福岡市中央区警固2-2-23 ウイングコート警固 2F
2018-06-27
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

TTOAHISU :和とフレンチの融合 

訪問回数:9回。
1月以来の訪問です。
すっかり人気店になられ、この日も満席。^^

◆まずは「ビール」と「シャンパン」を。

お任せは、10000円(税込)。少し値上げされたのですね。
◆こちらの定番「Wコンソメ」・・いつもながらにいろんな食材の旨みを感じ美味しい。

◆フォアグラバーガー
上質なフォアグラを挟んだ贅沢バーガー。

*中にはとろろ昆布なども入り、よく炒めた玉ねぎと共に頂くと美味。
でもパンがこれ以外提供されなくなったのは残念ですね。
出来れば、お魚料理辺りで以前のパンを出して頂けると嬉しいのですが。

*ヴィシソワーズ
これは毎回美味しい。

*中には「コーヒーのパンナコッタ」「カラスミ」「ローストナッツ」などが入っています。
ヴィシソワーズ自体も濃厚ですので、すべて併せていただくとより美味しい。

◆金目鯛のお料理・・金目鯛は昆布〆にされています。
葱オイル、ジュンサイ、山葵などと。
長芋と大根ピクルスを刻んだソースで頂きます。
これはフレンチではなく「和」の味わいですね。(^^;)

◆白ワイン

◆蛤の出汁のフラン・・「フラン(洋風茶碗蒸し)」の上に「渡り蟹」「赤雲丹」「三つ葉」などが盛られ
海老のコンソメ風味の餡がかけられています。
渡り蟹の甘みが加味され美味しい。

◆鍋島

◆太刀魚・・太刀魚の上に胡麻のピューレ、マリネした蕪のピューレ、バジルのピューレ
などがかけられています。
ソースは蕪のマリネの酸味を感じます。

◆赤ワイン

◆大和牛(奈良)のsteak

*いつもながらお肉の火入れが完璧ですね。柔らかく美味しいお肉。
下には九条ネギのリゾットが敷かれています。

◆トンカ豆のアイス、マンゴソースかけ。
杏仁のような味わいのするアイスと、マンゴソースがよく合います。

◆ラム酒のチーズケーキ
使用するチーズは周期的に変えられるようですが、これも毎回美味しい。

◆チョコレートケーキ・・小麦粉を使用せず数種類のチョコとバター・卵黄で作られています。

◆珈琲

和の要素が強いので、フレンチですが全く胃もたれせず最後まで頂けます。
スタッフさんも増えられましたので、
スーシェフ兼ソムリエの馴染みのスタッフさんとも色々お話しできるようになり楽しかったですね。
また伺います。
2018-06-17
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆福岡のグルメブログです。
美味しい食材が豊富な博多グルメを食べ歩きしています。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター