東京モンの福岡グルメさがし・・

福岡市内メインの高級店からB級までのグルメ日記です。東京・京都にもよく行きますので、ご参考になれば・・

こば酒店:フードも美味しい、人気の角打ち 

薬院六つ角近くの、酒屋さんが営む角打ち。
0次会で久しぶりに利用しましたけれど、内観などは以前と同じでメニューを見ても相変わらずお手頃。
17時のオープンと同時に私たち以外にも数名入店され、18時前にはほぼ満席の人気ぶり。

◆立ち飲みデース。

キャッシュンデリバリー方式ですので、各自1000円ずつざるに入れ、
ドリンクやツマミが提供される度、お店の方が精算されます。
◆お酒はどれもお手頃で、カシスオレンジでさえ390円。

◆焼酎だったようなのソーダ割

◆カシスオレンジ(390円)

フードは食べ友様がオーダーしてくださったので価格は不明ですが、平均300円程度かと。
◆生ハム

◆ホタルイカ・・チャッカマンでお腹あたりを炙って頂くのも面白い。

◆胡瓜のお漬物(これは200円程度かも)

一人1000円もあれば、お酒2杯とツマミを愉しめます。
フードも角打ちとしては美味しく、0次会に最適です。

こば酒店
092-741-1504
福岡市中央区薬院1-12-18
2020-04-01
福岡グルメ:居酒屋 | トラックバック(-) | コメント(-)

le・sud (ル・シュッド):実力派シェフの「新鮮野菜と魚介のフレンチレストラン」がオープン 

薬院駅から徒歩4~5分、サンカクヤさんの近くに、今年3月3日にオープンされたフレンチ。
西中洲の人気フレンチ「レザンドール」にいらした、手塚シェフのお店です。
シェフのお料理が好きでしたので、
独立されると耳にしたときから、オープンされるのを愉しみにしていました。
ソムリエ、パティシエ、パン作りと多才で素敵な奥様と営まれています。

店名の「ル・シュッド」とは仏語で方角の「南」の意味で、
お二人が出会われた「南フランス・nimesニーム」、全てのはじまりがここからという愛を感じる店名。

基本的に「お肉料理」は出されず「野菜と魚介」中心だそうですが、
毎月29日前後のみ、お肉料理を提供されるとか。

◆カウンター席とテーブル席があり、落ち着いたお洒落な雰囲気。

価格は外税。
◆運転する主人は「ジンジャーエール(500円)」、私は「梅酒(600円)」を。

ランチ3000円(税別)、ディナー6500円(税・サ別)というお手頃なお値段設定。
肩肘張らずに気軽にフレンチを愉しんで欲しい、という思いで金額設定されたそう。
客には嬉しいですが、フレンチで3000円というのは大変だと思います。

3000円のランチコースを頂きました。
◆人参のムース、白魚(お元気でした)、八朔・・ビジュアルが美しい。

*人参のムースは滑らかな食感で、甘く美味しい。これは人参がお苦手な方でも召し上がれるかと。
*白魚は、お元気に跳ねていらっしゃいました。
躍り食いは苦手なのですけれど、ムースと共に頂くと少しお元気がなくなり食べやすかったですね。(^^;)

◆グリーンアスパラ(佐賀)、甲烏賊、ロマネスコ(ブロッコリーとカリフラワーを掛けあわせて作られた、カリフラワーの変種)
アボカドのソース・・これもビジュアルが美しい。

*グリーンアスパラは太く立派な大きさで、甘味・旨みを感じ食べ応えもある品。

*甲烏賊は薄くスライスされ、アスパラやお野菜、アボカドソースと共に頂くと美味しい。

◆奥様が焼かれた「天然酵母」のパン。噛み応えも程良く好み。

◆公魚のフリット、ジャガイモのソテー、素揚げしたナズナ、カリフラワー、ケッパー

*アップで・・

*公魚は程良い塩加減で、サクサクに揚げられ美味しい。
ケッパーの軽い酸味も合います。

◆スープ・ド・ポアゾン・・大好きなスープですが、福岡市内ではもう1件程度でしか頂いたことがなく、こちらで頂けるのは嬉しい。
その日に入荷した4~5種類のお魚で作られるとか。この日は「アラカブ、ハタハタ、伊佐木、コチ」など。
魚介の旨みが凝縮されとてもいい味わいですし、最後にかけられた「海老オイル」がいいアクセントに。

◆メインは、6kgの鮃(平戸)、ほうれん草、赤軸ほうれん草、スナックインゲン、菊芋のソース

*鮃は厚みがあり丁寧な調理でレア感も残る絶妙の焼き加減で美味。
菊芋のソースもよく合い、いい味わいでした。

◆新玉葱のシャーベット、トマトの軽いコンポート、ブラックオリーブのチュイール、リコッタチーズのムース
桜の花のパウダー

*玉葱のシャーベットは初めて口にしたのですが、
甘味を加えていないのに甘みを感じ、でも玉葱らしい味わいもあり これ好きかも。

◆ドリンクは選べましたので「珈琲」と「和紅茶」」を頂きました。

◆ドリンクメニュー

◆ドリンクメニュー

どのお料理も丁寧に作られ、繊細な味わいで美味しく頂きました。
シェフのお料理は以前のお店でも味わいがいましたけれど、そのお料理をこの価格で頂けるのは嬉しい。
カウンターを利用しましたので、以前は退店時に軽くご挨拶するだけだったシェフとゆっくりお話しできたのも愉しかったですし
奥様とも色々お話しさせて頂き、いいお時間でした。
次回はディナーで伺いたいですね。

二人で3000円×2,ジンジャーエール500円、梅酒600円頂いて、7810円(税込)

le・sud (ル・シュッド)
092-791-4450
福岡市中央区薬院1-6-25 ルネスキューブ 1F
2020-03-30
福岡グルメ:ランチ(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

マイモンプラチナム :雰囲気のいい会員制BAR 

薬院駅から徒歩4~5分、白金1丁目交差点近くの会員制BAR。
古民家を利用した建物で、一木庵という水炊き店に併設されています。
会員で無くても「一木庵」利用後に、こちらに移動してお酒を愉しむことが出来ます。

主人が会員ですので以前はたまに利用していたのですが、レビューを書いたことが無くて。(^^;)
BARに行きたいというマイレビ様のご希望で、久しぶりに利用しました。

店内は洒落た雰囲気。
この日は混んでいましたので、カウンター席を予約しておいて良かったですよ。

◆マイレビ様は「ジンフィズ(だったような)」

◆もうお一人のマイレビ様と私は「苺のカクテル」を。
こちらのフルーツカクテルは以前も良く頂いたのですが、美味しい。

◆ツマミとして「フルーツ」と「ナッツ」が出されます。

◆フルーツは「苺」「金柑」「リンゴ」など。

◆ナッツは「向日葵の種」「松の実」etc.

◆中庭も素敵

久しぶりでしたが、以前より賑わっていて驚きました。
ドリンクは少しお高めですけれど、雰囲気込でしょうね。

苺カクテルとツマミを頂いて、一人3,400円(税込)

マイモンプラチナム
092-531-1046
福岡市中央区白金1-6-24 一木庵
2020-03-28
福岡グルメ:BAR | トラックバック(-) | コメント(-)

クッチーナ イタリアーナ アメリア :実力派シェフのオリジナリティー溢れるお料理 

渡辺通、清川交差点から徒歩4分程度のビル地下にあるお店。
マイレビ様お二人と共に利用しました。
こちらは18:00~翌4:00までの営業で、料理人さん達にも人気があると伺い、愉しみに伺いました。
店内はカウンター10席、お若いシェフとスタッフさん、お二人で営まれています。
人気店のようで、あっという間に満席。私たち以外は、常連の方々でした。

◆お二人はビール(600円)、私はカシスオレンジ(600円)を。
ドリンクの提供には少しお時間がかかりました。

頂いたのは、6,300円(税込)コース。チャージ500円(食べログ店舗ページに記載あり)。
◆佐賀のホワイトアスパラを使用したカルボナーラ
タルト型の中にカルボナーラという品は、初めて頂きます。
クリームのお味も良く、一口サイズで最初に頂くにはいいですね。

◆のれそれ、カッペリーニ・・のれそれ(穴子の稚魚)を冷たいパスタで頂くのも初めて。
「のれそれ」は和食で頂くことが殆どですけれど、こういう風に合わせるのは面白いですし美味しい。

◆ホタテ、菜花、自家製ドライトマト、オレンジソースで
ホタテはレア感が残り甘くて美味しい。オレンジソースとよく合います。

◆唐泊の牡蠣、インカのメザメを使用した濃厚ポタージュ
一瞬フランかと思ったのですが、インカのメザメのポタージュというのが、個性的で面白い。
牡蠣やポタージュの味わいも良く、美味。

◆生雲丹のジュレ・・こちらのスペシャリテ。
下には、雲丹のムースとコンソメのジュレ、上に生雲丹。
生雲丹は甘みを感じますし、ジュレと共に頂くといい味わい。

◆白ワイン

◆パン、ホイップバターが美味しい。

◆黒むつ(高級魚)とゴボウ、炭入り粉まぶし

*黒むつははほぐして丸い形にして焼かれていて、牛蒡は素揚げで。
この頂き方も初めてですが、牛蒡の食感、黒むつの味わいが愉しめ美味しい。

◆ずわい蟹とほうれん草のパスタ・・これ美味しい。
ずわい蟹の旨みがソースによくでていて、ほうれん草もこのソースによく合います。

◆鮃、パブリカソース

*鮃は上にパン粉をのせて香ばしく焼かれ、味わい食感もいいですね。
パブリカソースは鮃の旨みを損なわない味わいで。好み。

◆佐賀牛ランプ、シェリー酒のソースで

*ランプらしい程良い噛み応えの美味しいお肉ですし、ソースの味わいもいいですね。

◆デザートは「チョコのテリーヌ」「苺のコンポート」「メープルシロップアイス」
チョコのテリーヌは甘さ冷え目で美味しいですし、メープルアイスもいい味わい。

ドリンクは「和紅茶」「ハーブティー」から選べます。
◆左:鹿児島紅茶、右:八女紅茶。

他では頂けない食材の組み合わせも面白いですし、個性を感じながらもどの品も美味しい。
お若いシェフですが、丁寧に作られたお料理の発想の豊かさに感心しました。
料理人さんが褒められるのも、わかります。
6,300円コース、カシスオレンジ1、白ワイン1 頂いて、8,250円(税込)
クッチーナ イタリアーナ アメリア
050-5595-6823
福岡市中央区清川2-11-33 仲西ビルII B1F
2020-03-26
福岡グルメ:ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

大地のうどん 中洲店:大地さんといえば「ごぼう天うどん」でしょ 

豊前裏打ち会系のうどん店ですが、市内だけでなく関東などにも店舗展開されている人気店。
こちらの麺は、博多らしいのやわ麺とは異なり、程良いコシがあり好きなのです。
中洲店がオープンされたと知り、たまたま近くに所用があったこの日、利用しました。
中洲商店街を歩くと大きな看板がありますので、すぐわかりました。

店内はカウンター席と、テーブル席多数。
裏打ち系でお馴染みの辛味調味料ではない品が、卓上に。なぜかしら。

◆店外に置かれた「券売機」で購入します。

大地のうどんと言えば「ごぼう天」でしょ。
◆ごぼう天うどん(500円:税込)。天ぷらは「別添え」も出来ますが、この形でないと。

◆少し立ててみました。下山門店がオープンされた当時と比べると「ごぼう天」が大きさはともかく
ごぼうの量が少なくなったような。以前は中心まで「ごぼう」たっぷりだったように思います。

◆麺やツヤさがあり、程良いコシで美味しい。
汁も出汁を感じて好み。

女性の一人客も多いですね。
ごぼうの量が少なくなったとは言っても、私には十分で麺を完食できませんでした。m(__)m

大地のうどん 中洲店
福岡市博多区上川端10-3
2020-03-24
福岡グルメ:ランチ(麺類) | トラックバック(-) | コメント(-)

オー バカナル 博多 :軽く飲むにも重宝です 

天神大丸1階、本館と新館の通路内にあるパリw-イメージしたカフェ。
ランチ後、角打ちに行かれたことが無いと話されていたのであるお店にお連れしましたら
ナント振替休業。m(__)m
ではこちらに行きましょうと優しい方のご提案で、利用しました。
ランチ利用が殆どですので、お酒を頂くのは初めてです。
◆赤ワイン(500円)と白ワイン(500円)
私は白ワインを頂いたのですが、口当たりが良く味わいも好みでした。

◆フランドポテト(700円)・・ボリュームにビックリ。
揚げたてですので美味しいですが、食後ですので二人でも完食できなくて。(^^;)

◆外観

◆メニュー

ちょい飲み使いにには、便利ですね。
こちらでも素敵な方との会話が弾み、こちらでも愉しいお時間を過ごさせて頂きました。
ご馳走様でした。m(__)m

オー バカナル 博多
092-762-7373
福岡市中央区天神1-4-1 博多大丸福岡天神店 1F
2020-03-23
福岡グルメ:カフェ・軽食 | トラックバック(-) | コメント(-)

オ・ボルドー・フクオカ:お洒落空間でワインと共に愉しむランチ・・ 

中洲リバーサイドにあるワイン&フレンチを愉しめるお店。
天神駅よりも中洲川端駅の方が近いですね。
こちらは『福岡市とボルドー市が姉妹都市30周年記念事業、ボルドー、ニューヨーク、上海に次ぐ、世界で5番の店舗。』だそう。
素敵な方とのランチをどこにしようかと迷いながら、気になっていたこちらを選びました。
川沿いですので景観もよく、店内は開放感あるお洒落な雰囲気。

◆スパークリングワイン(1000円:税別)

ランチは2500円と4000円の2種類。それぞれ税別。
お魚料理、お肉料理を頂ける、4000円コースを予約しました。
◆サーモンリエットの瞬間スモーク・・テーブルで蓋を取られると、スモークのいい香りが。

*炭入りのチュイールも葉の形に抜かれ、お洒落。
サーモンリットもいい味わいですし、共に頂くと美味しい。

◆天空の森(鹿児島にある超高級リゾート)で栽培されている人参を使用した「人参のピューレ」
シェフが以前「天空の森」にいらしたそうで、そのご縁でお野菜などが手に入るとか。

*リンゴ、オリーブオイル、クルミなどがトッピングされた人参が甘いこと。

◆自家製パン・・無農薬のミカンの皮を練り込んだパン。ほんのりミカンの香りがします。

◆牡蠣(長崎九十九島)の温製、アオサ、白菜・・牡蠣は生牡蠣としては少し小さめですけれど、旨みを感じ美味。

◆蕗の薹、大根、里芋の天ぷら、和出汁のエスプーマ
洋のフリットでは無く和の「天ぷらの衣」ですが、大根や里芋は下味が付いていますし
カラッと上がり、美味しい。和出汁のソースは優しい味わいで、天ぷら共に頂くと美味しい。

◆白ワイン(900円)

◆薩摩芋のポタージュ・・この薩摩芋も「天空の森」で栽培された品。
薩摩芋らしい甘味を感じるスープ。

◆鰆の炭火焼き・・旬ですのでこの所いただく機会が多いですが、鰆好きとしては嬉しい。
オーガニックトマトのソース、エミール何とかソースでいただきますけれど、
どちらも優しい味わいで鰆に合いますね。

◆口直しの日向夏のシャーベット・・最近はフレンチでもお肉料理の前にシャーベットを出すお店が少なくなりましたが、
さっぱりしていいですね。

◆薩摩牛「4%の奇跡」ポトフ・・5等級BMS10番以上というプレミアムの肉質。
難易度高いレベルをクリアした薩摩牛だけが「4%の奇跡」として認定されるとか。
初めて口にしました。
ドイツ産ソーセージ2種類、キャベツなどと煮込まれています。

*薩摩牛「4%の奇跡」の肩肉はよく煮込まれ、柔らかいこと。
煮込まれているので本来の旨みまではわかりませんけれど、美味しいお肉でした。
2種類のソーセージも美味しく、コンソメ風味のスープもいい味わい。

◆デザート・・バナナのムース、金柑、チョコのガナッシュ、あまおうのソース
美味しいデザートです。

◆珈琲

コースの構成は王道のフレンチですが、お料理は創作的で思った以上に美味しかったですね。
ご一緒して下さった素敵な方とのお話も弾み、愉しくて。
この後2軒お付き合い頂きましたが、またお目にかかるのがとても愉しみです。^^
ソムリエさんのサービスも丁寧で、いいお時間を過ごさせて頂きました。

オ・ボルドー・フクオカ
050-5456-6673
福岡市中央区西中洲6-8
2020-03-21
福岡グルメ:ランチ(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

TTOAHISU :「和」との融合が、より進化形に・・ 

訪問回数:16回。

お気に入り店ですので、毎回伺うのが楽しみ。
予約の取りずらい人気店ですから、この日も当然満席。

◆鍋島・・いつもはシャンパンから始めるのですが、この日は日本酒気分でしたので。
鍋島は飲みやすく、美味しい。

ディナーコースは、12,000円(税別)
◆スペシャリテのWコンソメ・・鴨やアゴなどを使用した、旨みのあるスープ。

◆金目鯛、赤玉葱、トマトのジュレ、パクチ、ライム、タバスコ

*金目鯛は脂がのり、とても美味しい。
トマトのジュレや赤玉葱と共に頂くと、より旨みを感じます。少量使用された、タバスコがいいアクセントに。

◆鱈の白子様、昆布、切り干し大根、松の実

*白子様は一度ボイルし、昆布出汁に漬けた品で下味がよく浸みています。上品な味わいで美味しい。
昆布や切り干し大根などを使用したソース(でいいかしら)は和風テイストで、白子様の旨みを損なわず美味。

◆虎河豚の白子様、原木椎茸(山口)、河豚の骨のスープ、葱オイル

*白子様は香ばしく焼かれ、濃厚クリーミーで美味しい。
河豚の骨から取った出汁の味わいもいいですね。
フレンチで白子様を2品頂けるとは思っていませんでしたから、嬉しいこと。

◆別の鍋島を
最初はテイスティング量を頂き、次に通常量を頂いたのですが、通常量グラスのお写真を撮り忘れました。m(__)m
通常量はこのグラスギリギリまで、注がれました。

◆海老芋、唐墨、パルミジャーノレジャーノ

*海老芋は煮含めてあり、いい味わい。
普段は里芋系をあまり好まない主人が「これまで京都の料亭で頂いた品よりも美味しい」と絶賛。
パルミジャーノと共に頂くのは初めてでしたけれど意外に合い、より海老芋が美味しく思えました。

◆牛乳のパン、カマンベールチーズ、仏手柑(ブッシュカン :仏様の手のような形をしている柑橘)のジャム
このパン、美味しい。パン自体の食感もいいのですが、ジャムとカマンベールの濃厚さがよく合います。

◆脂坊主(ギンダラの1種)、筍、リゾット、九条葱、魚介から取ったスープ、クミン。
脂坊主は銀たらのような味わいで、食感もよく脂がのり美味しい。
クミンを使用されているので、リゾットはほんのりカレー風味もしますし筍の食感もいいこと。
シェフのリゾットは何度も頂いていますが、外れがないですね。
ここまでのお料理は全てお箸で頂きましたので、ここで初めてスプーンを使いました。笑

◆赤ワイン

◆熊本の赤牛、蕗の薹、赤玉葱、九条葱・・赤牛は経産牛で、宮崎で飼育された珍しい品とのこと。

*ナイフがスッと入る柔らかさ。
赤身肉らしい旨みが凝縮されていますし、いつもながら火入れが完璧で
とても美味しい。
蕗の薹の軽い苦みが、合いますね。

◆キャラメルアイス、リンゴのキャラメリゼ、チュイール

*リンゴのキャラメリゼは甘すぎず、いい味わい。

◆珈琲のクリームブリュレ、パッションフルーツ・・コーヒー味のクリームブリュレは、甘さも程よく
酸味のあるパッションフルーツとも合います。

◆ガトーショコラ・・これもスペシャリテ。

◆珈琲

白子様も2品出されましたし、金目、海老芋、赤牛のお料理もとても美味しかったですね。
伺う度にシェフのレヴェルが上がっていらっしゃるように感じ、この日も全て美味しく頂きました。
いつもながらソムリエ君のサービスも心地よく、美味しくいいお時間でした。
また、伺います。

二人でお酒も含め、29,700円(税込)。

TTOAHISU
092-733-4600
福岡市中央区大手門3-12-12 BLDG64 1F
2020-03-19
福岡グルメ:ディナー(フランス料理) | トラックバック(-) | コメント(-)

味処つくし:人気なのも納得の「ボリュームランチ」 

博多駅・筑紫口から徒歩5~6分、音羽交差点近くにある居酒屋。
ランチが美味しくお得だと取引先の方に連れられ、伺いました。
ランチは1種類のようです。
店内はカウンター席と小上がりがありますが、12:10過ぎには満席。
その後待ち人もいらしたので、人気店ですね。

◆この日のランチ・・800円(税込)とは思えない品数で、ビックリ。そして、美味しそう~

◆メインは「鯵の唐揚げ」・・鯵1匹出されます。ポン酢かけられていて、さっぱりした味わい。

◆お刺身は「鮪」・・800円の定食で出すとは思えないほどの、綺麗な赤身で美味しい。

◆お味噌汁は「若布」「揚げ」などが入り、量もタップリですし美味しい。
◆ご飯の質は普通。言わなくても少なめのした下さったのですが、それでも他のお料理が多く残しました。m(__)m
◆胡瓜のぬか漬けと明太昆布

◆茶碗蒸しは「梅干し」入りで、優しい味わい。
◆デザートの「リンゴ」

800円(税込)でこれだけ出されるのは、こちらのご主人キップのいい方ですね。
品数・ボリュームもありますし、このお味ならビジネスマンさん&ウーマンさん達に人気なのも納得です。

味処つくし
092-414-7118
福岡市博多区博多駅南1-3-4 博多パールビル1F
2020-03-18
福岡グルメ:ランチ(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)

マクロビオティック カフェ エヴァ ダイニング :たまには体にいいいものを (^^;) 

中洲川端駅直結「博多リバレイン1階」にある、オーガニックにこだわった体に優しい料理が味わえる「マクロビカフェ」。
お肉やお魚は使用せず、「大豆」」や「お豆腐」「麩」などで似せて作られているそう。
普段不摂生な食生活ですので、たまには体にいい物を頂こうかと利用しました。

店内は広く、子供用椅子の用意もされていました。

◆メニュー

◆メニュー

一汁三菜セットの「山芋の牡蠣フライ風」を選びました。
◆一汁三菜セット:山芋の牡蠣フライ風(1000円:税込1100円)

◆メインは「山芋」「豆腐」「舞茸」「青のり」で牡蠣フライの形状に作られています。
味わいはかなり譲歩すると「牡蠣フライ」に思えなくもないですが、食感はコロッケでした。(^^;)

◆山芋の牡蠣フライ風・・断面
◆若布・牛蒡・大豆などのポン酢和え・・ポン酢と言っても甘みを感じ、テイストは好み。
◆荒布と大豆の煮物は、美味しい。
◆切り干し大根
◆ペンネ

◆サラダ・・キャベツが多いですけれど、ドレッシングが美味しい。
◆お味噌汁は「人参(皮付)」「カボチャ」「大根」などが入り、お味噌は優しい味わい。
◆ご飯は玄米

以前のマクロビ料理は、味わいが今ひとつのイメージでしたけれど、
こちらは煮物などがいい味わいで、マクロビとしては食べやすいと思います。

マクロビオティック カフェ エヴァ ダイニング
092-273-2262
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン モール 1F
2020-03-17
福岡グルメ:ランチ(イタリアン) | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

misspepper

Author:misspepper
拙いブログをお読み頂きありがとうございます。
応援してくださる皆様にお礼申し上げます。^^

◆福岡のグルメブログです。
美味しい食材が豊富な博多グルメを食べ歩きしています。


※お料理の内容・食材・お値段等は伺った時点のものです。お店に行かれる際は、ご確認ください。

記事内容においてご意見が異なる方もいらっしゃると思いますが、あくまでも個人的感想ですので・・
また、虚偽の内容・誇張は書いておりませんし、
全て自腹での食べ歩きです。

※ブログ内の写真・記事は管理人に帰属しますので、無断転用は禁止させて頂きます。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
リンク
FC2カウンター