東京モンの福岡グルメさがし・・

お料理の内容は、私が伺った時点のものです。

トアヒス:夢の競演。 

訪問回数:6回。

前回トアヒスさんを訪問時に、大野城の人気鮨店「菊鮨」さんと、
今注目の中華「巴蜀」さんとのコラボ企画があると教えていただき・・
こちらも含め若手実力派シェフの夢のような競演ですので、愉しみに伺いました。
鮨×中華×フレンチのコラボどんな風になるのか興味津々。

会費は15000円(外税)、ドリンクは別料金(同じく外税)。ゲストは21名。
いつも3組しか予約を入れられないので、こんなに人が多いこちらは初めて。(^^;)

◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・焼きアゴや色々な食材を使用されています。
いつもながら食材の旨みが凝縮され美味しい。

◆前菜盛り合わせ。
*「よだれ鶏」「ピータン・焼き茄子のせ」「おからの何とか」etc.

*よだれ鶏はお店でも頂きましたが、鶏も柔らかくとても美味しいと。

*鶏をあまり好まない私にはお気遣いくださり「胡桃」のお料理を。蜜揚げのような印象ですが、これ美味しい。
他のお料理もそれぞれ味わいが違い美味しいこと。

◆お料理名は失念しました。m(__)m
フォアグラのムース、ジャガイモのピューレ、下には刻んだソーセージが入り、
上には千切りにしたタップリの「黒トリュフ」や「揚げたジャガイモ」が盛られています。
フォアグラの風味が濃厚ですし、トリュフの香りもよくとても美味しい。

◆点心3種。
*左:中華のパイ・・中には豚肉の餡
*右:皮の感じは揚げパイ風かしら、中には豚肉の餡。
どちらも皮の食感、餡の味わい共にいいですね。

*トリュフ入り「小籠包」・・贅沢な小籠包ですよ。小籠包らしい味わいで、ほんのりトリュフの香りがします。

◆熊本産馬肉のロースト

訪問時にシェフが満足されるいい馬肉が入らなく中々頂けなかったのですが、
ようやくこちらで美味しい馬肉を頂けました。
キレイな赤身で柔らかく美味しいですね。クセも全くありません。

シャリの用意をされています。こういう光景は普段中々見れないですね。

この日のネタ、、どれも美味しそう~

◆アオリイカと甘鯛お昆布〆・・アオリイカは丁寧に包丁が入り、ねっとり感を感じて美味しい。
甘鯛の昆布〆は軽い〆ですので、甘鯛本来の旨みを感じます。これも美味。
◆下は「ガリ」

◆地物の車海老・・これも海老の旨み・甘さを感じて美味しい。赤酢のシャリとよく合います。

◆境港の鮪・・大トロに近い味わいで、口に入れるとトロケマス。美味しい。

◆煮蛤・・立派な蛤ですこと。フックラ煮こまれていますし、ツメの味わいもいい品。

◆唐津の赤雲丹・・赤雲丹としては粒も揃いかなり上質な品。特有の甘みを感じて美味しい。

◆対馬・のどぐろ・・皮目は軽く炙ってあります。
これ美味しい。口に入れた瞬間、ノドグロの上品な脂と旨みを感じ、これもトロケマシタ。

◆対馬・穴子・・ゴールデン穴子ですね。フワフワです。

◆玉子焼き・・これもフワフワ。

◆デザート・・写真がぶれていてスミマセンm(__)m
桃のコンポートやブラマンジェなど桃づくし、どれもいいお味。
◆珈琲

この日いただいたお酒。価格は外税。
◆グラスワイン(1500円×2)・・スッキリした味わいで飲みやすい。
◆紹興酒(500円)

◆鍋島・雄町(1000円×2)
◆白ワイン・ブルゴーニュジョセフ ドルーアン(800円)

◆鍋島(1000円)・・こちらは生酒。どちらも美味しいですが、雄町の方が好きかも。
◆若波(800円)

◆主役のシェフの方々。掲載了解済。
左から「菊鮨のご主人」「巴蜀のオーナーシェフ」「トアヒスのオーナーシェフ」

フレンチ・鮨・中華と好きなもの尽くしで、それぞれ工夫を凝らしたお料理を美味しく頂きました。
同じテーブルでご一緒させていただいた方々が皆様素敵な方で、とても楽しいお時間でした。
4時間の楽しい宴でしたよ。

トアヒス (TTOAHISU)
092-733-4600
福岡市中央区大手門3-12-12 BLDG64 1F
2017-06-30
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

Bistro Matsushima:離島・松島の海の幸を愉しめるビストロ。 

主人がメディアで観て(グルメ番組を録画している人なのです・苦笑)
「サザエが好きな娘が好むのじゃないか・・」と選んだお店。

オーナーさんははまだ20代後半の方で元々佐賀県唐津市、
波戸岬から北西およそ3キロに位置する人口55人の離島、「松島」でリストランテを営まれ
海士のお父さまが獲られる新鮮な「鮑」や「雲丹」などの魚介を提供されています。
その2号店を5/18に福岡市内にオープンされました。

新しいお店ですので外観もステキですね。駐車場はお店の前に2台、右手に数台分あります。
店頭には鮪が・・

店内は明るく開放的な雰囲気で思ったより広い。

運転する主人は「ノンアルコールビール」娘は「コーラ」、私は「スパークリングワイン」を。

◆松島産・殻付き活け雲丹(650円:外税)・・2個オーダーしました。
小ぶりのムラサキウニですが、新鮮で美味しい。潮のお味がしましたよ。

◆トマトとモッツラレチーズのカプレーゼ(530円:外税)
サラダ代わりに頂くにはいいですね。これも量は少な目。

◆本マグロのカルパッチョ(1500円:外税)

*トロ部分や赤身部分が入り美味しい鮪です。

◆野菜のバーニャカウダ(850円:外税)・・数種類のお野菜が盛られ、ソースもいいお味。

ソースを温めて出すお店が多い中、こちらは冷たいソースでした。

*黒鮑は時価で、g数により価格が変わります。客が価格を了承してから調理されます。3500円~

◆黒鮑のまるごとステーキ(5000円:外税)
普段他店で立派な鮑を頂いていますので少なく感じましたが、こんなものなのでしょうね。(^^;)

*肝も添えられ、ソースは説明がないので不明ですがバターを使用されているような。

◆サザエの香草バター焼き(680円:外税)・・2個オーダー。
サザエは大きさもあり立派な品。
エスカルゴバターで頂くことが多いのですが、こちらはパセリではなく香草が使用されています。
普通に美味しいかしら。

◆トリプルクックポテト(500円:外税)
自家製マヨネーズの味わいもよく、3人ともこれ美味しい、、と。笑

◆厚切りベーコンのカルボナーラ(1500円:外税)・・パスタの量は少ないですね。
ベーコンはタップリ入っていますが、濃厚なカルボナーラではなくあっさりした味わいでした。

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

開店されて間もない2週間後に伺いましたので
オーダーミスも数回ありましたしお料理提供が遅いなどオペレーションが機能していない面はありますが
今後改善されるでしょうね。
老婆心ながらいくつか割高に感じる品がありましたので、価格面は見直しされた方がいいような気がしますけれど。
新鮮な海の幸、愉しませていただきました。

Bistro Matsushima
092-573-8858
福岡市博多区南本町1-4-12
2017-06-28
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

自然派ビストロCORE:無国籍料理とワインを愉しめるビストロ。 

以前お店の前を通りがかった際、感じがよさそうでしたので後日伺いました。
店内はカジュアルな印象ですね。

お料理&メインメニューは黒板に書かれていますが視力がよくないうえにメガネを忘れ、よく見えなくて。(^^;)
カメラの望遠機能を使いましたが、紙のメニューも欲しいところ。
前菜やお肉料理、パスタなどメニューは豊富。
価格は多分外税かと。

◆頂いたワイン。
「シゼン:800円」「ヤルデン:950円」「スプマンテ:価格不明」など。
シゼンとスプマンテは飲みやすい品。ヤルデンはお勧めだと言われたのですが、少しクセがありました。

◆半熟卵とスモークマッシュソースのポテトサラダ(680円)
ビジュアルがいいですね。
ポテトサラダ自体もお味付がされていますけれど、マッシュソースをつけていただくと味わいが変わり美味しい。

◆前菜盛り合わせ(2~3人分:1780円)

*和牛の生ハム・・しっかりした味わいでワインに合います。
*カシスとレバーペースト・・レバーペースト好きなのですが、これは少し好みではないような。
*パテドカンパーニュ・・私は苦手ですのでパス。豚好き主人によると、少しくどいかな、、と。
*胡桃とクリームチーズを合わせた品・・これ美味しい。胡桃の食感もクリームチーズの味わいもいいですね。
*ピクルス・・優しい酢加減でいいお味です。
*筍(穂先部分)のアンチョビソース掛け
*蛸とセロリのマリネ

◆本日のなめろう(この日は鯵)・・丁寧に作られていて、添えられたお味噌と合わせるといいお味に。

◆ガーリックトースト(1P:120円)
ガーリックバターも少ししか塗られていませんし、これで1切れ120円は割高感がありますね。

サービスも感じがいいですし、使い勝手のいいお店でした。
ただ、この日1歳前後の赤ちゃん連れの方がいらして、赤ちゃんが騒ぐのはいいのですが
ママさんらしき方があやすのが煩くて・・
こういうお酒を出すお店に赤ちゃんを連れていらっしゃるのはどうかと思いますね。
6歳くらいまでは、19時には寝かせるべきでしょう。最近はご自分が遊びたい若いママさん達が増えたように思います。
ゆっくりワインを愉しむ雰囲気ではなかったので、早々に退店しました。

自然派ビストロCORE
092-534-2700
福岡市中央区白金1-3-5 アストア薬院 1階
2017-06-03
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

セゾンドール:和の要素を感じる創作フレンチ。 

ランチでは2度利用したことがあり美味しかったので、いつかディナーで伺いたいと思いながら・・
ようやく伺えました。

オープンキッチンの店内は明るくお洒落な雰囲気・・

◆この日いただいたドリンク。
車で行きましたので主人は「オレンジジュース(700円:外税)」
私は「醸し人九平次(90ml:500円:外税)」と「天吹 純米大吟醸 中汲み(90ml:600円:外税)」を。
「天吹 純米大吟醸」の「中汲み」はこちらだけの特別仕様だそうですが、爽やかな口当たりで美味しい。
これ気に入りました。

ディナーは10000円(外税)と15000円(外税)の2種類。
品数は変わらず食材が変わるそうです。

予約時に10000円(外税)をお願いしました。
◆地鶏コンソメ・・最近はコンソメから出すのが流行りかしら。
濃厚ですがまろやかな味わい。

◆大島 イサキのマリネ アンチョビ風味
上には「大根の花」が飾られ可愛らしい・・
イサキは旬ですのでいい味わい。アンチョビやお魚のジュレも美味しい。

◆仮屋 赤ニシ貝のベニエ スパイス風味
赤ニシ貝は唐津で何度か口にしたことがりますが、クセがないですね。
緑色の品は「ほうばの新芽」だそう。
べニエ(=フリット)もカリッとした食感で美味しい。

◆パンは3種類・・どれも美味しいですが、紫色の黒米のパンが好きですね。

◆萩 渡り蟹 湯葉蒸し リコッタチーズ 竹炭ソース
濃厚な味わいで秀逸。
渡り蟹と湯葉を重ね、竹炭ソースがかけられているのですが、これがチーズの風味と相まってとても美味しい。

◆米烏賊 ルッコラサラダ 
米烏賊は以前こちらで頂いたことがあります。
軽くボイルされ、トマト&バターソースで頂きますがサッパリした味わい。

◆唐津 赤雲丹52度蒸し 海水ジュレがけ
これも美味しい。
赤雲丹は52度で蒸すことで生臭みが消えまろやかな味わいに・・
海水に見立てたソースがよく合います。

◆大分 鱧 梅コンソメ

テーブルで「梅コンソメ」をかけて仕上げられます。
鱧と梅は合いますので、湯引きした鱧と共に頂いたことは何度もありますけれど、
その梅をコンソメソースに仕立てるという発想がいいですね。
これもサッパリした味わいですが、ソースが鱧の旨みを引き立てていました。

◆鹿児島 鮪漬け焼き 赤みそソース 和辛子ソース
鮪は大トロ。それを軽く炙ってありますので、より上品な脂を感じますね。
和風テイストの赤みそソースも合いますけれど、和辛子のソースがいいお味で。。

◆呼子 黒鮑 肝 筍 甘酒 サバイヨンソース

*立派な黒鮑と合馬の筍が盛られています。下には肝ソースがタップリ。
これも美味しい。

◆鐘崎 黄アラ アサリ風キュリエール

*黄アラは身がプリプリしていて甘みを感じます。アサリの旨みがソースに出ていていいお味。

◆佐賀 イチボ牛 すき焼き風

*パウダー状の山葵が添えられています。
*程よい厚みで柔らかいイチボですね。
すき焼き風と言っても甘辛いお味ではなく、
オイスターソースに似た味わいに少し甘みを足したように感じましたが、これも美味しいお味付ですね。

◆デザートは「黒糖・和三盆のパンナコッタ」ろ「ほうじ茶のソルベ」
◆珈琲

和を感じる料理ですので、フレンチですがもたれ感が全くないですね。
どの品も工夫されワクワク感もあり、美味しい。
ランチもいいですが、夜はまた違った楽しみ方ができました。
また伺います。

食堂セゾンドール
092-524-0432
福岡市南区高宮1-3-32 高宮第2オークマンション 1F
2017-05-29
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

トアヒス:和の要素も感じるフレンチガストノロミー 

毎回美味しくワクワク感があるフレンチ、今回も愉しみに伺いました。
5月で1周年だとか、おめでとうございます。☆彡
オープン1年でかなりの人気店になられ嬉しいですね。^^

ディナーは、9000円(税・サ込)のみと潔い・・
以前ディナーは18:00~でしたが、現在は、18:30~に変更されています。

◆最初に「ビール(700円:税込)と安心院の白(価格不明)」を。
安心院は前回頂いた品よりもサッパリした味わいですね。前回の方が好きかも。

◆そのあとは「赤」や「鍋島」を・・
「鍋島」、開栓直後ということもありとても美味しい。

◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・少しずつお味を変えられているようで、鶏や香味野菜等に「あご出汁」も加えられたそう。
お味に深みがありいろんな旨みを感じて美味しい。

◆初鰹のカルパッチョ・・盛り付けが美しいこと。
今年の初鰹は高値で取引されていると他で耳にしましたが、タップリ盛られています。

*鰹自体も旨みを感じて美味しいですけれど、茗荷・葱油・熊本トマトのピューレ・ピ^ナッツ etc等で調味されいいお味ですよ。

◆ヴィシソワーズ・・これ絶品。

*下にはコーヒーゼリー、カラスミ、パセリオイル、アーモンドソースなどが入っています。
ヴィシソワーズも濃厚で美味しいのですが、すべて混ぜると「絶品」以外の言葉がないですね。

◆パンは2種類・・上は牛乳パン。
下のパンは梅干し入りの米粉パン。何度か頂いていますが今回は上に「とろろこんぶ」がのせられていました。
イメージとしては「梅」+「米粉」+「とろろ昆布」で「おにぎり」だそうな。

◆桜えび(静岡産)と車海老のフラン。フランは「洋風茶碗蒸し」です。
桜えびは旬ですね、彩が鮮やかで美味しそう~

*下には、車海老、ホワイトアスパラ、フランが入りいいお味ですね。
車海老もタップリ入っていますので「海老」の競演ですよ。海老好きですのでこれは嬉しい。

◆筍のベニエ・・筍も旬ですね。揚げたてを食べてほしいとのこと。

*セモリナ粉を使用して揚げられているので衣は薄くてもサクサク。
筍もエグミが全くなく美味しい。下には「新玉ねぎのピューレ」と「ワカメ」を混ぜるという斬新なソースが・・
新玉ねぎの軽い酸味が筍とよく合います。

◆金目鯛のグリル・・皮目はパリッと焼かれていますし、脂がのり美味しい。
「ネギ」「三つ葉」などが添えられ「サフランソース」がかけられていますが、このソースの味わいもいいこと。

この日は「黒豚の仔豚」を用意して下さっていました。
何でも希少な品で福岡ではこちらだけでいただけるとか。
でも私は豚を好まない旨お伝えしましたら、
急遽別のお料理を用意して下さり申し訳ないことを。m(__)m

◆黒豚の仔豚のロースト
皮が付いたロース部分とその後ろにフィレ部分が盛合されています。

*主人は牛より豚を好みますので、他の豚に比べてとても美味しいと。
皮目はキャラメリゼ風ですので、甘みとカリカリ感を感じ美味しいそうですよ。

◆急遽用意してくださった「馬肉」、カルパッチョ用なので少し噛みごたえがあるとの説明でしたが、
そうでもなく・・
クセがなく食べやすかったですし、豚よりこちらの方がよかったですね。

*キレイな馬肉ですし、赤ワインに色々加えられたソースが美味しい。

◆アイスにメロンピューレをかけた品。
食後にアイスを頂くと、口の中がサッパリします。

◆チーズケーキ・・これ絶品。ここまで美味しいチーズケーキは初めてですね。
クリームチーズやパルミジャーノを使用されているのですが、なんともいい味わいでした。
主人はもっと頂きたいと言っていましたけれど・・

◆ガトーショコラ・・私はお腹が一杯ですので、主人の分を多くしていただきました。
又改良されてお砂糖を使用されていないそうですが、チョコの風味を生かしながらもくどくない味わいでコレも美味しい。
◆珈琲。


以前よりも和の要素を感じるお料理で、今宵も愉しく美味しく頂きました。
シェフともゆっくりお話しできたのがよかったですし・・
また、伺いますね。^^
2017-05-27
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

ビストロ ル・ブルジョン:メニューが豊富で愉しめる上質なBISTRO。 

西鉄薬院駅と平尾駅の中間辺りでしょうか。
どちらの駅からも距離的に中途半端でしたので、
天神からタクシー利用で高砂2丁目を右折して高架下の手前まで、、というとわかり易いかと。
タクシー料金は1000円ほどでした。

店内は手前にカウンター5席、奥にテーブル席があります。
今回はカウンター席を利用しましたが、結果的にオーナーシェフさんと色々お話しできて楽しかったですね。^^

◆スパークリングワインや白やら赤やら、、頂きました。最後にペリエを。
スパークリングワインは800円~、白・赤共に600円~

事前予約のコースは3800円(外税)ですが、今回はアラカルトで愉しむことに・・

価格は外税です。
◆前菜盛り合わせ(2人前:2000円)・・9種類盛合されていて、美味しそう~

*左上:ゴルゴンゾーラとヘーゼルナッツのムース。これ美味しい、ワインに合います。
*右上:自家製ローズハムと自家製ソーセージ。両方美味しいですが、ハムの方が好み。
*右下:自家製チョリソーと自家製ベーコン。ベーコンの味わいがいいですね。
*下中:グジェール(チーズを練りこんだシュー)・・軽くチーズの風味を感じ、これも好み。
*左下:キャロットラペとピクルス。

◆チャージ代一人400円で出される「パン」と「リエット」。
パンは3種類、リエットは滑らかな食感で旨みを感じる品。

◆タラ白子のムニエル、焦がしバターソース(1500円)
白子好きとしては外せませんね、もうシーズンも終わりですし・・
白子には薄くパン粉がまぶされ、質もよく美味しい。バターソースがくどくなくよく合います。

◆エイのムニエル、焦がしバターソース(1700円)・・
白子とソースが同じですので他の品がいいのじゃ、、とお気遣いくださったのですが
どうしても「エイ」を頂きたくて・・
15年ほど前、静岡のフレンチで頂いたエイ料理が絶品で、そのお味が未だに忘れられないのです。
福岡では中々出してくださるお店がないので、これは食べないとね。

エイは下処理が悪いと臭みを感じますが、臭みもなく食べやすい品でした。
皮の部分が美味しいこと。

◆大分産 和牛ランプの炭火焼 サラダ添え(2400円)・・250g程度あるそうです。
丁寧に時間をかけて焼かれていました。

塩・胡椒のみのシンプルなお味付。
ランプですので噛みごたえがありますけれど、肉質としては普通に美味しいかしら・

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

◆メニュー

オーナーシェフさんは物腰が柔らかく感じのいい方で、居心地もよくいろいろお話できて楽しかったですよ。
メニューが豊富ですので、次回は違うお料理を愉しみたいですね。^^

ビストロ ル・ブルジョン
092-215-3553
福岡市中央区大宮1-7-21 ジェンティーレ薬院 1F-A
2017-04-18
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

オルキデ (Orchidée):素材の旨みを引き出した上質フレンチ。 

七隈線・渡辺通駅から徒歩7分程度のビル2階にあるフレンチ。
1階には「和こじま」さんがあります。
2階に上がり、
お隣の隠れ家和食店を随分前に利用したことがあるのを思い出しました(現在は閉店)

予約時のシェフのお電話対応がとてもよかったので、愉しみですね。
因みに「レストランKATO]や「シェ・モリタ」などで研鑽を積まれた方だそう。

この日たまたまヘルプでいらしたソムリエさんが笑顔でお出迎え・・
店内はカウンター席とテーブル席が2卓。

◆伺った日のお料理メニューとアルコールメニュー


◆頂いたお酒、「シャンパン(1300円)」「赤」「白」など。グラスワインは860円~

コースは5000円、7000円、10000円の3種類。
10000円と迷ったのですが、初めてですので7000円(外税)コースを予約時にお願いしました。

◆コンソメフラン、黒トリュフ添え・・フランは茶碗蒸しのような感じです。
丁寧に作られたコンソメの風味もよく、美味しい。トリュフの香りもいいですね。

◆前菜・・ホワイトアスパラガス(佐賀県産)がメイン。
彩も美しい事。実は盛られた食材を見て、シェフのお気遣いに感激しました。
予約時に「お好きな食材があれば・・」と尋ねられ
「オマール」「ウニ」「白子」と、とても7000円コースでは頂けないであろうリクエストをしたのです。
「オマールは価格的に難しいかも・・」と言われていたのですが、白子以外入っておりました。^^
一見ですのに、このお心遣いはとても嬉しいですね。m(__)m

◆佐賀県産・ホワイトアスパラガス・・甘みを感じて美味しい、ジンジャードレッシングで頂きます。
◆細魚と雲丹・・雲丹は細魚と共に頂いても単体で頂いても、美味しいですね。
◆オマールは大き目の切り身が2個盛られていて、これも旨みを感じる品。
◆蛸・・柔らかいこと、火入れがいいのでしょうね。

◆ブルガリア産フォアグラ

小さめですが質のいい品。
バターベースで少しお醤油が入っているように感じたソースで頂きますが、これいいお味。

◆熊本産 水田ごぼうのポタージュ
ゴボウの旨みが凝縮されていて、ごぼう好きとしては好み。

◆自家製パン・・追加して頂けます。生地の食感が好みですね。
お水を注がれたグラスは「薩摩切子」、、かなりの高級品ですよ。

◆長崎産 ヒラスズキ、サフランソースで。
ヒラスズキを調べましたら『漁獲量が少なく、スズキよりも高級魚として珍重される』とか。
上品な脂を感じるお魚ですね。少し甘みを感じるサフランソースもよく合います。

◆鹿児島県産 黒毛和牛 炭火焼、赤ワインソースで。

*ミディアムレア程度の焼き上がり。
ランプ肉ですので少し噛みごたえがありますが、噛むと肉汁を感じ美味しい。

◆ヌガーグラッセ・・KATOさんで頂いたことがありますが、シェフ流にアレンジされているそう。
ナッツの食感もよく美味しい。

◆プティフール・・クッキーと抹茶マカロン。
◆珈琲にも拘られていて、この日の品は「インドネシア・ドロッサングール」
「マンデリン」ベースで雑味がなく美味しい珈琲。

どの料理も食材の旨みを引き出し美味しい品でした。
シェフは予約時の印象通りの方で、笑顔の素敵な穏やかで優しい方ですね。
色々お話しさせていただき楽しかったですよ。
そしてこの日ヘルプをされていたソムリエさん、どこかでお目にかかったことがあるような・・
と思いましたら以前他店でお目にかかっておりました。

優しい時間の流れるいいお店です。こちらも再訪したいですね。

オルキデ (Orchidée)
092-532-8515
福岡市中央区高砂1-11-8
2017-03-15
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

ISHIDA:「和」の要素も入る繊細な創作フレンチ。 

キャナルに近い中洲の時の流れを感じるビル2階にあるフレンチ。
店内はカウンター7席のみ。
オーナーシェフお一人で営まれてます。
以前は祇園で営まれ、去年5月にここに移転されたそう。
20:30まではコースのみ、それ以降はアラカルトでも頂けます。

◆この日いただいたワインは4種類。グラスは700円~とフレンチとしてはお手頃。

お任せコースは5000円:外税。席料として300円加算されます。
全8皿、16種という構成。
◆アミューズ。
盛り付けも美しく、美味しそうですこと。

*左上:カリフラワーのムース、タラバカニのせ、コンソメジュレがけ。
ムースはカリフラワーの旨みを感じ滑らかで美味しい。ジュレのお味も丁度いいですね。
*右上:水蛸の山葵和え。わさびが強くなくツマミに最適。
*右中:ホタルイカと菜の花の酢味噌和え・酢味噌の塩梅がいいこと。これも美味しい。
*右下:皮も頂けるマスカットとパンチェッタ。これも美味しい。
*左下:蒸した(と言われたような)鶏むね肉、ゴマダレかけ。鶏肉もやわらかく、ゴマダレもいいお味。
*下中:つぶ貝。
この前菜を頂いただけで、この後のお料理が愉しみになりましたよ。

◆パテドカンパーニュ・・お肉やレバーなどで作られているのですが、食感がソフトでクセがないですね。

*普段はこういう品を好まない私が頂いて「美味しい」と思える品でした。
口の中に入れるとトロケマスネ。パンと共に頂いても美味しい。
*添えられた「トマト」、宮崎産の「セレブスイート」という名称からゴージャスな品ですが、
トマトらしい風味を残しつつ甘みを感じてこれ好きですね。

◆パン・・温めて出されます。追加可能。

◆グリーンピースのスープ・・春を感じますよ。
少量の塩のみで調味されたそうですが、グリーンピース自体の甘みを感じていいお味ですこと。

間に「串揚げ」が入るのも面白い。串揚げ好きですので嬉しいですね。6本出されます。
◆左:イベリコ豚・ソースで。柔らかく美味しい豚です。
◆中:水烏賊・明太子のせ。この組み合わせは美味しい。
◆右:マッシュルーム・スペインの塩で。

◆左:芽キャベツ・自家製肉みそのせ。肉みそがいいお味。
◆中:フォアグラ・蜂蜜入りハニーソースで。フォアグラは甘いソースが合いますね。口の中でトロケマシタ。
◆右:カナトフグ・メカブやモズクを合わせたもののせ。
ふぐ自体は淡白な味わいですので、メカブなどのねっとり感が合います。

ここで茶碗蒸しが登場。フレンチですが懐石風流れ・・
◆茶碗蒸し・・通常の倍量の鰹や昆布で丁寧に引いた出汁が使用されています。
出汁のお味がいいので卵汁も美味しいですね。
モズクと小さくカットした「北寄貝」が入っています。

◆とも三角の低温ロースト
とも三角の程よいサシが低温ロースとすることで脂が上品な味わいになり美味しい。
お肉自体も柔らかいですよ。

◆先ほど付け合わせで頂いた「トマト」が美味しく、主人が追加オーダー。
先ほどはそのまま頂きましたが、
これはオリーブオイルと岩塩で調味されていますので、最後に感じる甘みが強いですね。

◆新物の沖縄トウモロコシのリゾット、しらすのせ。
コーンは甘いですし、チーズ風味もいいですね。すきな「しらす」が盛られているのも嬉しい。

◆チョコブラウニーと苺。・・ブラウニーは甘さ控えめで、主人はもっと食べたいな、、と言っていましたが。
◆珈琲。

◆ワインメニュー

◆アラカルトメニュー・・好きな品が色々あり気になりました。

この内容で5000円は高CPですし、好きなもの尽くしでした。
フレンチ店ですが、お出汁や調理に「和」の要素も感じられる品々でした。
どのお料理も繊細で丁寧に作られ、食材の旨みとソースの融合もよく美味しい・・
オーナーシェフさん、最初は少し話しかけにくいかしら、、という印象を持ったのですが
話好きでジョークも言われる愉しい方でした。色々お話できていいお時間でしたし・・
居心地もよくお料理も好みで、こちらも再訪したいお店になりましたよ。^^

ISHIDA
092-263-7756
福岡市博多区中洲2丁目1-18 新橋リングビル2階
2017-03-09
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

トアヒス:クリスマスイヴはこちらで・・ 

年内最後の投稿になります。
今年も多くの方にご訪問頂き、お礼申し上げます。
拙いレビューですが、来年もよろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・
今年のクリスマスイヴはこちらに伺いました。
これまでは夜も3組Maxでしたけれど、スタッフさんも増えこの日は5組と満席。
5月にオープンされてから、あっという間に人気店になられましたね。^^

◆まずは「シャンパン」から。ロゼとは珍しい。
少し辛口ですけれど、美味しい品。

◆次に白を。甘口でとお願いしましたら「安心院の白ワイン」が出されました。
これ美味しい、まさに二人の好みのテイストで、主人も気に入ったよう。次回からこれにしょう・・
◆その次に「赤」を。これは主人だけが頂きまして、感想聞くのを忘れました。m(__)m

クリスマスコース(10000円:税込)、チャージ&サービス料なし。
◆最初に、こちらのスペシャリテ「Wコンソメ」・・毎回頂きますが、今回は「黒トリュフ」が入る豪華版。
丁寧に作られたコンソメは優しい味わいで美味しい。

◆車海老とオマールのムース・・お写真の色合いがキレイに出なくてスミマセン。
お海老好きには堪りませんね。
車海老もタップリ入り甘く美味しいですし、ムースもいいお味。
オマールの出汁で取ったジュレや、胡桃、山椒、ソテーしたブロッコリーなど盛り沢山。

◆カリフラワーのお料理・・これも美味しい。カリフラワーでこんなに美味しいものだったのね。
コーヒーのパンナコッタ、カラスミ、焦がしレモンなどのお味わいが重なり美味しいこと。

◆スペイン産フォアグラのお料理。上にはココアクッキーが飾られています。

*低温調理されたフォアグラは上質な旨みを感じて美味しい。
フォアグラには甘めのソースが合いますけれど、「ミカンソース」というのは初めて。
軽い酸味もよく、これも秀逸。

◆鰆のポアレ。ソースは「上州葱」の青い部分を使用したもの。

*鰆は皮目をパリッと焼かれ、程よい塩加減。
鰆の下には「かきのき茸(と言われたような)」「上州葱」「大根」などが入ったリゾット。
シェフのリゾットは以前勤務されていたお店せも2回ほど頂きましたが、美味しいのですよ。

◆パンは2種類。「牛乳を使用し桜の葉の塩漬けが入った柔らかいパン」と「米粉試使用した梅干し入りのパン」

◆こちらもスペシャリテの「パイ包」、、今回は「団扇海老」が入っています。
海老の下には「鶏のムース」、、団扇海老もタップリで甘みが強いので美味しいこと。ムースは滑らかな食感。
パイ生地もサクサクですし、これも秀逸。

◆メインは愛知県産「本州鹿」、、大きな切り身ですこと。赤色はビーツのソース

*肉質は柔らかく癖がないですね。
鹿肉はこれまで2度しか頂いたことがないのですが、美味しいと思えました。
*セロリが添えられています。

デザートは3種類。
◆ティラミス風・・・下にはアーモンドクッキーが敷かれ、マスカルポーネをタップリ使用した美味しい品。

◆洋梨とキャラメルのデザート。
これ美味しい。洋梨を赤ワインでコンポートされ、ヘーゼルナッツをキャラメリゼした品と共に頂きますが
いいお味です;

◆最後はクリスマスらしく「ブッシュドノエル」をイメージしたロールケーキ。
生クリーム、タップリ入っています。

今宵もすべてがハズレ(なく美味しかったですね。
クリスマスと言うと価格を上げるお店が多い中、10000円でこれだけの食材や品数を出されるのは素晴らしい・・
客に美味しいものを食べさせたいという思いと、シェフのキップの良さが伝わります。
接客も心地いいですし、素敵なイヴを過ごさせて頂きました。

来年も愉しみに伺いますね。

トアヒス (TTOAHISU)
092-733-4600
福岡市中央区大手門3-12-12 BLDG64 1F
2016-12-30
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

レザン ドール :一流のサービスで頂く美味しいフレンチ。 

西中洲にあるお気に入りのフレンチ。
お料理が美味しいだけでなく、福岡のフレンチとしてはサービスもトップレヴェルですのでお客様をご案内しても
恥ずかしくないお店ですね。
ドレスコードがありますので、男性はジャケットを着用されたほうがいいかと。

ディナーは10000円、13000円、16000円の3種類。
お料理価格にサービス料10%+税8%加算されます。

予約時に16000円のコースをお願いしました。

◆この日いただいた「ドリンク」は
*最初に「シャンパン(1800円)」とその後「赤ワイン(1600円)」。
此方のシャンパンはいつ頂いても美味しいのですよ。
赤ワインは軽め甘口でお願いしましたけれど、口当たりもよく飲みやすい品。

此方は糸島野菜やフランスの野菜などお野菜にも拘られています。
この日はいろんな根菜を使用したお料理が頂けるそうで、最初の根菜は「安納芋」
◆安納芋のお料理・・安納芋に葛を混ぜ焼いた品に「ウニ」「ズワイガニ」が盛られています。

◆安納芋は甘みが強いので、デザート感覚のような・・
ウニ・ズワイガニも合いますし、美味しい品。
中央には「かぼちゃ」のソース。

他のゲストには「西米良サーモン」を提供されていましたが、海老好きの私のために「団扇海老」を用意してくださったとか。
有難うございます。m(__)m
◆団扇海老と数種類の大根のお料理。
彩がキレイですこと。

*団扇海老が甘くて美味しいこと。
九州に来てから知った海老で、団扇のような大きな殻を持つのに身はわずかしかありません。
でも濃厚な旨みがありますよ。
大根は「黒大根」「紫大根」「黄大根」など数種類盛られ、木苺の香りがするビーツソースが添えられています。
大根それぞれにテイストが違い楽しめますけれど、「黒大根」が美味しいですね。
◆自家製パン・・いつもながらに美味しい。言わなくても追加してくださいます。

◆フォアグラと人参のお料理・・紫人参・黄人参・オレガノなどが添えられています。

*フォアグラは質もよく、焼き加減も絶妙で美味しい。
甘みのある金時人参のムースが合いますね。

◆下関の鮟鱇のお料理。

*鮟鱇は身がプリプリ、程よい塩加減で美味しい。アンディーブが盛られ、菊芋のソースで頂きます。
黒い粒は「黒オリーブ」を炭化したもの。

◆蕪のスープ・・黒トリュフとルッコラが添えられています。
蕪の旨みが凝縮されていて美味しい。
黒トリュフの香りもいいですね。

◆6kgの真鯛のお料理・・紫茎のほうれん草・緑の物は「セロリのスプラウト」添え。スプラウトとは「新芽」のことです。
鯛は厚みのある品を選ばれているとか。

*真鯛は200度のオーブンで2分焼き、冷ますという工程を数回繰り返すという手の込んだ調理。
厚みがありますので鯛の旨み・甘みを感じ美味しいこと。

◆ブルターニュ産の「仔牛・フィレ肉」・・こちらで国産のお肉以外を出されるのは珍しいような。

*肉質は柔らかいですね。
ただ淡白な味わいで、これまで此方で頂いたお肉と比較すると旨みに欠ける印象を受けました。

◆デザートは「ティラミス風」ですが、
マスカルポーネだけでなく青リンゴのムースが入り、珈琲の粉末状アイスを添えられれうなど手の込んだ品。

*外側のクッキーはコーヒー味。全体を一緒に頂くと美味しいですよ

◆小菓子(生チョコ&柚子風味のマカロン)と珈琲。

オーナーさんとの会話も楽しく、いつもながら上質のお時間を過ごさせていただきました。
また、来年伺いますね。

レザン ドール
092-724-6500
福岡市中央区西中洲2-25 STAGE1西中洲 1F
2016-12-24
ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆食べ歩き備忘録です。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりません。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター